意識調査

「悪いことした人」ならば誹謗中傷されて当然?

VNM編集部

先日の「意識調査」でもテーマとした「東京オリンピック・パラリンピックのエンブレム問題」。
結局、担当したデザイナーが「人間として耐えられない限界状況」などとコメントを発表してエンブレムは撤回となりました。

その「限界状況」として、誹謗中傷のメールや自分や家族・親族の写真がネット上にさらされるなどのプライバシー侵害などが続くことが挙げられていました。

「悪人の罪を暴いてやろう」という正義感なのか面白がってやっているのかはわかりませんが、
今回のエンブレム問題にしても「盗作ではないか?」という「疑惑」の時点から人格攻撃のようなものが始まっていたように思います。

悪いことをした人(したとされる人)にならば、誹謗中傷はしても良いのでしょうか?
「ネットいじめ」といったものではないのでしょうか?

こうしたネット上での「誹謗中傷」について、あなたはどう思いますか?

何か不祥事を起こした(とされる)人やその周りの人に対する誹謗中傷がネット上を中心に起こることについてどう思いますか?

[enquete_result]
※各世代200人に聞きました

何か不祥事を起こした(とされる)人やその周りの人に対する誹謗中傷がネット上を中心に起こることについてどう思いますか?

リンクをコピー

本ページのデータを引用する場合は、該当ページへのリンク設置をお願いします