【1,000人が選ぶ】東京の結婚式場おすすめランキング【2019】人気のホテルウエディングや費用についても解説!

恋愛

この記事では東京の結婚式場の中でも特におすすめできる評判の結婚式場を、ボイスノート会員1,000人へのアンケート調査から決定したランキングでご紹介します。

ランキング以外にも東京の結婚式場の選び方や結婚式の種類、時期や費用についてをご紹介します。

東京の結婚式場選びにお悩みの方は是非参考にしてみて下さいね。

東京の結婚式場おすすめランキング!

東京の結婚式場といっても、さまざまなタイプの式場が数多く存在します。

最終的には式場に足を運んでみて判断すべきですが、数多くの結婚式場を調べると逆に分からなくなってしまいます。

そのような場合に、多くの人が選ぶ東京の結婚式場おすすめランキングは1つの判断基準になります。

そこで今回はすでに一定数の支持を集めている東京の結婚式場を5つ厳選した上で、ボイスノート会員1,000人へのアンケート調査により、実際に評判の良い東京の結婚式場をランキング形式でご紹介します。

さっそく1位から順番に確認していきましょう!

第1位 インターコンチネンタル東京ベイ

港区台場のベイエリアに位置するシティリゾートホテルは公共交通機関のアクセスが良く、品川駅・浜松町駅からはホテル直行のシャトルバスも利用できます。

ベイエリアにあるホテルだけあり、インターコンチネンタル東京ベイはレインボーブリッジと東京湾の絶景が見渡せるのが最大の特徴です。

それぞれ異なる収容人数と雰囲気、設備を持つ個性的な披露宴会場が揃っているので、二人のイメージする披露宴にピッタリなバンケットを選択できます。

インターコンチネンタル東京ベイは、個性豊かで選択肢豊富なバンケットルームやドレス、ロケーションを重視する人におすすめの結婚式場といえるでしょう。

注目ポイントPoint.8タイプから選べる絶景を望めるバンケットルーム

おすすめポイントPoint1.贅沢素材を使った料理を組み合わせて作るオリジナルコース

Point2.トータルコーディネートが叶うサロン

インターコンチネンタル東京ベイの基本情報

住所〒105-8576
東京都港区海岸1丁目16番2号
駐車場172台
電話03-5404-2222


インターコンチネンタル東京ベイの詳細情報

【選べる8タイプのバンケットルーム】

すべてのバンケットから東京湾のパノラミックな絶景を見渡すことができるのが特徴です。

小規模なものから大規模なものまでそれぞれに特徴を備えており、希望に合わせて会場を選べるでしょう。

【贅沢素材のオリジナルコース】

インターコンチネンタル東京ベイでは、フランス料理、和風仏蘭西料理、日本料理の3種類のコースからなる一流の技で作られた個性的なメニューが特徴です。

一流の技で作り上げられたコースは、すべて厳選素材を最上の状態でいただけるサービスで、おもてなしの心を大切にしています。

【併設サロンでトータルコーディネート】

併設されたラインナップ豊富なドレスサロン「DESTINY Line」では、ドレスやタキシード、和装に至るまで幅広く取り揃えています。

取り扱いブランドは、ジル・スチュアートやアルベルタ・フェレッティ、アンテプリマなど、世界各国の人気ブランドから厳選したドレスを選べます。

インターコンチネンタル東京ベイを見てみる

第2位 八芳園

「八芳園」ではチャペル、神前式、人前式の3種類の挙式を挙げることができます。

披露宴会場は計15種類あり、豊富なスタイルを選べるのも、八芳園の特徴といえるでしょう。

八芳園では結婚式当日に利用できる特別特典「トータルビューティープロデュース」でお色直し衣装でのトータルメイクリハーサルやプロカメラマンによる撮影などを受けられます。

