季節の記事

夏の強い日差しをブロック! 家の中を過ごしやすくする日除けは何?

ボイスノートマガジン編集部 季節

家の中を過ごしやすくするために、窓を日差しから守ろう

うだるように暑い夏。
家の中ぐらいは過ごしやすくしたいものです。

しかし、そんな願いとは裏腹に、家の中は暑くなりやすく、あまり暑くなると不快なだけでなく熱中症になる危険もあります。
そうならないように、エアコンを使って家の中を適温に保つことが大切ですが、日除けを活用してみるのはいかがでしょうか。

日本の良き風情を感じられる日除けを使うだけでも、室内はかなり過ごしやすくなりますし、エアコンを組み合わせて使えば、冷房効果も上がります。

家の中を過ごしやすくするために、今年の夏は日除けを使って、いつもと違う夏を過ごしてみましょう。

日除けの種類と特徴

日除けには、さまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。

自宅に合う日除け、ライフスタイルに合う日除け、どんな基準で選ぶかも人それぞれです。
あなたに合った日除けを探してみましょう。

「すだれ」と「よしず」

昔ながらの日本の日除けアイテム「すだれ」と「よしず」。

「すだれ」は竹を使って作られた日除けで、窓に日陰を作られるように軒に吊るして使います。

「よしず」は葦(よし・あし)を使って作られた日除けで、窓側全体を覆うように立てかけて使います。

すだれとよしずは見た目も用途も似ていますが、よしずのほうが一枚当たりが大きく隙間が少ないため、よしずを使ったほうが室内は涼しくなると言われています。

「サンシェード」と「オーニング」

「サンシェード」は、窓の上部から布を張ることで日陰を作るようにして使う日除けです。

メーカーによって特徴が異なるため一概には言えませんが、サンシェードに使われている布は、網のような生地や薄い生地である場合が多いです。
また、設置に必要な部品などが少ないため、費用も安く、設置自体も簡単です。

一方、「オーニング」は、可動式の布製の屋根のような日除けです。

オーニングに使われている布は、しっかりとした生地である場合が多く、日除けだけでなく雨よけとしても使うことができます。
可動部の操作は、電動のタイプと手動のタイプと、または両方の切り替え式のタイプがあり、好みや予算感によって選ぶことができます。
サンシェードに比べて設置には手間や費用がかかりますが、よりしっかりとした日除けや雨よけが期待できます。

「グリーンカーテン」

「グリーンカーテン」は、“自然のカーテン”です。
窓を覆うようにしてネットを張り、そこを植物がつたって絡まった結果、日除けになるというものです。

ただ日陰をつくるだけでなく、実際に育つ植物の蒸散作用によって周囲の気温を下げる効果や、通り抜けてくる風に爽やかさを感じるといった精神的な効果もあります。

ただ、植物を育てるのに失敗して日除けにならないかもしれない、というリスクはあります。

「テラス屋根」や「遮光シート」

以上で紹介した日除け以外にも、日除けとして利用されているものがあります。

「テラス屋根」は、文字通り”テラスに設置する屋根”です。
テラス以外にも設置することは可能です。

一般的に、テラス屋根の屋根部分の材質はガラスである場合が多く、日除けとして使う方は少ないですが、屋根部分の材質次第で日除けにもなります。

「遮光シート」という、窓に直接貼ることによって、直射日光や熱が室内に入るのを抑える効果がある特殊なシートもあります。

ここまでで紹介した日除けのように、窓の外側に何かを設置するという大がかりなものではありません。
窓に貼るだけでできる簡単な日除け対策だということで、近年利用者が増えつつある日避けアイテムです。

次世代の遮光シート「ミューフィット」

遮光シートは、窓ガラスに貼って使う手軽な日除けアイテムですが、ものによっては窓ガラスを必要以上に覆ってしまい、外が見えづらくなってしまうことがあります。
また、誤って貼ってしまった時に剥がそうとすると、ガラスに接着剤が残ってしまい、汚くなってしまう難点もあります。

そうした問題が起きない遮光シートが「μ(ミュー)フィット」です。

ミューフィットを貼った窓は、独自のパンチング加工により、圧迫感のない程よい自然光を取り入れることができます。

また、ミューフィットは窓に接着剤によって貼りつくのではなく、特殊なマイクロ吸盤によって貼りつきます。
接着剤の場合とは異なり、簡単に貼ったり剥がしたりすることができ、剥がしたあとの窓に接着剤が残ることもありません。

ミューフィットには、別途オーダーすることによって好きな絵柄を印刷することができるので、オリジナリティを出すことも可能です。

【ミューフィットを貼ったガラス】
外からは桜の花柄の壁ですが……

▼ ▼ ▼

内側からは……
まるで何も貼っていない窓のように、しっかり外が見えます。

ミューフィットはクボタ金属株式会社にて注文可能です。
新しい日除けをお探しの方は、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

※購入をご希望の際は、リンク先の「問い合わせ」からご連絡ください
クボタ金属株式会社:http://www.kubokin.jp/window-1

どんな日除けを使ってる?

さて、ボイスノート会員のみなさんは、どんな日除けを使っているのでしょうか。
自宅で日除けを設置しているという方を対象に、ミューフィットを扱うクボタ金属株式会社と共同でアンケートを実施したので、その結果を紹介します。

日除けとして設置しているものは何ですか?
日除けとして設置しているものは何ですか?

「すだれ」が最も多く、57.5%でした。
その次に多かったのが「サンシェード」で28.7%でした。

利用者が困っていることは?

次に、日避けを利用することについて困っていることを聞いてみました。

設置している日除けについて、困っていることは?
設置している日除けについて、困っていることは?

49.8%が回答した「風になびきやすい」が最も多くなりました。

「その他」の困ることとしては、次のような回答がありました、

日除けについて困ること(「その他」の回答)
・蜂が卵を産み付けに来る。
・ドアの開閉に邪魔になる。
・風まで遮られる。
・シェードが日に焼けて色あせてしまった。
・グリーンカーテンが思ったように成長しない。

一方、「困っていることはない」と回答した方もいました。

ちなみに、「困っていることはない」と回答した23人が使っている日除けは、次のとおりです。

日除けとして設置しているものは何ですか?

いかがでしたでしょうか。

それぞれの日除けアイテムには、それぞれのメリットと、それぞれの“困ること”があります。
その困ることも、ご自宅の環境や、日除けの使い方やライフスタイルによって、起きない場合もあります。

まずは手軽な遮光シートから試してみてはいかがでしょうか。

日除けに関するアンケート
対象条件:自宅に日除けを設置しているボイスノート会員
有効回答者:261人(調査日:2018/7/5~7/6)