【457人が選ぶ】保湿クリームランキング【2019】顔や敏感肌におすすめの人気なフェイスクリームはどれ?

美容

この記事では保湿クリームの中でも特におすすめできる保湿クリームを、ボイスノート会員457人へのアンケート調査から決定したランキングでご紹介します。

ランキング以外にも保湿クリームの選び方や使い方、ニキビへの効果などをご紹介します。

保湿クリーム選びにお悩みの方は是非参考にしてみて下さいね。

保湿クリームランキング

保湿クリームといっても、大手からマイナーなブランドまで数多くの保湿クリームが存在します。

最終的には実際に使ってみて自分に合うかどうかを判断すべきですが、数多くの保湿クリームを全て試そうとしたら時間とお金がかかってしまいます。

そのような場合に、多くの人が選ぶ保湿クリームランキングは1つの判断基準になります。

そこで今回はすでに一定数の支持を集めている保湿クリームを4つ厳選した上で、ボイスノート会員457人へのアンケート調査により、実際に評判の良い保湿クリームをランキング形式でご紹介します。

さっそく1位から順番に確認していきましょう!

第1位 クリーム(アスタリフト)

「クリーム(アスタリフト)」は、カメラやフィルムメーカーである富士フイルムが、フィルムの質を高めるために開発してきた技術を化粧品開発に活かして生まれた保湿クリームです。

他の基礎化粧品ではあまり見られない独特の赤い色を持つ、「アスタキサンチン」がメイン成分となっています。

アスタキサンチンは食品でいえば鮭の身に含まれている成分で、肌にハリを与える効果があると言われています。

さらに、従来スキンケアに使うのが難しいと考えられていた、肌にハリを与えるとされるリコピンも配合されているのも魅力的です。

アスタキサンチンやリコピン以外にも、ローヤルゼリーなどのうるおい成分をたっぷり配合し、うるおいのヴェールがお肌にハリを与えてみずみずしさをキープしてくれます。

うるおいが続くのに、とても感触の良いリッチな使い心地なのも特徴です。

リフトアップしたようなハリとうるおいが続きます。

日中はお肌を紫外線から守ってくれ、おやすみの間はお肌にしっかり浸透してうるおいをキープしてくれます。

コクのあるクリームは使い心地もよく、お手入れをするたびに優雅な気分になれるダマスクローズの香りも魅力的です。

公式でクリーム(アスタリフト)を見てみる

第2位 ナチュールアクアクリーム 水の彩(さっぱり)

「ナチュールアクアクリーム 水の彩(さっぱり)」は、化粧水・乳液・美容液の3ステップのケアを一度で済ませることができる保湿クリームです。

保湿クリームを使う時は、その前後に別の化粧品を併せて使うこともありますよね。

ですが、いくつもの基礎化粧品を使うのは手間がかかって面倒だと思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

化粧水や乳液、美容液をそれぞれ買って使い続けるのは費用も高くなってしまいがちです。

そのような悩みを抱える方には、一度のお手入れで保湿ケアを完了できるオールインワンゲルがおすすめです。

肌になじみやすい真水を主成分として天然のうるおい成分を配合しているので、角質層までしっかり潤って、さらにうるおいを逃さないようにキープしてくれます。

お肌の表面に保護膜を形成して保湿効果を高めてくれる、ヒバマタやアロエベラ葉、カワラヨモギ葉などの天然植物エキスがバランス良く配合されており、お肌の正常な生理活動をサポートしつつお肌への悪影響を防ぎます。

