【2019年最新】ビットコイン投資するならアービトラージがおすすめ!?方法やメリット・デメリットも併せて紹介!

お金

ビットコイン投資するなら「アービトラージ」!?

ボイスノートマガジンでも何度かご紹介しているビットコイン(BTC)

ビットコインの価格は一時期話題になったころと比べると低い水準で推移していましたが、今年の4月に入って再び値が上がり始めました。一時は1BTC=150万円に届くかという動きを見せ、2019年7月現在は100万円台を推移している状況です。

このように他の金融商品と比べて、ビットコインを始めとした仮想通貨は値動きが大きいのが特徴です。そのため、短期で利益を出すことも可能な一方、昨日まで値上がりしていたのに、翌日には急落して大きな損失を出してしまう、ということも。

長期保有して利益が出るのを待つのもいいですが、仮想通貨が数年後、数十年後に今の価値を維持しているか保証はありません。そこで「もっと短期間でリスクなく利益を出したいんだ!」という人におすすめなのが、「アービトラージ」(アビトラ)という取引の手法です。

今回は仮想通貨のアービトラージについて、認知度を調査した結果と共にご紹介します。

アービトラージとは?


仮想通貨のアービトラージについてご紹介する前に、一般的な取引におけるアービトラージについて触れておきましょう。アービトラージ(裁定取引)は「さや取り」「スプレッド取引」ともいい、取引手法の一つです。

同じ価値を持つ商品に生じた一時的な価格差を利用して、そのとき価格が高い方を売り、価格が安い方を買った上で、価格差が縮小したときに反対売買を行います。こうすることで、商品のさや(価格や利率の差)を回収するのがアービトラージです。

金融商品の例だと、株式の現物取引の価格と先物取引の価格差を利用して利益を出す方法などがあります。市場への参加者が増え、アービトラージを行う人が増えるほど、この価格差は縮小し市場の歪みが調整されます。

ビットコインのアービトラージとは?


一口に仮想通貨といっても、実は2000種類以上の通貨が存在しています。なので、ここでは仮想通貨の元祖であるビットコインのアービトラージを例に、話を進めたいと思います。(ちなみに、ビットコイン以外のコインは総称して「アルトコイン」と言います)

前提として、仮想通貨はネット上の取引所と呼ばれるサイトで売買されますが、各取引所で取引できる仮想通貨は種類が決まっています。ビットコインは仮想通貨の中で最もメジャーな存在であり、世界のほとんどの仮想通貨取引所は、ビットコインの売買が可能と言っていいでしょう。

現在11ある国内取引所のいずれでも、ビットコインの取引が可能です。ただ、そこで取引される価格は各取引所ごとに違い、常に変化しています。

実際の取引所を例に挙げると、GMOコインでビットコインの購入価格が¥1,081,494、ビットバンクで売却価格が¥1,083,573だった場合、その差は¥2079です。ビットコインのアービトラージは、通常の値動きによる価格差ではなく、このような取引所ごとに異なる売買価格の差を利用して行います。この価格差は、仮想通貨市場への参入者がまだ少なく、需要と供給のバランスが少し異なることから生じています。

ビットコインでアービトラージを行う具体的な方法は2種類あります。

ビットコインのアービトラージの方法1

必要な準備:取引所の口座開設(2ヶ所以上)
こちらはシンプルなアービトラージの方法です。  

  1. 各取引所のビットコイン相場を一覧できるサイトを参考に、売買価格を比較します。
  2. 購入価格が最も安い取引所のビットコインを購入します。
  3. 売却価格が最も高い取引所に購入したビットコインを送金します。
  4. 送金したビットコインを売却します

手順は簡単ですね。各取引所での取引方法を把握しておけば、特に問題はないかと思います。

2つの取引所の口座があれば、ビットコインのアービトラージを始めることは可能です。ですが利益を狙う場合、最も価格差が出る取引所の組み合わせを選んで売買する方が、断然効率的です。

