【636人が選ぶ】ゲーミングPCのおすすめ人気ランキング!【2020年】評判のPCだけでなく選び方やパーツなども紹介!

この記事ではゲーミングPCの中でも特におすすめできる人気のゲーミングPCを、ボイスノート会員636人へのアンケート調査から決定したランキングでご紹介します。

初心者向けのローエンドモデルから高性能のハイエンドモデルまで、モデル別に紹介します。

ランキング以外にもゲーミングPCの選び方やPCパーツについてもご紹介します。

ゲーミングPC選びにお悩みの方は是非参考にしてみて下さいね。

今すぐローエンドモデルのゲーミングPCランキングを見る▼

今すぐミドルレンジモデルのゲーミングPCランキングを見る▼

今すぐハイエンドモデルのゲーミングPCランキングを見る▼

ゲーミングPCと普通のPCとの違いとは?

ゲーミングPCの存在を初めて知った人が最初に思う疑問の多くは、「普通のPCと何が違うのか?」だと思います。

そこでここではまずゲーミングPCについて簡単に解説した上で、普通のPCとの違いについても紹介します。

ゲーミングPCとは?

ゲーミングPCとはゲームプレイに特化したPCのことです。

近年話題になっているPUBGなどのオンラインゲームには世界中のプレイヤーが参加しており、常に50万人以上の人々が楽しんでいます。

友達に誘われたりYouTubeなどのゲーム実況動画を見た結果、自分も遊んでみたいと思う人々が増加し続けています。

ゲーミングPCは、特に3Dで高画質のオンラインゲームを快適に遊べるようにする目的のものが多いです。

3Dで高画質のオンラインゲームを快適に楽しむには画像処理に関する処理能力のレベルを高くする必要があります。

普通のPCからゲーミングPCに買い替える必要はある?

今回、ゲーミングPCを購入したボイスノート会員114人にゲーミングPC購入前すでにPCを持っていたかアンケート調査を行いました!

ゲーミングPC購入前にPCを持っていましたか?

約8割もの人がすでに何かしらのPCを持っていたという事がわかります。

ほとんどの人が、ゲーミングPCに買い替えを行ったという事です。

その理由を詳しく聞いてみました!

東京都23歳男性描画速度に不満があった
福島県26歳男性すでに持っていたパソコンのスペックでは物足りなかったから。
青森県32歳男性買ったゲームがスペックたりなくて遊べなかったので
三重県33歳男性グラボが足りなかったから
埼玉県44歳男性遊びたいゲームの要求スペックが上がったから

持っているPCのスペックが遊びたいゲームに対応していなかったために、ゲーミングPCに買い替えたという人が多いようです。

遊びたいゲームに持っているPCのスペックが対応していない場合は買い替えるべきと言えます。

次に、ゲーミングPCが普通のPCと違う理由を解説します。

ゲーミングPCと普通のPCの違いは3つある

ゲーミングPCと普通のPCの違いは大きく3つあります。

  • ゲーミングPCは普通のPCよりも3Dや高画質に対する処理能力が高い
  • ゲーミングPCは普通のPCよりも排熱など冷却性能に関する能力が高い
  • ゲーミングPCは普通のPCよりも価格が高い

順番に説明していきますね。

  • ゲーミングPCは普通のPCよりも3Dや高画質に対する処理能力が高い

世界的に大人気なオンラインゲームの大多数は3Dで高画質という魅力を備えています。

ですが、その魅力を発揮するにはゲームをプレイする側にも相応のスペックが要求されます。

2Dに比べて3Dは立体感の部分での画像処理量が増え、さらに画質を良くすればそれだけ画像処理量が増えていきます。

  • ゲーミングPCは普通のPCよりも排熱など冷却性能に関する能力が高い

PCは基本的に長時間利用すると発熱してしまい情報処理スピードも落ちていきます。

ですが長時間プレイが基本であるオンラインゲームに対応するため、ゲーミングPCは排熱などの冷却機能がしっかりしています。

そのおかげで長時間ゲームをしても起動した時とそこまで変わらない滑らかな動きをキープできるのです。

  • ゲーミングPCは普通のPCよりも価格が高い

画像処理能力や冷却性能の高さから何となく予想しているとは思いますが、ゲーミングPCは普通のPCよりも価格が高いです。

普通のPCの平均的な価格帯は10万円以下あたりになりますが、ゲーミングPCは10万円~30万円が平均的な価格帯になります。

ゲーミングPCでも10万円以下のものはありますが、その価格ではあまり普通のPCと性能が変わらなくなってしまいます。

価格についてはどんなゲームをプレイしたいのか、高画質を求めるのかなど自分が求めるプレイスタイルを想定して決めるようにしましょう。

ゲーミングPCのランキングを確認する▼

ゲーミングPCの3つの選び方!注目ポイントも紹介!

ゲーミングPCはカスタマイズなどを含めてしまうと膨大な種類が存在するため、特に初心者にはどのように選べば良いのか分かりません。

直接PCショップの店員に聞いても良いのですが、彼らもできるだけ高い商品を買ってほしいですから選び方に多少の偏りが発生してしまいます。

そこで、ここではゲーミングPC初心者が知るべき3つの選び方について、注目ポイントも含めて紹介します!

選び方その1.遊びたいゲームの推奨スペックや最低スペックを確認する

ゲーミングPCの選び方は、最低スペックや推奨スペックを確認することから始まります。

スペックとはゲーミングPCの性能のことで、OSやCPU、メモリなどの項目ごとに詳細が書かれている場合が多いです。

スペックとしてよく注目される項目は下記の通りです。

ゲーミングPCのスペックの基本項目一覧
OS WindowsやMacなどPCを動かす基本ソフトのこと。
CPU Intel Core i5などPCの処理能力を左右する部品のこと。3.3GHzなどの数値は処理速度を表す。
メモリ(RAM) CPUの計算時にデータを一時保管する部品のこと。8GBなどの数値は保存容量の大きさを表す。
グラフィックカード モニターに映像を映し出す部品のこと。中にGPUという部品が含まれる。
GPU GTX 960など3D映像処理に特化したCPUのような部品のこと。数値よりも製品名表示が多い。
VRAM(GPUメモリ) GPUの計算時にデータを一時保管する部品のこと。3GBなどの数値は保存容量の大きさを表す。
HDD PCのデータを保存する部品のこと。SSDよりも安価で大容量である。1TBなどの数値は保存容量の大きさを表す。
SSD PCのデータを保存する部品のこと。HDDよりも高速処理ができる。120GBなどの数値は保存容量の大きさを表す。
Direct X WindowsのPCでゲームを動作させるアプリのこと。Direct X 9.0cなどの数値はバージョン情報を表す。
解像度 パソコンモニターの画質の良さを表す数値のこと。1280×720などの数値は横と縦の画質の細かさを表す。

最低スペックと推奨スペックの違いについては、前者がゲーム起動に必要な最低限の能力であるのに対し、後者がゲームをより楽しむために必要な能力です。

ゲーミングPCのパーツについて理解しても、どの点を重要視すれば良いのか迷ってしまいますよね。

ゲーミングPCを購入したことのあるボイスノート会員に、購入時に最も重視した点をアンケート調査しました!

