【1,000人が選ぶ】マッチングアプリのおすすめランキング【2019年最新】人気アプリの選び方も解説!

恋愛

この記事ではマッチングアプリの中でも特におすすめできるマッチングアプリを、ボイスノート会員1,000人へのアンケート調査から決定したランキングでご紹介します。

ランキング以外にもマッチングアプリの選び方や使い方、写真の撮り方などをご紹介します。

マッチングアプリ選びにお悩みの方は是非参考にしてみて下さいね。

マッチングアプリのおすすめランキング【2019年度最新版】

マッチングアプリは現在たくさんの種類が存在しており、1つ1つ検討していくのにも骨が折れます。

選び方の基準としては目的別や年齢層などがありますが、それ以外にも実際にどれだけ人気なのかも重要な指標になります。

そこで今回はすでに一定数支持を集めているマッチングアプリを6つ厳選した上で、ボイスノート会員1,000人にアンケートを実施し、ランキングを作成しました!

さっそくランキングを確認してみましょう。

第1位 Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)は株式会社エウレカが運営する、国内最大級1,000万人以上の会員数を誇る恋活・婚活マッチングアプリです。

Pairs(ペアーズ)では平均4ヶ月で恋人ができているというデータがあり、お付き合いしたカップルや結婚されたご夫婦は総計で200,000人以上いるということで、出会えた実績の多さもあり口コミの評価が高くなっています。

使い方はとってもシンプル。まずは検索条件を設定して、年齢、居住地、身長、職業などのいくつかの項目から、相性がぴったりの相手を探すことができます。

そしてPairs(ペアーズ)にコミュニティ機能というものがあり、これでより細かい価値観の合う相手を探すことができます。

ペアーズには、約100,000個のコミュニティが存在して、「音楽好き」「ゲーム好き」「映画好き」などの趣味・趣向から検索して気になるコミュニティに参加することで、同じ価値観を持つ異性にアプローチすることができます。

そして気になる相手が見つかったら、いいね!ボタンをタップして「いいね!」を送ります。

もしこれで相手からも「いいね!ありがとう」が送られてきたらマッチング成功ということで、メッセージの交換ができるようになります。

また、公的証明による本人確認が必要なため、サクラや業者に引っかかりにくく、セキュリティ面でも万全の対策がとられています。

もし何か困った事があれば24時間365日体制のカスタマーサポートに相談できるので安心ですよね。

登録は男女ともに無料。プランを利用するのであれば女性は無料で、男性は月にクレジットカード払いで3,480円、アップルストアで4,100円がかかります。

1度の合コンや婚活パーティに行くより出会える数もはるかに多く、料金が安いことがわかります。

とにかく登録者数がマッチングアプリの中で一番多くて、安全面もしっかりと整備されているので、初心者でマッチングアプリ選びに迷ったら、まずはPairs(ペアーズ)を利用してみることをおすすめします。

Pairsで恋活を始める

第2位 with(ウィズ)

with(ウィズ)は、株式会社イグニス/株式会社アイビーが運営する、メンタリストDaiGo監修の恋愛・婚活マッチングアプリです。

心理学 × 統計学を元に、あなたの「性格」「価値観」といった内面から相性の良いお相手を見つけることができます。

こういったシステムになっているため、占いや性格診断というワードに惹かれるのか、ユーザーは内面重視の男女が多いという印象があります。

お互い顔やプロフィールで判断していいね!を送るというよりかは、定期開催されている診断イベントの結果などから相手との相性がわかるので、マッチング率はかなり高いです。

特に他のマッチングアプリと比べても女性からのいいねがとても多いようで、男性から「他のアプリよりもマッチしやすい」という声が挙がっています。

そしてプロフィール作成やメッセージ送信など、メンタリストDaiGoのアドバイスを参考にして進めることができるのもポイント。

心理学的な判断で進めていけば、相手に嫌がられるようなメッセージやプロフィールの記入を避けることができます。

会員は20代が6割を占めていて、すぐに結婚を視野に入れているう30代や40代の方よりは、20代の恋活層におすすめのアプリとなっています。

Facebook認証は必須、免許証等の身分証明の義務や身バレしないシステム、通報・ブロック機能などがあり上場企業が運営しているということもあり、安全性は非常に高いので安心もできます。

withで相性の良い恋人を探す

第3位 Omiai(おみあい)

