「免許を返納するべき」79.2%!高齢者の運転について聞いてみた

問題視される高齢者運転、みなさんの考えは?

近年、高齢者の運転する車が起こす交通事故が、問題視されています。ニュースなどでは、センターラインを大幅にはみ出したり、明らかに危険なタイミングで進入してきたり、高速道路を逆走している様子を捉えた映像が流れ、それを見た時には戦慄を覚えたものです。

運転する本人には悪意はないどころか、安全運転しているつもりの場合もあるとのことから、認知機能や運動機能が衰える高齢者には、車の運転免許を返納させるべきだとの声も上がっています。しかしその一方で、車がなければ生活に支障を来たしてしまう場合や、認知機能も運動機能も衰えていない高齢者も多く、免許返納を制度化することは難しいと言われています。

そこで、この高齢者の車の運転に関して、みなさんはどう考えているのか聞いてみました。

「返納するべき」が圧倒的多数!

まずはストレートに、高齢者は車の運転免許を返納するべきか、みなさんの考えを聞きました。

高齢者は運転免許を返納するべきだと思いますか?

  • 2,144
  • 開催期間:2019年5月10日~5月14日

高齢者は運転免許を返納するべきだと思いますか?

「思う」が79.2%となり、大半の方が返納すべきだと考えていることがわかりました。

それぞれの回答の理由をいくつか挙げてみます。

    返納するべきだと「思う」理由は?

  • 判断能力、運転能力が落ちてくるから(36歳・男性)
  • 18才からしか取得出来ないのだから返納年齢を決めてもよいと思います。(50歳・女性)
  • 本来、技量をチェックして更新すべきものだから(69歳・男性)

 
 
返納すべきだと「思わない」理由は?

  • 「高齢者」と言う括りで考えるのは間違い(50歳・男性)
  • インフラが整ってないのに、身勝手な考えである(67歳・男性)
  • 意思を尊重(48歳・女性)
  • そのうち自動運転になるから(70歳・男性)
  •  
     
    以上のような回答がありました。

    インフラが整っていない地域に住んでいる高齢者や、能力が衰えていない高齢者まで一括りにするのは良くないという、「返納反対」側の考えも充分に共感できるものでしたが、一方の「返納賛成」側の、免許を取得できる年齢に18歳という“下限”があるのだから“上限”もあるべきという考えも、説得力のある意見ではないでしょうか。

    車の運転をするのには申し分ない判断能力や運動能力があったとしても18歳未満であれば、免許を取得する権利さえないのですから、状況はどうあれ、年齢を基準にして返納が制度化されてもおかしくはないのかもしれません。

    「免許を返納すべき」と思っていても運転をする高齢者

    それでは、「運転免許を返納すべき」と思っている高齢者自身は、車の運転を控えているのでしょうか。65歳以上の方の回答に絞って集計した結果、このようになりました。

    普段、車の運転をしていますか?
    普段、車の運転をしていますか?

    37.3%が「日常的に運転している」と回答しました。「あまり運転しない」と回答した4.1%の方も運転する機会があると考えると、64.4%が運転をしているということがわかりました。

    「高齢者は運転免許を返納すべき」と考えながらも、自身は返納をせず運転を続けている、というこの結果には、少々、いや、かなり不安を感じてしまいました

    今回のアンケートでは、返納すべきだと考えている方の中には、ご自身が既に返納しているという方もいらっしゃいました。返納は義務ではありませんので、車を運転し続けることは自由です。しかし、思い切って免許を返納し、運転をやめることも自由です。

    事故は起きてからでは取り返しがつきません。もし、自分の体が「若いころ」とは違うと思ったなら、生活に支障を来たしてしまうとしても、車の運転は控えていただきたいものです

    運転免許についてのアンケート
    対象条件:ボイスノート会員
    有効回答者:2144人
    調査日:2019年5月10日~5月14日

    リンクをコピー

    本ページのデータを引用する場合は、該当ページへのリンク設置をお願いします