【そうだ 京都を味わおう!】お取り寄せで楽しむ京の味覚5選

生活

ご飯からスイーツまで、京都のグルメを取り寄せてみよう

京都料理といえば、上品な味に素朴で奥深い雰囲気が漂う、美しい情景が目に浮かびますよね。京都独特のあの美味しさを、自宅でも味わいたい! 「そうだ 京都、行こう」なんて軽く行ける距離ではない! 京都は遠いけど、せめてあの雰囲気を楽しみたい! そんな方のために、京の味覚を楽しむお取り寄せグルメを紹介します

まずは一服、「辻利」の有機ほうじ茶

「辻利」の有機ほうじ茶
 
京都と言えば「お茶」。京菓子と一緒に飲みたいですよね。京都の緑茶や抹茶はいろいろなところで紹介しつくされていますので、今回はあえて、ほうじ茶をご紹介します。「うぶごえ」と名付けられた、この「辻利」のほうじ茶は、京都南山城村童仙房の有機栽培茶園で丹精込めて育てられた宇治有機ほうじ茶で、香ばしくてさっぱりとした味わいが特徴です。

販売元:辻利
金額:150g 864円(税込)

「辻利」の有機ほうじ茶の
お取り寄せページはこちら

予約の取れない人気店! 「じき宮ざわ」の焼き胡麻豆腐

「じき宮ざわ」の焼き胡麻豆腐
 
胡麻豆腐に焦げ目が入っているなんて珍しい! 美しく和紙で包装されているところも、京都らしさを感じさせる一品です。家庭ではオーブントースターで温めて、別包装の胡麻ソース、炒り胡麻をかけるだけで、おいしく食べられます。見た目も味わいもあまりないタイプの胡麻豆腐なので、ぜひ食べていただきたいです。

販売元:じき宮ざわ
金額:6個 3,500円(税抜)

「じき宮ざわ」の焼き胡麻豆腐の
お取り寄せページはこちら

鍋は冬だけと思ったら大間違い、「権太呂」の京風うどんすき 権太呂なべ

「権太呂」の京風うどんすき 権太呂なべ
 
京風の出汁を満喫できる権太呂なべ。「権太呂」自慢の出汁で、山の幸、海の幸をまるごといただきます厳選小麦と天塩で打った自家製うどんも人気です。お取り寄せの注文時には、生麺・ゆで麺の二種から選べるので、お好みでどうぞ。

販売元:京都 権太呂
金額:2人前 11,664円(税込)~
内容:活車海老、蛤、白焼き穴子、鶏肉、うすい豆入り飛龍頭、伊達焼き、真蒸、蒲鉾、生麩、餅麩、季節麸、巻湯葉、筍、白菜、水菜、椎茸、人参、レモン、だし、さし出汁、山椒粉、うどん(生麺、又はゆで麺)

「権太呂」の京風うどんすき 権太呂なべの
お取り寄せページはこちら

食事には欠かせない!「月の桂」の祝米純米大吟醸にごり酒

「月の桂」の祝米純米大吟醸にごり酒
 
米本来のまろやかな甘みを大切にした、発泡活性生酒です。シャープな味わいで、冷やして飲むのがおすすめ。「米のスパークリング」とも言われ、ニューヨークの4つ星レストランでも使われているそうです。にごり酒の中でも、贅沢で気品のある京都発の純米大吟醸にごり酒を、美味しい食事とともにご堪能あれ!

販売元:月の桂
金額:720ml 2,916円(税込)

「月の桂」の祝米純米大吟醸にごり酒の
お取り寄せページはこちら

締めはこれ! 「和久傅」の鰻の焼き目茶漬け

「和久傅」の鰻の焼き目茶漬け

京都で有名な「和久傅」の鰻の茶漬けです。皮目を香ばしく焼き、特製出汁で炊き煮詰めていった旨みぎっしりの鰻がどっさり詰まったひと箱です。「茶漬け」と言っても、取り寄せて届くこの商品にご飯やお茶(出汁)などはついていませんので、実際にお茶漬けとして食べる時には、セルフでお願いします。山椒の実の辛味と風味が、京都のさわやかさを感じさせてくれますよ

販売元:和久傅
金額:150g 7,020円(税込)

「和久傅」の鰻の焼き目茶漬けの
お取り寄せページはこちら

お取り寄せしたい京グルメ、一番人気は「お茶」

おいしいだけでなく、京都らしさも感じられる京都のお取り寄せグルメを紹介しましたが、どれが気になったでしょうか。すべて取り寄せて、一品ずつコース料理のように楽しむのも良さそうですよね。

ボイスノート会員のみなさんにも、どれが気になったか聞いているので、結果を紹介します。

最もお取り寄せしたいのは?
最もお取り寄せしたいのは?(京グルメ)

最も人気があったのは、267人の票を集めた「辻利」の有機ほうじ茶でした。緑茶(煎茶)でなくても京都のお茶の人気は高かったようです。次に人気が高かったのは「和久傳」の鰻の焼き目茶漬けでした。

京都に行きたいけど行けないもどかしさを感じている方は、京都グルメをお取り寄せして、気分だけでも京都を味わってみてはいかがでしょうか。

お取り寄せグルメに関するアンケート
対象条件:ボイスノート会員
有効回答者:1000人
調査日:2019年6月27日~6月28日

編集部員M編集部員Mみんなが平和に暮らせますように