【774人が選ぶ】大阪のドローンスクールおすすめ人気ランキング【2021】通うメリットや比較ポイントを紹介!

仕事・学び

昨今のドローンの普及もあり、様々な理由からドローンの操縦技術を学びたいという方が増えています。

「ドローンを使った映像を撮影したい」

「人が立ち入れない場所も撮ってみたい」

「未来に通用するビジネススキルを習得したい」

そんな考えを持っている方は、思い切ってドローンスクールに通ってみるのはどうでしょうか?

ドローンの操縦技術が学べるほか、色んな場面で役立つ資格の取得も目指すことができますよ。

しかしながら、ドローンの操縦を学べるスクールは意外と多く、どこに選べばいいか迷ってしまう方も多いはず。

そこで、この記事では大阪にあるドローンスクールの中でも特におすすめできる5スクールを、ボイスノート会員774人へのアンケート調査から決定したランキングでご紹介!

ランキング以外にもドローンの基礎知識やドローンスクールを利用したほうがいい理由なども解説します。

大阪のドローンスクールおすすめ人気ランキング!

大阪にあるドローンスクールのおすすめ人気ランキング

ドローンを学べるスクールは数多くあるため、比較を始めた人はまずドローンスクールの多さに驚くと思います。

1つずつ丁寧に情報収集しても良いのですが、学べる範囲や指導力など比較ポイントは多くあり、調べれば調べるほど混乱する人も多いです。

すでに頭が混乱している人や、調べて比較することが面倒だと感じる人は、大阪にあるドローンスクールの人気ランキングを確認してみてはいかがでしょうか?

人気があるドローンスクールは多くの人にとって外れが少ないものです。

自分なりに比較したいのであれば、上位を比較する事で調べる時間を削減する事が出来ます。

今回は、すでに一定の支持を集めている6校のドローンスクールについて、ボイスノート会員774人へのアンケート調査から人気ランキングを作成しました!

早速、アンケートの結果を見てみましょう。

最も満足度の高い大阪のドローンスクールは?
ドローンスクールの人気ランキング表

大阪にあるドローンスクールの中で第1位となったのは、深空株式会社ドローンスクールでした!

ドローンスクールの比較表

順位第1位第2位第3位第4位第5位第6位
イメージ
名称深空株式会社ドローンスクール一般社団法人ドローン大学校日本ドローンアカデミードローン航空学校ASAHIドローンスクールドローンスクール 空ごこち
リンク公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
受講コース・ドローンスタートコース(国交省飛行許可対策コース)
・入門実技講習
・ビギナー講座
・アプリ講座
・産業機導入講習
・DJI CAMP
非公開
※セミナーにて詳細説明
・ドローン操縦士+ 安全運航管理者平日コース
・ドローン操縦士+ 安全運航管理者週末コース
・ドローン操縦士+ 安全運航管理者日程自由設定コース
・安全運航管理者コース
・ドローン操縦士基礎技能講習
・ドローン操縦士応用技能講習1~4
・ドローン操縦士公認指導員講習
・スカイチャレンジコース
・フライトコース
・ビジネスコース
・現場体験コース
・操縦技能コース
・安全運航管理者コース
料金1万1,000~21万7,800円(税込)
※料金はコースによって異なります。
非公開
※セミナーにて詳細説明
29万7,000円(税込)3万4,800~16万5,000円(税込)
※料金はコースによって異なります。
1万1,000~22万円
※料金はコースによって異なります。
21万7,800~33万円(税込)
※料金はコースによって異なります。
受講期間1~3日非公開
※セミナーにて詳細説明
座学6時間+飛行実習18時間+合宿2日間1~3日1日~2日2~3日
取得できる資格・技能証明書・DJI CAMP DJIスペシャリスト
・国土交通省認定の操縦技術証明証
・JUIDA 操縦技能証明証
・JUIDA 安全運航管理者証明証
・JUIDA 操縦技能証明証
・JUIDA 安全運航管理者証明証
・ドローン検定公認 基礎技能ライセンス
・ドローン検定公認 応用技能ライセンス
・ドローン検定公認 公認指導員資格
・DS・J技能認定
・DPA ドローン操縦士 回転翼3級
・JUIDA 操縦技能証明証
・JUIDA 安全運航管理者証明証
住所〒541-0041
大阪市中央区北浜1丁目9-9
〒541-0047
大阪府大阪市中央区淡路町4丁目5−4 京音ビル 1階
〒543-0001
大阪府大阪市天王寺区上本町6丁目9番19号 FLAT34上本町2F
〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3-2-28 日宝タイヨービル608
〒544-0012
大阪府大阪市生野区巽西3丁目13-1
〒559-0024
大阪府大阪市住之江区新北島5丁目1-50
H.B.P HOTEL 2F

