生活の記事

餃子通販の人気ランキング!お取り寄せ必至のおすすめの餃子とは?

生活

この記事では餃子のお取り寄せを考えている方におすすめできる、美味しい餃子を通販で提供する店舗をランキング形式で紹介しています。

またランキングは、数ある餃子通販のお店の中から、特におすすめのできる餃子通販のお店を厳選し、ボイスノート会員にアンケート調査を実施した上で順位を決定したものです。

記事後半にはお取り寄せした餃子の美味しい作り方や餃子のたれのアレンジレシピについてもご紹介しています。

餃子通販のお店選びにお悩みの方やお取り寄せした餃子を美味しくする方法を知りたい方は是非参考にしてみて下さいね。

多くの人がおすすめする餃子通販ランキング!

餃子通販の分野では近年さまざまな種類が発売されており、大手通販サイトで見てもたくさん通販餃子が紹介されています。商品画像はみんな美味しそうですが、通販でお取り寄せした結果、がっかりする餃子が届けられたら嫌ですよね。

とはいえ通販餃子は実際に見て選べるわけではありませんし、大手通販サイトの口コミは嘘くさいのも紛れていてどれを信じればいいのか分かりません…

そんなあなたのために、どの通販餃子が多くの人から支持されているのかを、205名のボイスノート会員へのアンケート調査を元にご紹介します!

第1位 宇都宮みんみん

昭和18年に北京のワンフーチン地区に住んでいた創業者の鹿妻三子が、現地の人に教わった餃子が宇都宮みんみんの餃子の原点です。

第二次大戦後に日本へ引き揚げてきた鹿妻一家は料理屋ハウザーを開業し、当時は中華料理屋でもあまり出されていなかった餃子をお客に提供していました。ハウザーの餃子は戦後に日本へ引き揚げてきた人々の間で話題になり、次第に人気店へと成長していきます。

宇都宮みんみんで提供される餃子のメニューは、焼餃子と水餃子と揚餃子の3つしかありません。後は焼餃子2人前と水餃子1人前を合わせた定食であるダブル・スイ・ライスがあるくらいです。

水餃子をスープ代わりにするという何ともボリューム満点の定食ですが、大食い餃子好きはどんなに待たされても食べに行きたいと言われるほどの人気メニューです。

気になるお味は、白菜やキャベツ、たまねぎ、ニラなどの野菜がたっぷり入っており、ニンニクやしょうがなどの薬味が食欲を刺激し、旨味を味わえるように工夫がされています。

食材は宇都宮産を中心に野菜も肉も全て国産食材を使っており、製造は全て宇都宮市内で行っています。観光客だけでなく地元民も含めて毎日行列ができているので、手軽に宇都宮みんみんの餃子を味わいたい人には通販がおすすめです。

公式ページで注文する

第2位 餃子専門店イチロー

餃子専門店イチローは神戸味噌だれ餃子を通販で日本中に広めた立役者です。イチローの餃子が人気である理由の1つは、女性でもにおいを気にせず食べられる食材の組み合わせにあります。

具体的な材料は秘密になっていますが、厳選した国産の食材やそれらを活かす薬味や調味料で味付けを行っているようです。においを消す過程もその食材の組み合わせで実現しているようで、女性を中心に根強い人気を獲得しています。

また餃子の食感を左右する皮部分にも強いこだわりがあります。独自の製法で練り上げた餃子の皮は伸びが良く弾力もあり、焼き面はパリッとした食感になり、それ以外の部分は水餃子のようにモチッとした食感に仕上がっています。

このようにして餃子の具材にも皮にもこだわりがある餃子専門店イチローですが、人気であるもう1つの理由は、やはり神戸餃子の代名詞となった特製の味噌だれにあります。

カツオだしと味噌をベースに調味料を配合した特製の味噌だれは、餃子以外にも様々な食材に組み合わせられるとファンの間で話題になっています。公式サイトにもファンが考案した特製の味噌だれを活かした料理のレシピが公開されており、特製の味噌だれの楽しみ方のバリエーションが豊富です。