ゲーミングPCを購入する際に最も重視した点は?

最も票を集めたのは「GPU(グラフィックボード)」という結果になりました!

通常のPCには、グラフィックボードが搭載されていないものも多く、ゲームのパフォーマンスに大きく影響します。

ゲーミングPCを購入する際には、グラフィックボードの性能を必ずチェックするようにしましょう。

「RAM(メモリ)」が最下位となりましたが、メモリはゲーミングPCであれば最低限ゲームが動作するほどのメモリがはじめから積まれていることや、不足していると感じた場合は後から自分で増設することも簡単なので、それほど重要視されていないようでした。

人気ゲームを快適にプレイするために必要なゲーミングPCのスペックは?

以下が、人気ゲームタイトルの推奨動作環境です。

人気ゲームの推奨スペック

ゲームタイトルグラフィックメモリCPU
VALORANTGeforce GT 7304GBIntel i3-4150
Apex LegendsGeForce GTX 9708GBIntel i5 3570Tおよび同等品
OVERWATCHGeForce GTX 6606 GBIntel Core i5
AMD Phenom™ II X3
グランド・セフト・オートV(GTA5)GeForce GTX 6608 GB Intel Core i5 3470 3.2GHz
AMD X8 FX-8350@4GHz
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア(CoD:MW)GeForce GTX166012GBIntel i5-2500K
AMD Ryzen R5 1600X
ストリートファイターVGeForce GTX 9608 GBIntel Core i5-4690K 3.50GHz
ドラゴンクエストⅩGeforce GT 220 VRAM 256MB 以上3GBIntel Core i3 2.0GHz 相当以上
バトルフィールドⅤ(BF5)GeForce GTX 6GB1060 6GB
GeForce RTX 2080(DXR向け)
12GB
16GB(DXR向け)
Intel Core i7 4790
Intel Core i7 8700(DXR向け)
FINAL FANTASY XIV(FF14)Radeon RX 4808GBIntel Core i7 3GHz
フォートナイトGeForce GTX 6608 GBCore i5-7300U 3.5 GHz
PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)GeForce GTX 106016 GB Intel Core i5-6600K
モンスターハンター ワールドGeForce GTX 10608 GBIntel Core i7 3770 3.4GHz
モンスターハンター ワールド アイスボーン4KGeForce RTX 2070 SUPER16GBIntel Core i7 9700F
League of Legends(LOL)GeForce 88004 GB3 GH
レインボーシックス シージGeForce GTX 6708 GBIntel Core i5-2500K

記載されているスペックであれば、問題なくゲームがプレイできるというものです。

ただし快適である環境はプレイする人の感覚によっても左右されるので、人によっては推奨スペックでも満足できない可能性はあります。

必要なスペックは、ゲームの重さによって異なってくるため、自分がどのゲームタイトルをメインにプレイしたいのかが明確であれば、そのゲームが推奨しているPCで問題ありません。

しかし、ゲームによってはアップデートが随時行われるものも多く、リリース当初より推奨スペックが上がるといった事例もあるので注意が必要です。

また、とにかく色々なゲームを試してみたいという人も余裕をもったスペックで揃えたほうが、後々後悔することもないでしょう。

PCのパーツが進化するほど、PCゲームも進化していくので、現時点でなるべく最新のものを用意しておくと、今後リリースされるゲームにも対応できるので、長い目で見てコスパのいい選択になるかもしれません。

スペックが高いPCであれば、より高画質、高フレームレートで快適にプレイすることができることもあるので、予算と相談しながら後悔しないベストな選択をしましょう。

もし知り合いでゲーミングPCを持っている人がいるのであれば、テストプレイをさせてもらって体感するとミスマッチの可能性は低くなります。

また、現在はeスポーツカフェなどゲーミングPCで遊べるお店も増えてきたので、近くに店舗があれば置いてあるPCのスペックを確認して、実際に遊んでみるのもいいでしょう。

CPUやグラフィックボードは、どれが高性能なのかよくわからないという人は、下記で紹介しているおすすめのPCパーツを参考にしてください!

おすすめのPCパーツまで読み飛ばす▼

選び方その2.遊びたいゲームに対応したベンチマークソフトを利用する

ベンチマークソフトとは、ゲーム環境に耐えられるだけの能力があるかを計測するソフトウェアのことです。

3D処理能力を確認するベンチマークソフトでは「3DMARK」が世界的にも有名なため、多くのゲーミングPCでは3DMARKを使って性能評価を行っています。

また、ゲームによっては専用のベンチマークソフトを提供しているものもあるので、気になるゲームにベンチマークソフトが無いかは確認しておきましょう。

ベンチマークソフトを起動すると、グラフィックやCPU、総合的な処理能力などを判定してくれます。

選び方その3.ゲーム会社とパソコンショップの提携ゲーミングPCを確認する

ゲーム会社にもよりますが、パソコンショップと提携して専用のゲーミングPCを販売していることがあります。

そのような提携ゲーミングPCはもちろんゲーム会社が求めるスペックを満たしているので、CPUとかグラフィックボードとか細かい知識をいちいち調べたくない人におすすめです。

そのような提携ゲーミングPCを購入すると特典が付いてくることもあるので、ゲームのコアなファンにとってもメリットがあります。

一方で値段も割高になりがちなので、ライトなファンにとっては敷居の高い面はあります。

 

ゲーミングPCの3つの選び方は以上になります。

【ローエンドモデル】ゲーミングPCおすすめランキング!

近年、e-スポーツの流行や動画配信サイトなどでのゲーム実況が人気になり、今までPS4などのコンシューマー機でプレイしていたけど、PCでゲームをしてみたいという人も多いのではないでしょうか?

そんな、初めてゲーミングPCを購入する人は、BTOやメーカー品などさまざまな商品があるためどのような機種を選べばいいのか迷ってしまいます。

1つ1つスペックを調べて比較することが面倒だと感じる人は、ゲーミングPCの人気ランキングを確認してみてはいかがでしょうか?

人気がある商品は多くの人にとって外れが少なく、商品について調べる時間を削減することもできます。

今回は、すでに一定の支持を集めている3台のローエンドモデルのゲーミングPCについて、ボイスノート会員636へのアンケート調査から人気ランキングを作成しました!

