【1,003人が選ぶ】海外用レンタルWifiルーターのおすすめランキング【2019】海外での使い方や容量の目安についても解説!

生活

この記事では海外用レンタルWifiルーターの中でも特におすすめできる6つのWifiルーターを、ボイスノート会員1,003人へのアンケート調査から決定したランキングも含めてご紹介します。

ランキング以外にも海外のフリーWifiについてやレンタルWifiの使い方、容量の目安などをご紹介します。

海外用レンタルWifiルーター選びにお悩みの方は是非参考にしてみて下さいね。

目次

海外用レンタルWifiルーターのおすすめランキング

海外用レンタルWifiを利用しようと考えたとき、どの業者を選ぶのかは非常に重要になってきます。

海外用レンタルWifi利用したことがある知人の口コミやネット上の評判から情報を集めるのも大切ですが、調べすぎて逆に分からなくなってしまうことも多いです。

そこで今回はボイスノート会員1,003人へのアンケート調査を実施し、その結果から口コミ評判ランキングを作成しました!

さっそく海外用レンタルWifiのランキングを確認してみましょう。

第1位 イモトのWiFi

人気テレビ番組「世界の果てまでイッテQ!」。

その番組内で世界各国を旅する女芸人の「イモトアヤコ」も利用している海外用レンタルWifiルーターが「イモトのWiFi」です。

「イモトのWiFi」は、世界200ヶ国以上の国と地域で利用することができる、安心の定額制サービスになっています。

各国の通信会社と直接アクセスすることで、現地の人と同じ通信品質でインターネットを利用することが可能。

ネットから申し込んだ後は、空港カウンターや東京本社または宅配で受取、返却可能と、自分の都合に合わせて受取方法などを選ぶことができます。

仮に旅行中にWifiが繋がらなくなったなどのトラブルに合っても、24時間365日いつでも無料のサポートを受けることができるというのも嬉しいところ。

渡航日の30日前に予約すれば、お得な割引を受けることができる「早割」などのサービスがあるポイントも人気の理由のひとつになっています。

【受取・返却方法】

宅配、空港カウンター

【イモトのWiFiのデータ容量プラン】

通常:400MB/日

大容量:500MB/日

ギガプラン:1.GB/日

【料金の一例】

アメリカ本土 4G LTE ギガプランの場合:1,880円/日

アメリカ本土 3G 大容量の場合:980円/日

「イモトのWiFi」を見てみる

第2位 グローバルWiFi

国内の海外用レンタルWifiルーターの中でも、たくさんの人に利用されているもののひとつが「グローバルWiFi」。

その人気の理由はアメリカやヨーロッパをはじめ、アフリカや中東など、世界200ヶ国以上の国で利用できるという点にあります。

さらには安心のパケット定額制のため、「使い過ぎて高額な請求がきてしまった!」なんて心配もありません。

また、現在アメリカやヨーロッパ、韓国に台湾などの63ヶ国では無制限プランも用意されていますので、たくさんのデータ通信を利用するという方や、容量を気にせずに利用したいという人におすすめです。