ここからは、人気ランキングの順番で各ドローンスクールの特徴を見ていきましょう。

第1位 深空株式会社ドローンスクール

第1位の深空ドローンスクールは774人中178人(約23.0%)が支持しています。

深空ドローンスクールは、大阪では唯一のDJIから認定を受けているストアが運営するスクールです。

指導力に自信があり、ドローンに関する知識はもちろんのこと国土交通省認定の操縦技術証明証の取得も目指せます。

おすすめポイントPoint1.大阪では唯一のDJI認定ストア

Point2.初心者から操縦技術証明証が取得可能

Point3.経験と知識を兼ね備えたインストラクターが在籍

深空株式会社ドローンスクールの基本情報

受講コース ・ドローンスタートコース(国交省飛行許可対策コース)
・入門実技講習
・ビギナー講座
・アプリ講座
・産業機導入講習
・DJI CAMP
料金 1万1,000~21万7,800円(税込)
※料金はコースによって異なります。
受講期間 1~3日
取得できる資格・技能証明書 ・DJI CAMP DJIスペシャリスト
・国土交通省認定の操縦技術証明証
住所 〒541-0041
大阪市中央区北浜1丁目9-9
こんな人におすすめ
  • DJI製のドローンを完璧に操縦したい人
  • 基礎からしっかりと学びたい人
  • 信頼性のある操縦技術証明証を取得したい人

深空株式会社ドローンスクールの詳細情報

・大阪では唯一のDJI認定ストア

深空ドローンスクールの大きな特徴は、大阪では唯一のDJI認定を受けているストアだということです。

DJIは2021年時点、世界のドローンシェア率7割以上を誇るメーカーになります。

そんなDJI製のドローンに関して、大阪で圧倒的な知識量を誇っているのがこのスクールなります。

ここでは、そんなDJI製のドローンを知り尽くしているスタッフが操縦方法や特徴、仕組みまでを完璧にレクチャー。

他のスクールでは学ぶことのできないような、より実践的な知識までしっかり教わることができます。

・初心者から操縦技術証明証が取得可能

ドローンスクールに通う人のほとんどは初心者です。

深空ドローンスクールでは、基本的な操作方法はもちろん、電源の入れ方などの基礎から丁寧に指導します。

そのため、初心者であっても問題なく国土交通省認定の操縦技術証明証の取得を目指すことができるでしょう。

ただ操縦を学ぶこともできるので、気になる方はまず気軽に問い合わせてみるのもおすすめです。

・経験と知識を兼ね備えたインストラクターが在籍

深空ドローンスクールには、DJI認定整備士などの信頼のある実績を積んだインストラクターが数多く在籍。

そのため、指導力には自信があり、最新のドローンを運用するオペレーターを数多く輩出しています。

また、レベルや目的に合わせて「ドローンスタートコース」「入門実技講習」「ビギナー講座」「アプリ講座」「産業機導入講習」などの5種類のコースが選べるのも特徴の1つです。

それぞれで学べる範囲などが違うので、ぜひあなたの目的に合ったコースを選択してください。

深空株式会社ドローンスクールのメリット・デメリット

メリット
  • 初心者から資格取得を目指せる
  • DJI製ドローンに関する知識量が圧倒的
  • インストラクターの質が高い
デメリット
  • DJI製以外のドローンを学ぶのには適さない
  • コースによって料金の差が大きい

深空株式会社ドローンスクールがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員から深空ドローンスクールがおすすめの理由を聞いてみました!

39歳 男性

国が認めたスクールなので、しっかり習得する事ができて仕事にも結びつけられそうです。
42歳 女性

初心者の方がほとんどですので、プロポの持ち方や電源の入れ方、DJIアプリ操作方法まで丁寧にお教えてくれるところ。
47歳 男性

プロのドローンオペレーターを目指すのに向いている。国土交通省公認だから安心

深空ドローンスクールは、大阪で唯一のDJIに認定を受けているストアが運営しており、指導力に定評があります。

あなたも深空ドローンスクールで、初心者からドローンの運用を目指してみませんか?

\DJI CAMPの資格が取得可能!/
公式で深空株式会社ドローンスクールを見る
定期的に無料説明会も実施予定!

第2位 一般社団法人ドローン大学校

第2位の一般社団法人ドローン大学校は774人中155人(約20.0%)が支持しています。

一般社団法人ドローン大学校は、ドローンの飛ばすための技術だけではなくビジネスまで学べるスクールです。

おすすめポイントPoint1.ドローンビジネスを学べるスクール

Point2.飛行申請に役立つ民各資格が取得可能

Point3.全キャンパス共通の徹底したカリキュラム

一般社団法人ドローン大学校の基本情報

受講コース 非公開
※セミナーにて詳細説明
料金 非公開
※セミナーにて詳細説明
受講期間 非公開
※セミナーにて詳細説明
取得できる資格・技能証明書 ・JUIDA 操縦技能証明証
・JUIDA 安全運航管理者証明証
住所 〒541-0047
大阪府大阪市中央区淡路町4丁目5−4 京音ビル 1階
こんな人におすすめ
  • ドローンビジネスに関して詳しく学びたい人
  • ドローンの最新事情を知りたい人
  • 飛行申請を簡略化したい人