Omiai(おみあい)は、株式会社ネットマーケティングが運営する、Facebookを活用した老舗のマッチングサービスです。

国内にまだマッチングアプリ文化が根付いていなかった2012年に日本で初めて恋愛のマッチングアプリとしてリリースされたのがOmiaiです。

現在の会員数は360万人を突破していて、毎日2,000組のマッチングが成立しています。

会員数が少ないマッチングアプリですと、いつ見ても同じ人しかいない!場合がありますが、Omiaiでは、絶対的な知名度に加え、広告による認知拡大により、豊富な会員の中からお相手を探せます。

最も安心して使えるマッチングアプリのうちの一つで、その理由はFacebook認証とイエローカード制というシステムにあります。

Facebook認証を用いて登録することで、Facebookの友達を認識して、表示されないようにできることと、タイムライン上にアプリを始めたという内容の投稿もされないため、Facebookの友達にバレるということはありません。

そしてイエローカード制という機能により、「利用規約への違反を通報された人につく注意マーク」があるため、多少でも相手を不快にさせてしまう言動をとる人を見分けることができます。

基本的には1回の違反通告だけではイエローカードはつかなくて、複数回数違反報告をされるとイエローカードが付与されます。こういった安全面にもとても配慮されているアプリです。

他のアプリと違って30代以上の女性は有料会員登録が必須のため、出会いに真剣な女性が多いです。

いいね!も押すときに種類が選べるため、どういうアピールを相手にしたいかというところの差別化がしっかりできるのもポイントです。

年齢層は30~40代の大人世代の登録者が多いです。

お見合いというアプリのネーミングからもわかるように、真剣に結婚相手を探している人も多いので、婚活をするならとても向いています。

Omiaiで真剣に相手を探す

第4位 marrish(マリッシュ)

marrish(マリッシュ)は、株式会社マリッシュが2016年から運営している、再婚者やシングルマザー、シングルファザーへの優遇プログラムを導入しているマッチングアプリです。

これまで紹介してきたマッチングアプリとはかなり趣が異なり、大半のアプリは20代~30代前半のユーザーが中心ですが、marrishのユーザーは30代~40代中心です。

その半数がバツイチのシングルマザーかシングルファザーです。

なので離婚歴のある「婚活マイノリティ」の方が多く、その他のマッチングアプリと比較すると、ユーザーの年齢層が高いので、再婚活を目的とするならマッチングしやすいというメリットがあります。

そのためユーザーの求める人物像の多くが再婚相手なので、10代・20代の男性はマッチングするのが難しいでしょう。

また、marrishの多くの女性ユーザーがシングルマザーのため、子供のことや家のことで忙しい人が大半です。

そのため顔写真をしっかりと載せていないユーザーに対しては好感度が悪く、スキップ対象となることが多いようです。

なので動画プロフィールや特別プロフィールなどを上手に利用して、信頼してもらえるように努めましょう。

marrishでも他のマッチングアプリと同様に、「いいね!」を送った相手から「いいねありがとう」が返ってくればマッチングが成立します。

相手を探す方法は検索機能、グループ機能、あしあと機能の3つが用意されています。

検索機能では項目や条件を入力して相手を捜すことがてきて、グループ機能では趣味のグループ以外にシンママ・シンパパといったグループ、真剣に再婚したいといったmarrishならではのグループも存在しています。

あしあと機能は自分のプロフィールを閲覧した人の履歴のことで、予め自分に興味を持ってくれた人にいいね!を送ることができるので、より効率的なマッチングができます。

離婚歴有・シングルマザー・年の差婚・地方婚と言ったマイナー需要にも適しているサービスといえるでしょう。

marrishで本当の相手を探す

第5位 イヴイヴ

イヴイヴは、2016年設立のベンチャー企業である株式会社Market Driveが運営しているマッチングアプリです。

なんといっても完全審査制というところが画期的なアプリで、入会するためには運営スタッフによる審査に加え、既存ユーザーにて審査があり、既存ユーザーの賛成が過半数を超えた方のみ入会が可能となります。

