心理戦や緊張感が楽しめる!1214人が選んだ日本のサスペンス映画ランキング

ハラハラドキドキが楽しめ、物語の最後まで見逃せないサスペンス映画。

最後の最後に大どんでん返し!なんてこともあり、飽きることなく最後まで見ることが出来ますよね。

天才同士の頭脳戦や、事件を解決していくストーリーなんかも見どころです。

今回は、日本のサスペンス映画に絞って30作品をランキング形式で紹介していきます!

日本のサスペンス映画に関するアンケート
対象条件:ボイスノート会員
選定方法:Googleで「日本のサスペンス映画 おすすめ」と検索して表示された30作品を抽出
有効回答者:1214人
(調査日:2020/6/29~2020/7/1)

第1位 犬神家の一族(1976年)388票

出典:Amazon

『犬神家の一族』は、名探偵金田一耕助を主人公にした横溝正史の同名小説の映画化で1976年に公開されました。

大富豪・犬神佐兵衛(三國連太郎)が死に、その莫大な遺産の相続をめぐって一族の間で猟奇的な連続殺人事件が勃発。

次々と発生する怪奇な連続殺人事件に挑む金田一耕助の活躍を描く物語です。

2006年には、1976年版と同じ監督(市川崑)・主演(石坂浩二)コンビで再映画化もされています。

アンケート回答者からは、「スケキヨのお面が不気味」「池に死体がある場面が印象的」という声が多かったです。

インパクトのあるシーンが多くハラハラする本作が、2位に大差をつけて1位という結果になりました。

第2位 DEATH NOTE デスノート(2006年)156票

出典:Amazon

『DEATH NOTE デスノート』は、漫画『DEATH NOTE』を原作とした2006年に公開された映画です。

エリート大学生・夜神月が、死神が落とした名前を書くと書かれた人が死ぬ『死のノート=デスノート』を拾い、理想の世界を築くために世界中の犯罪者を裁き始めます。

一方、犯罪者を裁き始めた夜神月”キラ”を捕まえるために数々の難事件を解決してきた世界的名探偵L”エル”が調査を開始。

キラVSエルの天才同士の戦いが繰り広げられます。

アンケート回答者からは、「登場人物のキャラクターが濃い。最後まで展開がどうなるか予想ができなくて面白かった。」「エルとキラの化かしあいがすごくおもしろい。今見て結末を知っていても楽しめるのがいいと思います」という声が。

夜神月役の藤原竜也、L役の松山ケンイチなど、俳優陣の演技が役とかなりハマっていて、物語の展開もかなり楽しめる作品となっています。

第3位 容疑者Xの献身(2008年)113票

出典:Amazon

『容疑者Xの献身』は、東野圭吾の人気ミステリー「探偵ガリレオ」シリーズ第3作で、TVドラマ「ガリレオ」のスタッフ・キャストで2008年に公開された映画です。

顔を潰され指を焼かれるという残忍な殺人事件が発生し、内海刑事(柴咲コウ)や天才物理学者の湯川(福山雅治)が、独自の解明に乗り出していきます。

アンケート回答者からは、「堤真一演じる容疑者の、母娘への表現しがたい愛のようなものが、とても印象に残っています。表層的なものでなく、深い感情が表現されていて感動しました。」「犯人が思いを寄せる親子を守ろうと犯行に及ぶところが印象に残った。」などの声がありました。

天才同士の戦いに見ごたえがあり、ラストには感動的なシーンが待っている作品となっています。

第4~30位

ここからは4位~30位をまとめて発表していきます。

第4位 八日目の蝉(2011年)69票

出典:Amazon

第5位 マスカレード・ホテル(2018年)64票

出典:Amazon

第6位 告白(2010年)49票

出典:Amazon

第7位 探偵はBarにいる(2011年)45票

出典:Amazon

第8位 僕だけがいない街(2016年)41票

出典:Amazon

第9位 黒い家(1999年)38票

出典:Amazon

第10位 64-ロクヨン-(2016年)34票

出典:Amazon

第11位 悪の教典(2012年)23票

出典:Amazon

第12位 さまよう刃(2009年)18票

出典:Amazon

第13位 22年目の告白―私が殺人犯です―(2017年)17票

出典:Amazon

第14位 紙の月(2014年)16票

出典:Amazon

第15位 凶悪(2013年)15票

出典:Amazon

第16位 悪人(2010年)※同率 14票

出典:Amazon

第16位 白ゆき姫殺人事件(2014年)※同率 14票

出典:Amazon

第18位 三度目の殺人(2017年)13票

出典:Amazon

第19位 祈りの幕が下りる時(2018年)12票

出典:Amazon

第20位 重力ピエロ(2009年)11票

出典:Amazon

第21位 渇き。(2013年)10票

出典:Amazon

第22位 ミュージアム(2016年)9票

出典:Amazon

第23位 キサラギ(2007年)※同率 8票

出典:Amazon

第23位 脳男(2013年)※同率 8票

出典:Amazon

第25位 アヒルと鴨のコインロッカー(2007年)※同率 7票

出典:Amazon

第25位 クリーピー 偽りの隣人(2016年)※同率 7票

出典:Amazon

第27位 ヒメアノ~ル(2016年)6票

出典:Amazon

第28位 暗黒女子(2017年)4票

出典:Amazon

第29位 CURE キュア(1997年)3票

出典:Amazon

第30位 怒り(2016年)2票

出典:Amazon

サスペンス映画の中でもホラー・サイコ系や推理系のものなど幅広くあってみていて飽きないですよね。

様々な年代のサスペンス映画を紹介してきたので、知らない作品や見たことがない作品もあったのではないでしょうか。

あなたのお気に入りのサスペンス映画はランクインしていましたか?

アバター編集部員H