【1,001人が選ぶ】自撮り棒おすすめランキング!【2019年最新】人気商品や使い方も紹介!

生活

この記事では自撮り棒の中でも特におすすめできる評判の自撮り棒を、ボイスノート会員1,001人へのアンケート調査から決定したランキングでご紹介します。

ランキング以外にも自撮り棒の選び方や使い方、機能についてもご紹介します。

自撮り棒選びにお悩みの方は是非参考にしてみて下さいね。

自撮り棒おすすめランキング!

自撮り棒は大手から中小まで様々なメーカーが商品を用意しているため、比較を始めた人は商品の多さに驚くと思います。

1つずつ丁寧に情報収集しても良いのですが、サイズや機能など比較ポイントは数多くあり、調べれば調べるほど混乱する人も多いです。

すでに頭が混乱している人や、調べて比較することが面倒だと感じる人は、自撮り棒の人気ランキングを確認してみてはいかがでしょうか?

人気がある商品は多くの人にとって外れが少ないですし、自分なりに比較したいのであれば「上位何位までを比較対象にする」とすれば、商品について調べる時間を削減することができます。

今回は、すでに一定の支持を集めている6つの自撮り棒について、ボイスノート会員1,001人へのアンケート調査から人気ランキングを作成しました!

早速アンケート調査の結果をグラフで確認してみましょう。

最も満足度の高い自撮り棒は?

自撮り棒の人気ランキングはいかがでしょうか?

6つの自撮り棒の中で第1位となったのは、Humixx 自撮り棒 三脚&分離可能 ワイヤレスリモコンシャッター付きでした!

この人気ランキングのアンケート調査について、納得できる人もいれば意外だと感じる人もいるかもしれません。

人によって好ましいと感じるポイントは違いますから、人気ランキングをそのまま鵜呑みにせずに商品についてもしっかり確認しておきましょう。

ここからは人気ランキングの順番で各商品を解説していきます!

第1位 Humixx 自撮り棒 三脚&分離可能 ワイヤレスリモコンシャッター付き

第1位である「Humixx 自撮り棒 三脚&分離可能 ワイヤレスリモコンシャッター付き」は1,001人中279人(約27.9%)が支持しています。

Humixxは中国のメーカーで、主にiPhoneケースや車載用品を扱っており、スタイリッシュなデザインの製品を多く販売しています。

デザイン性だけでなく耐久性も高く、自撮り棒も堅牢で壊れにくい作りになっています。

注目ポイントPoint.コンパクトなのに頑丈な作り

おすすめポイントPoint1.Bluetoothリモコンで操作が簡単

Point2.三脚にもなるので汎用性が高い

Humixx 自撮り棒 三脚&分離可能 ワイヤレスリモコンシャッター付きの基本情報

長さ20.03cm~68cm
重さ163g
シャッター方式無線式(Bluetooth接続)
対応機種iPhone/Android/GoPro

こんな人におすすめ自撮り以外の撮影にも使いたい人

Humixx 自撮り棒 三脚&分離可能 ワイヤレスリモコンシャッター付きの詳細情報

【コンパクトなのに頑丈な作り】

支柱がアルミ合金製で、軽量かつ耐久性の高い作りになっており、無造作にポケットに入れていても壊れる心配がありません。

大き目のカメラにも使用でき、安価な自撮り棒にありがちな撮影時にしなってブレることもありません。

【Bluetoothリモコンで操作が簡単】

無線式の自撮り棒の中にはリモコン操作のために余計なアプリをダウンロードする必要があるものもありますが、Humixxの自撮り棒はほとんどのスマホにBluetoothで対応しているため必要ありません。

【三脚にもなるので汎用性が高い】

持ち手を展開すれば三脚として使用可能です。

芝生にさして固定できるスチール製のペグもついているので、どこでも撮影ができます。
おすすめの理由

Humixx 自撮り棒 三脚&分離可能 ワイヤレスリモコンシャッター付きがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員から「Humixx 自撮り棒 三脚&分離可能 ワイヤレスリモコンシャッター付き」がおすすめの理由を聞いてみました!