イメージ通りの披露宴ですべてのゲストに最高のおもてなしをしたい時には、こちらの八芳園がおすすめです。

注目ポイントPoint.15種類の異なるスタイルの会場からピッタリなものを選べる

おすすめポイントPoint1.二人だけのメニューを提供!重箱入りの料理も用意

Point2.トータルメイクリハーサルが行える特別特典を用意

八芳園の基本情報

住所〒108-8631
東京都港区白金台1-1-1
駐車場200台
電話03-3443-3111


八芳園の詳細情報

【豊富な披露宴会場】

異なるスタイルごとに複数の会場が用意されており、4つのスタイルの中からそれぞれ選べます。スタイルごとのさらに細かく会場が用意されており、その合計は15種類にもなります。

上質で落ち着いた雰囲気には「Luxury」スタイルを、二人だけの貸切感を求めるなら「Private」スタイル、日常から離れたリゾート感が欲しければ「Resort」スタイル、自分たちだけの個性的な披露宴を演出したいなら「Original」スタイルをそれぞれ選ぶといいでしょう。

【二人だけのオリジナルメニューを提供】

八芳園では二人の出身地をモチーフにした料理や、思い出のエピソードを反映させたメニューを用意してくれます。

ここでしか味わえない料理の数々は、花嫁道具を作る職人によって作られた重箱に入れられて提供されるという手の込みようです。

【トータルメイクリハーサルで当日も安心】

八芳園では「トータルビューティープロデュース」という特典を利用できます。

お色直し衣装の貸し出しのほか、衣装を着用してのトータルメイクリハーサル、プロカメラマンによる撮影が含まれたサービスを提供しています。

併設の「資生堂ビューティーサロン」でヘアメイクのカウンセリングや和装のかつらやかんざしの試着ができるのもうれしいサービスです。

八芳園を見てみる

第3位 パレスホテル東京

東京駅・大手町駅からアクセス至便な丸の内にあり、5つ星評価を得ているのがパレスホテル東京です。

都内の中心地にありながら緑に囲まれており、チャペルや披露宴会場でも、そんな四季折々に表情を変える自然を楽しむことができます。

挙式会場はチャペルまたは神殿、披露宴会場は5種類から選ぶこともできるので、希望通りの結婚式にすることも可能です。

挙式後も、結婚記念日や誕生日のお祝いでの利用で特典を受けられる会員制度が利用できるので、いつまでも思い出に残る結婚式が挙げられます。

おすすめポイントPoint1.チャペルと神殿での挙式が可能!日本の中心で結婚式を挙げられる

Point2.伝統メニューや旬の味が味わえるこだわりのコース料理

パレスホテル東京の基本情報

住所〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-1-1
駐車場350台
電話03-5208-5071