「グローバルWiFi」では、国内17空港で受け取りが可能。

北は新千歳空港から南は那覇空港羽田空港関西国際空港福岡空港など全国各地の空港で受け取り・返却が可能になっています。

また、なにかトラブルがあった時でも365日24時間対応のカスタマサポートがありますので、安心して利用できるというのも人気の理由のひとつになっています。

【受取・返却方法】宅配、空港カウンター

【グローバルWifiのデータ容量プラン】

通常:300MB/日

大容量:600MB/日

超大容量:1.1GB/日

無制限:無制限

【料金の一例】

アメリカ本土 4G LTE 容量無制限の場合:2,370円/日

アメリカ本土 4G LTE 300MBの場合:1,170円/日

「グローバルWiFi」を見てみる

第3位 JALABC

「JALABC」は日本航空のグループ会社である「株式会社JALエービーシー」が提供する海外用レンタルWifiルーターサービスです。

世界177国以上の国と地域をカバーしており、定額制の通信料のみで使えますので、安心して利用することができます。

また、1日のデータ使用量が基本的には無制限のため、超過料金を気にせずに使用することができ、家族間や友達同士でシェアするのにも最適。

日本航空のグループ会社というところから、空港の自社カウンターで受取、返却ができるのも安心です。

また海外用レンタルWifiルーターサービスを利用することで、JALマイレージがたまるというのも「JALABC」ならではの特典になっています。

【受取・返却方法】

宅配、自社空港カウンター

【JALABCのデータ容量プラン】

通常プラン:200~300MB

大容量プラン:500MB

【料金の一例】

アメリカ本土:4G・LTEプランの場合:1,250円/日(WEB申し込みなら1,000円/日)

「JALABC」を見てみる

第4位 Wi-Ho!

株式会社テレコムスクエアが提供する海外用レンタルWifiルーターサービスの「Wi-Ho!(ワイホー)」。

アメリカや中南米、ヨーロッパやオセアニアなど世界約230ヶ国以上で利用することができ、アジアやヨーロッパなどの世界100ヵ国では、1台の海外用レンタルWifiルーターでまかなうことができます。

データ通信量を無制限で使用することができる無制限プランも用意されていますので、SNSを頻繁に更新する方や、家族や友達同士などのグループで利用したいという方にもおすすめ。

さらに便利に利用することができるオプションも充実しており、盗難や事故などのトラブルに対応の「あんしん保証」に加え、海外旅行保険がセットになったサービスまで用意されています。

また、約50言語に対応したAI自動翻訳機のサービスも用意されていますので、はじめて海外旅行に行くという人も安心です。

【受取・返却方法】宅配、空港カウンター

【Wi-Ho!(ワイホー)のデータ容量プラン】

通常プラン:300MB/日

大容量プラン:500MB/日

1ギガプラン:1.GB/日

無制限プラン:無制限

【料金の一例】

アメリカ本土 無制限プランの場合:1,850円/日

アメリカ本土 通常プランの場合:750円/日

「Wi-Ho!」を見てみる

第5位 グローバルモバイル

海外、国内Wifiレンタルのサービスをおこなっている「グローバルモバイル」。

アメリカやカナダ、オーストラリアやイギリスなど、世界約200ヶ国の国と地域でインターネットが使える海外用レンタルWifiルーターサービスを利用することができます。

大容量のデータ量プランから、完全無制限のプランまで用意されていますので、普段からデータ通信量が多いという人も安心して利用することが可能。

もちろん複数のスマホでの利用もできますので、友達同士や家族間で使えばさらにお得に利用することができます。

空港での受け取りは主要空港4ヶ所のみですが、宅配の際の配送料が無料となっていますので、宅配での受け取りを考えているという人には特におすすめのサービスです。

「グローバルモバイル」では、世界40ヶ国以上の海外レンタル携帯電話サービスもおこなっています。

【受取・返却方法】

宅配、空港カウンター

大容量プラン:500MB~700MB/日

無制限プラン:無制限

【料金の一例】

アメリカ本土 無制限プランの場合:930円/日

アメリカ本土 大容量プランの場合:690円/日

「グローバルモバイル」を見てみる

第6位 エクスモバイル

携帯電話やスマートフォンなどの国内向け通信機器のレンタルサ-ビスでも有名な「エクスモバイル」の海外レンタルWifiルーターサービス。

約170ヵ国の渡航先にある電話会社の通信回線を使ったサービスを提供しているため、安心便利に利用することが可能です。

また、4G/LTEの高速回線が利用できる国は70ヵ国以上あり、150Mpbsの高速回線を利用することができますので、ネット検索や地図検索もスムーズにおこないやすくなっています。

また、渡航先での万が一のトラブルの場合に備えて24時間365日対応のトラブルサポートのサービスもあり。

Wifi機器の紛失や盗難をはじめ、インターネットへの接続の不具合などにも対応してくれます。各都市の主要空港カウンターでの受取、宅配受取に対応しており、さらには忙しくてなかなか家にいないという方のために、ポスト宅配も用意されています。