福岡県31歳男性コンパクトで使いやすい。重さもちょうどいいので腕がつかれない。ワイヤレスなので便利。

大阪府49歳男性手にフィットして、重すぎず軽すぎず安定した使用が出来るから。

山梨県19歳女性いろんな機能があるから。三脚としても使えて便利そうだから。離れた場所からも使えるから。

Amazonで「Humixx 自撮り棒 三脚&分離可能 ワイヤレスリモコンシャッター付き」を見てみる

第2位 エレコム 自撮り棒 P-SSYGBK

第2位である「エレコム 自撮り棒 P-SSYGBK」は1,001人中232人(約23.2%)が支持しています。

エレコムはパソコンの周辺機器からスマホ用品まで、シンプルで機能的な製品を数多く販売しています。

販売されている自撮り棒も、シンプルなデザインで誰でも使いやすいものとなっています。

注目ポイントPoint.有線式シャッターで設定不要

おすすめポイントPoint1.シンプルでコンパクトなので持ち運びに便利

Point2.鏡付きでアウトカメラにも対応

エレコム 自撮り棒 P-SSYGBKの基本情報

長さ13cm~62cm
重さ86g
シャッター方式有線式(イヤホンジャックに接続)
対応機種iPhone/Android

こんな人におすすめシンプルな自撮り棒が欲しい人

エレコム 自撮り棒 P-SSYGBKの詳細情報

【有線式シャッターで設定不要】

スマホをセットする側についているケーブルをイヤホンジャックに挿し込むだけで使用できるようになっています。

他の自撮り棒にありがちなアプリのインストールやペアリング設定の必要がなく、誰でも簡単に使用できます。

【シンプルでコンパクトなので持ち運びに便利】

使用しないときは13cmと、他の自撮り棒と比べても非常にコンパクトになります。

カバンの容量を圧迫することもなく、付属のカラビナを使用すれば外側に取り付けて持ち運ぶこともできます。

【鏡付きでアウトカメラにも対応】

インカメラでの撮影には画質に限界があるため、アウトカメラで撮影したい場面も出てくるでしょう。

アウトカメラ撮影時に撮影範囲を確認できるミラーがついているので便利です。

エレコム 自撮り棒 P-SSYGBKがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員から「エレコム 自撮り棒 P-SSYGBK」がおすすめの理由を聞いてみました!

宮城県33歳男性省スペースで撮影ボタンがアプリのインストールやBluetoothなしで操作できるから。

神奈川県63歳男性実際に使っていて、とても満足しているし、かつ、リーズナブルだから。

大阪府43歳女性有名メーカーなので安心して使えそう。値段も良心的と感じる。使いやすそう。

Amazonで「エレコム 自撮り棒 P-SSYGBK」を見てみる

楽天で「エレコム 自撮り棒 P-SSYGBK」を見てみる

第3位 PHILIPS 自撮り棒シャッターボタン付き 有線タイプ

第3位である「PHILIPS 自撮り棒シャッターボタン付き 有線タイプ」は1,001人中157人(約15.7%)が支持しています。

オランダの医療機器・家電メーカーのPHILIPSは、様々な製品を販売しています。

電動シェーバーや電動歯ブラシが有名ですが、スマホ用のアクセサリーも高品質なものを販売しています。

おすすめポイントPoint1.軽量でコンパクト、おしゃれなデザイン

Point2.どんなスマホも幅広く対応するホルダー

PHILIPS 自撮り棒シャッターボタン付き 有線タイプの基本情報

長さ18.1cm~67.3cm
重さ106g
シャッター方式有線式(イヤホンジャックに接続)
対応機種iPhone/Android

こんな人におすすめおしゃれで使いやすい自撮り棒が欲しい人

PHILIPS 自撮り棒シャッターボタン付き 有線タイプの詳細情報

【軽量でコンパクト、おしゃれなデザイン】

軽量でコンパクトに収まるデザインで、持ち運びも簡単です。

スマートフォンホルダーが270度の角度で無段階に調整可能で、どんなシチュエーションでも使いやすいようになっています。

【どんなスマホも幅広く対応するホルダー】

スマホを挟むホルダーに対応する幅が、57mm~85mmと幅広く、大型のスマホでも問題なく使用できます。

シャッターも有線接続で、イヤホンジャックさえあれば簡単に使用可能です。

PHILIPS 自撮り棒シャッターボタン付き 有線タイプがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員から「PHILIPS 自撮り棒シャッターボタン付き 有線タイプ」がおすすめの理由を聞いてみました!

