健康の記事

気になる口臭、最も良い対策は「唾液を増やすこと」?

ボイスノートマガジン編集部 健康

口の中の万能薬「唾液」があれば、口臭も防げる

「もしかして、自分の口は臭いのかもしれない……」

そう思ってしまうと、話す時にあまり口を開けられなくなったり、笑う時に思い切り笑えなかったりして、私生活に何かと支障が出てきます。

しかし、口臭を防ぐことが誰にでもできる、“魔法の薬”があるのを知っていますか?

それは「唾液」です。

唾液には、口臭の防止する効果があるほか、口の中にとって必要なさまざまな役割があります。

意外と知らない唾液のパワーを知って、口臭防止に役立てていきましょう。

実はスゴい唾液の能力と役割

「ツバ」とか「ヨダレ」と呼ばれ、あまり“スゴい”というイメージのない唾液ですが、実は私たちが充実した生活を送るためには絶対に必要なものです。

その唾液の能力と役割について紹介します。

食事を楽しくする

唾液には、食事の時に欠かすことのできない役割があります。
私たちが食事をして「おいしい」と感じるのは、唾液に溶けた味の成分を舌が感じているからです。

また、唾液が潤滑剤になることによって、噛んだものをスムーズに飲み込むことができます。
唾液がなければ味も感じられず、飲み込むことも難しくなり、食事を楽しむことはできないでしょう。
 

消化を助ける

唾液には、デンプンを分解する酵素や脂質を分解する酵素など、さまざまな成分が含まれています。
食べたものを、唾液がある程度分解することで、その後の胃や腸で行われる消化吸収を助けてくれます。
 

歯を守る&復活させる

歯は、表面をエナメル質という成分に守られているため、簡単には虫歯にならないようになっています。

エナメル質は強く硬い性質がある一方、口の中で発生する酸によって、溶け出してしまう性質もあります。
歯はエナメル質を失うと、虫歯になりやすくなってしまうのです。

そこで活躍するのが唾液です。
唾液には、エナメル質を溶かす酸を中和する作用や、溶け出したエナメル質を修復(再石灰化)する作用があり、虫歯にならないように守ってくれているのです。

自分の歯を長くキレイに保つには、唾液の存在が欠かせないということなんですね。

細菌の発生を抑える→口臭を抑えられる!

口の中には、無数の細菌が住んでいます。
この細菌が虫歯や歯周病を引き起こし、口臭の原因にもなるのです。
唾液には殺菌作用があり、これらの細菌の発生を抑える効果があります。

昔の人は、ちょっとしたケガには「ツバつけときゃ治る」と言っていましたが、殺菌という意味ではあながち間違いではないのです。

唾液量が不十分な状態の口の中は、口臭の原因である細菌にとっては最高の環境です。

唾液の能力と役割を知り、口臭が発生する環境を自ら整えてしまわないように注意しましょう。
 

現代人は唾液不足になりやすい?

そもそも、口臭が発生してしまうほど唾液が少なくなってしまうのはなぜなのでしょうか。

その原因にはいくつかありますが、大きな原因として特に最近言われているのが、食事の時に“よく噛まないこと”です。

増えつつある「ドライマウス」患者

唾液は、“よく噛むこと”で唾液腺から分泌されます。
しかし現代の日本人の多くは噛む回数が少なくなっており、このことによって、分泌される唾液の量も少なくなってきていると言われています。

ボイスノート会員に、「ご飯ひと口に対して何回噛むのか」を聞いてみると、このようになりました。

ご飯(白米)を食べる時、ひと口に対して何回噛みますか?
ご飯(白米)を食べる時、ひと口に対して何回噛みますか?

約半数が「10回未満」と回答したのです。

ひと口あたりの噛む回数が10回未満というのは、唾液の分泌量やそのほか健康面への影響を考えると、少なすぎると言えます。

続いて「よく噛むことへの意識」について聞いてみると、このようになりました。

食事の時、よく噛むことを意識していますか?
食事の時、よく噛むことを意識していますか?

61.7%が「意識していない」と回答しました。

よく噛むことが大切であるという意識を持っている人は、少ないようです。

唾液量の少ない状態を「ドライマウス状態」といいます。
近年、ドライマウス状態の人や、将来そうなる可能性の高い人が増えていることが問題視されています。

今回のアンケート結果は、ドライマウス状態の人の増加を裏付ける結果と言えるのかもしれません。

ドライマウスになる原因は“噛まないこと”だけではない

一方で、ドライマウス状態になってしまう原因には、加齢や妊娠・出産によるホルモンバランスの変化なども挙げられます。

よく噛めばドライマウス状態が改善するかといえば必ずしもそうではなく、口内環境を適切な状態に整えてあげることが重要なのです。

唾液の作用の良いところを抽出した歯磨きジェル

ドライマウス状態は、「加齢」や「ホルモンバランスの変化」のような自分で調整できないことも原因となるため、それを改善するのはそう簡単にできることではありません。

しかし、それを可能にするのが、株式会社Dentaluxe(デンタルクス)が販売している「プリオロジー」です。

プリオロジーは唾液に近い成分を多く含んでいるため、これを使って歯を磨くことで、ドライマウス状態の口内環境を適切な状態に改善することができます。

プリオロジーのpH値は唾液に近く、酸性に傾いた口の中を中性に戻します。
ハイドロキシアパタイトなどミネラル分も多く含んでいるため、歯の再石灰化を促します。

歯茎の血行を促進する成分により、歯周病を防ぐ効果もあります。
この効果も、口臭の防止につながります。

プリオロジーは、唾液の良い部分を再現して口内環境を改善する、まるで「お口のサプリメント」とも言える歯磨きジェル。

多くの患者さんを実際に診る現役の歯医者さんが開発したからこその、“歯磨きジェルを超えた歯磨きジェル”なのです。

唾液が少なくなったような気がする方や、口臭が気になってきた方は、プリオロジーを使ってみてはいかがでしょうか。

株式会社Dentaluxe:https://www.dentaluxe-tokyo.com/

口の中についてのアンケート
対象条件:ボイスノート会員
有効回答者:991人(調査日:2018/6/25~6/28)