エンタメの記事

【幹事必見!】結婚式・同窓会を写真が盛り上げる!リアルタイム写真共有サービス試してみた

Livecanvas 結婚式 同窓会 写真 共有
ボイスノートマガジン編集部 エンタメ

結婚式や同窓会は写真がカギ!

懐かしい顔ぶれが集まる結婚式や同窓会。
写真を撮ったり撮られたり、楽しいやら忙しいやらの時間です。

ただ、それだけワイワイと撮った写真、その後どうしていますか?
アンケートを実施したところ、写真を撮ったものの、どう共有して良いか困っている人が多数いることがわかりました。

一方で、結婚式の二次会や同窓会で幹事を務めた経験のある方に聞くと、場を盛り上げる演出に皆さん悩まれている様子。

今回は、そのどちらの悩みも解決させるステキなサービスをご紹介します!
「リアルタイムに写真が共有できる」って、いったいどういうこと!?

結婚式や同窓会、参加者も幹事も悩んでいる!?

まずは、ボイスノートの20代・30代の会員に対して実施したアンケート結果から見ていきましょう。
直近3年以内に結婚式・同窓会に参加した方を対象としました。

写真は撮るけど、そのあとどうしたら良いか困ってしまう

結婚式や同窓会に参加すると多くの方が写真を撮る、ということがわかります。
新郎新婦の晴れ姿には思わずカメラを向けてしまうのか、若干結婚式のほうが写真を撮ると回答した割合は大きくなりました。

結婚式・同窓会では写真撮る?

次の質問では、結婚式・同窓会で「写真を撮った」と回答した人に、撮った写真を共有することで悩んだことがあるかを聞きました。

結婚式・同窓会の写真、共有に悩む?

約3割の方が「ある」と回答しました。
どのような悩みだったのか、自由回答からいくつか抜粋してみます。

「LINEのグループにいない人に共有するのに困った」 
(20代・女性)
「連絡先を知らない人にどうやって送るか・・」
(20代・男性)

仲間内で写真を共有するのはいまやLINEなどを使えば簡単にできますが、結婚式や同窓会では連絡先を知らない人との写真を撮る機会も少なくありません。
結婚式での余興の様子や集合写真、同窓会でひさしぶりに再会したのに連絡先を聞きそびれてしまった同級生との写真・・。

撮ったは良いけれど、あとでどうやって送ったら良いのか悩んでしまうという方、多いようです。

「共有するのに写真を選ぶのが面倒だった」
(30代・女性)

こうした声もありました。
結婚式や同窓会は、すべての時間がシャッターチャンスと言っても過言ではありません。
撮りに撮りまくってしまって、あとで見返してうんざり、ということも確かにあるかもしれません。

スマホで手軽に、かつ大量に写真が撮れるようになったからこそ、どの写真をどうやって共有すれば良いのか・・・

結婚式二次会や同窓会の幹事は「内容」がとにかく悩み

一方で、結婚式の二次会や同窓会の幹事を担当した人たちも悩んでいました。
同じアンケートで、幹事の経験がある人にどんなことに悩んだのかを聞いてみました。

結婚式二次会・同窓会の幹事、何が悩み?
結婚式二次会でも同窓会でも、最も多い回答は「内容・演出について」となりました。
どちらも思い出に残る大きなイベント。
やはりヘタなことはできないよなぁ、と悩む幹事さんは多いようです。

こちらも実際の声を、自由回答から抜粋してご紹介します。

「ゲームの内容や賞品はなにが良いか、なかなか決まらない」 
(結婚式二次会・20代・女性)
「皆が盛り上がるような企画と進行を用意するのは簡単のようで難しい」 
(結婚式二次会・30代・男性)
「全体に気を配り、みんなを満足させたいと思うとかなり大変でした」 
(同窓会・20代・男性)

よくある失敗例としては、「内輪ウケ」に終止してしまうというものがあります。
せっかく大勢が集まったのに、新郎側の一部だけが大盛り上がりで残りのみんなが全く楽しめていない企画、とか地獄です。
だからと言って何のひねりもなくビンゴだけやるというのも、何だか少し物足りないし、悩ましいものです。