アプリをダウンロードすると、FacebookまたはTwitterのアカウント情報を利用するか、メールアドレスで会員登録をする方法があり、プロフィール写真を登録すると審査が始まります。

審査は24時間で終了します。審査を通るためのキーポイントはプロフィール写真を充実させること。

より多くの情報を入力することで人となりが詳しくわかるようになり、既存ユーザーからの信頼を得ることができます。

顔写真の登録率はもちろん100%なので、なりすましやサクラが少なくて、男女ともに一定以上のルックスをしているということがメリットになっています。

そしてこの安全性の高さや変な人物がいないことに魅力を感じているユーザーが多いため、真剣度が高い人が多くてマッチングした人の初回のメッセージの返信率もとても高いです。

またイヴイヴにはイヴイヴサポーターという機能があり、いおりくんとくるみちゃんという熊のキャラクターのどちらかを選択し恋活で困った時に相談できます。

このアドバイスは運営スタッフが手動で考えてくれているため、とても役に立ち、実際にアドバイスのお陰で恋活がうまくいったという口コミもちらほら。

スピード感を求めている場合も、プチ恋という機能があり、毎週金曜日の21時~24時の間にその時すぐに話すことができる人を探すことができます。

すぐに話せるので翌日にすぐ会うことも可能です。

最初の審査の壁が高いので、一度登録できてしまえば、真剣に恋愛をしたいユーザーとちゃんと出会えるアプリになっています。

イヴイヴで質の高い出会いを探す

第6位 CROSS ME(クロスミー)

CROSS ME(クロスミー)は、株式会社サイバーエージェントの連結子会社である株式会社プレイモーションが運営する、すれ違いを恋のきっかけにするマッチングアプリです。

すれ違いという、同じとき、同じ場所にいたという偶然を恋のきっかけにするアプリで、「どんな人と、いつ、どのあたりで、何回すれ違ったのか」をお知らせする機能を搭載しているのが特徴です。

「クロスミーを使っている、近くをすれ違った異性」が自分のタイムライン上に表示されて、そこから「いいね」と「ありがとう」のコミュニケーションでマッチング成立となり、メッセージ交換ができるようになるという仕組みです。

GPS機能を利用してマッチするので、比較的にエリアの近い人や、通勤・通学などが同じ圏内の人とマッチングしやすいです。

何回すれ違ったかが表示される機能があるので、よくすれ違う異性のことが気になってきて、ドキドキするというユーザー体験をすることができます。

しかしリアルな出会いが期待できる反面、生活圏内で何度もすれ違ったら個人を特定されるのではないか?という不安がありますよね。

しかし安心してください。クロスミーでは、すれ違いを発生させない時間・エリアを指定する設定があります!

なので通勤・通学のすれ違いをオフにしておいて、休日などに外に出かける時のみにオンにすれば、安心して偶然のすれ違いの出会いを楽しめるようになっています。

またプレミアムオプションに加入すれば、人気急上昇中、ログイン順、キーワード検索という方法で相手を探せます!

契約のプランにって料金は変わりますが、1ヵ月契約だと月に3,800円かかります。他のアプリと比べても安くないでしょうか?

登録には公的証明書が必須で、安全面もしっかりとサポートされています。

通常のマッチングアプリとは異なるマッチング方法なので、刺激的な恋活をしたいのならとてもおすすめのアプリです。

CROSS MEで刺激的な恋活をしてみる

マッチングアプリの人気ランキングの根拠となったアンケート調査をグラフで紹介!

マッチングアプリのおすすめランキングはいかがだったでしょうか?ランキング第1位になったのはPairs(ペアーズ)でした!

このマッチングアプリの人気ランキングはアンケート調査に基づき作成しています。

ここではそのアンケート結果をグラフ付きで簡単に解説していきます!

最も利用したいマッチングアプリは?最も利用したいマッチングアプリは?