そのため自分で売買の判断ができる範囲で、なるべく多くの取引所に口座開設しておくことをおすすめします。

取引所の登録は以前よりもかかる日数が短くなりましたが、それでも審査を含めて口座開設まで、3~4日かかります。口座開設は全て無料でできるので、登録する際は複数の取引所をまとめて口座開設してしまいましょう。

2019年7月現在、新規口座開設を受け付けている国内の仮想通貨取引所(仮想通貨交換業者登録済み)は以下の通りです。

ビットコインのアービトラージの方法2

必要な準備:取引所の口座開設(2ヶ所以上)、取引に利用するビットコイン、ビットコインと同額の現金
こちらは少し複雑なアービトラージの方法です。

2ヶ所以上の取引所に口座開設をし、その全ての口座に取引したい分だけのBITコイン、そのBITコインと同額の現金を入金したら、準備完了です。用意するビットコインは額が大きければ大きいほど、利益が見込めます。

  1. 各取引所のビットコイン相場を一覧できるサイトを参考に、売買価格を比較します。
  2. 購入価格が最も安い取引所のビットコインを購入します。(口座Aとします)
  3. 売却価格が最も高い取引所のビットコインを、2で購入したのと同じだけ売却します。(口座Bとします)
  4. 口座Aで購入したのと同じ量のビットコインを口座Bに送金します。
  5. 口座Bにある現金のうち、最初に口座Aに入っていたのと同じ金額を口座Aに送金します。

少し分かりづらいですが、最後のステップで口座Aと口座Bは最初の状態に戻っています。そして口座Bに日本円で、取引所間の価格差で生じた利益が入っている状態になります。一部のアルトコインも、上記の2つの方法でアービトラージを行うことが可能です。

ビットコインのアービトラージのメリット


ビットコインのアービトラージの方法をご紹介しましたが、この取引方法にはどんなメリットがあるのでしょうか。

取引のリスクが低い

これがアービトラージの最大のメリットです。ビットコインの取引価格の値動きが激しいことは先ほど述べましたが、それは通常の取引において、大きなリスクとなります。

きちんと価格が上がるか下がるかを見極めて、購入・売却を判断する必要がありますが、ビットコインの相場は特にその判断が難しいと言われています。そのため、投資を始めたばかりの人は、より損失を出す可能性が高いのです。

しかしアービトラージは、ビットコインを購入してから売却するまでの時間が短く、値動きの影響が小さい取引方法です。価格の上下の予測も必要なく、初心者もリスクを最小限にした上で、利益を上げられる方法と言えるでしょう(ただし、大きな値動きのタイミングでは、数分の間で損失が出る可能性があるので、リスクが全くないわけではありません

すぐに利益が見込める

通常の投資でまとまった利益を出すためには、価格予測のための様々な知識が必要です。チャートの見方やインジケータの種類の把握、ファンダメンタル分析をする為の情報などなど・・・。ほとんどの人は、短期間で相場の状況に対応できる知識を身につけるのは難しいでしょう。

それに対してビットコインのアービトラージは、取引所の価格差を正確に把握し、各取引所の売買の仕方を覚えさえすれば、細かい知識は必要ありません。通常の取引と比べると、非常に短期間で利益が見込める投資方法と言えるでしょう。

相場のトレンドに左右されない

相場の値動きがある状態をトレンドといい、価格が上がっていく相場を「上昇トレンド」、価格が下がっていく相場を「下降トレンド」と言います。

通常の取引では、下降トレンドでもっとも価格が下がるポイントで購入し、上昇トレンドで最も価格が上がったタイミングで売ることで利益を出していきます。(トレンドの半ばでも価格の上下はあるので、上級者の方だとそのタイミングでも売買を行います)逆に言うと、トレンドが発生していない状態では、利益を出すのが難しいと言えます。