ちなみに「エクスモバイル」は、世界42ヵ国に対応したスマートフォンのレンタルもおこなっている会社です。

【受取・返却方法】

宅配、空港カウンター、ポスト宅配

【エクスモバイルのデータ容量プラン】

通常プラン:200~300MB

大容量プラン:500MB

【料金の一例】

アメリカ本土:大容量プランの場合:1,100円/日

アメリカ本土:200MBプランの場合:750円/日

「エクスモバイル」を見てみる

海外用レンタルWifiルーターランキングの根拠となったアンケート結果をグラフで紹介!

海外用レンタルWifiルーターランキングの結果はいかがだったでしょうか?ランキング第1位となったのはイモトのWifiでした!

ここではランキング結果の根拠となったアンケート調査の結果をグラフで確認してみましょう。

最も利用したい海外用レンタルWifiルーターは?

第1位であるイモトのWifiは1,003人中353人(約35.2%)が支持しています。

知名度と広い利用可能エリア、安心のサービスの数々が人気につながったようです。

第2位であるグローバルWifiは1,003人中277人(約27.6%)が支持しています。

国内の各主要空港で受け取れる便利さ、無制限プランの使用可能なエリアの豊富さが、多くの人を魅了しているようです。

第3位であるJALABCは1,003人中119人(約11.9%)が支持しています。

空港カウンターで気軽に受け取れ、ポイントも貯めることができる点が好まれているのだと思われます。

今回ご紹介した海外用レンタルWifiルーターランキングはあくまでアンケート調査に基づいたものであるため、必ずしも上位があなたにとって最適であるとは限りません。

しかし、海外用レンタルWifiルーター選びに悩んでしまっている人にとって、おすすめランキングは1つの判断基準になります。

様々な要素を比較しながらも、自分にとって最適である海外用レンタルWifiルーターをぜひ見つけてくださいね!

海外用レンタルWifiルーターのおすすめランキングを確認する

海外用Wifiレンタルサービスの比較ポイント

海外旅行時には何かとインターネット接続を利用する必要性が出てきます。

しかし海外Wifiレンタルサービスにはいろいろとあるので、しっかりと比較しておく必要性があります。

ここではその比較ポイントをご紹介します。

料金で比較する

まずは料金面をしっかり比較しておくと良いでしょう。

従量課金制なのかそれとも定額制なのかをチェックしておくのがおすすめです。

ほとんど海外でインターネットを利用しない場合には従量課金制のほうが安くすむこともありますが、ヘビーユーザーならば定額制のレンタルサービスを利用しておきましょう。

利用期間で比較する

長期利用する場合には長期パックなどが利用できる海外Wifiレンタルサービスを選ぶのがおすすめです。

逆に短期的にしか利用しないのであればプリペイド式の海外Wifiレンタルサービスを選んでみるのも良いでしょう。

店舗で比較する

空港に実店舗があればネットで予約して空港で受け取るということもできます。

しかし、海外Wifiレンタルサービスの中には店舗が全く無く配送にしか対応していないところもあります。

こうした業者は使いにくいですが、その分だけ料金的に安いことがあるので見逃せません。

カスタマーサービスで比較する

カスタマーサービスが充実していないと海外で困った際にも面倒です。

例えば、24時間のカスタマーサービスがあれば何かトラブルがあっても対処できるでしょう。

通信速度で比較する

SIMの速度もポイントになってきます。

例えば、海外Wifiレンタルサービスによっては常時100MB/sも出る高速SIMを貸し出していることもあります。

こうしたSIMであれば快適なインターネット接続ができてよいでしょう。

デバイスに合わせて比較する

どのようなSIMをレンタルしてくれるかもポイントです。

SIMにもナノやマイクロなどいろいろあるので、自分のスマートフォンに合ったSIMを貸し出している海外Wifiレンタルサービスを選んでおきたいところ。

いくら価格的に良い海外Wifiレンタルサービスでも自分のスマートフォンで使えるSIMでないと意味がありません。

また、SIM以外にスマートフォンそのものをレンタルしてくれることもあります。

海外WifiレンタルサービスからSIMを借りても自分のスマートフォンだと使えないこともありますが、スマートフォンごと借りればその心配もありません。

海外用レンタルWifiルーターのおすすめランキングを確認する

海外でWifiルーターは必要?フリーWifiでは繋がらない?

