エンタメの記事

結婚式の二次会、準備が出来ていないあなたにおすすめのコンテンツは・・・「ビンゴ」!

結婚式の二次会、準備が出来ていないあなたにおすすめのコンテンツは・・・「ビンゴ」!
エンタメ

結婚式の二次会、何をすれば盛り上がる?

春を迎え、結婚式のシーズンとなりました。
結婚式も様々なスタイルのものが増え、どんな内容にしようか決めかねている方もいるでしょう。
特に二次会は内容を間違えると身内だけが盛り上がる結果になってしまうこともあり、悩みどころです。

せっかくだから、招待した人全てに満足してもらえる内容にしたいですよね。
結婚式を挙げた方はどんな二次会の企画を行ったのでしょうか。
みなさんがイベントではどんな企画があるといいと思っているのかと併せてご紹介します。

人気の二次会コンテンツは「ビンゴ」!

結婚式の二次会は披露宴よりもくだけた雰囲気の為、企画も様々な選択肢があります。
定番のビンゴ、クイズといった参加系のものから、知人、友人による出し物、はたまたプロを呼んでのショーなど・・・。

定番のものでもどんな内容にするかによって盛り上がりには大きく差が出ます。
結婚式を挙げたボイスノート会員492人にアンケートを実施し、その中で二次会をやった192人にどんな企画を行ったか聞いてみました。

結婚式の二次会では、どんな企画をやりましたか?
結婚式の二次会では、どんな企画をやりましたか?

結果は「ビンゴ」が35.9%で最多、歌などの「出し物」が27.6%という結果でした。
筆者も友人の結婚式で「マルモのおきて」を振り付きで披露した思い出があります。

同じ「ビンゴ」でもこんなやり方がある

一番実施した方が多い「ビンゴ」ですが、ビンゴと一口に言っても、工夫次第で盛り上がりが違います。
普通はくじ引きで数字を引いていきますが、ルールや引くものを変えてみてはいかがでしょう?
例えば・・・

  • 9マスビンゴ
    空欄の9マスビンゴカードを1人1枚配り、1~60までの数字を適当に書き込んでもらいます。数字の上限はゲストの数に合わせて調整しましょう。
    箱から数字がかかれた紙を引くか、ビンゴマシーンを用意して数字を読み上げます。
    一番早くマス目が埋まったゲストが優勝です。
    マス目が少なくサクッと終わるので、少人数婚や時間に限りのある二次会にぴったりです。
  •  

  • 逆ビンゴ
    ゲストにビンゴカードを配布し、番号を読み上げていきます。
    ここまでは通常のビンゴと同じですが、通常のビンゴとは逆で、最後までカードに穴が開かなかった人を勝ちとします。
    参加者全員に席を立ってもらい、穴が開いた人から座っていきます。
  •  

  • 携帯ビンゴ
    ゲストにはあらかじめ「くじ」に電話番号を書いてもらい、箱にいれておきます。
    新郎新婦が、ゲストの携帯電話番号が書かれた「くじ」を引き、その場で電話してつながったら当選発表するというビンゴです。
    携帯電話の使用が必須の為、事前にゲームで使うことをアナウンスしたり、会場に充電器を設けるなどして、きちんと全員が参加できる準備は必要です。
  •  

  • 名前ビンゴ
    受付のときにインスタントカメラでゲストを撮影し、写真の下に名前を書いてもらっておきます。
    ビンゴの時間になったら、あらかじめ準備しておいたフリービンゴカードかマスが書いてある紙をゲストへ配布します。(9マスビンゴカードだと進行がスムーズです)
    ビンゴカードを受け取ったゲストは、他の参加者に名前を聞いて回り、名前でマスを全て埋めてもらいます。
    新郎新婦が、受付で撮った写真をランダムで引き、書かれている名前を司会が読み上げます。
    自分のビンゴカードに書いた名前が読み上げられたら、穴をあけ、一列揃ったらビンゴです。
  •  