アービトラージの場合、取引所間の価格差は常に発生しているので、トレンドの有無に関わらず、利益を狙うことが可能です。

ビットコインのアービトラージのデメリット


ほぼリスクがなく、常に利益を狙っていける取引方法のアービトラージですが、デメリットもあります。

1回の取引の利益が小さい

ビットコインのアービトラージでは、取引所同士の価格差が開いたとしても、そこまで大きな額にはなりません。(大きくて数千~1万円未満です)毎日数千円が稼げればいい、という場合なら問題ありませんが、一回の取引で数十万~数百万の利益を出すことは難しいでしょう。

そのため、まとまった利益を出そうと思ったら、取引の質より量を重視する必要があります。

手数料の影響が大きい

これは通常の仮想通貨取引でも同様ですが、取引所を通して取引する場合、各種手数料がかかります。

仮想通貨取引所の手数料の種類

  • 入出金時の手数料
    取引所に開設した口座に、日本円を入出金する際の手数料です。

    仮想通貨を最初に購入するには、開設した口座に日本円を入金する必要がありますが、その際に銀行側に支払う手数料が発生します(銀行の仕組みによっては発生しないケースもあり)。取引所側の入金手数料はどこも無料ですが、別途有料で即時入金に対応している取引所もあります。

    また、仮想通貨を売却して得た利益を日本円にし銀行の口座に移す場合、取引所側で出金手数料が発生します。取引所ごとに、無料~約750円の金額が設定されています。これも送金する銀行によっては、振込み手数料が別途発生します。

  • 取引時の手数料
    仮想通貨の売買を行った際に、取引所に支払う手数料です。金額は、取引量に応じた割合や、メイカー/テイカー別で決められています。

    メイカー/テイカー別の場合、取引所の板(その時点の希望取引価格が表示されていく表)にない価格を新しく指定して注文するとメイカー手数料が、既にある価格を指定して注文するとテイカー手数料が発生する、と覚えておきましょう。

  • 送金時の手数料
    取引所間で仮想通貨のやり取りをする場合に、発生する手数料です。ビットコインを送金するならビットコインで、アルトコインで送金する場合は該当のアルトコインで、手数料を支払う形になります。

先ほど述べたようにアービトラージは取引の数を重ねることで利益を出していく取引方法なので、通常の取引よりも手数料の影響が大きくなります。発生する手数料分を差し引いた上で、利益が出る価格差を見極めなければなりません。

現物取引に限った場合、上記手数料が全て無料なのはDMMBitcoin、TAOTAOでした(2019年7月時点)。取引所によってはキャンペーンのタイミングで各種手数料が無料の場合もあるので、その点も含め取引の判断ができると理想的ですね。

まとまった資金が必要


ビットコインのアービトラージを始めるには、ある程度の資金が必要です。どの程度の規模で行うかにもよりますが、先ほどご紹介した方法2でアービトラージを行う場合、2ヶ所以上の取引所にそれぞれ「一定金額のビットコイン」と「ビットコインと同額の日本円」を預けなければなりません。

例えば、5つの取引所間の価格差を利用してアービトラージを行う場合、一つの取引所につき50万円分のビットコインで取引するとしたら、50万円分のビットコイン+50万円×5=500万円が必要な計算となります。ご・・・500万円・・・!?

ちょっと極端な例を出してしまいました。もちろん、必ずこれだけの金額を入金しなければならない、という決まりはありません。発生する手数料とのバランスを見つつ、コツコツ取引を繰り返せるのであれば、これより少ない金額からのスタートでも利益を出すのに問題はないでしょう。

アービトラージもリスクが0でない以上、損失が出ても問題ない範囲の資金で投資するのが鉄則です。

拘束される時間が長い

取引所のビットコインの売買価格は、常に変化しています。価格は数分のうちに変わってしまうため、アービトラージを行えるタイミングがいつ来るのか、常に画面を見てチェックする必要があります。

どの程度の利益が目標かにもよりますが、一旦作業に入ったら価格差が開いたタイミングを見逃さないように、パソコンの前に張り付いた状態になります。利益を出すためにまとまった時間を確保しなければならず、仕事の合間などに行うのは難しいでしょう。

 
ここまでご覧になって、「メリットよりデメリットの方が多いじゃないか!(怒)」と思った方もいるかもしれません。ですが、仮想通貨の取引において損失のリスクを抑えられるというのは、何にも代えがたいメリットであり、特に初心者にとって最初に重視するべきポイントだと思います。

また、より効率的にアービトラージを行う方法本記事の最後でご紹介しているので、そちらも参考にしてみてください。

海外の取引所でアービトラージはできる?