パレスホテル東京の詳細情報

【荘厳なチャペルと神殿】

チャペルでは、祭壇の向こう側に広がる東京の中心とは思えない美しい緑のパノラマを背景として、セレモニーが行われます。

神殿には出雲大社の御霊が祀られており、「天地創造」を表現した絵が天井に描かれています。

日本の伝統美を表現する厳かな場にモダンな雰囲気が調和した、格調高い神殿です。

【塩と調理法、食材にもこだわった料理】

パレスホテル東京では塩と調理法、食材に至るまでこだわり抜いた料理を提供しています。

国内外から厳選した7種類の天然塩を素材や調理法によって絶妙に使い分け、究極の旨味を生み出しています。

また、調理は式と並行して行われており、式の進行状況に合わせて最適なタイミングで最高の料理を提供できるように配慮しています。

パレスホテル東京を見てみる

第4位 ザ ランドマークスクエア トーキョー

品川区にある「ザ ランドマークスクエア トーキョー」をご紹介します。

品川駅から徒歩1分という、新幹線や飛行機で訪れるゲストにもアクセスしやすい場所にあります。

ザ ランドマークスクエア トーキョーは、全6種類の規模やコンセプトの異なる披露宴会場から選べる魅力があります。

高層階から東京タワーを一望できるバンケットルーム。ゲストの数や雰囲気などに合わせて、最適な会場を選択できるでしょう。

披露宴では、素材や調理法、盛り付けにまでこだわりつつ、ヘルシーな「モダンインターナショナルキュイジーヌ」を提供しています。

各国調理法のいいところを取り入れた料理は、舌だけではなく目でも楽しめる究極のメニューとなっています。

おすすめポイントPoint1.コンセプトの異なる6種類の会場

Point2.ドレスも和装も最適な一着を選べる!フラワーコーディネートも

ザ ランドマークスクエア トーキョーの基本情報

住所〒108-0074
東京都港区高輪3-13-3シナガワグース内
駐車場280台
電話03-6408-5225


ザ ランドマークスクエア トーキョーの詳細情報

【6種類の魅力的な披露宴会場】
ザ ランドマークスクエア トーキョーでは、異なるコンセプトと規模を持つ6種類の披露宴会場が用意されています。

最少18名から最大182名まで収容できるそれぞれの会場では、すべて窓が大きい作りになっており、とても開放感があります。

二人の希望や披露宴の規模、雰囲気に合わせて、イメージに近い会場を選ぶことができるでしょう。

【花嫁を際立たせるドレスと和装、フラワーコーディネート】

一生に一度の結婚式で着るドレスは、じっくり選びたいものです。ザ ランドマークスクエア トーキョーでは、世界中から厳選された最旬のブランドドレスが揃っています。

ドレス選びは、プロのドレスコーディネーターがお手伝いしてくれるので、花嫁のイメージにピッタリの一着が見つかります。

神前式を行う場合、または披露宴で着物を着たい場合でも、和装にも対応しています。

また、ランドマークスクエア東京では、センスや知識、経験をすべて兼ね備えた、メディアでも取り上げられているプロフェッショナルフラワーコーディネーター集団「サンジョルディフラワーズ ザ・デコレーター」がフラワーコーディネートを担当しています。

二人のイメージや個性、そして会場の雰囲気に合わせたコーディネートができるのは、ランドマークスクエア東京を知り尽くしているからこそでしょう。

ザ ランドマークスクエア トーキョーを見てみる

第5位 THE PLACE of TOKYO(ザ プレイス オブ トウキョウ)

港区にある「THE PLACE of TOKYO(ザ プレイス オブ トウキョウ)」は東京タワーがすぐ目の前にそびえているという絶好のロケーションにあり、遠方から出席するゲストにもアクセスしやすい立地にあります。

この好立地は、チャペルから東京タワーの絶景を望めるため、印象的な結婚式を演出できるでしょう。

他にも、ゲストがアクセスしやすいという点だけでなく、緑豊かな周辺環境もポイントです。

結婚式場の雰囲気や設備、料理などのほかに、「おもてなし」を重視しているため、満足のいく結婚式を挙げることができるでしょう。

おすすめポイントPoint1.東京タワーを間近に望む絶好のロケーション!3種類から選べる披露宴会場も魅力的

Point2.結婚式後、いつでも帰って来られる場所を用意

THE PLACE of TOKYOの基本情報

住所〒105-0011
東京都港区芝公園3丁目5-4
駐車場専用駐車場はなし
東京タワー地下駐車場150台
電話03-5733-6788


THE PLACE of TOKYOの詳細情報

【コンセプトの異なる会場を3種類から選べる】

和モダンをコンセプトにした「THE TOWER ROOM」、邸宅のようなアットホームさの「THE TOWER ROOM」、白を基調とした絢爛な「THE GRAND ROOM」の3種類の会場から選ぶことができます。

会場はそれぞれ別フロアにあるので、他のカップルやゲストと顔を合わせる心配もありません。

【二人の思い出の場所をいつまでも】

間違いなく結婚式場は一生に一度の記念の場所になるでしょう。

THE PLACE of TOKYOで挙式を挙げたカップルがいつでも帰ってこれる場所として、併設する会員制スカイバー「tomori TOKYO」の永久会員になることができます。

また、レストラン「TANGO」もいつでも利用できるので、記念日や誕生日など、何年経っても訪れることができる特別な場所になるでしょう。

THE PLACE of TOKYOを見てみる

ランキングの根拠となったアンケート結果をグラフで紹介!

