意識調査

消費税10%に伴う軽減税率とその還付案、どう思う?

VNM編集部

2017年4月から10%への引上げが決まっている消費税ですが、負担を減らすために一部品目について「軽減税率」の導入が検討されていますが、
先日財務省が検討している軽減税率とその還付の方法についての案が発表されました。

その案とは、酒類を除く飲食料品が軽減税率の対象で、10%分の税額を乗せた価格で買い物をし、後から還付するというものです。

還付については来年1月からスタートするマイナンバー制度を利用する制度で、買い物時にマイナンバーカードを提示し、購入額に応じたポイントを付与、その後申し込むことでポイントを還付金に換えることが出来るとしています。
(但し、上限金額が4,000円程度になると言われています)

商品を販売するお店側からすれば税率の計算などが簡単になる一方で、これからの期間でポイント付与のシステムの準備が間に合うのか、マイナンバー制度を利用することでセキュリティなどへの問題はないのかなど議論も起きています。

また、軽減税率の対象となる品目についても直接の売り上げに関わる問題でもあるため、各業界から対象の品目にすべきという声も挙がっています。

どちらにせよ、私たち一般消費者にはメリットがあるのかないのか今ひとつわかりにくい「軽減税率」の制度案。
あなたは、どう思いますか?

財務省から出されている消費税10%引上げ後の軽減税率と還付案についてどう思いますか?

[enquete_result]
※各世代200人に聞きました

財務省から出されている、消費税10%引上げ後の 軽減税率と還付案についてどう思いますか?

リンクをコピー

本ページのデータを引用する場合は、該当ページへのリンク設置をお願いします