同窓会でも、一部のグループ(往々にして当時”ヤンチャ”だった人たち)だけが楽しくなっちゃって周りが完全に引いているというパターンもあります。
乾杯のスピーチひとつでそういう状態になってしまうこともあるので、誰に乾杯の音頭を取ってもらうかもしっかり考えなければならない。
幹事って大変です。

そんな中で、こんな声もありました。

「一緒に幹事を務めた友だちがありきたりでは面白くないと言い出し、内容を決めるのに大変時間がかかりました」 
(同窓会幹事・20代・女性)

とても志の高い方ですが、これはこれで面倒な展開です。
しかも、結婚式二次会ではなく同窓会の幹事だそうです。
同窓会は、ひさしぶりに会う人たちと近況を話すことがメインになるので、そう奇をてらった企画をやる必要はないように思うのですが・・。
無事に同窓会が終わったことを願うばかりですね。

ともあれ、この志の高いお友だちも含め、二次会や同窓会の幹事を務める方は、何をすればみんなが楽しめるのか、盛り上がれるのかを悩んでしまうことが多いようです。

ということで、今回は、そうした幹事の悩みと参加者の悩み、両方を解決するサービスをご紹介したいと思います。
その名も、リアルタイムシェアサービス「Live Canvas」です。

結婚式も同窓会も、撮った写真はその場でみんなで共有しよう!

「Live Canvas」は、イベント中にスマホで撮影した写真を、リアルタイムでスクリーンにシェアできるという参加型スマホサービスです。

Livecanvas 結婚式 同窓会 写真 共有
※画像をクリックするとLive Canvasサービス紹介ページが開きます。

必要なのは、ネット接続したスマホだけ。(※)
しかも、利用するのにアプリをインストールする必要はないので、参加者もすぐに使えちゃいます。

会場に用意されたQRコードを読み込んで専用サイトにアクセスすれば、その場で撮影した写真をスクリーンに投稿することができます。
表示された写真をフリックすると投稿されるので、スマホからスクリーンに向けて写真を飛ばしているような印象です。

投稿された写真は、画面上に積み重なっていったり、タイムラインのように流れたりとさまざまなアニメーションで表示ができます。

Live Canvas 投稿方法

また、その場で撮影したものに限らず、スマホの中に保存されている写真も投稿することができるので、
例えば結婚式なら新郎新婦との思い出の写真を、同窓会なら学生当時の写真をスマホに入れてくれば、思い出を蘇らせることができてしまうんです。

※会場に用意が無い場合には、受信側のパソコン、インターネット環境も必要です。
 こちらも特別なアプリケーションのインストールは必要ありません!

「Live Canvas」使わせてください!

実は筆者は、これまでに二次会の幹事やら司会やらをたくさん経験してきた、いわば「目の肥えた幹事」。
結婚式二次会の写真を後日みんながアップできるサイト、などは使ったことはありますが、イベントの最中に写真をリアルタイムでみんなで共有できるサービスは知りませんでした。

ちょうど「Live Canvas」の記事を作成するという話になったときに、良いタイミングで高校の同窓会が開かれる予定があったので、担当者の方にお願いしてみたところ「ぜひ使ってください!」と許可をいただいたので、実際に「Live Canvas」を使わせていただくことになりました!

「Live Canvas」同窓会で使ってみた

ということで、2018年5月某日。
東京・新宿で筆者の高校の同窓会が開かれました。
気合い入れて壁の装飾なんかもしちゃってみんなを待ち受けます。

※リアル同窓会のリアル写真のため、ぼかし入れまくってますが、心霊写真とか怪しい集会の写真ではありませんのでご安心ください。

Live Canvas 同窓会装飾

お肉の美味しいレストランということで、お肉もどーん!です。
Live Canvas 同窓会お肉

地方から出てきてくれた人、子どもの運動会終わりで駆けつけてくれた人などなど、50人ほどが集結しました。

Live Canvas 同窓会乾杯
乾杯!
卒業以来会っていないどころか高校時代にもほとんど喋ったことのない人たちも多く、スタート直後こそなんとなくぎこちない雰囲気はありましたが、次第に場はどんどん盛り上がっていきました。

盛り上がりがイマイチだったときのために何か企画を用意しておくべきかと幹事チームで不安も抱いていましたが、そんな必要はまったく無いあっという間の3時間でした。

で、その盛り上がりに一役買ってくれたのが「Live Canvas」です。

幹事が使ってみせると盛り上がる!