一般社団法人ドローン大学校の詳細情報

・ドローンビジネスを学べるスクール

ドローン大学校は、ドローンを趣味ではなく仕事にしようとしている方を対象にしたスクールです。

ドローンの技術も学べますが、それよりもドローンを使ったビジネスについて学ぶことができます。

主に空撮以外の農業や物流などでのドローンの使い方を学んで、今後の仕事に活かしたい方におすすめです。

・飛行申請に役立つ民各資格が取得可能

ドローン大学校は終了証をJUIDAに提出することで民間資格を取得することができます。

この資格を持っていれば、ドローンを飛ばす上での様々な申請を簡略させることが可能です。

もちろんすでに資格を持っている人でも、ビジネスを学びたい人なら通っておいて損はないでしょう。

・全キャンパス共通の徹底したカリキュラム

他のドローンスクールと比較すると、プランによりますが圧倒的に受講期間は長く設定されています。

何故かと言うと、趣味の範疇に留まらず、ビジネスまでもしっかり学ぶスクールだからです。

また、ドローン大学校は全国で大阪を含む5校を開校していますが、全キャンパスで共通のカリキュラムを提供。

実績に裏付けされた安定したクオリティの指導を受けることができるでしょう。

一般社団法人ドローン大学校のメリット・デメリット

メリット
  • ドローンを使ったビジネスが学べる
  • 民間資格が2つ取得できる
  • カリキュラムが明確で分かりやすい
デメリット
  • 趣味で学びたい人には不向き
  • 受講期間が長い
  • 料金はセミナーへ参加しないと不明

一般社団法人ドローン大学校がおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員から一般社団法人ドローン大学校がおすすめの理由を聞いてみました!

31歳 女性

学びたいことを要領よく教えてくれそうだったのでここを選んだ。
32歳 男性

ドローンの基礎知識からビジネスの展開まで分かるから実用的で満足度が高そうに思えた。
36歳 女性

いろいろなことを幅広く学べそうだと思うし環境が良さそうだと思ったから

ドローン大学校は、ドローンをビジネスとして活用したい方には最適なスクールです。

あなたもドローン大学校で、ドローンを今後の仕事で活かしてみませんか?

\ドローンのビジネススクール!/
公式で一般社団法人ドローン大学校を見る
安定した全国共通のカリキュラム!

第3位 日本ドローンアカデミー

第3位の日本ドローンアカデミーは774人中119人(約15.4%)が支持しています。

日本ドローンアカデミーは、JUIDAから認定を受けている実践力を鍛えられるスクールです。

おすすめポイントPoint1.飛行実習18時間で実践力が身につく

Point2.広大なフィールドを使った空撮合宿

Point3.飛行場が利用できるアフターケア特典

日本ドローンアカデミーの基本情報

受講コース ・ドローン操縦士+ 安全運航管理者平日コース
・ドローン操縦士+ 安全運航管理者週末コース
・ドローン操縦士+ 安全運航管理者日程自由設定コース
・安全運航管理者コース
料金 29万7,000円(税込)
受講期間 座学6時間+飛行実習18時間+合宿2日間
取得できる資格・技能証明書 ・JUIDA 操縦技能証明証
・JUIDA 安全運航管理者証明証
住所 〒543-0001
大阪府大阪市天王寺区上本町6丁目9番19号 FLAT34上本町2F
こんな人におすすめ
  • ドローン飛行の実践力を鍛えたい人
  • 広大なフィールドで練習をしたい人
  • 短期間で資格を取得したい人

日本ドローンアカデミーの詳細情報

・飛行実習18時間で実践力が身につく

日本ドローンアカデミーの最大の特徴は18時間にも及ぶ飛行実習がある点です。

そのため、資格取得に留まらないドローン飛行の実践力を身につけることができます。

また、現役のドローンオペレーターから直接教われるため、空撮の様々なノウハウを現場目線で教えてくれるでしょう。

・広大なフィールドを使った空撮合宿

このスクールのカリキュラムでは、座学6時間と飛行実習18時間を終えた後に空撮合宿があります。

シーズンオフのスキー場や閉鎖中のゴルフ場などを利用して、ロケハンからしっかり実施。

広大なフィールドで約10時間の実践に基づいた貴重な体験ができるのも大きな魅力の1つです。

・飛行場が利用できるアフターケア特典

日本ドローンアカデミーの大阪校を受講する特典も充実しています。

まず、ドローンシステム運営の飛行場が永年無料で使用できるようになるのがポイントです。

また、卒業生は日本ドローンアカデミークラブに無料で入会可能。

このコミュニティでは会員によるドローン飛行ツアーや競技、カメラマンとしての登用もあります。

卒業後もドローンを楽しめる環境に身を置きたい人に最適です。

日本ドローンアカデミーのメリット・デメリット

メリット
  • 飛行実習が充実している
  • 修了後も飛行場が使える
  • 無料でドローンコミュニティに加入できる
デメリット
  • 合宿の参加費は別
  • 座学に使う時間は短め

日本ドローンアカデミーがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員から日本ドローンアカデミーがおすすめの理由を聞いてみました!