第1位 GALLERIA RM5R-G60S

第1位のGALLERIA RM5R-G60Sは636人中265人(約41.7%)が支持しています。

GALLERIA RM5R-G60Sはドスパラが販売しているエントリーモデルのゲーミングPCです。

価格は安いですが、高性能なパーツ構成になっており、ゲームを気軽に始めたい人におすすめです。

おすすめポイントPoint1.シンプルながらハイパフォーマンス

Point2.ポイントを有効に活用できる

Point3.コンパクトだから置き場に困らない

価格 7万9,980円(税抜)
OS Windows 10 Home 64bit
CPU AMD Ryzen 5 3500
メモリ 16GB
グラフィックス GeForce GTX 1660 SUPER
ストレージ SSD:512GB/HDD:なし

こんな人におすすめ安くて人気ゲームもプレイできるゲーミングPCが欲しい人

GALLERIA RM5R-G60Sの詳細情報

・シンプルながらハイパフォーマンス

PCでオンラインゲームを始めたいけど、ゲーミングPCは高いと感じる人におすすめなのがGALLERIA RM5R-G60Sです。

ゲーミングPCの中でも低価格でありながら、フォートナイトやApex Legendsと言った人気タイトルもプレイすることができます。

高グラフィックス設定でのプレイは重くなってしまいますが、画質や設定を最適化することでfpsを稼ぐことができるので、サクサクプレイすることも可能です。

高いお金をかけられないけどすぐにゲームを始めたい人や、気軽にPCゲームを始めたいライトゲーマーにおすすめです。

・ポイントを有効に活用できる

ガレリアは、ドスパラから販売するモデルですが、購入時にドスパラポイントをゲットすることができます。

このポイントは、世界最大のPCゲーム販売サイトSteamにチャージすることができます。

ゲーミングPCを買って貯まったポイントで、Steamで販売されているPCゲームを買うことができるのでお得です。

・コンパクトだから置き場に困らない

ゲーミングPCは、ハイスペックなほど内蔵パーツの大きさも大きくなりやすく、PC本体がどうしても大きくなってしまいます。

しかしGALLERIA RM5R-G60Sは、ミニタワーサイズなのでデスクの上においても、下においても邪魔にならないコンパクトさが魅力的です。

GALLERIA RM5R-G60Sがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からGALLERIA RM5R-G60Sがおすすめの理由を聞いてみました!

東京都23歳男性Ryzen5 3500にグラフィックスがGeForce GTX 1660 SUPER なら十分

千葉県33歳男性実際持っていて、非常に使いやすいと思っています

大阪府38歳男性グラフィックスやCPUも含めて、十分な性能を持っていると思います。

第2位 G-Tune PL-B

第2位のG-Tune PL-Bは636人中247人(約38.8%)が支持しています。

G-Tune PL-Bは、マウスコンピューターのゲーミングPCブランゴドG-Tuneから販売されているライトユーザーにおすすめのモデルです。

おすすめポイントPoint1.ハイエンドモデルのようなデザイン

Point2.コンパクトで持ち運びも楽

G-Tune PL-Bの基本情報

価格 9万9,800円(税抜)
OS Windows 10 Home 64bit
CPU Intel Core i5-9400
メモリ 8GB
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER
ストレージ SSD:256GB/HDD:1TB

こんな人におすすめデザイン性に優れたPCを選びたい人

G-Tune PL-Bの詳細情報

・ハイエンドモデルのようなデザイン

G-Tune PL-Bは、USBポートは、フロントではなく側面に設置されているなど、デザイン性にすぐれている点が魅了的です。

フロント面は、LEDが装備されており電源を入れると赤色に、ストレージへアクセス中は紫色に光るといった、まるでハイエンドモデルのようなデザインになっています。

さらに電源ボタンは高級感のある光沢シルバーになっており、ローエンドモデルということを感じさせない外観です。

また、グラフィックボードの内部スペースがしっかり確保されているので、後々グラボを買い替えるときにも役立ちます。

・コンパクトで持ち運びも楽

eスポーツの普及により、ゲーム大会へのパソコン持ち込みも考えられて設計されています。

本体上部には、持ち運び可能なハンドルがついているため、楽に持ち運びができます。

コンパクトなのに性能も期待できるゲーミングPCだと言えます。

G-Tune PL-Bがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からG-Tune PL-Bがおすすめの理由を聞いてみました!

大阪府24歳女性1番見た目がカッコいいと思い、惹かれたから。

山形県29歳女性ゲーミングPCの知識が無いため、完全に見た目の高級感で選んだ

三重県30歳男性スペックが最低限をクリアしていて不自由しなさそうだから

第3位 PG-ET

第3位のPG-ETは636人中124人(約19.5%)が支持しています。

PG-ETはBTOパソコン通販専門店のストームが販売するエントリーモデルのゲーミングPCです。

高性能ながらコストパフォーマンスがよく、初めてゲーミングPCを買う人におすすめです。

おすすめポイントPoint1.個性的なデザインで視覚的に楽しめる

Point2.ゲームや映像編集に対応できる性能

PG-ETの基本情報

価格 9万2,800円(税込)
OS Windows10 Home 64bit
CPU AMD RYZEN5 3500(6コア/6スレッド 3.6GHz TDP65W)
メモリ 8GB
グラフィックス GeForce GTX 1650
ストレージ SSD:250GB/HDD:1TB

こんな人におすすめ個性的なエントリーモデルが欲しい人

PG-INの詳細情報

・個性的なデザインで視覚的に楽しめる

両サイドにエアインテークのついた独特のフロントに、強化ガラス製のサイドパネルが特徴的です。

サイドからは内部構造が見れるので、視覚的にも楽しめます。

ケーブルマネジメントスペースがあるため、裏配線をきれいにまとめることができます。

全体的にすっきりとまとまった省スペースデザインで、飽きなく使い続けられるでしょう。

・軽いゲームに最適

LOLやDota2などといったMOBAをプレイする人であれば、このエントリー機の基本スペックでプレイすることができます。

重いゲームをやらない人にとって、高スペックなゲーミングPCはオーバースペックになることがあるため、軽いゲームを動かしたい人にとって最適です。

しかし、最新の重いゲームになってくると、CPUの性能不足になる可能性があるため、カスタマイズでCPUをアップデートすることをおすすめします。

PG-ETがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からPG-ETがおすすめの理由を聞いてみました!

東京都55歳男性省スペースでゲーム専用機が良い。場所を取らないことは非常に重要。

徳島県57歳男性本体の基本料金を抑えて,必要に応じたカスタマイズを選択することを前提としたマシンの構成が可能になっているのが,ユーザーにとって魅力的である。

宮城県県57歳女性省スペースで場所を取らないし、価格も他よりは比較的買いやすい。

ローエンドモデルのゲーミングPC比較ランキング表

今回紹介したローエンドモデルのゲーミングPCを比較表でまとめました!