海外でスマホをインターネットに接続して利用する一番簡単な方法と言えば、フリーWifiを利用するということです。

ホテルや空港、レストランやカフェなどの施設の利用者のために、無料でインターネットが使えるように設置してあるWifiルーターが、フリーWifiと呼ばれるものになります。

フリーWifiの設置してある場所では、スマホのWifiの設定画面からフリーWifiの設定をおこなうだけで簡単にインターネットを使うことができます。

気軽にインターネットを利用するのにはおすすめの方法です。

また、なかにはパスワードが必要な場合もありますが、各施設で教えてもらったパスワードを入力するだけですので、それほど手間もかかりません。

そう考えると、海外でもフリーWifiを使えばいいのでは?と考えてしまいがちですが、それは半分正解で半分間違いだと言えます。

なぜなら海外でフリーWifiを使う場合、いくつかの弊害が考えられるからです。

フリーのWifiスポットを探す必要がある

これは海外に限ったことではありませんが、フリーWifiを利用する場合、フリーWifiを利用できるスポットを探さなければいけません。

国内の場合ですと、Wifiが使えなくてもLTEなどの通常の通信を利用することができますので困ることはあまりありません。

一方海外では、通信会社の海外プランを利用しない限り、フリーWifiスポット以外ではインターネットが使えないため大変不便です。

せっかくの海外旅行にきたのに、LINEを使うため、またはネットで調べものをするためにわざわざホテルに戻る、フリーWifiの使えるスポットを探す、なんて時間の無駄ですよね。

手放しにフリーWifiは便利だとは言えません。また、通信会社の海外プランは非常に高額な費用が必要になるので、おすすめできません。

通信速度が遅すぎることがある

フリーWifiスポットを利用しているのは、当然ですがあなただけではありません。

誰でも利用ができるというのは大変便利なことですが、その分利用者が多いためなかなか繋がらないということや、あまりに回線速度が遅くて使い物にならない、なんて場合もでてきます。

また最悪の場合、利用するホテルの無線Wifiが機器の故障で使えない、なんてことも海外では珍しいことではありません。

わざわざ近くのカフェやレストランまでネットを使うために移動するなんていうことは避けたいところです。

個人情報が必要な場合がある

海外のフリーWifiを使う上で一番気を付けなければいけないのが、セキュリティ面でしょう。

暗号化されていないWifiスポットも国や地域によっては多いため、セキュリティに不安がある場合があります。

誰でも簡単に利用できるということは、とても便利な反面、情報漏洩の危険性もないとは言い切れません。

インターネットを利用する上で、パスワードやクレジットカード情報など、盗まれると大変なことに繋がる情報もありますので、注意が必要です。

このようなことからも、フリーWifiは確かに海外でインターネットを利用するのには簡単な方法のひとつですが、危険性や不便さが付きまとうことが考えられます。

そんな不安を解消する方法のひとつが「海外用レンタルWifiルーター」です。

モバイルWifiルーターとは、持ち運びが可能なWifiルーターのこと。

スマホなどの手持ちの通信機器とWifiルーターの間はWifiで接続されていますが、Wifiルーターと携帯基地局の間は携帯電話回線で接続されています。

つまり国内で使用しているモバイルWifiルーターは基本的には海外で使用することができません。

そのため、あらかじめ海外用に設定してある海外用モバイルルーターをレンタルして使用するという方法をとるのが一般的になっています。

海外用レンタルWifiルーターのおすすめランキングを確認する

海外用Wifiをレンタルしたら即日使用できる?