31歳 男性

初心者でも通いやすそうであることと、値段もそこまで高くはない
36歳 女性

基礎応用実習と実践力を身につけるための授業内容や時間割が、ただ楽しいだけではなく扱う物の安全性をちゃんと考えた上で身につけて行けるようにという仕組みや考え方が重要だと思った。
40歳 男性

料金がリーズナブルで、親身に相談に乗ってくれるのが良くて満足

日本ドローンアカデミーは、飛行実習に力を入れた実践的なスキルが学べるスクールになります。

あなた日本ドローンアカデミーで、ドローンを自由に飛ばせる技術を身につけませんか?

\実践的なスキルが学べる!/
公式で日本ドローンアカデミーを見る
大阪校受講の限定特典あり!

第4位 ドローン航空学校

第4位のドローン航空学校は774人中110人(約14.2%)が支持しています。

ドローン航空学校は、ドローンを触れたいことがない人でも利用できるシミュレーターがあるスクールです。

おすすめポイントPoint1.初心者にも優しいドローンシミュレーター

Point2.コミュニティやセミナーも定期的に実施

Point3.ドローン上級者の講習にも利用できる

ドローン航空学校の基本情報

受講コース ・ドローン操縦士基礎技能講習
・ドローン操縦士応用技能講習1~4
・ドローン操縦士公認指導員講習
料金 3万4,800~16万5,000円(税込)
※料金はコースによって異なります。
受講期間 1~3日
取得できる資格・技能証明書 ・ドローン検定公認 基礎技能ライセンス
・ドローン検定公認 応用技能ライセンス
・ドローン検定公認 公認指導員資格
住所 〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3-2-28 日宝タイヨービル608
こんな人におすすめ
  • ドローンシミュレーターで練習を積みたい人
  • ドローン検定の資格に興味がある人

ドローン航空学校の詳細情報

・初心者にも優しいドローンシミュレーター

ドローン航空学校は、全てのドローンパイロットの正しい操縦知識と技能の向上を目的にしたスクールです。

基礎技能講習では、ドローンを触れたことがない人でも参加でき、基礎から学びたい方に最適。

また、このスクールの特徴として、リアルなフライトを体験できるシミュレーターが使えます。

機体がなくても誰でも練習を始められるのは大きなメリットと言えそうです。

・コミュニティやセミナーも定期的に実施

ドローンに関するサービスを幅広く展開しており、許可や飛行申請の代行も行っています。

また、ドローンコミュニティやセミナーなども定期的に開催されており、講習修了後も役立つサービスを展開。

機体を持っていない人でも、ドローンに興味があれば無料のセミナーに参加してみるのもいいでしょう。

・ドローン上級者の講習にも利用できる

ドローン検定操縦技能講習のプランの数も豊富です。

初心者向けの講習もあれば、ドローン検定の「公認指導員」の資格の取得を目指せるコースもあります。

このように初心者だけでなく、上級者にとっても役立つ講習も多いのも、このスクールの特徴です。

ドローン航空学校のメリット・デメリット

メリット
  • ドローンがなくても参加できる
  • ドローン検定公認の資格が取得可能
  • 気軽に参加できるコミュニティがある
デメリット
  • DJI CAMP、JUIDA、DPAの資格は取れない
  • シミュレーターは利用料がかかる

ドローン航空学校がおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からドローン航空学校がおすすめの理由を聞いてみました!

19歳 女性

ドローン操縦検定講習があるから。様々なジャンルから選択することが出来るから
24歳 女性

コースも複数あり、個人にあったコースで効率よく学べて上達もはやそう
27歳 男性

様々な技能講習があるので、着実にステップアップしていくことが出来る
\ドローンがない初心者もOK!/
公式でドローン航空学校を見る
気軽に利用できるシミュレーターも完備!

第5位 ASAHIドローンスクール

第5位のASAHIドローンスクールは774人中109人(約14.1%)が支持しています。

ASAHIドローンスクールは、産業用ドローンの実践的なカリキュラムが用意されている完全室内型のスクールです。

おすすめポイントPoint1.プロが教える完全室内型スクール

Point2.ビジネスに活かせるコースが多数

Point3.DPAの認定資格を取得可能

ASAHIドローンスクールの基本情報

受講コース ・スカイチャレンジコース
・フライトコース
・ビジネスコース
・現場体験コース
料金 1万1,000~22万円
※料金はコースによって異なります。
受講期間 1日~2日
取得できる資格・技能証明書 ・DS・J技能認定
・DPA ドローン操縦士 回転翼3級
住所 〒544-0012
大阪府大阪市生野区巽西3丁目13-1
こんな人におすすめ
  • 産業ドローンの知識もつけたい人
  • 天候に左右されずに練習したい人

