意識調査

公的年金受給年齢が「70歳超」も!?あなたは何歳から年金を受給したいですか?

ボイスノートマガジン編集部

国民は国民年金(または厚生年金)を払うことが義務付けられていますが、少子高齢化が加速する中で、公的年金に関する不安は多くあげられています。
「本当に年金は貰えるのか?」「いくら貰えるのか?」など得に若い世代の人は不安を感じているのではないでしょうか。
 
 
そんな中、先日政府は年金の受給開始年齢を「70歳超」も選択肢に入れるという制度の検討に入り、新聞の一面を賑わせました。

 
この「70歳超」とはどういうことでしょうか?まずは、現行の年金受給年齢を簡単にご紹介します。

 
現在の受給年齢は原則「65歳」となっており、この65歳を基準に受給者の希望で60歳~70歳の間で受給年齢を選択することができるのです。
ただ、受給額は年齢によって異なり、65歳より前から受給開始する場合は受給額が減り、65歳より後に受給開始すれば受給額が増えるという仕組みになっています。

 
今回政府が検討に入った「70歳越」とは、現行の受給年齢の上限を引き上げ、70歳を超えてからも受給開始を可能にするということです。上限は75歳~80歳くらいで検討しているようです。

70歳を超えてからの受給だと、現行の65歳以降の増額分よりさらに上乗せした増額率で受給できるということです。

そこで、ここでは皆さんの年金受給希望年齢の調査をしてみました。
まだ年金を受給していない865人にターゲットを絞り、将来年金をもらうとしたら何歳からが良いかアンケートをとりました。

結果は「60歳~64歳」「65歳」が圧倒的に多く、次いで多かったのは「70歳」「75歳以上」でした。
日本の平均寿命は世界でもトップクラス、男性は80歳・女性は87歳とされていますが、「早くもらう」か、「多くもらう」かで悩むところですよね。

政府はこの年金の開始時期の年齢を『70歳越』も可能にする制度の検討に入りました。あなたは公的年金を何歳で受給したいと思いますか?

  • 865
  • 開催期間:2018年1月22日 ~1月23日

5902

リンクをコピー

本ページのデータを引用する場合は、該当ページへのリンク設置をお願いします