また、ノンオイル、無香料・無着色で、石油系合成界面活性剤も不使用であり、98%が天然成分でできているので、赤ちゃんも使えるほどお肌にやさしい仕様となっています。

乾燥肌はもちろん敏感肌、アトピー肌でも使える低刺激性の保湿ゲルクリームです。

楽天でアクアクリームを見てみる

Amazonでアクアクリームを見てみる

第3位 モイスチャライジングクリーム

「モイスチャライジングクリーム」は、お肌のうるおいに欠かせないセラミドにこだわった保湿クリームです。

セラミドとは元々お肌に存在しているもので、お肌の細胞同士を埋めて水分を抱え込む働きがあります。

もしセラミドがなくなってしまうとお肌の水分量が8割も減ってしまうといわれるほど、お肌のうるおいにとても重要な成分なのです。

そのようなセラミドを補給するために、ヒト型セラミドというお肌にとって大事な成分が5種類(セラミド1,2,3,5,6Ⅱ)配合されています。

これらは人のお肌に存在しているセラミドと同じ構造の「ラメラ構造」を持っているので、塗るとすぐに浸透します。

うるおいを与えるだけではなく、4種類のビタミンでエイジングケアをしながらマカデミアナッツ油、シアバターなどで油分を補給してくれます。

低刺激性クリームということも、敏感肌の方には欠かせないポイントです。

アレルギーテスト済みで低刺激性なので、敏感肌の方をはじめとしてすべての肌タイプの方が使用できます。

また、シリコンフリーでパラベンなどの添加物も不使用なので、安心して使うことができます。

エイジングケアをしながらうるおいたっぷりのお肌を目指す人におすすめです。

公式でライジングクリームを見てみる

第4位 アヤナス クリーム コンセントレート

「アヤナス クリーム コンセントレート」は敏感肌の人向けの化粧品ブランドであるディセンシアの保湿クリームです。

仕事や育児、家事に追われる現代女性は、ストレスにさらされやすい環境にあり、肌への悪影響を及ぼすリスクが高いです。

例えばストレスが引き起こす血行不良は皮膚温を低下させてしまい、健康な角層を生み出せなくなることからお肌のバリア機能を低下させてしまいます。

ストレスによる肌荒れや外部刺激は、肌のハリや弾力を失う原因となり、肌の老化につながる可能性が高まります。

そんなお肌の荒れやエイジングの元にあるストレスに着目し、敏感肌にアプローチする独自技術とストレスに対抗する成分が贅沢に配合されています。

「ヴァイタサイクルヴェール®」というオリジナル技術は、角層を水分蒸散から防ぎほこりや乾燥などの外部刺激から徹底的に守りながら、お肌を保湿してくれます。

また、ストレスに対抗してお肌のバリア機能を活性化、血流促進、リラックス効果が期待できる「バルマリン、ジンセンX、ビルベリー葉エキス」の3種類のディセンシアオリジナル成分「ストレスバリアコンプレックス®」を配合しています。

なめらかにお肌になじむ極上のテクスチャーとリラックス効果の高い香りで、使用感も極上です。

公式でアヤナスを見てみる

保湿クリームランキングの根拠となったアンケート結果をグラフで紹介!

保湿クリームランキングの結果はいかがだったでしょうか?ランキング第1位となったのはクリーム(アスタリフト)でした!

ここではランキング結果の根拠となったアンケート調査の結果をグラフで確認してみましょう。

最も利用したい保湿クリームは?最も利用したい保湿クリームは?

第1位である「クリーム(アスタリフト)」は457人中148人(約32.4%)が支持しています。

独自技術から生まれた美容成分であるアスタキサンチンやローヤルゼリーなどのうるおい成分の豊富さが人気につながったようです。

第2位である「ナチュールアクアクリーム 水の彩(さっぱり)」は457人中127人(約27.8%)が支持しています。

一度のお手入れで保湿が完了するオールインワンである点や天然食物エキスがバランスよく配合されている点が、多くの人を魅了しているようです。

第3位である「モイスチャライジングクリーム」は457人中106人(約23.2%)が支持しています。

セラミドを補給するために5種類のヒト型セラミドを配合している点やシリコンフリーなど無添加である点が好まれているのだと思われます。

今回ご紹介した保湿クリームランキングはあくまでアンケート調査に基づいたものであるため、必ずしも上位があなたにとって最適であるとは限りません。

しかし、保湿クリーム選びに悩んでしまっている人にとって、おすすめランキングは1つの判断基準になります。

様々な要素を比較しながらも、自分にとって最適である保湿クリームをぜひ見つけてくださいね!