結婚式と違い、参加者のみんなは喋るのに夢中でなかなか写真を撮りません。
そこで、まずは幹事たちがその中を動き回ってみんなの様子をひたすら撮影して、どんどん「Live Canvas」に投稿していく作戦にしました。

写真を撮って、
Live Canvas 同窓会撮影

写真を選択して、スクリーンに飛ばすようにフリックすると、これだけで投稿完了です。
Live Canvas 同窓会投稿

撮った写真はすぐスマホからスクリーンに転送されるので、スクリーンがあっという間に写真で埋まります。
Live Canvas 同窓会スクリーン
下から上に投稿した写真が流れていきます。

「Live Canvas」はその場で撮った写真はもちろん、スマホに入っている写真を投稿することもできます。
そこで、当時の写真などもちょっと混ぜて投稿してみると、懐かしい写真にまたひと盛り上がりしました。

Live Canvas 同窓会壁

次第に、「どうやったらここに出せるの?」と幹事以外の参加者からも聞かれるようになってきます。
「Live Canvas」はアプリも不要で、QRコードさえ読み込めばすぐに投稿が可能です。
事前に専用のQRコードを投稿していたので、それを案内して投稿してもらいました。
これについては、例えば各テーブルの上にQRコードを印刷したものを置いておくのも良さそうですね。

Live Canvas 同窓会集合写真
最後に集合写真を撮って、解散となりました。

投稿された写真を一括ダウンロードして配れる!

無事同窓会の終わった次の日、筆者はふたたび管理画面を開きます。

Live Canvas 管理画面

「Live Canvas」は、当日リアルタイムで写真を共有できるだけでなく、その写真をまとめてダウンロードすることができるんです。
(もちろん一枚ずつ選んでダウンロードすることもできます)

みんなに投稿してもらった百数十枚の写真をダウンロードして、参加者のみんなにDropboxで共有しました。
今回の出欠連絡はFacebookとLINE@を使って行ったので、そこにURLを流せば、あっという間に全員に共有ができちゃいました。

Live Canvas 同窓会Dropbox

ということで、これにて幹事業務完了!

Live Canvasが思い出づくりの後押しを!

写真を撮ったもののどうしたら良いだろうという参加者の悩みと、盛り上がる演出が必要な幹事の悩み、どちらも一挙に解決できるのが、このリアルタイムシェアサービス「Live Canvas」です。

実際に使わせてもらって感じたのは、とにかく簡単だということ。
インターネット回線さえあれば、受信するパソコン側も投稿するスマホ側も、特別なアプリは不要ですぐに使うことができます。

こういうサービスをイベントごとで使うと、必ずと言っていいほど「最初は様子見」な人たちがいるものですが、そうした人たちでもすぐに参加できるというのは、とても便利ですね。

当日スクリーンに流れる写真を見て盛り上がったのはもちろんなんですが、あとで写真を見返すと、あのときの盛り上がりがとても伝わってくるなぁと、また次回をやりたくなってしまいました(笑)

冒頭のアンケートでは、結婚式や同窓会でも「写真は撮らない」という方も少なからずいました。
しかし、こうしたサービスを利用することで普段写真をあまり撮らない人にも「写真を撮る動機づけ」ができ、場の盛り上がりと良い思い出作りを後押ししてくれるような印象を持ちました。

この「Live Canvas」を開発しているパークス株式会社の代表である大國谷さんによると、今後は写真だけでなく動画などの投稿ができるようになったり、投稿された写真を使ったいろいろな演出が増えたりと進化を続けていくそうです。

ちなみに次回の同窓会は、2020年5月に開催予定となりましたので、大國谷さん、また次回もぜひ使わせてください!!
あと、これを読んでいて今回来れなかった筆者の同級生は、ぜひ連絡ください!

そして、Live Canvasの詳細は、こちらからご確認ください!

Live Canvas
Livecanvas 結婚式 同窓会 写真 共有

イベントに関するアンケート
対象条件:20~30代のボイスノート会員
有効回答者:479人(調査日:2018/6/4~8)