半数が「あるけど使ったことがない」!あなたの地域には「コミュニティバス」はある?

「高齢者は免許返納しろ!」だけで良いの?

ここ最近、痛ましい交通事故のニュースが続いています。中でも、高齢者ドライバーによる運転ミス(と思われる)事故については毎日のように大きく報じられ、さまざまな議論が続いています

ボイスノートマガジンでも高齢者の運転免許についてアンケートを実施したところ、約8割の方が「返納すべきだと思う」と回答しています

参考:「免許を返納するべき」79.2%!高齢者の運転について聞いてみた|ボイスノートマガジン

これらの議論の中で挙がるのが、「代替交通手段はあるのか」という声。上の記事でも触れられていましたが、ほかに移動の手段が無いために止むを得ず運転を続けているという方も少なくないようです。

しかし、公共交通機関の充実していない地域では、自治体が一部費用負担をして運行する「コミュニティバス」というものがあります。実際、筆者の実家のある地域では十数年前から運行されていますし、いろいろなところで通常の乗合バスなどとは異なる仕様のバスを見かけることもあるように思います。

こうしたコミュニティバスは、高齢者の代替交通手段とはならないのでしょうか?
そのあたりの実情を探るべく、ボイスノートの会員の皆さんにコミュニティバスについてアンケートを実施してみました。

※運営形態などによって呼称が変わる場合もありますが、今回の調査・記事中では「地域住民の移動手段を確保するために地方自治体等が実施するバス」を「コミュニティバス」と表現します。

コミュニティバスが走っているかどうか知らない人が25%いた!

  • 1,466
  • 開催期間:2019/5/20~5/22

あなたの住んでいる地域(市区町村)には、地域住民の移動手段を確保するために地方自治体等が実施するいわゆる「コミュニティバス」はありますか?

あなたの住んでいる地域(市区町村)には、地域住民の移動手段を確保するために地方自治体等が実施するいわゆる「コミュニティバス」はありますか?

今回は全国のボイスノート会員に向けてアンケートを実施しました。まずは住んでいる地域に「コミュニティバス」があるかどうかを聞いています。

得られた有効回答1466のうち、「コミュニティバスがある」と回答した方は37.6%、「ない」と回答した方は37.0%とほぼ同数となりましたが、残りの25.4%、4分の1にあたる方が「あるかどうか知らない」と回答しました

「あるかどうか知らない人がこんなにいるのかよ!」と驚きましたが、よくよく考えてみれば筆者も実家の地域でコミュニティバスが走っているのは知っていましたが、いま自分が住んでいる地域にコミュニティバスがあるかどうかは知りませんでした・・(おい)。自分自身は駅まで歩いていける距離だし、バスも充実しているし、そんなこと考えたこともなかったです。

この質問について年代別に集計してみたところ、「あるかどうか知らない」と回答した割合は20代以下が47.2%、30代は33.1%、年代が上がるに連れて割合は減少し、60代になると13.3%、70代以上では12.0%となりました
若い世代ほど「コミュニティバス」についてそもそもあまり関心を持っていないと言えそうです

コミュニティバスが走っているかどうか知らない人が25%いた!

続いては、住んでいる地域にコミュニティバスがあると回答した方に551人に利用頻度について聞きました。

あなた自身はどのくらいコミュニティバスを利用していますか?

あなた自身はどのくらいコミュニティバスを利用していますか?(全体)

「一度も利用したことがない」方が半数を若干超える55.5%となりました
ではこの質問について、ある意味でコミュニティバスの「メインターゲット」とも言える高齢者の方はどのように回答しているのでしょうか。60歳以上の方に絞ってみるとこのような結果になりました。

あなた自身はどのくらいコミュニティバスを利用していますか?

全体での集計よりも微減はしているものの、ほぼ半数の方が「一度も利用したことがない」と回答していました

「当事者」の皆さんからはその理由としてこのような声が挙がりました。一部ご紹介します。

  • 2時間に1本じゃ誰も利用しない。せめて30分に1本以上は運行して欲しい(71歳・男性)
  • 確かにあまり多くの人が乗っていないので仕方がない部分もあるが、もう少し運行地域を広げた方がよいと思う(63歳・男性)
  • 運転免許証返上のきっかけとなりうるだけの便利さに欠けるから(69歳・男性)

コミュニティバスが運行されている地域は、バス路線があったにもかかわらず不採算で廃線となっていたり、もともと路線が設定されなかったりした地域です。どうしても走らせられる本数などに制限が出てきてしまうのは仕方ないことかもしれませんが、そのせいで使い勝手が悪くなってしまっては元も子もありません

「高齢者の運転問題」と密接に関わる(ことになるかもしれない)コミュニティバス事業既に運営されている事業の認知度と利便性の向上をぜひ図っていただきたいと思います

交通手段についてのアンケート
対象条件:ボイスノート会員
有効回答者:1466人
調査日:2019年5月20日~5月22日

リンクをコピー

本ページのデータを引用する場合は、該当ページへのリンク設置をお願いします