マッチングアプリの人気ランキング第1位となったペアーズは、1,000人中267人(約26.7%)が支持しています。

国内最大級の会員数を誇る最大手マッチングアプリが多くの人の信頼を集めた結果になったようです。

マッチングアプリの人気ランキング第2位となったwithは、1,000人中209人(約20.9%)が支持しています。

心理学や統計学を駆使したマッチング相性の良さが、若い世代を中心に人気を集めているようです。

マッチングアプリの人気ランキング第3位となったOmiaiは、1,000人中159人(約15.9%)が支持しています。

老舗マッチングアプリの歴史や利用規約違反者の注意表示などが、真剣な出会いを求める人々から注目されています。

マッチングアプリの人気ランキングはあくまで人気投票のため、上位が必ずしもあなたにとって最適であるとは限りません。

ですが、どのマッチングアプリを選べば良いのか分からず迷っているのであれば、この人気ランキングは1つの判断基準になります。

自分に適しているマッチングアプリを選んで、素敵な相手との出会いをぜひ見つけてくださいね!

マッチングアプリとは?出会い系アプリとの違いも解説!

マッチングアプリとは一言で説明すると、「出会いを求める男女を結びつけるアプリ(またはインターネットサービス)のこと」です。

主に恋人探しや結婚相手探しで利用している人が多いですが、特にこれといった縛りはないため、友達探しや主催のイベントに誘うような目的で使用している人もいます。

また中には他サイトに導入することが目的の業者や、勧誘目的のMLM会員がまぎれていることがあるので注意が必要です。

特徴としては入会時にFacebookなどのアカウント認証が必須であり、多くのマッチングアプリで月額制課金が採用されていることにあります。

仕組みも多くのマッチングアプリで登録→検索→いいねを送る→マッチング→メッセージ→会うという流れで、異性と実際に会うということになっています。

料金については基本的には男性からもらう仕組みで、女性は無料というところが多いです。

運営側は月額料金で得た資金を元にアプリの改善や安全管理のための施策を行っています。

ではここまでマッチングアプリに人気が出た理由は何なのでしょうか?

一番の理由は気軽に会えるからということでしょう。

会うまでの段階が効率的であり、コストも安いので利用する人がたくさんいるのでしょう。

スマホさえあればどこにいてもマッチングできて、数万人以上いる異性の中から好きにアプローチできるという気軽さも大きなメリットです。

街コンや合コンに参加するよりも母体が大きいので、自分の求めている相手を見つけやすいのが若い人に好まれる要因です。

マッチングアプリと出会い系との違いは?

また出会い系アプリとの違いというところで言えば、基本的には呼び方が違うだけでサービス内容はそれほど変わりません。

これといった明確な定義はなく、イメージ戦略によって呼び方を恣意的に変えているきらいがあります。

ただしトラブルの多かった一昔前の出会い系サイトとは違い、現在マッチングアプリを運営するためには国の許可をもらって運営することが必須になっています。

そのため公的な身分確認のできる物、24時間365日のアプリ内パトロール(悪質行為の監視)などをすべてのサイトで徹底的に行っているので、安全性の高いサイトが多いです。

こういったマッチングアプリが登場した原因の一つとして、Facebokが国内で幅広く認知されたことが挙げられます。

Facebokを使用する日本人が増えたことで、ネット上で顔写真を公開することに対しての抵抗感が減ってきました。

こういった追い風もあったことがきっかけとなり、マッチングアプリは現在とても普及しています。

しかしマッチングアプリならすべてがすべて安全でオーケーというわけではありません。

中にはマッチングアプリと謳っているものの、実は怪しいサービスだったということもあります。

そしてマッチする相手も人間なのでいろんな人がいます。

詐欺やマルチ商法、ぼったくりなどの悪質な行為をしてくる人もいます。

あくまでもどういうサイトなのか、相手は信用していい人間なのかを見極めて、事前にトラブルを回避しましょう。

マッチングアプリの種類とは?選び方についても紹介!

