今注目の外国為替って何?気になる中身を調べてみた

今注目の外国為替って何?気になる中身を調べてみた
お金

イギリスが動けばユーロも動く!投資家が注目する2019年の外国為替

現在、イギリスのEU離脱(ブレグジット)の動きがあらためて注目されています。

今年3月29日が離脱に関するEUとの交渉の期限でしたが、つい先日イギリスの議会でEU離脱の延期が賛成多数で採決され、6月までの延期が決まりました。

今後のイギリスの動きについて、特に投資家の皆さんは気になるところだと思います。
何故なら、イギリスがEUを離脱することによってユーロの値段が大幅に下がる可能性があるからです。
このような通貨の値段が大きく動く時は投資の大きなチャンスで、このタイミングに投資を始めるか検討している方もいるでしょう。
ユーロは外国の通貨であり、外国の通貨を売り買いする=外国為替の取引になります。ですが、そもそも外国為替とは具体的にどんなものなのでしょう?
また、外国為替と聞くとFXが思い浮かぶ方もいると思いますが、外国為替取引とFXはどう違うのでしょうか?

今回は外国為替について、ボイスノート会員のみなさんに調査した結果と併せてご紹介します。

外国為替取引とFXは何が違う?

外国為替取引とは?

外国為替取引とは通貨同士の取引のことで、円やドルといった2つの通貨を為替レート(通貨の交換比率)に基づいて売り買いをすることです。
必ず売買がセットになっており、円とドルの通貨ペアで言えば「円を買ってドルを売る」もしくは「円を売ってドルを買う」という取引になります。

円を基準に見ると、1ドル=100円のときは10ドルが1000円で買えます。
しかしその後、円の価値が上がり1ドル=80円になると、持っていた10ドルが800円の価値となってしまいます。この時ドルを売って円を買うと200円の損失となってしまうのです。
このあたり、円相場の話にもなるのですが、円の価値はこのドルやユーロとの比較によって示されます。

FXとは?

次にFXですが、正式には「外国為替証拠金取引」といいます。
文字で見ると「証拠金」という言葉がくっついただけであるように、FXは外国為替取引の一種です。
ではどんな点が違うのでしょうか?

通常の外国為替取引を行う際には、実際にその金額分の通貨を円を出して買う必要がありますが、
FXでは「証拠金」をFX業者に預けることで、必要な金額よりも少ない金額で外国為替の取引を行えるようになるのです。
これが「レバレッジ」というFXの最大の特徴です。

「レバレッジ」とは「てこ」のことであり、少ない資金で大きな金額を取引できる事を「レバレッジ効果」と呼びます。
FXでは証拠金の何倍の金額で取引をするかを1倍~25倍で設定できるのですが、このように元手に対して数倍に相当する資金を運用することを「レバレッジをかける」と言います。
この仕組みがあるため、FXは少ない元手で大きな利益を見込むことができるのです。

先ほどの円/ドルの例で見ると、1ドル=100円の場合

  • 外国為替取引 :10ドルを買うのに1000円必要
  • FX      :10ドルを買うのに100円の証拠金(※)を預ければOK

(※)レバレッジを10倍にした場合

という仕組みです。
1ドルが120円に値下がりしたときに、10ドルを売って円を買えば、200円の利益になります。
(実際は手数料など他にかかるお金もありますが今回は省略します)
外国為替取引ではこの200円の利益を得る為に1000円必要ですが、FXでは100円で済んでいます。元手に対して2倍の利益が出せるのがFXなのです。

もちろん持っている通貨ペアの値動きによっては、元手以上の損失が発生するリスクも存在します。
最初のうちは少ないレバレッジから始めるべきでしょう。

外国為替取引のメジャーな通貨

実際に外国為替取引を行う際、各通貨の特徴を知ることで、損失のリスクを抑えることが出来ます。
ここで代表的な通貨をいくつかご紹介します。

  • 米ドル(USD)
    安定した通貨価値を持つ、信頼の厚い通貨。世界の基軸通貨として取引量も世界一であり、戦争や有事の際に相場が大きく動く特徴があります。日本で情報が取りやすい為、FXの初心者が始めるにも最適と言われています。
  •  