ASAHIドローンスクールの詳細情報

・プロが教える完全室内型スクール

ASAHIドローンスクールの最大の特徴は完全室内型スクールだということです。

そのため、悪天候でも問題なく受講できるほか、日程調整も可能。

また、人口の多い通いやすい立地にあるため、忙しい人でも気軽に通うことができるでしょう。

・ビジネスに活かせるコースが多数

選べるコースは「フライトコース」の他に「ビジネスコース」も用意されています。

ビジネスコースはフライトコースを合格した人のみ受講でき、より発展的な技術を身につけることが可能。

もちろん初心者向けの安価なコースもあるため、とりあえずドローンを体験してみたいというニーズにも応えられます。

・DPAの認定資格を取得可能

ASAHIドローンスクールでは、フライトコース、ビジネスコース、現場体験コースと段階的に学ぶことが可能。

まずは知識を身につけ、資格や実技を学び、最終的には現場目線のノウハウを学習できます。

段階的に学習することで、初心者からドローンのプロとして活躍できる実力を手に入れることができるでしょう。

ASAHIドローンスクールのメリット・デメリット

メリット
  • ビジネスコース修了でDPA資格が取得できる
  • ビジネスについて深く学べる
  • 現場目線の体験ができる
デメリット
  • 屋外での実習はない
  • 大阪校では受けられないコースがある

ASAHIドローンスクールがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からASAHIドローンスクールがおすすめの理由を聞いてみました!

30歳 男性

初心者でも操作を覚えることができそうで、とっつきやすそうだから。
33歳 男性

アクセスや要領含めて、説明が色々とわかりやすい印象を受けた。
36歳 女性

無料体験を実施しているので、お手軽に体験できるのがうれしいと思い選びました。
\安心の室内型スクール!/
公式でASAHIドローンスクールを見る
ビジネスについても学べる!

第6位 ドローンスクール 空ごこち

第6位ドローンスクール 空ごこちはが支持しています。

ドローンスクール 空ごこちは、合宿型のプランで最短2日で資格の取れるJUIDA認定スクールです。

おすすめポイントPoint1.合宿なら最短2日で資格が取れる

Point2.少人数制で分かりやすい講習内容

Point3.専用屋内ドローン飛行場を完備

ドローンスクール 空ごこちの基本情報

受講コース ・操縦技能コース
・安全運航管理者コース
料金 21万7,800~33万円(税込)
※料金はコースによって異なります。
受講期間 2~3日
取得できる資格・技能証明書 ・JUIDA 操縦技能証明証
・JUIDA 安全運航管理者証明証
住所 〒559-0024
大阪府大阪市住之江区新北島5丁目1-50
H.B.P HOTEL 2F
こんな人におすすめ
  • スピーディーに資格が取りたい人

ドローンスクール 空ごこちの詳細情報

・合宿なら最短2日で資格が取れる

ドローンスクール 空ごこちには「操縦技能コース」と「安全運航管理者コース」の2種類のコースが存在。

自信の目的に合わせて選ぶことができるほか、1泊2日のスピード合宿プランには2つのコース共に含まれています。

そのため、合宿プランであれば料金的も抑えながら、2つの資格を取ることができるのでおすすめです。

・少人数制で分かりやすい講習内容

講習内容にもこだわっており、基本は「受講者様2名に講師1名対応」という少人数制を採用さいています。

分からないところがあれば気軽に講師に尋ねることができる環境なので初心者にも安心です。

もちろん操縦指導などの必要な状況があればマンツーマン指導にも対応してくれます。

・専用屋内ドローン飛行場を完備

ドローン専用の屋内飛行場「フライトサロン大阪」があるのも、ドローンスクール 空ごこちの特徴です。

室内で悪天候による事故なども起こらないほか、都心でありながら飛行申請せずに25m×13mの広いスペースで練習可能。

卒業生にはこの飛行場の「フリーフライトチケット」もプレゼントしてくれるのも嬉しいポイントです。

ドローンスクール 空ごこちのメリット・デメリット

メリット
  • スピーディーに資格が取れる
  • スケジュールの融通が利く
  • 卒業後も無料サポートがある
デメリット
  • 予約が取りづらい場合がある
  • 上級者には向かない

ドローンスクール 空ごこちがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からドローンスクール 空ごこちがおすすめの理由を聞いてみました!

29歳 女性

基礎からしっかりと教えてもらえるので初心者でも安心して学ぶことができるから
37歳 女性

無料体験の実施予定日がたくさんあって面白そうだと思ったから。
37歳 男性

JUIDA認定スクールなのでしっかりとした教え方をしてもらえそうだから
\少人数制で分かりやすい!/
公式でドローンスクール 空ごこちを見る
天候に左右されない飛行場あり!