東京の結婚式場おすすめランキングの結果はいかがだったでしょうか?ランキング第1位となったのはインターコンチネンタル東京ベイでした!

ここではランキング結果の根拠となったアンケート調査の結果をグラフで確認してみましょう。

最も利用したい東京の結婚式場は?

第1位インターコンチネンタル東京ベイ

第1位であるインターコンチネンタル東京ベイは1,000人中258人(約25.8%)が支持しています。
東京湾が見渡せる絶景と豊富なプラン、手厚いサービスが人気につながったようです。

第2位八芳園

第2位である八芳園は1,000人中230人(約23.0%)が支持しています。
選べる豊富な結婚式スタイルとありがたい特典の数々が、多くの人を魅了しているようです。

第3位パレスホテル東京

第3位であるパレスホテル東京は1,000人中228人(約22.8%)が支持しています。

アクセスの良さと5つ星ホテルの信頼性、美味しい料理を提供している点が好まれているのだと思われます。

今回ご紹介した東京の結婚式場のおすすめランキングはあくまでアンケート調査に基づいたものであるため、必ずしも上位があなたにとって最適であるとは限りません。

しかし、東京の結婚式場選びに悩んでしまっている人にとって、おすすめランキングは1つの判断基準になります。

様々な要素を比較しながらも、自分にとって最適である東京の結婚式場をぜひ見つけてくださいね!

結婚式場の選び方!注意点も解説!

結婚式場を選ぶにあたっては、挙式費用だけでなく、予約の取り方や結婚式の演出の内容、料理のメニューなどにこだわることが重要です。

また、契約後に後悔をしないために、担当のプランナーから挙式に際しての注意点について話を聞いておきましょう。

式場ごとのトータル的な費用を把握しよう

結婚式の費用の内訳としては、会場使用料や料理代金、仲介手数料など様々なものがあります。

式場によってはウェディングドレスをレンタルしたり、結婚指輪を手配したりする際に、別料金が発生することもあり、前もって担当のプランナーと相談をしながら、トータルの費用について調べておきましょう。