保湿クリームのおすすめランキングを確認する

保湿クリームの選び方!配合成分や副作用のリスクの注意点は?

潤いのある肌の状態を長期間にわたってキープしたい場合には、保湿成分に注目をしてクリームを選ぶことが大事です。

特に、敏感肌や乾燥肌、脂性肌などの様々な肌のタイプの人でも使えるクリームは、各メーカーの定番アイテムとして定着しつつあります。

クリームの配合成分に注目しましょう

保湿クリームの配合成分は、コラーゲンやビタミン、海藻、ヒアルロン酸などが一般的ですが、効率よく肌の状態を良くしたい場合には、皮膚や毛穴への刺激の少ないものを中心に選びましょう。

中でも、無添加のクリームについては、販売価格が高めに設定される傾向があるため、数か月にわたり継続して使いたい場合には、成分の良し悪しに注目をして、安心して使えるものを見極めることが肝心です。

スキンケア用品を専門に扱う化粧品会社においては、自社のサイトにおいて、売れ筋商品の配合成分の種類について詳しく紹介をしているところもあり、早いうちから購入先の候補を探しておくことも良いでしょう。

なお、国内で認められたばかりの新しい美容成分が含まれているクリームは、通常のスキンケア用品と比べて二倍以上の高値が付いているものもあるため、将来的な費用の負担を考慮しながら、自分に合ったものを探してみましょう。

副作用のリスクの低いクリームの特徴とは

保湿クリームは、肌の見た目を良くするだけでなく、ニキビや吹き出物の発生を抑えるために最適なアイテムの一つとして多くの女性から支持が集まっています。

例えば、ハーブや海草などの植物に由来する成分を含むアイテムは、副作用のリスクが低いことから、敏感肌などのトラブルを抱えている人でも安心して使い続けることができます。

また、生まれつきの体質により、クリームをはじめとするスキンケア用品を使っているうちに肌の痒みや痛みなどの症状が現れることもあるため、購入前に薬局の薬剤師や化粧品メーカーの担当者に相談をすることがおすすめです。

肌の保湿を目的とした市販の家庭向けのクリームの大半は、国内外で安全性が高く評価されているため、通常の使用方法では大きな肌トラブルに悩まされる心配がありません。

なお、中高年層の女性の間で人気のある美白成分を含むクリームの中には、刺激の強い成分を含むものもあるため、将来的な副作用のリスクにも目を向けましょう。

短期間で効果を実感しやすいクリームを探しましょう

数あるクリームの中でも、肌の炎症を抑えたり、血行を良くしたりする成分が含まれているものは、薬局や通販サイトなどで看板商品として扱われることが増えています。

特に、短期間で美肌効果を実感したい場合には、複数の化粧品メーカーのパンフレットや公式サイトなどを参考にしつつ、色々な保湿クリームの成分や使用方法、アフターケアのポイントなどを比較することがおすすめです。

また、肌質によって効果を実感しやすいアイテムが異なるため、試供品を使ったり、同じような肌の女性の体験談をチェックしたりすると良いでしょう。

なお、肌の状態に応じて数種類のクリームを使い分けたい場合には、事前に各商品の使用方法や注意事項をしっかりと把握しておくことが大事です。

保湿を目的としてクリームをメインに使いたい場合には、月々のコストや美容成分の種類、副作用の危険性などを十分に理解する必要があります。

特に、植物性のクリームについては、肌が弱い人であっても、高い保湿効果を期待することができますが、コストの負担が大きくなることがあります。

そこで、購入先の選び方に工夫をしたり、色々なタイプのスキンケア用品と組み合わせて使ったりすることもおすすめです。

また、人それぞれの肌質によって、効果を実感しやすいクリームの種類が異なるため、自分に合ったアイテムを選ぶにあたり、興味のあるクリームの試供品を使ってみるのも良いでしょう。

保湿クリームのおすすめランキングを確認する

保湿クリームの正しい使い方は?基本やポイントごとに解説!