ローエンドモデルのゲーミングPCの比較表

順位第1位第2位第3位
イメージ
名称GALLERIA RM5R-G60SG-Tune PL-BPG-ET
リンク公式サイト公式サイト公式サイト
価格7万9,980円(税抜)9万9,800円(税抜)9万2,800円(税込)
OSWindows 10 Home 64bitWindows 10 Home 64bitWindows10 Home 64bit
CPUAMD Ryzen 5 3500Intel Core i5-9400AMD RYZEN5 3500(6コア/6スレッド 3.6GHz TDP65W)
メモリ16GB8GB8GB
グラフィックスGeForce GTX 1660 SUPERNVIDIA GeForce GTX 1650 SUPERGeForce GTX 1650
ストレージSSD:512GB/HDD:なしSSD:256GB/HDD:1TBSSD:250GB/HDD:1TB

ローエンドモデルのゲーミングPC第1位を見る▼

【ミドルレンジモデル】ゲーミングPCおすすめランキング!

ミドルレンジモデルのゲーミングPCは、ある程度どんなゲームにも対応していて、快適にプレイしたいという人におすすめのゲーミングPCです。

パフォーマンスとグラフィックスのバランスがとれているため、MMOからFPSまで幅広いジャンルのゲームをプレイすることができます。

特にFPSをプレイする方は、144Hzモニターに対応しているかという点を気にするかと思いますが、ミドルレンジレベルであれば144Hzに出力も可能なゲーミングPCが揃っています。

4Kでのプレイは難しくなりますが、通常のフルHDモニターや横長のWQHDモニターであれば性能を最大限に発揮できるでしょう。

ミドルレンジモデルのランキングを見ていきましょう!

第1位 GALLERIA XA7C-R70S

第1位のGALLERIA XA7C-R70Sは636人中261人(約41.0%)が支持しています。

GALLERIA XA7C-R70SはゲーミングPCブランドとして人気の高いGALLERIAシリーズのデスクトップ型PCです。

3Dの処理性能が通常のPCの約20倍という、3Dゲームに対する性能の高さが大きな魅力です。

おすすめポイントPoint1.3Dゲームも快適にプレイ

Point2.冷却性能に優れている

Point2.ゲーミングPCらしいデザインと性能

GALLERIA XA7C-R70Sの基本情報

価格 16万9,980円(税抜)
OS Windows 10 Home 64bit
CPU Intel Core i7-10700
メモリ 16GB
グラフィックス GeForce RTX 2070 SUPER
ストレージ SSD:512GB/HDD:なし

こんな人におすすめシンプルでコスパに優れた高性能なゲーミングPCが欲しい人

GALLERIA XA7C-R70Sの詳細情報

・3Dゲームも快適にプレイ

3Dゲームがサクサク動く、高性能のグラフィックボードGeForce RTX 2070 SUPERを搭載しています。

さらにメモリが16GB搭載されているので、重いゲームでも快適にプレイできるように処理してくれます。

人気の#Dゲームタイトルの問題なくプレイ可能なモデルとなっています。

・冷却性能に優れている

前と下から吸気し、背面と上部から排気するエアフローは、ゲーミングPCの持久力を左右する内部の熱だまりを徹底して排除します。

PCの心臓部であるCPUにも大型の静音クーラーが用意され、処理速度低下や騒音の煩わしさからユーザーを解放してくれます。

より高機能なCPUやグラフィックスカードを追加したくなった場合でも、サイドパネルに専用の追加ファン搭載スペースが用意されており、冷却に対する徹底した姿勢が伺えます。

・ゲーミングPCらしいデザインと性能

ゲーミングPCらしいLEDライティングの設置も忘れてはいません。

PC前面に搭載されたLEDは、自分好みのカラーに設定可能なので気分に合わせて雰囲気を変えられます。

また、周辺機器をつなぐUSBポートなどは 45度の角度が付けられているため机の下にPCを配置する人であれば非常に使いやすいでしょう。

GALLERIA XA7C-R70Sがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からGALLERIA XA7C-R70Sがおすすめの理由を聞いてみました!

大阪府22歳男性スコアが高く、見た目もかっこよかったので

熊本県37歳男性デザインがゲーミングPCっぽい。長く使う以上はデザインも大切

千葉県38歳男性コスパの高さと、操作性が高く、安心感がある。

第2位 GALLERIA GCR1660TGF-QC

第2位のGALLERIA GCR1660TGF-QCは636人中258人(約40.6%)が支持しています。

GALLERIA GCR1660TGF-QCは高性能なBTOパソコンを販売しているドスパラの商品です。

ノートパソコンでありながら、ゲーミングPCとして使える性能を備えています。

おすすめポイントPoint1.ゲームからクリエイティブにも対応できる

Point2.快適にゲームできるデザイン

GALLERIA GCR1660TGF-QCの基本情報

価格 14万5,380円(税込)
OS Windows 10 Home 64bit
CPU Intel Core i7-9750H
メモリ 16GB
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX1660Ti + Intel UHDグラフィックス630
ストレージ SSD:512GB/HDD:なし

こんな人におすすめ楽に持ち運べるゲーミングPCが欲しい人

GALLERIA GCR1660TGF-QCの詳細情報

・ゲームからクリエイティブにも対応できる

ノートPCでありながら、グラフィックボードを搭載しているため、画像や映像の処理能力が非常に高くなっています。

メモリも16GB搭載されており、ゲームだけでなく動画編集にも使えるスペックなので、外で動画編集をしたいという希望も叶えてくれます。

・持ち運べるゲーミングPC

画面を囲むベゼルが薄く、ゲームに没頭できるように設計されたディスプレイが魅力的です。

ゲーミングノートでも国内最軽量の1.87kgなので、持ち運びも苦になりません。

また、ゲーミングキーボードに多いメカニカル式と同等の光学式スイッチを搭載しているので、軽い打ち心地で快適にプレイできます。

液晶は、144Hzに対応しているので、FPSのプレイも問題ありません。

GALLERIA GCR1660TGF-QCがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からGALLERIA GCR1650GFがおすすめの理由を聞いてみました!