インターネットを利用する機会が増えていて、ビジネスなどで使われるケースが増えています。

日本国内ならば普通に手続きすれば利用できますが、外国でネットをする場合は海外用レンタルWifiルーターならば安全に使えます。

即日で頼める会社も少なくないので、サービスの特徴を調べておくのが大切です。

簡単な手続きで利用できる海外用レンタルWifiルーター

外国でネットを使うためには特別な手続きが必要で、大きな費用がかかる場合もあります。

国内の携帯電話を使って海外でネットをするやり方もありますが、負担が大きく簡単には利用できません。

そんなときは海外用Wifiルーターであれば簡単な手続きで利用できて便利です。このサービスが優れている点は空港などですぐ受け取れる点です。

現地の空港で受け取ることも可能なので、日本から持ち出す手間もかからず楽に利用できます。

最近の機器は通信速度もかなり良いため、普通の用途ならば問題ないでしょう。ビジネスでも十分に使えるので安心してネットを使うことができます。

即日でも海外用レンタルWifiルーターを利用できるか

使いやすい海外用Wifiルーターは旅行やビジネスをする際に、よく利用されているサービスです。

手続きはそれほど難しくはありませんが、ある程度は時間がかかります。

数日程度かかるケースもあるため、事前に準備をしておくのが大切です。

何らかの事情で急いで海外用Wifiルーターが必要な場合

即日で使える会社を選ぶと困りません。

全ての会社で利用できるわけではありませんが、すぐに借りられる会社もあります。

多少料金が高くなることもありますが、大きくは変わらないので安心して利用できます。

即日で海外用レンタルWifiルーターを使う場合

利用する会社にルーターの在庫がなければいけません。

在庫が残っていない場合は、利用できなくなるので注意しましょう。

即日で利用したい場合はまず連絡をして、在庫が残っているか確認しておくべきです。

在庫があればすぐに利用できますが、即日で使う場合は受け取り方法が難しく、何らかの対策をする必要があります。

空港で受け取れるならば便利ですが、そうでなければ他の方法を利用します。

利用する会社によっては旅行先で受け取れる場合もあるので、日本国内で手続きをしておけば利用できます。

ネットを使った手続きも可能なので、遅い時間帯でも問題なく頼めます。

気をつけておきたい海外用レンタルWifiルーターの返却

海外用Wifiルーターを即日で借りられれば、外国でも安心してネットが使えるでしょう。

旅行先から日本に帰るときは海外用Wifiルーターを会社に返さなければいけません。

返却の手続きは利用する会社によって変わるため、自分が使いやすい会社を選びましょう。

問題になりやすいのは海外の会社と契約して、日本国内では返却ができない場合です。

海外wifiは外国の会社が、サービスを提供しているケースが少なくありません。

そういう会社を利用した場合、返却を忘れて日本まで持って帰ってしまうと対応が難しくなります。

その際は追加料金を支払うこともあるので気をつけましょう。

即日で借りられる海外wifiは便利なものですが、返却方法は調べておく必要があります。

後から郵送で返せるものならば問題ないのですが、現地で返さなければいけない場合は面倒なことになるでしょう。

空港で返却ができる会社ならば帰国した際に、すぐに対応できます。

海外wifiルーターを利用する際は、返却のしやすさも考慮して会社選びは適切におこなうようにしましょう。

海外用レンタルWifiルーターのおすすめランキングを確認する

海外用レンタルWifiルーターの使い方!

海外へ出かける時のレンタルWifiの必要性について理解したところで、海外用レンタルWifiルーターの使い方をチェックしましょう。

事前にレンタル予約しておくのがおすすめ

海外用レンタルWifiルーターを使用する方法は大きく分けて、ネットでレンタル予約をして渡航時に空港の専用カウンターで受け取るという方法、もうひとつは出発当日に空港カウンターで申し込むという方法があります。

ただし、後者の場合は、レンタル機器の在庫がないということも考えられますし、レンタル予約に比べて割高の場合も多いため、基本的にはネットでレンタル予約しておくことがおすすめです。

