意識調査

1月17日は「防災とボランティアの日」。あなたの家に「防災グッズ」はある?ない?

ボイスノートマガジン編集部

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災から今年で23年が経ちます。

国はこの大震災を契機に、政府や地方公共団体、そして国民などが災害への備えを強化し、災害時におけるボランティア活動に取り組むことを目的に1月17日を「防災とボランティアの日」と制定しました。

今回はどのくらいの家庭で防災に対する備えとして「防災グッズ」を準備しているかアンケートを行いました。

なんと結果は、7割以上のご家庭で「防災グッズ」の備えがないという状況。
地震大国の日本で、備えをしていないという家庭が実に多い!

阪神淡路大震災だけではなく、日本では記憶に新しい大震災として決して忘れられない東日本大震災も起きています。

大切なことは起きる前に備えること!
1月17日を機にご家庭での防災対策を見直してみてはいかがでしょうか。

1月17日は「防災とボランティアの日」です。あなたの家では「防災グッズ」を常備していますか?

  • 502
  • 開催期間:2018年1月11日

20185843

リンクをコピー

本ページのデータを引用する場合は、該当ページへのリンク設置をお願いします