山口県27歳女性薄型のノートパソコンで持ち運びが簡単にできると思ったからです。

京都府38歳男性画質が綺麗で、さくさく動くなど、ゲームするのに最適だから。値段が安いのも魅力です。

東京都36歳男性ゲーミングノートPC部門で受賞しているし、持ち運びしやすいノートタイプなのが好印象。

第3位 FRGBZ390/SG2

第3位のFRGBZ390/SG2は636人中117人(約18.4%)が支持しています。

FRGBZ390/SG2はBTOパソコンの専門店フロンティアが販売するゲーミングPCです。

おすすめポイントPoint1.高画質でのゲーム配信も可能

Point2.動画編集も快適に行える

FRGBZ390/SG2の基本情報

価格 18万5,800円(税抜)
OS Windows10 Home 64bit
CPU Intel Core i7-9700K
メモリ 16GB
グラフィックス GeForce RTX 2060 SUPER
ストレージ SSD:512GB/HDD:2TB

こんな人におすすめ様々な用途でゲーミングPCを使いたい人

FRGBZ390/SG2の詳細情報

・高画質でのゲーム配信も可能

高いフレームレートを保ったまま、高画質でゲーム配信を行いたい人に最適です。

視聴者が快適にゲーム配信を楽しむためには、画質にもこだわる必要があります。

高フレームレートで快適にプレイしながら、視聴者も高画質で配信を見ることができる、理想の環境をつくることができます。

ストリーマーを目指したいという人の第一歩をサポートしてくれるゲーミングPCです。

・動画編集も快適に行える

このモデルは、グラフィックス、メモリともにゲームのみならず動画編集も難なく行えるスペックを搭載しています。

ゲームを録画して、編集したいといった場合もこのPC一台で、基本的な動画編集には対応することができます。

録画したゲームを編集してYouTubeにアップしたいという人も、このPCで満足できるでしょう。

FRGBZ390/SG2がおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からFRGBZ390/SG2がおすすめの理由を聞いてみました!

大阪府34歳男性品質が高いように感じるますね。さらに、プロゲーマーが推奨してくれているところもいいですね。

大阪府36歳男性高性能なので、上級者などにも十分に満足できるから信頼できそう。

神奈川県37歳男性自分の好きなスペックにカスタマイズできて自分の求めるグラフィックに合わせたり満足度が高そう。

ミドルレンジモデルのゲーミングPC比較ランキング表

今回紹介したミドルレンジモデルのゲーミングPCを比較表でまとめました!

ミドルレンジモデルのゲーミングPC比較表

順位第1位第2位第3位
イメージ
名称GALLERIA XA7C-R70SGALLERIA GCR1660TGF-QCFRGBZ390/SG2
リンク公式サイト公式サイト公式サイト
価格16万9,980円(税抜)14万5,380円(税込)
18万5,800円(税抜)
OSWindows 10 Home 64bitWindows 10 Home 64bitWindows10 Home 64bit
CPUIntel Core i7-10700Intel Core i7-9750HIntel Core i7-9700K
メモリ16GB16GB16GB
グラフィックスGeForce RTX 2070 SUPERNVIDIA GeForce GTX1660Ti + Intel UHDグラフィックス630GeForce RTX 2060 SUPER
ストレージSSD:512GB/HDD:なしSSD:512GB/HDD:なしSSD:512GB/HDD:2TB

ミドルレンジモデルのゲーミングPC第1位を見る▼

【ハイエンドモデル】ゲーミングPCおすすめランキング!

 

ハイエンドモデルのゲーミングPCは、とにかくゲームの性能、画質すべてを追求したいという人におすすめのモデルです。

「ライバルと0.1秒の差も捨てられない」「ランクマッチでトッププレイヤーを目指したい」」「高解像度で高クオリティのマップを堪能したい」という人は、ハイエンドモデルを選びましょう。

ハイエンドPCの性能を最大限に発揮するためには、高性能モニターを使用する必要があります。

そのため、オーバースペックにならないか検討してから、購入するようにしましょう。

それでは、ランキングを見ていきましょう!

第1位 GALLERIA ZA9C-R80T

第1位のGALLERIA ZA9C-R80Tは636人中266人(約41.8%)が支持しています。

ドスパラから販売されているガレリアのフラグシップモデルです。

現状販売されているゲーミングPCでも、最高性能レベルなので長い間使い続けることができます。

おすすめポイントPoint1.他のモデルを圧倒する性能

Point2.VRゲームも高解像度でプレイ

Point3.ハイパフォーマンスをサポートする高冷却機能

GALLERIA ZA9C-R80Tの基本情報

価格 27万9,980円(税抜)
OS Windows10 Home 64bit
CPU Intel Core i9-10850K
メモリ 16GB
グラフィックス GeForce RTX 2080 Ti
ストレージ SSD:1TB/HDD:なし

こんな人におすすめ最強のゲーミングPCが欲しい人

GALLERIA ZA9C-R80Tの詳細情報

・他のモデルを圧倒する性能

あらゆるゲームに対応できる最高のゲーム環境を構築したいならこのGALLERIA ZA9C-R80T一択でしょう。

高いグラフィックかつ高フレームレートで、ゲームをプレイすることができます。

4Kモニターや240HZ対応モニターと合わせて使うことで、性能を最大限引き出せるでしょう。

・VRゲームも高解像度でプレイ

viveやoculusといったVR機器を使えば、PCでVRゲームをプレイすることが可能です。

VRゲームは高いグラフィックス性能が必要になるため、高性能のグラフィックボードを搭載していれば、きれいな映像でプレイすることができます。

今後、普及が見込まれるVRゲームもプレイしたいという人は、RTX2080Tiを搭載したGALLERIA ZA9C-R80Tを選択肢に入れてもいいでしょう。

・ハイパフォーマンスをサポートする高冷却機能

ハイパフォーマンスを発揮するとどうしてもCPUの温度が高くなり、パフォーマンスの低下を招きます。

その様なことを防ぐために、ナノダイヤモンドサーマルグリスという高冷却機能をもつグリスを採用しています。

製品寿命を長く保ちたいのであれば、冷却性能は無視できません。

GALLERIA ZA9C-R80Tがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からGALLERIA ZA9C-R80Tがおすすめの理由を聞いてみました!

北海道34歳女性Minecraft同梱版があり、それが魅力的だと思った。

大阪府35歳男性スペックがかなり高いため、ストレスなくオンラインゲームが出来るから。

富山県36歳男性静音性と冷却性能に優れていて、周辺機器をつなぎやすく設計されているからです

第2位 G-Master Hydro X570A2

第2位のG-Master Hydro X570A2は636人中237人(約37.3%)が支持しています。

G-Master Hydro X570A2は、冷却システムに強いサイコムから販売されているゲーミングPCです。

おすすめポイントPoint1.静音性抜群の水冷システム

Point2.内部が見えるガラスパネルデザイン

G-Master Hydro X570A2の基本情報

価格 25万1,680円(税抜)
OS Windows 10 Home 64bit
CPU AMD Ryzen 7 3700X Matisse
メモリ 16GB
グラフィックス GeForce RTX2070 SUPER
ストレージ SSD:512GB/HDD:なし

こんな人におすすめ静音性に優れたゲーミングPCが欲しい人

G-Master Hydro X570A2の詳細情報

・静音性抜群の水冷システム

G-Master Hydro X570Aは、水冷式のクーラーを搭載したモデルです。

そのため、空冷式と異なりファンの音を最小限に抑えることができます。

デュアル水冷式なので、CPUとビデオカードの熱を抑えることができるため、真夏のゲームプレイ時にも有効的に働いてくれます。

また、メンテナンスフリータイプなので、冷却液を入れ替えるような作業は必要ありません。

・内部が見えるガラスパネルデザイン

サイドが強化ガラスになっており、PC内部を見せるデザインになっています。

PC内部の水冷ポンプのLEDが発光すると、ゲーミングPCらしいアクセントになる点もガラスケースの魅力です。

G-Master Hydro X570A2がおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からG-Master Hydro X570A2がおすすめの理由を聞いてみました!

