【一人暮らしの方必見】女性のベッド選びのポイント5つ!サイズやマットレスの種類など、詳しくご紹介!

生活

一人暮らしの部屋で頭を悩ますことの一つにインテリアの配置があります。スペースが限られるケースが多く、何を置いて何を置かないのか吟味しないと、狭苦しさを感じる部屋になってしまうことも。特にベッド最もスペースをとるインテリアと言っても過言ではなく、どんなベッドを買うのか、お部屋のどこに配置するのかよく考える必要があります。

また、「お部屋のトーンも統一して、全体を可愛く仕上げたい」などのように、理想のお部屋のイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな女性のベッド選びの基準にすると良いポイントについてご紹介します。

ベッドのサイズは?


まずベッドのサイズですが、マットレスの幅によって主に4つに分かれます。寝心地やお部屋の広さ、体格などを考慮して選びましょう。

セミシングル(80~85センチ)、シングル(97~100センチ)、セミダブル(120センチ)、ダブル(140~145センチ)の順にサイズが大きくなっていきます。自分の肩幅プラス30センチが、狭さを感じない幅と言われているので目安にしましょう。

ベッドの長さ(奥行)は195センチが標準ですが、これが205センチになるとロングサイズ、180センチになるとコンパクトサイズとなります(ベッドメーカーによって寸法は若干異なります)。女性の場合、デザインも可愛いものが揃っているコンパクトサイズがおすすめです。寝心地の良さを求める場合は、寝返りがゆったり打てるセミダブルも良いでしょう。

ちなみに、お部屋の間取りが1Kや1Rの場合、ベッドは壁際に寄せることがほとんどだと思いますが、壁にベッドをぴったりつけてしまうと、掛布団がはみ出すスペースがないので、反対側にずり落ちてしまうことがあります。そのため、掛布団の分のスペースとして、壁から10センチほどのところにベッドを配置するようにしましょう。

ベッドのマットレスは?


マットレスには2つの種類「ボンネルコイルマットレス」「ポケットコイルマットレス」があります。

  • ボンネルコイルマットレス

    ボンネルコイルマットレスはコイルスプリングをひとつひとつ円筒形の袋に入れ、それらをすき間なく並べた構造のマットレスです。点で身体を支えるため、身体にフィットした寝心地を得ることができます。
  • ポケットコイルマットレス

    ポケットコイルマットレスはらせん状のコイルスプリングを全面に並べた構造となっており、面で身体を支えるため、適度な固さを感じることができます。ポケットコイルマットレスの方がばねの数が多く、値段が高めです。

マットレスは横になったときに、立った状態と同じ背骨のカーブを保てることが重要です。自分の体重や体格との相性を見て、最適なマットレスを選択しましょう。

ベッドのフレームは?


ベッドのフレームも生活の条件によって様々です。

まず、頭側にヘッドボードがあるかどうか。ヘッドボードがあれば、メガネや携帯などの置き場所に困らず、すっきりした印象を与えることができます。

電源付きであれば、スマホの充電にも困りません。ただし、ヘッドボードの機能が増えるほど価格が高めになります。

また、ベッド下の収納も重要なポイントです。収納付のベッドの場合、物を片付けるのには便利ですが、高さが出て圧迫感があります。

収納なしの場合は床との距離が近いため、部屋自体を広く見せられますが、床中心の生活となりこまめに掃除しないとほこりが気になってしまいます。また、ものが増えたときには収納場所に困るかもしれません。

ロフトベッドの場合、ベッド下のスペースを収納にも生活空間にも使うことができます。ただし、高さがある分収納付ベッドよりもさらに圧迫感があるため、部屋の広さによっては実際よりも狭い印象を与えるかもしれません。

ベッドのデザインは?


ベッドはインテリアの中でもお部屋の面積の大半を占めるので、お部屋のトーンを統一するならそのデザインは非常に重要です。以下お部屋の雰囲気別に一例をご紹介します。

    クール系

    かわいい系

    北欧系

    シンプル系

    リッチ系

    アジアン系

    和風

    ヴィンテージ系

    ベッドの価格帯は?

    ベッドの価格はサイズはもちろんのこと、メーカーや素材によっても差があります。1万円~10万円の間で購入できるものがほとんどですが、有名メーカーのベッドやホテルに使われているベッドになると、より高い価格となります。

    良い素材を使用しているものほど値段は上がりますが、その分長持ちします。価格にとらわれず、どのような用途で使用するかによって、購入するベッドを判断しましょう。

    ベッドで寝る一人暮らし女性の8割は、部屋が狭くてもベッドが使いたい!

    一人暮らし女性の場合、寝るときは布団派かベッド派か、どちらが多いのか調査してみました。

    まず、現在一人暮らしをしている女性のボイスノート会員127人に、普段何で寝ているかを聞いてみました。

    普段は何で寝ていますか?
    普段は何で寝ていますか?

    「ベッド」の人が64.6%、「床にしいた布団」の人が30.7%でした。約6割の人は、ベッド派のようです。

    ベッドで寝ている人はベッドのどんなところに魅力を感じているのか、「ベッド」と回答した82人に聞いてみました。

    ベッドを使っている理由は?
    ベッドを使っている理由は?

    最も多かったのが「いちいち布団をたたまなくて済むから」で51.2%、次に多かったのが「すぐに横になれるから」の36.6%でした。ベッド派の人は、布団に比べて楽である点を魅力に感じている人が多いようです。

    布団派の人にも同じく布団で寝ている理由を聞いてみましたが、「部屋が狭くてベッドを置けないから」と回答した人が3割ほどいました。ベッドを置きたいけど置けない、隠れベッド派の人も少なからずいるようですね!

    一人暮らし女性のベッド選びにはジパング・ドットコム

    「本当はベッドを置きたいけど、普通のベッドじゃ大きすぎて無理・・・」という隠れベッド派の人におすすめなのが、コンパクトベッド!

    コンパクトベッドの使用は身長165センチ以下が推奨ですが、その条件を満たしていれば、今まで狭くて置けないとあきらめていたスペースに、ベッドが置けるかもしれませんよ。

    今回共同調査を行った株式会社ジパング・ドットコムは、女性用のコンパクトベッドを始め、一人暮らし用のインテリアを多数取り扱う「ジパング・ドットコム」を運営しています。

    ジパング・ドットコムのおすすめコンパクトベッドは
    こちら

    コンパクトベッドを利用すれば、お部屋の活用できるスペースも広がります。「ジパング・ドットコム」のコンパクトベッドは、ローベッドタイプや、収納付タイプ、ロフトベッドタイプなどバリエーション豊富。デザインも可愛いものからクールなものまで、お部屋のトーンに合わせられるベッドが揃っています。

    今のインテリアがしっくりこないと感じているなら、一度ベッドをコンパクトベッドに変えてみることをおすすめします。お部屋の快適さがぐんとアップするかもしれませんよ。

    一人暮らしに関するアンケート
    対象条件:一人暮らしをしている女性のボイスノート会員
    有効回答者:127人
    (調査日:2019年9月3日~2019年9月6日)

編集部員S編集部員S