マッチングアプリと一口にいってもアプリは膨大に種類があります。

一つ一つすべてを紹介することはできないので、大まかな種類の分け方と主なサイト、そして選び方について紹介していきます。

マッチングアプリサービスの市場規模は2023年までに800億円を超えるのではないかと予測されているデータもあります。

今後さらに多くの企業が参入してくる可能性が高いため、アプリの数もどんどん増えていき、もっといろいろな新しいサービスが登場してくるでしょう。

そこで重要になってくるのが自分の目的に合っているサイトなのかどうかを判断できることです。

種類は大きく分けて「婚活向け」「恋活向け」「遊びやカジュアルな出会い向け」「ビジネス向け」という、4つの系統に分類することができます。それぞれの有名なアプリと特徴を紹介します。

婚活向けのマッチングアプリ

まず婚活メインのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結び、マッチドットコム、Omiai、マリッシュなどがあります。

こういったサイトを利用しているユーザーは確実に素敵なパートナーと出会いたいという意識があり、プロフィールも細かく記入していたり、とにかく婚活に対して真剣に取り組んでいる人が多いです。

年齢層でいうと20代後半~40代のユーザーが多いのが特徴です。なので収入証明・勤務先証明などを提出できるアプリがあったりと、安全性が高くて業者が少ないアプリが多い傾向にあります。

恋活向けのマッチングアプリ

次に恋活向けのマッチングアプリは、with、イヴイヴ、Pairs、東カレデートなどがあります。

もちろん恋人を真剣に探しているユーザーが多いため、性格や趣味が合うのかということや、見た目やファッションなどが自分の好みであるのかというところに重点が置かれています。

恋人探しをメインとしたアプリでは入力する項目も多くなっていて、アピールすることや相性のいい相手が見つけられる機能もたくさんあります。

スーパーいいかも!など若年層を意識した作りになっているので、10代~20代の若いユーザーの利用者が多い傾向にあります。

遊びやカジュアルな出会い向けのマッチングアプリ

そして遊びやカジュアルな出会い向けのマッチングアプリは、dine、タップル誕生、ハッピーメール、Jメールなどがあります。

婚活向けや恋活向けのマッチングアプリが多数を占めていますが、中にはこういった気軽に合うことを目的としたマッチングアプリも存在します。

やや出会い系という認識をされているものも含まれていますが、基本的には都合良く遊べる関係の女性と出会いたいというユーザーが多いです。

男性の料金も低めに設定されていて、若い世代のユーザーが多数を占めていることが特徴です。

ビジネス向けのマッチングアプリ

最後にビジネス向けのマッチングアプリは、yenta、COLABO(コラボ)、Linker、fatch、社長メシなどがあります。

ビジネスマン同士が会うためのアプリがほとんどで、手軽に人脈を作るためのアプリがほとんどです。

信頼できるビジネスパートナーに出会える、悩んだときに頼れる繋がりができる、優秀な人の採用につながるなどのメリットがあります。

ほとんどのアプリが登録も利用も無料でできて、フリーターなどではなくて社員であることが審査に通る基準となります。

起業する際の仲間探しや、コネ作りなどをするならばぴったりです。

最適なマッチングアプリの選び方としては、自分の目的とプロフィールに合っているかどうか確かめるというところが重要になります。

例えば学生や若年層であれば、比較的若いユーザーが多いアプリの方が、趣味や趣向や考え方も合うでしょうし、どちらかと言えば友達探しや恋人探しがメインになるでしょう。

30代以上であれば婚活やビジネスパートナー探しがメインとなってくるでしょう。

なので自分が相手に求めている目的が何なのかをはっきりとさせ、どんなユーザーが多いサイトなのかを見極めて選べば、自分の目的とずれが生じることはないはずです。

マッチングアプリの写真の撮り方は?注意点も紹介!

実際にマッチングアプリを使うとしても、なんとなく適当にプロフィールを書いてなんでもいいような写真をアップしても、おそらくなかなかマッチしないでしょう。

マッチングアプリの活動で最も重要なのは写真です。

2番目にプロフィールが重要。

そして3番目にメッセージが重要です。

ここでは優先度が一番高い写真についてアドバイスをします。

モテるためのマッチングアプリの使い方と写真の撮り方の注意点をよく覚えて役立ててみてください。

それではなぜ写真が一番重要なのでしょうか?