ランキング第1位を見る▼

押さえておきたいドローンの基礎知識

押さえておきたいドローンの基礎知識

映画やテレビなどでドローンを使った映像が流れることは、もはや珍しくはありません。

一般的にもドローンは普及してきており、昔と比べると非常に身近な存在になっています。

中にはドローンを購入し、気軽に飛ばしてみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここからは初心者が押さえておきたいドローンの基礎知識を紹介します。

ここがポイント
  • 主なドローンは3種類
  • ドローンシェアの7割以上は「DJI」
  • ドローン資格にも種類がある

ドローンの種類について

ドローンとは、遠隔操作できる自律性を備えた無人航空機の総称です。

ちなみに、ドローンと一言に言っても用途や重さによって大まかに種類が分けられています

それぞれで用途や特徴が違うので、まずはどんなドローンがあるのか把握しておきましょう。

主なドローンは、以下の3種類です。

主なドローンの種類
  • トイドローン
  • 空撮ドローン
  • 産業用ドローン

トイドローン

トイドローンは、重量が200g未満のドローンです。

1万円前後と比較的安い価格で購入でき、初心者でも簡単に操縦できます。

コンパクトではあるもののしっかり撮影機能があるタイプも多く、ドローンデビューで購入するのには最適です。

200g未満なので無人航空機の飛行に関するルールは適用されず、より気軽に飛ばすことができます魅力の1つ。

ただし、機体が非常に軽い分、風の影響を受けやすかったり、飛行時間が限られていたりもします。

空撮ドローン

空撮ドローンは、重量が200g以上の高性能な機能を搭載しているドローンです。

トイドローンでは撮影できないような広範囲まで通信でき、長時間の飛行を可能にしています。

画質も優れており、プライベートではもちろんのこと、仕事用として使っても問題ありません。

ドローンを使って、よりハイクオリティな映像を制作したい方におすすめです。

ただし200g以上なので、飛行させる場所によっては国土交通省の許可が必要なことは覚えておきましょう。

産業用ドローン

ドローンの新たな分野として注目されているのが、産業用ドローンとしての活用方法です。

撮影以外の目的で使われ、農薬の散布のほか、測量や点検、荷物の輸送など、その利用方法は多岐に渡ります

また、人が立ち入りできない場所なども入れることから、災害時にも活躍が期待されています。

最もハイスペックな機体で、ドローンを将来的にビジネスシーンで活用したいと考えている方は要チェックです。

ドローンメーカーについて

発展が目まぐるしいドローン業界では、日々様々なドローンメーカーがしのぎを削っています。

ドローンを購入する上で、どんなメーカーがあるのかは気になるポイントです。

そこで初心者から上級者まで幅広い層におすすめできるドローンメーカーも一部紹介していきます。

世界のドローンシェア率トップ「DJI」


画像引用元:DJI(Phantom)

ドローンメーカーとして長らくトップに君臨しているのが、中国の「DJI」というドローンメーカーです。

最も高い世界で7割以上のドローンシェア率を誇っており、その中でも「Phantom」というシリーズが人気。

洗練されたデザインはもちろんのこと、4K動画を撮影や障害物検知などのハイスペックな機能を搭載しています。

ほかにも「Mavic」などのシリーズがあり、こちらはお求めやすい価格のエントリーモデルも存在。

幅広い層向けのドローンが揃っているので、購入に迷ったらひとまずDJI製を選んでおけば損はないでしょう。

安いドローンなら「TELLO」がおすすめ

画像引用元:RyzeTech(TELLO)

1万円台という安価な価格で人気なのが、「RyzeTech」の「TELLO」

DIJとintelがタッグを組んで生み出したモデルで、スマートフォンで気軽に操作できるのが魅力です。

大人だけではなく子供も楽しめるように設計されており、飛行だけではなくプログラミング機能付き

分かりやすい操作性なので、ドローンデビューとしては最適な機体と言えそうです。

もちろんここで紹介した以外にもドローンはあるので、最終的には自身が気に入るものを選んでください。

ドローンの資格について

現在ドローンを飛ばすには特別な資格は定められていません。

しかしながら、2022年にはドローンの規定が今よりも厳しくなることが予想されてます。

いつ資格が必要になるかは分からないので、今のうちにドローンに関する資格を取っておくと安心です。

また、以下の資格を所有していれば、国土交通省への飛行許可申請を簡略化することもできます。

主なドローンの資格
  • DJI CAMP「DJIスペシャリスト」
  • JUIDA「操縦技能証明証」
  • DPA「ドローン操縦士 回転翼3級」

DJI CAMP「DJIスペシャリスト」

ドローン最大手であるDJIの日本法人であるDJI JAPANが行っている操縦者育成プログラム。

数あるドローン資格の中でもDJI製品に特化した養成プログラムになっているのが特徴です。

DJI CAMPで取得できる資格には種類がありますが、最初は「DJIスペシャリスト」からの取得になります。

世界のドローンでトップシェアを誇っているDJIの資格なので、信頼性は問題ありません。

また、料金的に見ても他の資格と比べて安く受講できるというのも大きなメリットです。

JUIDA「操縦技能証明証」

こちらはJUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)が発行しているドローンの民間資格になります。