大阪府25歳男性国内初の水冷仕様で、音が静かなのでゲームをするのにも集中できそうだから。

愛知県36歳男性価格の割にグラフィックボードの性能も良く、デザイン性が高いので所有欲を満たしてくれそうに感じた。

山口県36歳男性CPUとビデオカードのデュアル水冷で、耳障りな音が静かになって、ゲームに集中できると思うから。

第3位 PG-MP

第3位のPG-MPは636人中133人(約20.9%)が支持しています。

PG-MPは、ストームから販売されているハイエンドモデルのゲーミングPCです。

おすすめポイントPoint1.アルミ仕様でスリムなミドルタワーPC

Point2.ハイクラスパーツも搭載可能な電源ユニット

PG-MPの基本情報

価格 23万1,800円(税込)
OS Windows 10 Home 64bit
CPU Intel Core i9-10900
メモリ 16GB
グラフィックス GeForce RTX 2080 SUPER
ストレージ SSD:500GB/HDD:2TB

こんな人におすすめスリムなハイエンドPCを選びたい人

PG-MPの詳細情報

・アルミ仕様でスリムなミドルタワーPC

PG-MPは、ミドルタワーの大きさながら非常にスリムなデザインで、優雅なアルミ仕様のデザインが目を惹きます。

エッジ部分は曲線になっており、パソコンらしいゴツさを感じさせない高級感のある仕上がりになっています。

また両側は、強化ガラスパネルになっているという点も外せないポイントです。

・ハイクラスパーツも搭載可能な電源ユニット

PG-MPには、MAX750Wの電源ユニットが装備されているので、ハイスペックなグラフィックボードも動作可能です。

さらに、80PLUS GOLD認証を受けているため、電源変換効率良さにも期待できる高性能の電源ユニットです。

まさにゲーミングPCにぴったりだと言えます。

PG-MPがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からPG-MPがおすすめの理由を聞いてみました!

長崎県36歳男性グラフィックボードとマザーボードの基盤相性が良く、非常に快適に動作しそうだから。

神奈川県37歳女性CPUもグラフィックも高いレベル、ハイクラスゲーミングパソコンである点

東京都40歳男性高機能かつスタイリッシュなので、実用性とデザインを兼ね備えていて持っておきたいマシンだと思う。

ハイエンドモデルのゲーミングPC比較ランキング表

今回紹介したハイエンドモデルのゲーミングPCを比較表でまとめました!


ハイエンドモデルのゲーミングPC比較表

順位第1位第2位第3位
イメージ
名称GALLERIA ZA9C-R80TG-Master Hydro X570A2PG-MP
リンク公式サイト公式サイト公式サイト
価格27万9,980円(税抜)25万1,680円(税抜)23万1,800円(税込)
OSWindows10 Home 64bitWindows 10 Home 64bitWindows 10 Home 64bit
CPUIntel Core i9-10850KAMD Ryzen 7 3700X MatisseIntel Core i9-10900
メモリ16GB16GB16GB
グラフィックスGeForce RTX 2080 TiGeForce RTX2070 SUPERGeForce RTX 2080 SUPER
ストレージSSD:1TB/HDD:なしSSD:512GB/HDD:なしSSD:500GB/HDD:2TB

ハイエンドモデルのゲーミングPC第1位を見る▼

ゲーミングPCのパーツ一覧!CPUやグラボのおすすめは?

ゲーミングPCを手に入れる場合は、パソコンショップですでに設計されているものを購入する場合が多いです。

しかし、すでに所有しているゲーミングPCの性能を強化したい場合や、1から自分でゲーミングPCを組み立てたい場合などは、ゲーミングPCのパーツについて詳しく知る必要があります。

ゲーミングPCのパーツ一覧は下記の通りになります。

  • OS(オペレーティングシステム)
  • CPU
  • CPUクーラー
  • RAM(メモリ)
  • グラフィックボード
  • HDD
  • SSD
  • 電源ユニット
  • マザーボード
  • パソコンケース

これらゲーミングPCのパーツ一覧をそれぞれ簡単に紹介していきます!

OS(オペレーティングシステム)

OS(オペレーティングシステム)とは、PCの基本操作を管理しているシステムのことで、WindowsやMac、Linuxなどが代表的なものです。

Macは基本的に自作PCにインストールすることが禁止されており、Linuxはオンラインゲーム側が対応していないことが多いので、ゲーミングPCのOSは基本的にWindows一択になります。

最新バージョンのWindowsをインストールしておけば、オンラインゲームを遊ぶのには問題ありません。

CPU(Central Processing Unit)

CPU(Central Processing Unit)とは、ゲーミングPCの処理能力を大きく左右する重要なパーツです。

Intel(インテル)製のCPUがシェアの大多数を占めており、ゲーミングPCのCPUもほとんどがIntel製です。

IntelのCPUには様々なシリーズがありますが、ゲーミングPCに採用されるのはほとんどが「Core i シリーズ」です。

Core i シリーズの中でも2020年時点のゲーミングPCで良く使われるのは、「Core i7」と「Core i9」の2つです。

単純にCPU自体の性能でいうとCore i9の方が良いのですが、Core i7の価格相場が4万円前後なのに対し、Core i9の価格相場は約5万円~約20万円と高額になります。

ゲーミングPCとしてCore i9の性能を最大限発揮できるものは少なく、ゲーム以外での重い作業や先のことを考えてなるべく高スペックにしておきたいという人でない限りCore i7で十分であることが多いです。

もちろん、core i7であればCPU使用率が増加しやすいゲーム配信にも耐えることができます。

CPUのおすすめは?

・Core i7 9700K

Core i7の中で2020年現在の最新である「Core i7 9700K」がゲーミングPCとしておすすめです。

金額は4万2,217円(税抜)でドスパラの公式通販サイトであれば送料無料となるので、自作やカスタマイズをしたい人におすすめです!