最近では、明朗会計の料金システムが導入されている式場も増えており、基本プランに申し込むことで大半のサービスを利用できるようになっています。

また、迷ったときは、公式サイトから挙式費用のシミュレーションを行ったり、他のカップルの体験談をチェックしたりすることがおすすめです。

なお、料理の種類を充実させたり、広い会場を利用したりする際には、高額な費用になりやすいです。

そのため余裕を持って資金計画を立てることがポイントです。

ここに注意・オプションサービスを利用すると別料金がかかることもある
・内容を充実させようとするとその分費用がかさむ

シーズンや曜日によって挙式費用に大きな差が出る

挙式費用は、式場の運営方針やプランの種類にもよりますが、シーズンごとに大きな差が出ることがあります。

春や秋の土日祝日だと、挙式費用が高額になる傾向が見られるため、人気の式場は早いうちから調べ始めることが大切です。

最近は小規模ウェディングを希望するカップルも増えており、低価格のプランを導入して若年層のカップル獲得を目指すところも目立っています。

ハイシーズンに挙式をする場合でも、ゲストの人数を最小限に抑えたり、料理や演出の内容をシンプルにしたりすることで、低予算に抑えることもできます。

オフシーズンの平日でも豪華な設備をリーズナブルに利用できるプランを用意している式場もあります。費用を節約したいカップルには魅力的でしょう。

ここに注意・繁忙時期は高額になりがち
・費用を抑える方法はいくつかある

メディアで話題の式場は予約の時期に気を付けよう

女性誌やテレビ番組などで取り上げられることの多い式場は、一年中予約が取れないことも珍しくありません。

大型連休や土日祝日などのスケジュールは、数か月先まで埋まっているところもあります。気になる式場があれば、すぐに問い合わせをすることがポイントです。

より良い条件で人気の式場の予約を取るために、ブライダルフェアなどのイベントを利用して、各地の式場の設備や得意とするサービスの特徴を見極めることが大事です。

また、大手の式場の中には、スマホやパソコンを使って仮予約ができるところや、見学会に申し込めるところもあります。

その他、予約を取るタイミングによって挙式費用が異なったりプランに変更が出たりすることもあります。

少なくとも一年以上前から式場選びをはじめることが成功のカギとなります。

ここに注意・連休や土日はどの式場も予約が取りにくい
・式場探しは早めにはじめたほうがいい

結婚式の種類を紹介!こだわりのポイントも解説!

東京の周辺には実に様々なタイプの結婚式場がありますが、理想的な挙式や披露宴を計画するにあたり、式場の選び方についてじっくりと時間を掛けることが大切です。

特に、スムーズに契約先を探したい場合には、プランの種類や料金体系、ロケーションなどに注目してみることがオススメです。

質の高いサービスを受けられるホテルウェディング

ホテルウェディングは、都内の高級ホテルの会場を貸し切ることができ、挙式のプランニングから当日まで担当のスタッフの手厚いサポートを受けることができます。

挙式の実績のあるホテルの強みを把握するために、日ごろから各地のホテルの公式サイトや実際に挙式を行ったカップルの体験談を参考にするとよいでしょう。

なお、ホテルによっては式場選びをしているカップルを対象に、模擬挙式などのサービスを行っているところもあり、当日の流れや会場の雰囲気などを直に体験することも可能です。

ここが特徴★主要駅近くでアクセスがいい
★宿泊施設が併設していて便利
★メディアに取り上げられるような一流シェフが在籍していることもある

専門式場を使った定番のウェディングの魅力

専門式場にはウェディングプランナーや経験豊富なスタッフが揃っており、予算の範囲内で衣装や料理、演出にこだわることができます。

また、結婚指輪やウェディングドレスの手配をしてくれる式場も増えており、結婚式までに十分な時間が確保できなくても、安心して準備することができます。

大手の式場では、週末を中心にブライダルフェアというイベントが開催されており、式場内の見学ができます。

また、披露宴の際の料理の試食やドレスの試着などができる場合もあり、挙式のイメージを膨らませたいカップルにオススメです。

専門式場で挙式を行う場合には、一般的に三百万円から四百万円ほどの費用が掛かります。

衣装や料理の種類、ゲストの人数などにより金額が大きく上下することがあるため、早い時期に見積もりを出してもらいましょう。

オフシーズンを中心とした挙式の割引キャンペーンを実施している場合もあり、季節や日取りにこだわりがなければ、挙式費用を最小限に抑えることも可能です。

ここが特徴★衣装や料理、演出にこだわれる
★時間がなければすべての準備を任せることもできる
★オフシーズンには割引あり

ゲストハウスを使ったオリジナルのウェディング

ゲストハウスを利用する場合は、ホテルや専門式場と比べて費用が高くなりやすいものの、オリジナルのプランを選びやすいという大きなメリットがあります。

ウェディングのための料理のケータリングやウェディングドレスのレンタルを行っているところもあり、予算や希望に合ったプランを選ぶこともできます。

郊外にあるゲストハウスを式場に選ぶ場合には、ゲストの人数に応じて送迎バスやタクシーなどを手配したり、駐車場を確保したりすることが重要となります。

自然豊かな地域では、オンシーズンに予約が埋まることが多く、なるべく一年以上前から打ち合わせを始めることがおすすめです。

若年層に人気のゲストハウスでの挙式は、情報誌などで度々特集が組まれることもあるので、あらかじめ立地や料金の相場、サービスの内容をチェックしておくと良いでしょう。

ここが特徴★プランの自由度が高い
★予算や希望があっても柔軟に対応できる
★若年層に人気

結婚式の費用は時期によって変わる?費用を抑えるポイントを解説!