  • 動物ビンゴ
    動物の絵がマス目にかかれたビンゴカードを1人1枚配ります。
    フリービンゴカードに自分で好きな動物を記入してもらってもよいでしょう。
    司会が動物を1匹ずつランダムに読み上げ、一番早くマス目が埋まった人が優勝です。
    動物を「フルーツ」などのテーマに変えるのもありです。
  •  

  • エピソードビンゴ
    フリービンゴカードを用意し、マス目の数だけ新郎新婦のエピソードにちなんだ三択クイズを作ります。
    ゲストには正解だと思う番号をビンゴカードに書き込んでもらいます。
    クイズの正解を発表していき、最終的にビンゴになった数が多い人が優勝です。
  •  

  • ダーツでビンゴ
    1~9の数字が書いてある的を用意し、新郎新婦がそこにダーツを投げて数字を決めるビンゴゲームです。
    参加者全員に予め用意してもらっていた9マスのフリービンゴカードに9つの数字を書いてもらいます。
    同じ数字を何個書いてもOKですが、1回に消せるのは1回当るごとに1つのみです。
  •  
    これらは一例なので、二次会の規模やゲストの客層を踏まえ、色々アレンジしてみてください。

    イベントで楽しめると思うのは「みんなが参加できるもの」

    実際に二次会などのイベントに参加した際には、どんな企画があると楽しめるでしょうか?
    ボイスノート会員850人に、参加者の場合と企画者の場合で分けて聞いてみました。
    あなたがイベントの参加者である場合に、楽しめると思う企画は?
    あなたがイベントの参加者である場合に、楽しめると思う企画は?

    「みんなで参加し、順位などを競うもの」が32.0%で最多でした。次に多かったのが「特定の誰かが出し物をする」の30.9%。
    参加者として、全員参加型の企画を望む人が多いようです。

    次に企画者の立場になったときはどうか、聞いてみました。
    あなたがイベントの企画者である場合に、参加者に楽しんでもらえると思う企画は?
    あなたがイベントの企画者である場合に、参加者に楽しんでもらえると思う企画は?

    こちらも「みんなが参加できるもの」が56.5%で全員参加型が良いという意見が最多でした。
    次に多かったのが「定番のもの」27.8%。
    企画者としては内容も説明しやすくやりやすい点がメリットでしょう。

    総じて全員が参加できる企画が楽しめるという意見が集まった今回のアンケート。
    イベントの企画に悩んでいる方も、これを軸に内容を考えてみてはいかがでしょうか?

    撮った写真をリアルタイムにシェア!イベントの盛り上がりを助けてくれる「Livecanvas」

    今回共同調査を行ったパークス株式会社では、撮った写真をリアルタイムにスクリーンにシェアできる、参加型スマホサービス「Livecanvas」を展開しています。
    結婚式の披露宴や二次会、クロージングパーティや音楽、ファッション、スポーツなど様々なイベントで、みんなが撮った写真をその場でリアルタイムにシェアできる為、“その場にいる”というライブ感とともに、リアルタイムならではのどきどき・わくわく感をシュッと会場のスクリーンに飛ばして感動を共有することができます。

    必要なのは、ネット接続したスマホだけ。会場に用意が無い場合には、受信側のパソコン、インターネット環境も必要ですが、いずれも特別なアプリケーションのインストールは必要ありません!
    アプリをインストールする必要はないので、参加者もすぐに使えます。

    会場に用意したQRコードを読み込んで専用サイトにアクセスすれば、その場で撮影した写真をスクリーンに投稿することができます。
    二次会などのパーティだけでなく、ライブイベントの演出やデジタルサイネージでの販促、ビジネス交流会などでのコミュニティ内での情報共有など多彩な使い方が可能!
    プライベートだけでなく、お仕事にも役立つサービスです。

    イベントの盛り上げに悩んだら「Livecanvas」をまずは取り入れてみましょう!

    Livecanvas:https://livecanvas.jp/

    二次会などの企画に関するアンケート
    対象条件:ボイスノート会員
    有効回答者:850人
    調査日:2019年3月19日