公式ページで注文する

第3位 龍華山の生餃子

白ごはん専門餃子を謳う龍華山は、作りたてを生のままお客の元へ届けたいという思いから、冷凍が主流の通販餃子では珍しくチルド(冷蔵)での配達を行っています。

到着したその日に調理して味わってほしいというこだわりの餃子は、豚肉や野菜や皮という餃子の基本食材に店主の思いが込められています。

豚肉は脂のうまみが餃子のうまみに変わるとの考えから、毎日仕入れた豚肉をお店で下処理をしてミンチにしています。

野菜はシンプルにキャベツ、青葱、にんにくを使用していますが、季節や産地によって変わる風味に合わせて仕込みの方法を毎日微調整しています。

皮は焼き面の色やそれ以外の食感のバランスが良くなるよう、丁寧に仕込みをして焼き餃子専用の皮を作っています。

通販餃子に付属されている龍華山特製の餃子のたれは、白ごはんに一番合うように試行錯誤した結果、酸味を抑えて甘味のあるたれに仕上がっています。

龍華山の通販餃子に同封されている餃子の焼き方に従って調理すれば、自宅でも美味しい焼き餃子を味わうことができます。

2014年に開業したにも関わらず地元の大阪府堺市では愛されている龍華山の餃子を、自宅で手軽に食べたいなら通販で購入することをおすすめします。

公式ページで注文する

第4位 たれ屋クロワッサン餃子

たれ屋のクロワッサン餃子は通販では1年以上待たないと注文すらできないほどリピーターの多い餃子です。

地元香川ではかつて週1で野外販売を行っていたようですが、150人越えの行列が毎回発生し、4000個の餃子が30分で完売していたようです。

今は野外販売も中止して通販販売のみになっていますが、毎年メディアにも複数回取り上げられているため、人気が衰える様子はありません。

どうしても早めにたれ屋のクロワッサン餃子をお取り寄せしたい人は、次の出荷時期をお知らせしてくれるメールに会員登録をしてみてはいかがでしょうか?

たれ屋のクロワッサン餃子がここまで大人気なのは、生みの親であるたれ屋代表木内氏の偏執的なこだわりがあるからなのかもしれません。

餃子のあんのベースである豚肉には、野菜との協調性や通年で味の変化が起こりにくい性質を見抜き、北海道産の十勝野ポークを使っています。

野菜の中心であるキャベツには、季節によって水分量や食感に違いがあることに着目し、調理方法に微妙な違いを加えています。カットの仕方もあえて不規則に変えて食感に厚みをだし、水切りもバランスを見て調整する徹底ぶりです。

1年以上待たないと手に入れられないのはデメリットですが、それでも食べたいと思える人にはおすすめです。

公式ページで注文する

第5位 泰興楼のジャンボ餃子

東京の八重洲に本店を構える泰興楼(たいこうろう)が作る餃子は、食べごたえのある約12cmのジャンボサイズです。

泰興楼のジャンボ餃子が生まれたのは、第二次世界大戦後の復興に向かっていた1949年の夏でした。

1949年の2月に東京駅前の八重洲にオープンしたばかりの泰興楼でしたが、少しずつ常連客がつき始めていました。

その中でもお昼に毎日食べに来てくれていたある常連客から、餃子を作ってほしいと頼まれました。

当時の泰興楼のメニューに餃子は無かったのですが、戦前まで満州にいたその常連客に強くお願いされたために引き受けることにしました。

もちろん皮もなかったので1から作り、その日の夕方にようやく完成した餃子が泰興楼のジャンボ餃子の原点です。

泰興楼のジャンボ餃子の美味しさを語る上で、手作りのモチモチした餃子の皮丁寧に練りこんだあんからあふれ出る肉汁は外せません。

巨大な餃子にかぶりつくと、蒸された側のモチモチした皮の食感の先に、普通の餃子では含められないほどの肉汁があふれてきます。

ボリューム満点で半世紀以上にわたって愛されてきた餃子を食べてみたい人にはおすすめです。

公式ページで注文する

 

餃子通販のお店ランキングはいかがだったでしょうか?すでに注文したことのある店舗や、初めて聞いたお店などあったかもしれません。

このランキングは通販餃子を頼んだことがあるボイスノート会員205人へのアンケート結果で順位を決めているため、通販餃子好きの多くが認める美味しい餃子通販のお店のランキングとなっています。

上記のランキングを決定したボイスノート会員205人へのアンケート結果を改めてグラフで確認してみましょう。

満足度が高かった餃子は?