結婚式の費用は時期によって変わる?お金をかけるべきポイントも解説!

東京都内で結婚式を行いたいと考えると、場所や内容によっても費用は違ってきます。

同じ結婚式場の同じプランであっても時期が違うだけで価格差が出ることがあります。

そのため予算や希望を考えて時期を選ぶ必要があるでしょう。

春夏シーズンで考えているのなら

屋外での結婚式となると天候に左右されます。

屋内だとしても、会場までの行き帰りは天候の影響を受けます。

そのため、ゲストの移動を考えると、気候が安定した温暖なシーズンが人気なのです。

また、結婚式場でも春先のように暖かい時期ほど、費用を高めに設定していることが多くなっています。

春夏の挙式を考えていて費用を抑えたいのであれば、4月や5月よりも暑い日が続く7月や8月を選ぶといいでしょう。

また、ジューンブライドと言われるように6月の花嫁は幸せになると言われており、6月中に結婚式を行いたいと考えている人も多くいるでしょう。

しかし、東京の6月は梅雨まっただ中で、台風の時期でもあります。

1年で最も天気が安定しない時期なので、6月を避ける人も多くいます。

そのため、6月は意外と空きがあって費用を安く設定している式場もあります。

秋冬シーズンで考えているのなら

秋から冬の過ごしやすい時期は、気候も安定しているので予約が集中する傾向があります。

東京でも晴れの日が多いので、チャペルウェディングでライスシャワーなど、屋外の催しを行うには適しているシーズンでもあります。

また、庭園のある和式の結婚式場なら庭木が紅葉する時期なので、秋ならではの景色を堪能することができます。

最も人気がある秋のシーズンは、価格設定が高くても早期に予約が埋まってしまいます。

一方、冬になると東京でも寒い日が続いて雪が降るため、1年で最も人気がないシーズンとなります。

しかし、せっかくの設備を遊ばせておくにはもったいないので、低価格のプランの結婚式を用意している場合も多くあります。

12月であればクリスマスの時期なので、この時期にしかできない演出を楽しむこともできるでしょう。

時間帯や六曜次第では安いこともある

時期によっては費用が高く設定されていることもありますが、時間帯や六曜で考えてみると安いこともあります。

結婚式では、親戚や友人、恩師など、多くの人がさまざまな場所から集まることになります。

結婚相手の地元が遠ければ、遠方にいる人を招待して来てもらうということもあるでしょう。

日帰りができないほど遠い場所となると、結婚式場近くで一泊してもらう必要も出てきます。

しかし、時間帯が早ければ日帰りが可能なケースもあります。

一般的には昼に式をスタートさせたいと思う人が多く、人気の時間帯となります。

そのため、一日の中でも朝一番やその日の最後の時間帯は安めに設定されていることがあります。

また、六曜で考えると、結婚式というおめでたいイベントは大安にしたいという人がほとんどです。

そのため、仏滅など一般的にはあまり選ばれないような六曜の日は安くなるのでねらい目です。

他にも、式は土日祝日に集中することが多いため、そのぶん平日だと安くなります。

・梅雨の時期は空いている可能性が高い
・真冬の寒い時期は費用が安くなる傾向がある
・早朝や夜遅く、平日などは費用が安く設定されている
東京の結婚式場に関するアンケート
対象条件:ボイスノート会員
有効回答者:1,000人
(調査日:2019/7/31)

編集部員T2編集部員T2金曜日の夜からが真の一週間の始まりと思っている。ライティングを極めたくてこの会社に入ったので、いろいろな記事が見れて毎日楽しい。