北海道46歳男性凄く使いやすくて普段から使っている。非常に写真が撮りやすい。

神奈川県27歳女性有線の方が無線よりも安心感がある。あとデザインが好み。

京都府34歳女性いろんな角度から簡単に撮影しやすそうだから。見た目もかわいらしい。

Amazonで「PHILIPS 自撮り棒シャッターボタン付き 有線タイプ」を見てみる

楽天で「PHILIPS 自撮り棒シャッターボタン付き 有線タイプ」を見てみる

第4位 Anero 自撮り棒 bluetooth リモコン付き

第4位である「Anero 自撮り棒 bluetooth リモコン付き」は1,001人中232人(約23.2%)が支持しています。

Aneroは自撮り棒だけでなく、イヤホンやモバイルバッテリー、ドライブレコーダーまで幅広い製品を販売しています。

品質が良く、コストパフォーマンスに優れた商品が多いのが特徴です。

おすすめポイントPoint1.5段階伸縮、三脚付きで使いやすい

Point2.Bluetoothで簡単撮影

Anero 自撮り棒 bluetooth リモコン付きの基本情報

長さ18.5cm~67cm
重さ135g
シャッター方式無線式(Bluetooth接続)
対応機種iPhone/Android

こんな人におすすめ様々な場面で自撮り棒を使いたい人

Anero 自撮り棒 bluetooth リモコン付きの詳細情報

【5段階伸縮、三脚付きで使いやすい】

三脚が一体になっているタイプなので、自撮り以外の場面でも幅広く使用できます。

アルミ合金製の伸縮部分は5段階に調整できるので、好きな長さで使用できます。

【Bluetoothで簡単撮影】

特別なアプリの設定が必要なく、Bluetoothで接続したら後はリモコンでシャッターボタンを押すだけです。

リモコンは10mまで離れても遠隔操作可能なので、記念撮影にも使えます。

Anero 自撮り棒 bluetooth リモコン付きがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員から「Anero 自撮り棒 bluetooth リモコン付き」がおすすめの理由を聞いてみました!

広島県25歳女性デザインもかわいく手元ボタンやリモコンでもシャッターを切れるのは小さい子どもがいても安心なのでいいと思う。

京都府39歳女性三脚、リモコン、Bluetooth接続はかなり使いやすい。実際にこちらの商品を持っていて、使い勝手にも満足しているので。

愛知県23歳女性いろいろな撮り方もできて、値段もお手頃、そして軽い。ポケットに入るサイズ感もとても良い。

Amazonで「Anero 自撮り棒 bluetooth リモコン付き」を見てみる

第5位  Carantee 自撮り棒Bluetooth リモコンシャッター

第5位である「Carantee 自撮り棒Bluetooth リモコンシャッター」は1,001人中118人(約11.8%)が支持しています。

Caranteeは主にスマホ用品やカー用品を扱ってるメーカーです。

アウトドア用品なども扱っており、製品が堅牢な作りになっているという特徴があります。

おすすめポイントPoint1.多機能で幅広い使い道

Point2.有線無線どちらも対応

Carantee 自撮り棒Bluetooth リモコンシャッターの基本情報

長さ24cm~95cm
重さ不明
シャッター方式有線(イヤホンジャックに接続)/無線式(Bluetooth接続)
対応機種iPhone/Android

こんな人におすすめいろいろな用途で自撮り棒を使いたい人

Carantee 自撮り棒Bluetooth リモコンシャッターの詳細情報

【多機能で幅広い使い道】

自撮り棒としてだけでなく、三脚とリモコンを使えば遠隔で撮影にも使えるうえに、ヘッド部分の可動域が広いので、スマホスタンドとしても活躍します。

三脚は取り外し可能なので、カメラに取り付けて使用することもできます。

【有線無線どちらも対応】

有線のケーブルがあり、リモコンがなくても撮影できます。

また、Bluetoothで接続できるリモコンは10mの遠隔撮影ができるので便利です。

Carantee 自撮り棒Bluetooth リモコンシャッターがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員から「Carantee 自撮り棒Bluetooth リモコンシャッター」がおすすめの理由を聞いてみました!