使用前に注意しておく点

海外用レンタルWifiルーターの使い方の前に、注意しておかなければいけないことがあります。

それは、海外に行く前にスマホのデータローミングとモバイルデータ通信の設定をOFFにしておくということ。

この設定がONになったまま海外に行くと、気が付かずに海外のパケット通信でインターネットに接続してしまい、後々高額な請求がきてしまったなんてことも起こりえます。

iOSでもAndroidでも「設定」から簡単にできますので、事前にやり方を調べておきましょう。

OSのバージョンによっては、Wifiの電波状況が悪い際に自動的にモバイルデータ通信に切り替える「Wifiアシスト」という機能を搭載しているものがあります。

普段は便利な機能なのですが、海外でこの機能が作動すると現地のモバイルデータ通信に切り替わってしまう恐れがあるため、こちらもOFFにしておくように気を付けてください。

また、レンタルした海外用レンタルWifiルーターを国内で使用してしまうと、海外で使用したのと変わらない状態となってしまいます。

使用してしまうと通信可能なデータ容量が減ってしまう恐れがあります。

海外用レンタルWifiルーターを国内で受け取った場合は、海外に到着してから電源を入れるようにしましょう。(動作確認のために電源を入れるのはOKです。)

その他にも、アプリの自動更新機能や自動バックアップ機能、データを自動的にインターネット上に保管してくれるクラウドサービスなどの設定、iOSの場合はiCloudもOFFにしておくのもデータ容量を節約できますのでおすすめです。

海外用レンタルWifiルーターの使い方

それでは本題の、実際に海外に到着してからの海外用レンタルWifiルーターの使い方を解説します。

海外に到着したらレンタルWifiルーターの電源をいれましょう。次にお手持ちのスマホなどの通信機器の設定をおこないます。

設定の仕方は日本で使用するWifiルーターと変わりません。

ルータの本体に貼られているシールに記載のある、または契約時に教えてもらったSSIDとパスワードをスマホに設定して完了です。

詳しい設定の仕方

「一般」→「設定」→「Wifi接続設定」

海外用レンタルWifiルーターと同じ名前のSSIDがありますのでそれを選択後、パスワードを入力して接続するとルーターを通してインターネットが使用できるようになります。

海外用レンタルWifiルーターのおすすめランキングを確認する

海外用レンタルWifiルーターの容量の目安は?

海外用レンタルWifiルーターを選ぶ際に悩むことのひとつが「容量プラン」です。

250MBや3GBなどさまざまな容量が記載されているけどどれを選んでいいかわからない、という人も多いのではないでしょうか。

海外用レンタルWifiを使う際によくある勘違いのひとつとして、「使い放題と思っている」ものが挙げられます。

実は、海外用レンタルWifiであっても通常のキャリアでの契約と同じように、契約容量によって一定期間の間に利用できる通信量は決まっています。

もし、短期間のうちに大量のデータをインターネットで通信した場合、通信制限がかかってしまい、データ通信の低速、もしくは最悪の場合通信自体を止められてしまいます。

そのため容量プランを選ぶ際には、通信制限にかからない自分あったプラン、つまり自分がどの程度データ通信をしているのかを知っておく必要があります。

また、Wifiルーターは友達同士や家族間でシェアすることもできますので、人数によっても使用するであろうデータ通信量は変わってきます。

データ通信の容量の一例

特に日頃から、TwitterやInstagramなどのSNSをよく使っているという人は、写真を投稿するだけでも容量がかかってきます。

そのような人には大容量のプランがおすすめです。

とは言ってもどんなことがどの程度の容量が必要なのかはわからないという人が多いかと思いますので、よくある容量プランに沿ってどの程度のデータ通信が可能なのかを見てみましょう。

250MBプランの場合

WEBページ閲覧:約1,000ページ

GoogleMap検索:約70回

SNSで写真投稿:約10回

1GBプランの場合

WEBページ閲覧:約4,000ページ

GoogleMap検索:約280回

SNSで写真投稿:約40回

このように大容量のプランになるとそこそこの量を使うことができます。

ただし、SNSを頻繁に更新する人だとこれでも少ないという人もいるでしょう。

そんな人やデータ通信をするたびに残りの容量を気にしたくないという人は、一部の国にはなりますが、データ通信の容量を無制限で使えるプランもありますので、そちらを使ってみるのもおすすめです。

フリーWifiも併用して有効活用!