2021年5月現在、累計で1万5,000人を超える受講者がおり、非常に人気の高い資格の1つです。

この資格があれば、ドローンの操縦や安全運行に関する知識を持っていることの証明になります。

DPA「ドローン操縦士 回転翼3級」

こちらはDPA(一般社団法人ドローン操縦士協会)が発行しているドローンの民間資格になります。

内容もメリットもJUIDAの資格と似ているものの、比較するとより実技に重きを置いているのがDPAの特徴です。

よりドローンの飛行技術に関して信頼性のがある資格を取得したい方におすすめ。

ドローンスクールのランキングを見る▼

ドローンスクールに通ったほうがいい3つの理由

ドローンスクールに通ったほうがいい3つの理由

ドローンスクールに興味はあるものの、あと1つ決め手に欠けて1歩が踏み出せない方という方もいるかもしれません。

そこで、ドローンスクールに通うことで得られるメリットを3つ紹介します。

今現在ドローンスクールに通うかどうか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

ここがポイント
  • 短期間で操縦や安全に対しての知識が身につく
  • 色んな場面で役立つ資格が取得できる
  • 様々なビジネスシーンで活用できる

短期間で操縦や安全に対しての知識が身につく

ドローンを飛行させるのに特別な資格はいりませんが、ドローン事故の多くが操縦者の過失によるものです。

そういう意味では、ドローンは便利である反面、常にトラブルとも隣り合わせという認識を持たなくてはいけません。

その点、スクールに通っておけば、基本的な操縦技術のほか、安全に対しての知識も身につけることができます

ドローンにおける事故を未然に防ぐためにも、ドローンスクールに通うことは非常に有効な方法と言えるでしょう。

色んな場面で役立つ資格が取得できる

ドローンを飛ばす区域には、事前に国土交通省への許可を申請しなければならない場所があります。

その際、国土交通省が認定している資格を持っていれば、面倒な申請が簡略化

単純に各種申請が通りやすくもなるので、資格を持っておいて損はありません。

また、先にも書いた通り、2022年以降は規制が今より厳しくなることが予想されています。

そのため今のうちに資格を持つことは、今後迎えるであろうドローン規制に備えることにも繋がるでしょう。

様々なビジネスシーンで活用できる

ドローンを学びたい人の中にはビジネスに応用しようと考えている方も多いと思います。

スクールの中には基本的な技術だけではなく、どういった分野で活躍するのかも教えてくれるところも存在。

また、いざビジネスでドローンを活用するためには依頼主の信頼を得ることも重要になります。

その際、ドローンスクールを修了している、または資格を持っていることは大きな信頼に繋がります

ドローンスクールのランキングを見る▼

失敗しないドローンスクールの選び方

失敗しないドローンスクールの選び方

受講してから「やっぱりほかのスクールのほうが良かった」という自体は絶対に避けたいですよね。

そこで、ここからは失敗しないドローンスクールの選び方を紹介します。

どのドローンスクールを選ぼうか迷っている方はぜひ参考にしてください。

ここがポイント
  • 信頼性のある資格が取得できるか
  • 知りたい内容がきちんと学べるか
  • 練習環境が充実しているか

信頼性のある資格が取得できるか

ドローンスクールに通う理由の1つとして、資格を取りたいからという方も多いと思います。

基本には先にも書いた、以下の3つの資格のどれかが取得できるスクールに通うのがおすすめです。

・DJI CAMP「DJIスペシャリスト」
・JUIDA「操縦技能証明証」
・DPA「ドローン操縦士 回転翼3級」

ひとまずこれらの資格を取得しておけば、国土交通省への申請許可が簡略化でき、申請も通りやすくなります。

知りたい内容がきちんと学べるか

各スクールで学べる内容は変化し、座学が中心なところもあれば、実習に力を入れているところもあります。

また、ビジネスに関しても深く掘り下げて教えてくれるスクールも存在。

そのため、いかに自分に合ったスクールを選べるかが重要なポイントになってきます。

判断方法としては、スクールのホームページに記載しているカリキュラムの内容をチェックするのがおすすめです。

また、事前に無料説明会をやっているスクールもあり、受講前に内容を知りたい方はこちらに参加するのもいいでしょう。

練習環境が充実しているか

当たり前ですが、ドローンの操縦技術を向上させるためには実際に飛ばすことが何よりも重要です。

そのため、練習できるスペースや施設がきちんとあるかどうかもスクール選びのポイントの1つ。

スクールによっては、わざわざドローンを飛ばすために遠方へ移動しなくてはならないケースもあります。

施設が充実しているスクールを選べば、効率的にドローンに関する技術や知識を習得することができるでしょう。

ドローンスクールのランキングを見る▼

今後ドローンの活躍が期待される分野は?