  • ユーロ(EUR)
    安定度が高いEU(欧州連合)の共通通貨。米ドルに対抗して、誕生しました。加盟国での経済状況がほかの加盟国に影響すると見られており、特にドイツの経済状況の影響を受けやすいようです。
  •  

  • 英ポンド(GBP)
    EU離脱で話題となっているイギリスの通貨。ユーロ相場の影響を受けやすいと言われています。値動きが激しく初心者には難しいものの、まとまった利益が得られることから人気のある通貨だといえます。
  •  

  • 豪ドル(AUD)
    オーストラリアドル。中国と密接な経済活動をしているため、資源価格や資源の輸出割合が多い中国の景気動向にも左右されます。世界的には取引量は多くはないものの、農業大国かつ観光立国でもあり、日本人との経済関係も強い為、安定性のある通貨です。
  •  

  • NZ(ニュージーランド)ドル(NZD)
    オーストラリアとの結びつきが強い、資源国通貨。豪ドルの動きに影響される通貨で、流通量はそこまで多くない為安定性に不安が残ります。こちらも中国との結びつきが強く、中国系のファンドによる「土地ころがし」が行われている為、値動きには注意が必要です。
  •  

  • 南アフリカランド(ZAR)
    非常に金利が高く、注目を集めている通貨。金などの天然資源の価格が値動きに影響します。国内情勢の影響を受けやすく、政局によっては値崩れする不安もあります。それでもその金利の高さから、おすすめされることが多い通貨です。
  •  

  • トルコリラ(TRY)
    こちらも高金利が人気を集めている通貨。金利の高さは南アフリカランド以上です。流通量が少なく、値動きが激しい特徴があります。ギリシャが隣接していることからギリシャの経済危機の影響を受けやすい点、中東問題の影響を受ける可能性がある点は注意しましょう。

外国為替取引をしている人は約1割!

実際に取引をしている人はどんな通貨の取引をしているのでしょうか?

まずボイスノート会員1000人を対象に、外国為替取引をしているか聞いてみました。
現在行っている投資は?
現在行っている投資は?

「外国為替取引」と「外国為替証拠金取引(FX)」を合わせて12.1%の人が投資を行っていると回答しました。
FXを行っている人の方が若干多い結果でした。

次に外国為替による投資を行っている方121人に、どの通貨ペアで取引をしているか聞いてみました。
現在取引を行っている通貨ペアは?
現在取引を行っている通貨ペアは?

最も多かったのは「USD/JPY: 米ドル/日本円」の76.0%。やはり世界の基軸通貨を取引している人が圧倒的です。
続いて多かったのが「AUD/JPY: 豪ドル/日本円」の26.4%。
注目の「EUR/JPY: ユーロ/日本円」は24.8%で3番目に多い結果となりました。
今後のイギリスの動向が心配されるとはいえ、安定感のある通貨として人気を集めているようですね。

FX自動売買ツールで外国為替取引の利益を最大化!

外国為替取引で大きな利益を出そうと思ったら、元手となる資金が少ないFXがおすすめです。
ですが、慣れないうちにレバレッジをかけたり、自分で色々な取引をするのは勇気がいりますよね。

今回共同調査を行ったTHSコンサル株式会社が提供するFX自動売買ツールはそんな取引の不安を払しょくしてくれます。
平均月利はなんと『30%』!

この数字だけだとにわかには信じがたいですが、詳細されているレビューを見ると、実際に利益を出している方が多くいます。
初回の設定サポート費10,800円のみで、月額利用料は無料!
FX歴8年、年収7,000万超えのプロトレーダが開発した完全無料のFX自動売買ツールです。

FXを始めるにはまず外国為替のことをきちんと知っておきましょう。
その上で、信頼性の高いツールを使えばバッチリです。

FX自動売買ツール:https://peraichi.com/landing_pages/view/r65kg

外国為替についてのアンケート
対象条件:ボイスノート会員
有効回答者:1000人
調査日:2019年3月14日~2019年3月15日