ドスパラ通販サイト上でのレビューを概観すると、CPUクーラーをしっかりしたものにすれば問題なく快適に動作するようです。

・Core i9 9900K

Core i7ではなくCore i9にしたいのであれば、「Core i9 9900K」が良いでしょう。

金額が4万9,980円(税抜)とCore i7と比較しても高額ではないので、Core i9にあこがれるけどそこまで高額なものは購入できないという人におすすめです。

・Core i9 9980XE

「ゲーミングPCにどれだけお金をつぎ込んでも後悔しない!」「最高峰のゲーミングPCを手に入れたい!」と考えている人であれば、2020年時点で最高峰のCPUである「Core i9 9980XE」をおすすめします。

金額は20万5,100円(税抜)とずば抜けて高額ですが、ドスパラ公式サイト上でのCPU性能比較表によると、最初にご紹介した「Core i7 9700K 」の性能の約1.65倍というハイレベルな性能を誇ります。

インテル(Intel)CPU性能比較|ドスパラ公式通販サイト

ただ、Core i9 9980XEの性能を存分に使いこなすには他のパーツとの組み合わせも重要になるので、PCパーツの基礎知識に乏しい人はあまり手を出さない方が良いでしょう。

CPUクーラー

CPUクーラーとはCPUを冷却するパーツのことです。

CPUは負荷がかかるほど温度が上昇し、場合によっては100度以上の高温になってしまいます。

CPUの温度が高温になるとCPUの性能が一時的に下がるだけでなく火災などの原因にもなるので、CPUクーラーの役割は重要になります。

CPUクーラーには空冷式と水冷式の2種類があり、下記のようなメリットとデメリットがあります。

CPUクーラーの空冷式と水冷式のメリットとデメリット
形式 空冷式 水冷式
メリット ・価格が比較的安価
・設置が比較的簡単
・空冷式より冷却効果が高い
・駆動音が比較的小さい
デメリット ・水冷式より冷却効果が低い
・駆動音が比較的大きい
・価格が比較的高価
・設置が比較的難しい

空冷式は価格も安く設置も比較的簡単なため、初心者向きのCPUクーラーであると言えます。

ただ水冷式に比較すると冷却効果が低く、駆動音も大きくなりやすいのがデメリットです。

一方の水冷式は比較的に価格も高価で設置も難しいので、玄人向きのCPUクーラーであると言えます。

その分空冷式よりも冷却効果が高く駆動音も比較的小さいので、より快適なゲームプレイを行う事ができるでしょう。

メモリ(RAM)

メモリ(RAM)とは、CPUが処理をする際にデータを一時保管するパーツのことでメインメモリとも言われています。

CPUは計算処理を行うパーツですが、計算に必要なデータを保存する機能はありません。

その計算に必要なデータを保存する機能をメモリが担っているのです。

2020年時点でのメモリには最新のDDR4と一世代前のDDR3という2種類の規格が主流になっています。

DDR3とDDR4は互換性が無く接続部の形状も異なるので、これからカスタマイズする可能性のあるゲーミングPCを購入するのであればDDR4にした方が良いです。

メモリの性能で一番重要なのは容量(8GBや16GB)ですが、それ以外にもメモリからCPUにデータを送る転送速度やクロック数も性能に影響します。

ゲーミングPCとしては、最低8GBのメモリを選んでおきましょう。

PCゲームタイトルの推奨動作環境を見ても、最新ゲームであるほど推奨メモリが大きいことがわかります。

高解像度でプレイしたい人は、高性能のグラボに合わせて、16GBのメモリを選択しておくことをおすすめします。

グラフィックボード

グラフィックボードとは、PCのモニターに映す画像や映像の処理を専門に行うパーツのことです。

ゲーミングPCは基本的に高画質で3Dの映像を長時間処理し続けるため、グラフィックボードの性能も重要になってきます。

グラフィックボードで重要な部品はGPUとVRAM(GPUメモリ)の2つです。

GPU(Graphics Processing Unit)

GPU(Graphics Processing Unit)とは、グラフィックボードを構成する重要な部品の1つで、PCの画像や映像の処理能力を左右する重要なパーツです。

画像や映像の処理を担当するCPUと考えると分かりやすいかもしれません。

高画質で3Dのゲームを楽しむにはGPUの性能が重要になってきます。

今持っているPCのグラボがゲームに対応していなくて、ゲーミングPCの購入を考えているという人も多いのではないでしょうか?

ゲームをする際の画質やフレームレートなどは、グラボによって大きく変化してくる部分なので、しっかりと選ぶことが重要になります。

VRAM(GPUメモリ)

VRAM(GPUメモリ)とは、グラフィックボードを構成する重要な部品の1つで、GPUが処理をする際にデータを一時保管するパーツのことです。

画像や映像の処理を担当するRAM(メモリ)と考えると分かりやすいかもしれません。

GPUと同じく、高画質で3Dのゲームを楽しむにはVRAMの性能が重要になってきます。

グラフィックボードのおすすめは?

グラフィックボードは低画質であったり2Dのゲームであれば邪魔になることがありますが、高画質で3Dのゲームを遊ぶなら必要になってくるパーツです。

ここでは2020年時点でおすすめできるグラフィックボードをご紹介します。

グラフィックボードの性能比較表を簡単に知りたいという人は、下記のドスパラ通販サイトのグラフィックボード性能比較表を参考にしてください!

グラフィックボード・ビデオカード性能比較ベンチマークテスト|ドスパラ公式通販サイト
・NE6166TS18J9-161F(GeForce GTX1660Ti STORMX OC 6GB)

GPUにはゲーミングPC用に設計された「GeForce GTX1660Ti」を搭載し、VRAMの性能はメモリ量が約6GBとなっています。

2020年時点の価格は2万6,758円(税抜)となっており、グラフィックボードの中では標準的な価格です。

GeForce GTX1660Tiであれば、ほとんどのPCゲームの推奨スペックをクリアしており、フルHD(1920×1080)であれば高画質でのプレイも可能です。

144HZのゲーミングモニターも十分に活用できる性能を持つグラボなので、フルHD環境でのプレイならば、これを選んでおけば間違いないでしょう。

・NE6207SS19P2-1040J (GeForce RTX2070 SUPER JS 8GB)

「GeForce RTX2070 SUPER」を搭載し、VRAMの性能はメモリ量が約8GBとなっています。

GeForce RTX RTX 2080 Tiはウルトラワイドモニターを使用する人におすすめのグラボです。

ウルトラワイドモニターとは、横長のモニターで中には画面が湾曲していて、よりゲームに没入できるように設計されている商品もあります。

そのような、モニターを使用する人は、検討すべきグラフィックボードです。

2020年時点の価格は5万1,671円(税抜)となっており、グラフィックボードの中ではやや高い価格です。

・NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti GamingPro OC 11GB / SAGホルダー付)

最強のグラボといっても過言ではなく「GeForce RTX2080Ti」を搭載し、VRAMの性能はメモリ量が11GBとなっています。

GeForce RTX2080Tiであれば、4Kモニターや240Hz対応モニターをフル活用することができます。

4K高画質60fpsで安定したプレイをしたい人や、240Hzで撃ち合いたいFPSプレイヤーであれば、購入する価値のあるグラボであると言えます。

2020年時点の価格は12万0,130円(税抜)となっており、グラフィックボードの中では高価です。

HDD

HDD(ハードディスクドライブ)とは、ゲームのデータやソフトをインストールして保存する場所(ストレージ)の1つです。

同じくストレージであるSSDと比較して、価格が安く大容量を保存できるメリットがあります。

一方でゲームのロード時間などの読み込み速度は遅くなってしまうので、HDDだけだと待ち時間のストレスが増えてしまいます。

SSD

SSD(ソリッドステートドライブ)とは、ゲームのデータやソフトをインストールして保存する場所(ストレージ)の1つです。

同じくストレージであるHDDと比較して、読み込み速度が速い(HDDの2倍から5倍程度)というメリットがあります。

一方で価格が高く、同じ1TBという容量でも2020年現在でHDDが5,000円前後に対し、SSDでは1万2,000円前後と2倍以上の差があります。

ゲーミングPCにおけるSSDとHDDの使い分けとは?