今後ドローンの活躍が期待される分野は

今後ドローンの普及と発展に比例して、新しいビジネスモデルが多く生まれることが予想されます。

時代に取り残されないためにも、特に将来性が高いドローンビジネスは今のうちに把握しておきたいところです。

そこで、ここからはドローン市場の拡大と共に注目しておきたい分野を紹介します。

今後注目のドローン分野
  • 映像(空撮)
  • 農業
  • 物流
  • 測量・点検
  • 災害派遣

映像(空撮)

ドローンも活用例の代表的なものが空撮です。

テレビや映画などではもちろん最近では観光地や企業のプロモーションとしても良く使われています。

映像を使ったあらゆるビジネスに利用できるほか、警備システムなどにも応用可能です。

農業

近年ドローンは農業の分野でも注目されており、すでに農薬の空中散布などに用いられています。

また、農作物をより良い状態で管理するためにドローンを利用する動きも活発になっています。

このような産業用ドローンは日本企業も多く参入しており、農林水産省も力を入れている計画の1つです。

物流

コスト削減などの観点から、物流にドローンを使用するサービス事業にも注目が集まっています。

特にドローン大国である中国では本腰を入れて取り組んでおり、一部デリバリーではすでにドローンが使用。

日本では法整備などの課題があるため、まだしばらく時間がかかりそうではありますが、多くのプロジェクトで実証実験が勧められており、こちらも将来的には大きな市場になりそうな予感です。

測量・点検

短時間で広範囲を測量できるドローン測量にも注目が集まっています。

近年ではi-Constructionの推進により、実際にここ日本でも測量にドローンが多く活用され始めています。

また、建物や施設などの点検などにもドローンが活躍。

人が行うようも圧倒的に安全で効率がいいので、今後も大きく伸びそうな分野と言えそうです。

災害派遣

人が立ち入れないような危険な場所でも、ドローンなら安全に入ることができます。

そのため、災害派遣にもドローンを役立てようとする動きが活発化。

2019年には自衛隊の災害派遣を担当する部隊に対して、災害用ドローンも装備されました。

将来的には被害状況を把握するだけではなく、人命救助などにも広く使われることになりそうです。

ドローンスクールのランキングを見る▼

ドローンスクールに関するよくある質問

平均的な受講期間はどれくらい?

スクールにもよりますが、短期集中型がほとんどなので基本的には2~4日間ほどで資格の取得を目指せます。
いずれにしても長い期間が設定されているスクールはあまりありません。
そのため、ドローンスクールは忙しい方でも比較的通いやすいスクールと言えるでしょう。

ドローンを飛ばすのに規制やルールはあるの?

現状ドローンを飛ばすのに特別な資格はいりません。
ただし200g以上のドローンに関して言うと、航空法で飛行禁止区域が定まられています。

・空港等の周辺の上空の空域
・緊急用務空域
・150m以上の高さの空域
・人口集中地区の上空

上記3つに当てはまる区域は、飛行させる前に国土交通省の許可を得る必要があります。
また、飛行させる場所に関わらず、以下のルールを守る必要があります。

1.アルコール又は薬物等の影響下で飛行させないこと
2.飛行前確認を行うこと
3.航空機又は他の無人航空機との衝突を予防するよう飛行させること
4.他人に迷惑を及ぼすような方法で飛行させないこと
5.日中(日出から日没まで)に飛行させること
6.目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
7.人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
8.祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
9.爆発物など危険物を輸送しないこと
10.無人航空機から物を投下しないこと

5~10号のルールによらずドローンを飛行させる場合は、あらかじめ地方航空局長の承認が必要です。

ドローンは誰でも操縦することができる?

2021年現在、法律上の縛りはなく、誰でも操縦することができます。
ただし、機体の多くには14~18歳以上が対象と定められており、あまり小さい子供にいきなり操縦させるのはおすすめしません。また、2022年にはドローンの免許制度が定められると言われており、一定の年齢制限が設けられる可能性もあります。

まとめ

この記事では、大阪にあるドローンスクールのおすすめ人気ランキングを中心に紹介してきました。

また、ほかにもドローンスクールに通うメリットや失敗しない選び方なども解説。

ドローンに少しでも興味のある方は、どこのスクールを選ぶかも含めて参考にしてください。

ぜひ自分に合ったドローンスクールに通って、効率よくドローンの資格を取得しましょう。

ドローンスクールのランキングを見る▼

この記事のランキングは、下記の調査を根拠として作成されています。

大阪にあるドローンスクールに関するアンケート
2021年7月調査レポート
【調査概要】
■調査手法
インターネットでのアンケート調査
自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施
■調査対象者
全国の男女(ボイスノート会員)
■調査期間
2021年7月7日~8日
■調査対象企業選定条件
インターネット上に情報のある大阪にあるドローンスクールのうち、ボイスノートマガジン編集部が選出した6校
【調査結果】
全国の男女に対して調査を実施、774名から回答を得た。
質問: 最も満足度が高いと思う大阪にあるドローンスクールを選んでください。
得られた回答は以下の通り。

スクール名 回答数 割合
深空株式会社ドローンスクール 178 23.0%
一般社団法人ドローン大学校 155 20.0%
日本ドローンアカデミー 119 15.4%
ドローン航空学校 110 14.1%
ASAHIドローンスクール 109 14.1%
ドローンスクール 空ごこち 103 13.3%

(n=774)

今回の調査の結果、「最も満足度が高い大阪にあるドローンスクール」は「深空ドローンスクール」となった。

編集部員R元ゲームライター。家電や学びについての情報を発信していきます。