神奈川県27歳女性見た目がピンク系で可愛いので、いいなと思った。持ち運びしやすそう。

長野県37歳女性リモコンがついているわりに価格が安い。後は色がピンク色で女性受けしそうですね。

茨城県56歳男性1台4役の機能性が高く、リモコンシャッターでの撮影ができるのが満足できると感じた。

Amazonで「Carantee 自撮り棒Bluetooth リモコンシャッター」を見てみる

第6位 TAWARON Bluetooth 自撮り棒

第6位である「TAWARON Bluetooth 自撮り棒」は1,001人中83人(約8.3%)が支持しています。

スマホホルダーのネック部分は360度回転可能で、あらゆる角度からの撮影が可能です。

また、持ち手を展開すれば三脚としても使用できるので、リモコンと併用すれば非常に便利です。

おすすめポイントPoint1.6段階伸縮で最大100cmまで伸ばせる

Point2.充電式のリモコンでお手軽

TAWARON Bluetooth 自撮り棒の基本情報

長さ20cm~100cm
重さ235g
シャッター方式無線式(Bluetooth接続)
対応機種Android/iOS

こんな人におすすめさまざまなアングルで撮影したい人

TAWARON Bluetooth 自撮り棒の詳細情報

【6段階伸縮で最大100cmまで伸ばせる】

強力なアルミ合金製で非常に頑丈なうえに、最大100cmまで延長可能なので、あらゆる撮影が可能になります。

ヘッド部分の可動域も広いので、思い描いたとおりの角度で撮影できるでしょう。

【充電式のリモコンでお手軽】

付属のリモコンは付属のUSBケーブルで充電可能です。

Bluetoothで簡単に接続でき、使用の際の煩わしさはありません。

TAWARON Bluetooth 自撮り棒がおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員から「TAWARON Bluetooth 自撮り棒」がおすすめの理由を聞いてみました!

秋田県64歳男性女性同じものを使用中であるが、強度、使い勝手共に十分な実用性がある。

埼玉県18歳女性360℃回転すること、Bluetoothリモコン付きであるため、持ち運びやすいサイズであるため、高価なものではないけどこと、高価でないのに備え付け機能がよいため。

愛媛県43歳男性長さがあって使いやすそう。スマホの取り付けがスムーズにできそう。

Amazonで「TAWARON Bluetooth 自撮り棒」を見てみる

楽天で「TAWARON Bluetooth 自撮り棒」を見てみる

自撮り棒の選び方!場面に合わせて使い分けよう!

スマートフォンが爆発的に普及した昨今、街で自撮り棒をたくさん見かけるようになりました。

今となっては人気商品である自撮り棒ですが、現在大小問わずさまざまなメーカーが販売を行っており、品質にかなり大きな差があるのも事実です。

見極めずただ値段につられて購入してしまうと、すぐに壊れたりして結局的に損をしてしまうことになってしまいます。

この項目では自撮り棒の選び方について解説していきます。

長さだけでなく強度をチェックしよう

自撮り棒というと、どのくらい伸ばせるかといったところがアピールされがちです。

確かにロングタイプの自撮り棒は使い勝手がよく、選ぶうえでは大事ですが、同じくらい耐久性にも注目しなければなりません。

機能が豊富でも、すぐに折れたり曲がったりしまってまともに使えないのであればなんの意味もありません。

強度の弱い自撮り棒は「すぐ壊れてお金の無駄になった」という評価を受けることがあります。

評判のよい自撮り棒はアルミ合金といった耐久性の高い素材が使用され、簡単には壊れないようになっています。

加えて、セットしたスマホが外れにくい構造になっているかという点に注目しましょう。

いくら丈夫な作りでも、スマホが外れやすいと、落としてスマホが破損してしまうことにつながります。

持っているスマホで使えるか

自撮り棒購入の際に落とし穴になりがちなのが、持っているスマホとの相性です。

自撮り棒はどれでもいいと思われがちですが、機種によっては対応していないものもあります。

中にはAndroidかiPhoneのどちらかにしか対応しておらず、Bluetoothで無線接続できないものもあります。

また、自撮り棒のステイックだけではなく、上部のスマホホルダー部分の性能も確認しましょう。

スマホホルダーが丈夫な素材で作られているかということだけでなく、自分のスマホがセットできるかどうかも確認しておく必要があります。

購入前に必ず対応機種の項目を読むようにしましょう。

まとめ頑丈な自撮り棒を選ぼう

自分のスマホで使えるか確認しよう

自撮り棒の種類とは?bluetoothや有線などの機能も解説!