肌をきれいにするためには、肌の保湿は大切です。

そのためにも化粧品を使用してきちんとしたスキンケアをすることが重要だといえるでしょう。

保湿に関しても保湿クリームの正しい使い方を覚えることにより、自身の肌の乾燥を防ぎ潤いのある肌を保つことにつながります。

スキンケアをする際の基本を覚える

肌をきれいに保つためには、日々のスキンケアが重要です。

そのためさまざまな化粧品を利用して少しでも肌がきれいに保てるように日々、スキンケアを心がけている方もいるでしょう。

ですが、スキンケアに関しても正しいやり方を覚える必要があります。

スキンケアにおいて化粧品を使う順番としては、化粧水、美容液、乳液、保湿クリームというのが基本です。

理由としては、洗顔などをしてから化粧品を使用するため、洗顔後では肌の油分が少ない傾向があります。

この点から、水溶性の割合などが高い化粧品を使うことで肌に化粧品の成分が浸透しやすいためです。

そのため、どの化粧品でもとりあえずつければいいというものではなく、きちんと肌に浸透しやすい順番を守り正しいスキンケアを行うようにしましょう。

せっかく肌をきれいにするために日々のスキンケアをするならより効果がでやすいようにきちんとしたスキンケアを日々、心がけることが重要だといえます。

クリームをつけるポイントをチェック

保湿クリームをつける場合には、美容液をつけて肌になじんだ後が理想的です。

美容液をつけてからその水分が蒸発する前につけるようにしましょう。

時間的には美容液をつけてから数分程度でつけるのがポイントです。

また、保湿をするならとクリームをたっぷり塗るというのは肌トラブルとなる可能性もあるため、適量を使うようにしましょう。

また、化粧品のブランドによってもクリームの適量というのは違いがあるためブランドがかわったら、そのブランドに合わせての適量を使うというのも重要なポイントといえます。

クリームをつける時には、手にとりすぐに肌につけるのではなく、少し手のひらで温めるといいでしょう。

温めることでクリームが適度に柔らかい状態となり塗りこみやすいため、肌にもなじみやすくなる傾向があります。

顔の保湿をする場合には、クリームでムラなくなじませるということも大切です。

ムラができてしまうときちんとした保湿ができない部分がでてしまい、その部分だけ肌トラブルとなりかねません。

クリームは適量でかつ丁寧にムラなくなじませることが大切です。

化粧品選びなども重要なため見直してみる

スキンケアを行うなら、化粧品選びなども重要です。

基本的に自分の肌質にあう商品を使うようにしましょう。

成分によっては肌に対して刺激が強すぎるものもでてくるため、そのような化粧品をスキンケア時に使用していると、肌に対して負担となりきれいな肌を維持するどころか肌トラブルとなる可能性もでてきます。

そのため、自分の肌質にあう化粧品を探すことも大切なことです。

乾燥肌や肌が荒れやすいという方は、できるだけ低刺激なタイプの化粧品を用いることや保湿を重視した成分の含まれる化粧品を用いることで自身の肌荒れを防ぎ、きれいで潤いのある肌を保つようにするといいでしょう。

また、化粧品によっては価格が高い商品もありますが、定期的に使用することを考慮するならば、金銭的な負担が厳しくないように価格帯などもある程度考慮することも必要です。

自身の肌質に合う商品、そして金銭面なども考慮して選ぶようにしましょう。

肌をきれいにするために、正しいスキンケアの手順を覚え、保湿のためのクリームに関しても肌になじみやすいタイミング、適量でムラなく肌になじませることが大切だといえます。

その他にもスキンケアのための化粧品選びなども今一度、自分の使用している化粧品が自分の肌質に合っているかチェックして、状況によっては自分の肌質に合う化粧品に買い替えてみるといいでしょう。

保湿クリームのおすすめランキングを確認する

保湿クリームはニキビにも効果がある?原因やケアの方法を紹介!

鏡を覗くといつの間にか出来てしまったニキビに悩まされていませんか?