それは人はまず見た目で相手がどういう人物なのかを判断して、自分の好みの見た目であるかどうかをチェックするからです。

このチェックには単純に容姿が好みかどうかという判断に加えて、清潔感があるかということとファッションセンスや怪しい人物でないかどうかなどがジャッジされます。

なのでここをクリアしないことには、いくらプロフィールを頑張って書いていたとしてもそもそも読まれない可能性が高いのです。

また写真をそもそも載せていない人もいるかもしれませんが、素敵な出会いを見つけるためには写真はなるべく載せたほうがいいです!

なぜかというと写真があるだけで、上記の理由からなんとなく相手のイメージとか人物像を掴んでもらえるからです。

顔写真が一枚あるだけで相手は安心してくれます。

そしてマッチングアプリでは9割以上の男女が、基本的には写真ありの人の中から相手を探そうとします。

つまり写真を載せていないということはやる気がないんだなと見なされることとなるので、出会いのチャンスを広げるという意味でも写真を載せることをおすすめします。

マッチングアプリの写真で注意すべきポイントは?

ではマッチングアプリに写真をアップするとして、異性を惹きつける写真はどのように撮ればいいのでしょうか?

マッチングアプリにはメイン写真とサブ写真があります。

とにかくメイン写真では万人受けするようなベストな写真をアップしましょう。

そしてサブ写真はできるだけたくさんの枚数の写真をアップしましょう。

万人ウケする写真を撮るためのポイントはいくつかあります。

  • とにかく自然な笑顔で写る
  • 万人受けしそうな服装(男性はスーツ可)、メイクで写る
  • 明るい場所で撮る
  • 背景も考える
  • 画質が綺麗なこと

上記の条件を満たすような写真を撮りましょう。

そしてできればですが次の2つのポイントも押さえた写真だとベストです。

  • スポーツや旅行など趣味の最中の写真
  • ペットなど動物と一緒に写る

趣味や特技などをしている最中の写真をアップすることで、共通点のある異性に興味を持ってもらうことができます。

特に男性であればスポーツをしている姿は女性に好印象なので、撮る機会があれは積極的に使いましょう!

しかし注意点もあります。できればやめた方がいい写真はこれです。

  • 自撮りの写真

特に男性は自撮りの決めてる顔の写真をアップすると、女性にナルシストだと判断される傾向にあります。

女性も自撮り写真を何枚も上げるとメンヘラ感が出て印象が悪いです。できれば他人に撮ってもらった写真の中から探しましょう。

  • プリクラや加工アプリなどの写真

これは特に女性に多いケースですが、最近流行のSnowやプリクラの写真は、男性からの信頼感に乏しく詐欺写真ではないか?という疑惑を与えてしまいます。

写真撮影の技術も上がっていくらでも顔を盛ることができる時代ですが、実際に会って写真と違くてがっかりされたら次につながりにくくなってしまいます。

  • 過度な露出の写真や友達との2ショット写真

露出が多い写真だと男性はヤリモク、女性はビッチな印象を与えてしまいます。

海ではしゃいでる写真などもリア充感は出ますが、なんとなく軽そうな印象があるのでやめた方が無難です。

また2ショット写真はどちらかわからないので、アップするならサブ写真にして、メインは1人で写っている写真にしましょう。

そしてサブ写真ですがなるべく枚数をたくさんアップすることで、写真の信頼度もましてどんな人かが相手に通じやすくなります。

いろいろな表情があると魅力的に見えたりします。ただし画質はすべて綺麗でクリアなものを選びましょう。

かつお金に余裕がある人なら、プロのカメラマンの写真をおススメします。

プロのカメラマンであれば撮り方の技術も熟知していますし、あなたの魅力が最大限に引き立った写真を撮ってもらえます。

おおよそ2万円前後で写真を撮ることができます。

マッチングアプリに関するアンケート
対象条件:ボイスノート会員
有効回答者:1,000人
(調査日:2019/6/5~2019/6/6)