いかがでしょうか?宇都宮みんみんの餃子が過半数の会員から支持されて圧倒的な1位になっていますね。餃子の聖地・宇都宮の大人気店である宇都宮みんみんが多くの人から支持されたようです。

2位の餃子専門店イチローは味噌だれ餃子を全国的に広めた立役者の一人として、餃子通販の業界での知名度が高いのだと思われます。

餃子通販の経験が無い人やどのお店に注文しようか迷っている人は、ぜひ上記のランキングを参考にしながら、あなたにとって一番の餃子通販のお店をぜひ見つけてくださいね!

餃子は栄養バランスが良い食べ物?完全食といわれる理由とは?

ビールのおつまみとしても、ご飯のおかずとしても楽しめる餃子は、子供からもお年寄りからも人気のメニューですね。

起源は中国ですが、日本人の口に合うようにアレンジが加えられ、今や国民食といっても過言ではないほど、食卓に欠かせない存在になっています。大皿に盛り付ければ、見栄えも良いので喜ばれます。

そんな餃子ですが、実は栄養バランスに優れている良い食べ物であると言われています!本当に餃子が栄養バランスの良い食べ物なのか確認するために、餃子に含まれる基本的な材料を順番に見ていきましょう。

餃子の表面である皮の部分には、小麦粉由来の炭水化物が多く含まれています。餃子の中身であるあんの大部分は、豚のひき肉がよく使われています。

豚肉はビタミンB群やカリウム、鉄分などのビタミンやミネラルが豊富に含まれています。またひき肉になっていることで、消化吸収に時間のかかるたんぱく質をより多く吸収してくれます。

さらにニラやニンニクに含まれるアリニシンという成分を同時に摂取することによって、高い疲労回復効果が期待できます。

餃子が完全食といわれる理由は、以上のように炭水化物や脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルの五大栄養素をバランスよく含んでいるからです。

もちろん完全に全ての栄養素を含んではいませんし、餃子を油たっぷりに焼いてしまうと脂質が多くなるのは避けられません。餃子の持つ栄養バランスをよく理解した上で、美味しい食卓を飾ることができるのが一番良いですね!

冷凍餃子の美味しい焼き方はこれ!羽根つきにする方法とは?

せっかく通販で餃子を取り寄せたのなら、作り方には失敗したくないですね。冷凍餃子の美味しい焼き方や羽根つきにする方法をご紹介します。

まず羽根つきにする方法ですが、大きめの羽根をつけたい場合は少し準備が必要です。具体的には、小麦粉大さじ1を水150mlに溶いたものを準備しておきましょう。小さな羽根で良い場合は、小麦粉を溶いた水は不要です。

それではさっそく冷凍餃子の美味しい作り方を順番に解説していきます!

冷凍餃子を焼き始める前に、途中で破れるのを防ぐために、餃子を1個ずつバラバラにしましょう。餃子のかたまりをまな板など平らな場所にかるく落とすと、簡単に餃子がバラバラになりますよ。また餃子は冷凍したままで大丈夫です。バラバラにならない場合は軽く解凍しましょう。

続いてフライパンを強火で十分加熱し、大さじ2杯ほどのサラダ油を入れます。そのうえに先ほどバラバラにした冷凍餃子を10個ほど並べます。並べる時も餃子同士がくっつかないように、少し隙間を開けて並べましょう。

餃子を並べ終えたら火を中火にします。小さめの羽根つき餃子の場合は、餃子の高さの3分の1程度まで水またはお湯を注ぎます。大きめの羽根つき餃子の場合は、最初に準備した小麦粉を溶いた水を注ぎます。

どちらの場合でも、餃子についている粉を水で注ぎ落すようにかけると、その粉が溶け出して羽根つき餃子の羽根部分になります!

注ぎ終わったらすぐにふたをして、4分ほど蒸し焼きにします。その後お湯が残っているか確認して、たくさん残っていたらさらに1分ほど蒸し焼きにします。

お湯が残っていなかったら、火を弱火にして上からサラダ油を小さじ1杯回し入れます。この油は餃子をはがしやすくするためなので、油を入れたら全体になじむようにフライパンを動かしましょう。

1分ほど焼き上げて、焼き面がしっかりきつね色になっていたら出来上がりです!

水餃子や揚げ餃子の作り方のコツとは?