思春期ニキビはホルモンの関係で出来てしまう事が多く、大人になるといずれ症状も落ち着くことが多いのが特徴ですが、大人のニキビはしつこく繰り返してしまうのが特徴です。

乾燥やストレスにホルモンバランスなど、大人は思春期に出来るニキビとは違い原因がたくさんあるからです。

保湿クリームは空気が乾燥する時期のみ使う人や毎日使う人など、様々なペースで使うことが多いです。

特に敏感肌の人は肌が乾燥すると様々なトラブルを引き起こしてしまうため、手入れを入念に行っていることでしょう。

ところでこの保湿クリームですが、ニキビにも効果があるのでしょうか?

乾燥が原因のニキビには効果がある?

〇ニキビの原因

肌が乾燥するとニキビになることはご存知でしょうか?

「ニキビになるのはオイリー肌だからでは?」と思う人は多いのですが、意外にもそのオイリー肌は乾燥が原因という事を知っている人は少ないのです。

私たちの肌は潤いを保つことで外部からの刺激に耐えるバリア機能を備えています。

しかし、乾燥するとこのバリア機能は低下してしまい、様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

また、肌は乾燥していると感じると乾燥から肌を守るために過剰に皮脂を分泌しようとしますが、この乾燥による皮脂の過剰分泌こそがニキビの原因なのです。

そのため、保湿クリームはニキビにも効果があると言えます。

〇ケア方法

しかし、ただクリームを塗ればいいという訳ではありません。

皮脂が過剰分泌される肌の特徴は、肌の表面は潤っているが内部は乾燥しているいわゆるインナードライの状態が多いです。

そのためスキンケアのやり方次第でニキビやオイリー肌は改善されます。

まずはニキビ肌用の洗顔でふわふわの泡をつくり、その泡で優しく包み込むように洗います。

良く汚れを落とそうとゴシゴシ擦る人がいますが、刺激を与えると逆効果です。

水で洗うように泡を落としたら、清潔なタオルで肌を軽く押さえるように水分を除去します。

コットンや手で化粧水をたっぷりと染み込ませましょう。

手で塗る場合は手のひらで顔を包み込んだら軽くプッシュするようにしていくと肌内部にまで化粧水が浸透しやすくなります。

乳液も同じように塗って、最後に肌の水分が蒸発しないように蓋の代わりに保湿クリームを塗っていきます。

保湿クリームはしっかりと塗り込めば肌に保湿クリームのべたつきは残りません。

基本は優しく包み込むようにして塗っていきます。

ゴシゴシこすったりパッティングなどたたくようにして塗らないことです。

保湿ケアと皮脂の分泌の関係は?

皮脂の過剰分泌は、皮膚が乾燥しないための肌の防御反応とも言えます。

ニキビや脂性肌にはクリームなどの保湿はしなくていいと思われがちですが、それは間違ったスキンケアです。

正しいスキンケアを行うためにも、まずは保湿をしっかりと行いましょう。

薬とは違い即効性があるわけではありませんが、毎日根気よく保湿を行う事で、皮脂の過剰分泌は落ち着き、それに伴うニキビも出にくくなっていきます。

ニキビが気になる場合はニキビ肌専用の保湿クリームもあります。

保湿にも優れ尚且つニキビなどの炎症を鎮める効果のある成分が配合されているため、市販の低刺激処方のクリームよりもこのニキビ専用化粧品がいいでしょう。

子供のころの思春期ニキビは大人になるにつれて皮脂の分泌も落ち着いてくるため治りやすいのですが、大人ニキビは何度も繰り返すため治りにくいです。

特に女性は生理周期によっても肌の状態が異なるため、生理周期に合わせて使い分けるのもいいでしょう。

ニキビ肌こそ、毎日の保湿ケアをきちんと行う事で肌質も改善されニキビ予防にもつながります。

保湿クリームのおすすめランキングを確認する

保湿クリームに関するアンケート
対象条件:ボイスノート会員
有効回答者:457人
(調査日:2019/7/8)

編集部員N編集部員Nブロガーからボイスノートマガジンの運営メンバーの1人となる。無料SEO分析ツールのUbersuggestが最近のお気に入り。検索ユーザーに良い情報を届けることを大切にしている。