仮想通貨の取引所は世界各地にあり、日本の仮想通貨取引所も含め200以上存在しています。取引量が多い取引所としてはBitMax、BitMEX、OKEx、Binanceなどが有名です。

海外の仮想通貨取引所は日本語に対応している取引所もありますが、あまり数は多くありません。また、日本円の取り扱いがないため、本記事でご紹介した方法でアービトラージを、そのまま行うことはできません。

ステーブルコインという、法定通貨とほぼ同じ価値を持った通貨を円の代わりとすることで、アービトラージを行うことができます。

仮想通貨投資の経験者でアービトラージを行ったことがある人は2割!

実際に仮想通貨のアービトラージを行っている人はどのくらいいるのでしょうか。20歳以上のボイスノート会員996人に、アンケートを実施しました。

まず、仮想通貨投資を行ったことがあるかを聞いてみました。

仮想通貨投資を行ったことはありますか?
仮想通貨投資を行ったことはありますか?

「ある」という方が13.4%、「ない」という方が86.6%でした。続いて、「ある」と回答した133人に仮想通貨のアービトラージを行ったことがあるかを聞いてみました。

仮想通貨で、アービトラージ(裁定取引)を行ったことはありますか?
仮想通貨で、アービトラージ(裁定取引)を行ったことはありますか?

「ある」という方が24.1%、「ない」という方が75.9%でした。仮想通貨取引の経験者の中でも、アービトラージの経験者はごく一部と言えそうです。

「ある」と回答した32人に、アービトラージに使う取引所をいくつ登録したかを聞いてみました。

仮想通貨のアービトラージに使う取引所はいくつ登録しましたか?
仮想通貨のアービトラージに使う取引所はいくつ登録しましたか?

「2つ」という方が65.6%でした。必要最低限の取引所の登録でアービトラージを行う人が多いようですね。

仮想通貨のアービトラージは、市場に価格差が生じている今がチャンスです。そして、アービトラージは各取引所で価格差が最も大きい組み合わせを選んで売買するのが、利益を出す近道です。

これから仮想通貨のアービトラージを行うなら、可能な限り取引所に口座を開設した上で、挑戦することをおすすめします!

ビットコインのアービトラージはarbitco(アビトコ)で!

アービトラージについてさまざまな面からご紹介しましたが、アービトラージに興味が湧いても常に画面に貼りつくような時間は取れないよ、という方もいるかもしれません。そんな方におすすめなのが、今回共同調査を行った合同会社スプラウトヘッドが提供するツール「arbitco(アビトコ)」です。

arbitco(アビトコ) 公式ページは
こちら

今回ご紹介したビットコインのアービトラージを【全自動】で行ってくれます。初めて投資を行うという方も判断をプログラムに任せることで、よりリスクを抑えた投資を行うことができます。

さらにarbitcoは自動で24時間取引することが可能!つまり手動よりも多くの取引機会を得ることができ、一日中画面に貼りつかないと利益が出せない、価格差が最も開いたタイミングを逃してしまう、ということがありません。アービトラージの手間に感じる部分も、しっかりカバーしてくれるツールです。

月利は1%-6%、年利は12%-36%が見込め、下記取引所に対応しています。

  • ビットバンク
  • ビットフライヤー
  • BTCBOX
  • Coincheck
  • Liquid
  • Zaif

ビットコインのアービトラージをやりたいけど時間がない、とあきらめていたならまずはarbitco(アビトコ)を使ってみてはいかがでしょうか?

仮想通貨投資に関するアンケート
対象条件:20歳以上のボイスノート会員
有効回答者:996人
(調査日:2019/7/25~2019/7/26)