【いよいよ観戦チケットの抽選申込受付開始!】2020東京オリンピック、観に行きますか?

一時は60万人待ち!?観戦チケットの受付開始!

来年にせまった東京オリンピック。その観戦チケットの抽選販売が、5月9日の午前10時よりいよいよ開始となりました。

申し込みを受け付ける公式販売サイトではアクセスが殺到し、一時は“60万人待ち”と表示されるなどして、申し込むことがなかなかできなかった様子。大会組織委員会は後に、「“60万人”は累計の数字であり、正しくは18万人だった」という旨の発表をしていますが、それでもとんでもない待機人数には違いありません

抽選申し込みは5月28日まで可能で、当選する確率は申し込みの早さとは無関係とのことなので、アクセスできないうちは、一旦諦めて、日を改めて申し込むのが良さそうです。

記念すべき自国開催、生で観る?家で観る?

世界的なスポーツの祭典であるオリンピックが自国で開催されるのは、人生においてそう何度も経験できるものではありません。めったにない機会ですので、できることなら生で観たい! しかし現実問題、仕事を休めない、開催地までが遠い、チケット代が高すぎて買えない、などなど問題も多く、自国開催だからといって、生で観るのは簡単ではなさそうです。

さて、そんな東京オリンピックですが、現時点でどのくらい関心があるのか調査してみました。

2020年の東京オリンピックを観たいと思いますか?

  • 1,498
  • 開催期間:2019年5月9日~5月10日

「会場に行って直接観たい」は16.9%「テレビなどで観たい」は51.7%で、合わせて約7割の方は関心があるという結果となりました。一方で約3割は「特に関心はない」と回答しました。自国開催とはいえ、関心がないものはないということですね。

最も観たい競技、一位はあの花形スポーツ

オリンピックを「観たい」と回答した1026人に、最も観たい競技を聞いてみました。実施が決定した33競技から選んでもらった結果、上位10競技はこのようになりました。

参考:競技|東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の公式ウェブサイト

最も楽しみにしている競技はどれですか?

楽しみにされている競技一位は「陸上競技」で18.6%でした。楽しみな理由も併せて答えていただいているのですが、「陸上競技は花形だから」という回答が目立ちました。「オリンピックといえば陸上競技」というイメージを持っている方は少なくないようです。また近年、100mなど短距離走で世界レベルの日本人選手が多くなってきたことも、楽しみの理由として多くありました。

二位以降の競技も同様に、いずれも日本人選手が世界レベルで活躍している競技でした。「メダルを期待できるから楽しみ」という方が多かったことからも、メダル獲得の瞬間を目撃することがオリンピックの楽しみ方の一つと言えそうですね。

東京オリンピックまであと一年

少し前まで“近未来”ぐらい先のことだと思っていた東京オリンピックも、もう来年のこととなりました。オリンピックでは、歴史に残る伝説が毎回と言って良いほど生まれています。

そんなオリンピックが自国開催されるのは、人生に二度はないことと言っても過言ではありません(55年前にも開催されていますが、次はいつ開催されるのかわかりません!)。楽しみな人もそうでない人も、東京オリンピックの成功と選手たちの活躍を祈りましょう

東京オリンピックについてのアンケート
対象条件:ボイスノート会員
有効回答者:1498人
調査日:2019年5月9日~5月10日

リンクをコピー

本ページのデータを引用する場合は、該当ページへのリンク設置をお願いします