さらには渡航先のフリーWifiを活用するのもひとつの手です。

前述でも紹介しましたがホテルや空港、カフェやレストランなど渡航先によってはさまざまな場所でフリーWifiを使用することができます。

特に宿泊先のホテルでフリーWifiを使用できるのであれば、レンタルした海外用レンタルWifiルーターのデータ容量のかなりの節約になります。

ただし、フリーWifiはセキュリティ面で不安があるので、信頼できるホテルでのみ利用するのが賢明です。

毎月のデータ通信量の調べ方

最後に自分が毎月どのくらいデータ通信でデータ量を使用しているのか知りたいという人にその方法をお教えします。

契約する容量プランの参考にしてください。

機種によって確認方法が異なる場合もありますので、ご注意くださいね。

iOSの場合

「設定」→「モバイル通信」→「現在までの合計」で確認することができます。

androidの場合

「設定」→「データ使用」→「モバイルデータ通信量」で確認することができます。

海外用レンタルWifiルーターのおすすめランキングを確認する

便利な海外用レンタルWifiルーターで海外を満喫

海外旅行に行った際に、通信料が気になりスマホなどの使用を控えた経験がある人も多いのではないでしょうか。

確かに海外でスマホなどの通信機器をそのまま使用するとかなりの通信料が掛ってしまいます。

ほんの少し使用しただけでも結構な通信料がかかってしまうので、少しでも料金を抑える為には通信機器の使用を控えるしかありません。

しかし、せっかく海外に行くのですからおいしいお店を探したり、自由に観光をして思いっきり現地を楽しみたいですよね。

ここでは海外用Wifiルーターを安心して利用できる理由を解説します。

海外用レンタルWifiルーターの特徴

海外用レンタルWifiルーターの特徴は、定額制になっているので通信料を気にすることなく安心して通信機器を使用することができるというところです。

また、料金が安い分通信速度が遅いのではないかと思う人もいるかもしれませんが、通信速度も快適で、国内と同様に安定した速度で使用することができます。

レンタルwifiを使用すれば、現地で地図を調べたり、有名なお店を探したり、お土産屋さんだって簡単に検索をすることが出来るでしょう。

海外旅行をより充実のものにするためにも海外wifiは大変便利です。

また、一台あれば複数の通信機器を接続して使用することもできるので、友人や家族と一緒に通信機器を楽しむことが出来るのでおすすめです。

補償プランに入れば万が一の際でも安心

また、利用する会社を選ぶ際は料金もそうですが、万が一の際の補償がしっかりしているところを選ぶことをおすすめします。

紛失してしまったり盗難に合った場合、補償がついていなければ紛失分の料金を自分で支払わなければいけません。

実は意外と海外でレンタルWifiを紛失したり盗難にあってしまったという人が多く、そんな万が一に備える為にも補償がついているプランに加入することをおすすめします。

補償プランに入っていれば、紛失してしまった分の弁償代も自分で支払う必要がないのでおすすめです。

海外旅行やビジネスシーンでは何かと通信機器を使用する機会が多くなります。

国内同様に自由に通信機器を使用することが出来れば、現地で簡単にたくさんの情報を入手することが出来るのでおすすめです。

持ち歩くだけで手軽にいつでも使用することが出来ますし、返却する際もレンタルする際と同様に宅配や現地の国内の空港カウンターで返却することができます。

ぜひ海外に行く機会がある人はレンタルwifiを利用して充実の時間を満喫しましょう。

海外用レンタルWifiルーターのおすすめランキングを確認する

海外用レンタルWifiに関するアンケート
対象条件:ボイスノート会員
有効回答者:1,003人
(調査日:2019/7/5)