意識調査

【急増する「民泊」】あなたは民泊を利用したい?したくない?

ボイスノートマガジン編集部

外国人観光客が急増している昨今、日本では「民泊」という新しい形態の宿泊施設が話題になっています。
現在は営業許可がない状態で宿泊をさせ、騒音などでもトラブルが発生している「闇民泊」が広がりつつあり、メディアでも度々取り上げられています。

政府はこの状況を踏まえ、一定のルールを定めることで健全な民泊を普及させようと、営業を認める「住宅宿泊事業法」を2018年6月に施行することを決定しました。
無許可の民泊が減りトラブルが少なくなると良いのですが・・・。

さて、この「民泊」とはどういうものか、あまりご存知ない人もいるかと思います。
簡単に説明すると、民泊とは一軒家やマンションなどの一般の民家に泊まることで、ホテルや旅館などよりも安く泊まれます。
一方で、ホテルなどで受けられるサービスはなく、ゴミ捨てなどは自分達で行わなければなりません。
メリットもデメリットもあるようですね。

そこで今回は、皆さんが国内旅行をする際、民泊を利用したいか?利用したくないか?を調査してみました。

結果は、下記のグラフのようになりました。
「利用したくない」「どちらかと言えば利用したくない」が多数です。

「どちらかと言えば利用したくない」「利用したくない」と答えた人にその理由を聞いてみたところ、「ホテル、旅館のサービスを受けたい」「なんとなく安心できない」「セキュリティ面で不安」「トラブルが心配」などの声が多くありました。

現在は民泊制度が整っていないこともあり、日本人にはまだまだ民泊のイメージは良くないようです。
また、せっかくの国内旅行くらい「ホテルや旅館で贅沢したい、ゆったり過ごしたい」という気持ちも分かりますよね。

ただ今後、民泊の制度が整い、イメージが改善されれば若い人や団体の日本人も手軽な手段としてこの民泊施設を利用するようになるかもしれません。
今後の普及と日本人の活用法にも注目していきたいですね。

あなたが国内旅行をする際、「民泊」を利用したいと思いますか?

  • 1,000
  • 開催期間:2018年2月22日~2月23日

6076

リンクをコピー

本ページのデータを引用する場合は、該当ページへのリンク設置をお願いします