自撮り棒は単純な作りに見えますが、さまざまなメーカーから豊富な種類が販売されています。

最近では便利な機能がどんどん追加され、さらに種類が増えています。

この項目では、たくさんの種類がある自撮り棒の種類や機能について解説します。

「ロング」と「コンパクト」の二種類がある

自撮り棒はメーカーによって大きさや長さが異なっています。

大きく分けると「ロング」と「コンパクト」の2種類のタイプがあります。

ロングタイプは自撮り棒の中でも特に人気です。

コンパクトタイプと比べると携帯性で劣りますが、バリエーション豊かな撮影が行えるという点がとても魅力的です。

対するコンパクトサイズの自撮り棒は、ロングタイプに比べるとあまり長さが伸びません。

長さこそロングタイプに劣るものの、非常に携帯性が高く、軽量なので持ち運ぶ際のわずらわしさもほとんどありません。

最近では頑丈な素材のものも多く、機能面でもロングタイプとの差はありません。

シャッターボタンの操作方法

自撮り棒はスマホのシャッターを手元のボタンで操作できるようになっています。

無線式と有線式の二種類があり、最近のものはほとんどがBluetoothで接続可能です。

安い自撮り棒だとシャッターがついていないため、使用する際は毎回タイマー機能を設定しなければならず、面倒に感じてしまうでしょう。

最近の機能性に優れた自撮り棒ではその心配がなく、備え付けられたボタンでスマホのシャッターを操作できます。

一見便利な無線式にデメリットがあるとすれば、スイッチやリモコンを使用するために電池が必要なる点です。

対する有線式の場合はスマホの電池で賄えるため、特に電池は必要ありません。

無線式の自撮り棒

無線式の自撮り棒は、ほとんどの商品がBluetoothを採用しています。

古い無線式の自撮り棒の場合は接続のためにアプリのダウンロードが必要でしたが、最近の商品ではその必要もありません。

スマホ本体からBluetoothでペアリングしてそのまま使用可能です。

リモコンで遠隔操作できる商品もあり、ものによっては10メートル離れた場所からでも操作できるようになっているので便利です。

有線式の自撮り棒

有線式の自撮り棒はイヤホンジャックから接続してシャッターを操作するようになっています。

構造が単純なので、Bluetoothのように設定する手間をかけずに使用できます。

中には有線と無線両方搭載しているタイプもあり、状況に応じて使い分けることができるでしょう。

その他の機能

最近の自撮り棒にはさまざまな機能が備わっています。

三脚として離れたところに設置して使用できるタイプの自撮り棒は、集合写真や全身写真を撮影する場合に便利です。

また、機種によってはLEDライトを装備しているものもあり、撮影時に使用することで美肌効果が期待できるものもあります。

自分が撮影したいシチュエーションなどを考えて、必要な機能を備えた自撮り棒を選ぶといいでしょう。

まとめ自撮り棒のサイズを見てみよう

目的に合わせて自撮り棒の機能を確認しよう

自撮り棒の使い方とは?シチュエーションごとに紹介!

撮影した写真をInstagramやTwitterのようなSNSにアップするのが趣味ならば、自撮り棒の存在は欠かせないものとなるでしょう。

自撮り棒は一人では撮影できない構図や場所での撮影を可能にするアイテムで、あるのとないのでは撮影の幅が段違いです。

この項目では、自撮り棒の使い方について解説します。

自分を対象とした撮影

自撮り棒のもっともポピュラーな使い方は、やはり自分を撮影することでしょう。

自撮り棒があれば、腕を伸ばしても届かないところからの撮影ができますし、アングルも自由自在です。

自分から離れた位置から自撮りができるようになることによって、背景の景色をしっかり収めて撮影できるようになります。

また、「もうちょっとカメラを近づけたいけど手が届かない」というところを撮影したいときにも役に立つでしょう。

観光地やいろんなアングルで撮影したいときに、自撮り棒は役に立ってくれるでしょう。

集合写真や固定撮影

自撮り棒には三脚が一体になっているものや、取り外しできるタイプのものもあります。

離れた場所に設置して集合写真を撮ることもできるようになりますし、遠隔操作できるリモコンがついたタイプであればさらに撮影の幅が広がります。

自撮り以外にも固定して撮影したい場合に非常に便利です。

もっとアクティブに動画撮影

自撮り棒があれば動画撮影の幅も広がります。

スマホだけでは手を伸ばせる限界があり、満足のいく撮影ができないこともあるでしょう。

自撮り棒を利用することで、高いアングルからの撮影や、しゃがみ込まずに低いアングルの撮影もできるようになります。

普段撮らない角度から撮影できるようになることで、よりダイナミックな映像が作れるでしょう。

スマホ以外にも、アクションカムとの併用もできます。

スマホよりも動画撮影に優れたアクションカムを使うことで、より美しい動画撮影が可能になります。

アクションカムの中でも特に有名なGoProでは、強力な手ブレ防止機能がついているため、自撮り棒と併用してハードな動画も撮影できます。

動画撮影に使用したい場合はスティック部分が丈夫で、カメラを固定する台座がしっかりしたものを選ぶといいでしょう。

まとめ自撮り棒は幅広い写真撮影ができる

動画撮影にも対応できる

自撮り棒に関するアンケート
対象条件:ボイスノート会員
有効回答者:1,001人
(調査日:2019/8/30)

編集部員T2編集部員T2金曜日の夜からが真の一週間の始まりと思っている。ライティングを極めたくてこの会社に入ったので、いろいろな記事が見れて毎日楽しい。