ゲーミングPCで1つのゲームを徹底して楽しむならSSDだけでも良いですが、複数のゲームを楽しむのであればSSDだけだと価格が高額になってしまいます。

そのため、ゲーミングPCでは一般的にSSDとHDDを併用することが多いです。

OSなど処理速度に関わる重要なソフトをSSDにインストールして処理速度を速めつつ、速度を気にしない他のソフトウェアをHDDに保存して容量を圧迫しないようにするのが良くある使い分けになります。

一方で、ゲーミングPCにいくら予算をつぎ込んでも問題ないという考えであれば、大容量のSSDを入れることで使い分けの面倒もなくなります。

電源ユニット

ゲーミングPCに電源を供給するパーツです。

CPUやメモリ、グラフィックボードなどパーツの性能を上げれば上げるほど、電源ユニットの電源容量も大きくなっていきます。

ハイスペックなゲーミングPCパーツをカスタマイズして電源ユニット不足で起動しなかったというオチにならないよう、電源ユニットの性能に不足が無いかも確認しておきましょう。

マザーボード

CPUやメモリ、グラフィックボードなど全てのゲーミングPCのパーツを接続する基盤となるパーツです。

マザーボードによっては古い世代のメモリやグラフィックボードしか接続できない場合もあるので、購入したいゲーミングPCのパーツが対応しているのかはチェックしましょう。

パソコンケース

パソコンケースはゲーミングPCの他のパーツを保護する役割を持つパーツです。

マザーボードの大きさや、接続するHDDやSSDの数などによってサイズが決まってきます。

ゲーム会社公式のゲーミングPCだとパソコンケースがそのゲームに沿ったデザインなどになる場合もあります。

価格は機能性とデザイン性によって大幅に異なります。

 

ゲーミングPCのパーツ一覧は以上の通りです。

ゲーミングPCのパーツの最新情報や価格を知りたい場合は、大手パソコン通販サイトのドスパラが便利です!

また、ゲーミングPCのカスタマイズは、PCに関する知識がしっかりしている人でなければ難しいものです。

自分自身の知識が乏しく知人でゲーミングPCに詳しい人がいないのであれば、最初からカスタマイズされているゲーミングPCをおすすめします。

ゲーミングPCに関するよくある質問

ゲーミングPCはWiFiや無線LANを接続できる?

ゲーミングPCは有線接続を前提に考えられているため、無線をキャッチする無線子機の取り付けが必要になります。
例えば、ドスパラの場合、購入時にオプションで無線LANアンテナをつけることが可能なので自分で取り付ける方法がわからない人は、取り付けをオプションを選んでおきましょう。
また、ゲームをする上で、無線より有線の方が接続が安定するため、できる限り有線での接続をおすすめします。

ゲーミングPC以外に何が必要?

ディスクトッ型のゲーミングPCを購入する場合、別途モニターが必要になります。
ゲーム用のゲーミングモニターも販売されているので、ゲームメインで使用する方は購を検討してよいでしょう。
他には、好みのマウスやキーボード、マウスパッド、ヘッドセット等を用意しておくと快適にゲームがプレイできます。

まとめ

ゲーミングPCの人気ランキングはいかかでしたか?

スペックごとに3つのモデルに分けて紹介しました!

自分のプレイしたいゲームの推奨スペックをチェックして、予算に見合ったゲーミングPCを見つけてくださいね。

ゲーミングPCで楽しいゲームライフを送ってください!

ゲーミングPCのランキングを見る▼

この記事のランキングは、下記の調査を根拠として作成されています。

ゲーミングPCに関するアンケート
2020年9月調査レポート
【調査概要】
■調査手法
インターネットでのアンケート調査
自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施
■調査対象者
全国の男女(ボイスノート会員)
■調査期間
2020年9月9日~14日
■調査対象商品選定条件
インターネット上に商品情報または商品購入ページのあるゲーミングPCのうち、ボイスノートマガジン編集部が選出した9商品
【調査結果】
全国の男女に対して調査を実施、636名から回答を得た。
質問1:最も満足度が高いと思うローエンドモデルのゲーミングPCを選んでください。
得られた回答は以下の通り。

商品名 回答数 割合
GALLERIA RM5R-G60S 265 41.7%
G-Tune PL-B 247 38.8%
PG-ET 124 19.5%

(n=636)

今回の調査の結果、「最も満足度が高いローエンドモデルのゲーミングPC」は「GALLERIA RM5R-G60S」となった。

質問2:最も満足度が高いと思うミドルレンジモデルのゲーミングPCを選んでください。
得られた回答は以下の通り。

商品名 回答数 割合
GALLERIA XA7C-R70S 261 41.0%
GALLERIA GCR1660TGF-QC 258 40.6%
FRGBZ390/SG2 117 18.4%

(n=636)

今回の調査の結果、「最も満足度が高いミドルレンジモデルのゲーミングPC」は「GALLERIA XA7C-R70S」となった。

質問3:最も満足度が高いと思うハイエンドモデルのゲーミングPCを選んでください。
得られた回答は以下の通り。

商品名 回答数 割合
GALLERIA ZA9C-R80T 266 41.8%
G-Master Hydro X570A2 237 37.3%
PG-MP 133 20.9%

(n=636)

今回の調査の結果、「最も満足度が高いハイエンドモデルのゲーミングPC」は「GALLERIA ZA9C-R80T」となった。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がありますので予めご了承ください。

※新型コロナウイルス感染症について政府から発表される情報等により、情報の変更なども予測されます。
新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、「厚生労働省」「内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室」など公的機関の情報も合わせてご確認ください。

※本記事の作成には下記のサイトも参考にしています。
モニ研 – 専門家によるPCデバイスの実機レビューサイト

アバターボイスノートマガジン編集部アンケート調査で商品やサービスの人気を徹底調査!多くの人から認められた価値あるものを多くの人にお届けします!