せっかく美味しい餃子を通販で取り寄せたのなら、焼き餃子以外でも味わってみたいですよね!そこで、水餃子や揚げ餃子などの作り方も簡単にご紹介します。

水餃子にする場合は、鶏ベースの和風スープ、または豚やカキなどがベースの中華スープで煮込めばよいだけなので簡単です。皮のもっちりとした食感が失われてしまうので、煮すぎは禁物ですよ。

個人的には、卵でとじた市販のワカメスープに餃子を入れる食べ方にはまっています。具沢山の豪華なスープに変身し、卵と豚肉の相乗効果で甘みと旨味が増します。さらにそこに白ごはんを入れてお粥風に食べると、満腹になって幸せな気分に。

揚げ餃子にする場合、熱した油に入れるだけですが、美味しく仕上げるには一番難しい方法かもしれません。

油の温度が低すぎると、揚げるのに時間がかかって具材の中の水分が逃げしまって、表面はべたべたで中身はパサパサになり、また逆に温度が高すぎると、外側が黒くなってしまい中身にまで火が通らない状態になってしまいます。

理想は170℃前後の中温。小ぶりの餃子の場合は、この温度でこんがり焼き色が付くころには、中身にもきっちり火を通すことができます。

いずれの調理法でも、成功の秘訣は餃子の皮を破らないことです。閉じ口が緩んだり破裂したりして、肉汁が逃げてしまうと、味わい深さが半減してしまいます。

食べ方はもちろんお好みですが、ひとつ目は何もつけないで味見をしてみましょう。じっくりと噛みしめていると、肉と野菜との相性、肉汁の旨味、皮のほのかな甘みが感じられて、餃子の醍醐味を味わうことができるはずです。

つけだれも餃子本体と同様、各店が力を入れている分野なので、じっくり味わってください。余談ですが、たれをチャーハンの味付けに応用するのが私流です。香りが豊かで旨味が凝縮されているので、いつものチャーハンが何倍も美味しく感じられるようになること請け合いです。

全国各地からお取り寄せをして、餃子の食べ比べをしてみるのも楽しいでしょう。作り方や素材の違い、つけるたれによって、味わいが全く変わってきますよ。

餃子のたれの作り方!変わり種のアレンジレシピとは?

焼き餃子や水餃子など調理方法を色々試してみるのも良いですが、餃子とは切っても切り離せない餃子のたれにこだわってみてはどうでしょうか?ここでは基本的な餃子のたれの作り方以外にも、最近流行っている変わり種のアレンジレシピをご紹介します!

まず基本的な餃子のたれといえば、しょう油にお酢とラー油を混ぜたたれが有名ですね。餃子を提供する飲食店ならこの3点調味料セットはほぼ確実に置いてあるので、誰もが一度は味わったことがあるでしょう。

変わり種のアレンジレシピとしてまず始めにご紹介したいのが、この3点セットにみりんを追加した餃子のたれです!ひと手間加えたい主婦層に人気のアレンジレシピで、大手レシピサイトでは必ずと言っていいほど紹介されています。

みりんの風味が加わって深みが出るので、餃子のたれにちょっとしたアレンジを試したい方にはおすすめです。また辛いのが苦手な人のためにラー油をごま油に変えるというアレンジもあります。

ここまでご紹介した餃子のたれのアレンジレシピは、3点調味料セットからちょっとした変化を加えたものでした。ここからは、変わり種として3点調味料セットから大きく変化するアレンジレシピをご紹介します。

餃子のたれの変わり種として有名なアレンジレシピは味噌だれです!材料は味噌としょう油、お酢、みりんの4点で、順番は気にせずかき混ぜてしまいます。

味噌のこってりとした味わいが餃子に絡み合い、より濃厚な餃子を味わうことができます。濃い味わいが好きな人はぜひ一度味わって頂きたい変わり種のアレンジレシピです。

続いての変わり種の餃子のたれは酢胡椒です!材料はシンプルにお酢と胡椒で、お酢の上に胡椒をかけて軽くかき混ぜてしまいましょう。

先ほどの味噌だれとは打って変わって、刺激が強めでさっぱりした餃子のたれです。胡椒は飲食店にも置いてあることがあるので、外食でもチャレンジしやすいアレンジレシピですね。

代表的な餃子のたれのアレンジレシピは以上ですが、他にも餃子のたれには変わり種があります。色々と調べた上でチャレンジしてみるのも面白いですよ!

お取り寄せ餃子についてのアンケート
対象条件:通販餃子を頼んだことがあるボイスノート会員
有効回答者:205人
(調査日:2019/4/8~2019/4/11)