健康の記事

歯がしみる原因は歯ブラシにあり!? 知らないと怖い、歯磨きの意外な注意点

ボイスノートマガジン編集部 健康

歯がしみるのは歯ブラシのせいかもしれない

暑くなると思い切りかぶり付きたくなるかき氷やアイスクリーム。
でも、実際やろうとすると歯にしみるのが怖くて躊躇してしまうってことありますよね。

「歯がしみる」という症状の原因には、大きく分けて二つあります。

ひとつは虫歯。
もうひとつは知覚過敏です。

虫歯でないのに歯がしみることを「知覚過敏」というのは、テレビCMなどで見て知っている人も多いですが、なぜそうなってしまうのかは知らないという人も多いはず。

実はこの知覚過敏は、普段の歯磨きが原因で起きている可能性があるのです。

歯の構造と、しみるメカニズム

歯がしみるのは、刺激が神経に届くから

歯の表に見えている部分を「歯冠」といいます。
その歯冠部分は、「エナメル質」「象牙質」「歯髄」という組織でできた三層構造になっています。

「エナメル質」は歯の表面を覆っている組織で、歯を守るコーティング剤のような役割をしています。
その内側が、歯の主成分である「象牙質」、さらに内側が、神経や血管が通っている「歯髄」です。

「歯髄」には歯への刺激を感じたり、象牙質に栄養を与えたりする役目があります。

歯がしっかりとエナメル質に覆われていれば、刺激が歯髄まで届くことはあまりありませんが、何らかの原因によってエナメル質が失われてしまい、象牙質に刺激が加わると、その刺激は歯髄に伝わります。

この時に「歯がしみる」と感じるのです。

エナメル質は虫歯以外でも失われる

では、エナメル質が失われる原因とは何なのでしょうか。

その原因のひとつは、「虫歯」です。
虫歯とは、口の中の虫歯菌(ミュータンス菌)が作る酸に、歯が溶かされていく状態のことです。

虫歯が始まると、最も外側のエナメル質やその内側の象牙質が溶かされていきます。
このようにして象牙質がむき出しになると、さらに内側にある歯髄まで象牙質が受けた刺激が伝わるため、ちょっとした刺激でも「歯がしみる」と感じます。

エナメル質が失われる原因は虫歯以外にもさまざまありますが、虫歯以外の原因で象牙質がむき出しになり、歯がしみるようになることを「知覚過敏」というのです。

そして、エナメル質が失われて知覚過敏となってしまう原因として多いのが、普段の歯磨きなのです。

エナメル質を削ってしまう欧米人向け電動歯ブラシと研磨剤

エナメル質が失われるのを防ぐには、虫歯菌が酸を作る状況を防ぐために歯を磨くことが重要です。
しかし、歯磨きの方法によっては歯に大きなダメージを与え、エナメル質を削り取ってしまうことがあるのです。

日本人の歯には合わない電動歯ブラシに要注意

エナメル質を削ってしまう可能性を問題視されているのが、“海外製電動歯ブラシ”です。

自分の手で動かす歯ブラシに比べて、楽に歯をキレイにできるというイメージがある電動歯ブラシですが、機種や使い方には注意が必要なのです。

一般的に販売されている電動歯ブラシには、欧米など海外製のものも多いです。

欧米人の歯は日本人の歯よりもとても強いため、強い力で磨いても問題ありません。
そのため、欧米人向けの電動歯ブラシはパワフルなものが多くあります。

しかし、日本人の歯は欧米人に比べて弱いため、欧米人向けのパワフルな電動歯ブラシを使用して歯を磨くと、エナメル質を削り取ってしまう危険も大きいのです。

研磨剤入り歯磨き粉はエナメル質も研磨する?

また、歯磨き粉にも注意が必要です。

実は、市販されている歯磨き粉のほとんどには、研磨剤が含まれています。
研磨剤には、歯の表面に付いた歯垢や着色汚れを簡単に落とす役割があります。

錆びた鉄を研磨すれば輝きを取り戻すように、研磨剤入り歯磨き粉によって歯の表面が研磨されると、白さと輝きが増します。

見た目は確かにキレイになりますが、これはエナメル質も削り取ってしまっているということなのです。

「欧米人向け電動歯ブラシ」と「研磨剤入り歯磨き粉」の組み合わせに注意

エナメル質を削り取る恐れがある「欧米人向け電動歯ブラシ」と「研磨剤入り歯磨き粉」を同時に使って歯を磨いた場合、エナメル質が削り取られる危険も高くなってしまいます。
その結果、象牙質がむき出しになり、知覚過敏となってしまうのです。

また、象牙質がむき出しの状態は虫歯菌に対する抵抗力も弱いため、虫歯になりやすい状態ともいえます。

もしも、最近歯がしみると感じていて、「欧米人向け電動歯ブラシ」と「研磨剤入り歯磨き粉」を合わせて使っているとしたら、自ら歯を傷つけてしまっている可能性がかなり高いのです。

電動歯ブラシと歯磨き粉は注意して選びましょう。

歯に関するアンケート結果の紹介

今回、ボイスノートに登録する、毎日歯を磨いているというみなさんに、アンケートを実施しましたので、紹介していきます。

日常的に、歯がしみることがありますか?

37%の人が歯がしみることがあるようです。

普段の歯磨きで主に使っている歯ブラシは?
普段の歯磨きで主に使っている歯ブラシは?

電動歯ブラシを使っていると回答したのは13.9%でした。

日本人の歯に合った電動歯ブラシを使おう

電動歯ブラシを使う人はまだ少ないようですが、手用歯ブラシで歯を磨く場合でも力を入れ過ぎてしまい、歯を傷つけてしまうケースは少なくありません。

そこで、歯磨きの際には日本人の歯にあった電動歯ブラシを使うことがおすすめです。

今回共同でアンケートを実施した株式会社Dentaluxeは、比較的エナメル質が薄く象牙質が柔らかい日本人の歯にも負担を掛けないような電動歯ブラシ「プリオロジー コスメティックソニックトゥースブラシ」を発売しました。

プリオロジー コスメティックソニックトゥースブラシ
http://preology.com/pcstb/

コスメティックソニックトゥースブラシ

「プリオロジー コスメティックソニックトゥースブラシ」は、歯を傷つけず、知覚過敏を防ぎながら歯間の汚れも楽々落とす、現役女性歯科医師が開発した新感覚の電動歯ブラシです。
低振動でありながら毎分約18,000回もの高速ストローク、小さなヘッドと歯の摩擦を抑える微細毛で歯を傷つけずにしっかり磨けます。
音波の力を利用して効率的に歯間、三角ゾーンへもアプローチし、磨き残しの心配もありません。

同じくDentaluxeが開発した研磨剤・発泡剤フリーの「Preologyオールインワンホワイトニング歯磨き粉」と一緒に使用すれば、歯を白くするための歯磨きを、歯を傷つけずに安心してできます。

日本人歯科医師が日本人のために開発した電動歯ブラシを、使ってみてはいかがでしょうか。

株式会社Dentaluxe:https://www.dentaluxe-tokyo.com/

歯についてのアンケート
対象条件:毎日歯を磨いている会員
有効回答者:2187人(調査日:2018/5/29~5/31)
 ※6/4~6/10の「歯と口の健康週間」を前に調査を実施しました。