【825人が選ぶ】イヤーマフおすすめ人気ランキング【2021】イヤーマフの防音効果や選び方を紹介

生活

「大きな音でストレスを感じる」

「工事の音を軽減したい」

「外がうるさくて勉強に集中できない」

このような悩みを解決してくれるのが、大きな音や気になる騒音をシャットアウトしてくれる「イヤーマフ」。

聴覚過敏の人や、工事現場や工具などを使用する作業を行っている人の耳を守ってくれる役割があります。

しかし、防音性能や異なったり様々なタイプのイヤーマフが販売されていてどれを選んだらいいのか分かりませんよね。

この記事ではイヤーマフの中でも特におすすめできるイヤーマフを、ボイスノート会員825人へのアンケート調査から決定したランキングでご紹介!

ランキング以外にもイヤーマフの効果や選ぶ時のポイントなども解説します。

すぐにおすすめのイヤーマフを知りたい方は「05❘イヤーマフおすすめランキング」からご覧ください。

おすすめのイヤーマフ一覧

今回、人気ランキングに登場するおすすめのイヤーマフはこちら。


JVC EP-EM70

3M Peltor X5A

Awesafe 防音イヤーマフ

AVANTEK 防音イヤーマフ

HOWARD LEIGHT イヤーマフ

MPOW 防音イヤーマフ
Fnova 防音イヤーマフ
EZARC 防音イヤーマフ

MOLDEX MX-6

3M PELTOR ネックバンド式 H6B/V

今すぐイヤーマフのランキングを見る▼

イヤーマフとは?効果も紹介!

イヤーマフは、勉強に集中したい時や、工事現場などの騒音などの軽減してくれるアイテムです。

大人から子供まで使えるイヤーマフは、日常使いから仕事用として使うことができます。

使い方は様々ですが、イヤーマフにはどのような効果があるのかを紹介したいと思います。

周囲の騒音をシャットアウト

イヤーマフには防音効果があります。

日常生活の活用としては図書館や勉強をしている時、人の話し声や物音が気になって集中できない場合があります。

そんな時にイヤーマフを使うことで、些細な気になる騒音と感じる音をシャットアウトしてくれます。

周りの騒音を気にせずに目の前の作業に集中したい時などに、活躍してくれます。

他にも、花火の音や飛行機に乗る時などの騒音も軽減してくれる効果があります。

聴覚過敏症状を軽減

普段、人が聞いているささいな音を聴覚過敏の人の場合は、大きく聞こえて不快に思ったり苦痛に感じてしまいます。

何気ない音も耳に響いたりイライラしたりする症状が現れます。

イヤーマフは、大人から子供まで使えるものですが、小さい子供が聴覚過敏で不安になってしまったり物事に集中できないということもあります。

聴覚過敏の人にとって日常の音が騒音として辛い思いをして、生活しづらいのを助けてくれるのがイヤーマフです。

イヤーマフは、聴覚過敏である人の耳と心を守ってくれる効果もあります。

工事現場などの大きな音から耳を守る

工事現場で働いしている人にとって、イヤーマフは必需品でもあります。

大きな音を近くで聞いていることは不快感を覚え、長時間作業をしている場合、耳に大きな負担を与えます。

イヤーマフは、作業場で機械を使ったりしている時の大きな音から耳を守ってくれる効果があります。

また、射撃の練習をする時などの大きな音を軽減するために活用する場合もあります。

イヤーマフがあることによって作業効率を上げてくれるので、現場仕事をしている人にとっては便利なアイテムです。

まとめ
  • 普段の生活音を軽減・解放される
  • 些細な音もシャットアウトして集中できる
  • 聴覚過敏症状の人の耳と心を守ってくれる
  • 工事現場などの騒音で耳に負担を与えない

イヤーマフのランキングを見る▼

イヤーマフのおすすめの使い方!

イヤーマフは防音効果があり、様々な雑音かをカットして快適な状態で過ごすことができるアイテムです。

しかし、どのような使い方をしていいか、よく知らない人も多いのではないでしょうか。

イヤーマフは、シーンによっていろんな使い方ができるんです。

ライブ・フェスのイベント時

ライブやフェスの会場は、音楽の音が大音量で盛り上がれる楽しい場所ではありますが、その音が不快に感じてしまう人もいます。

例えば、子供と一緒にライブ行きたいけど大きな音を子供が嫌がってしまう、という時にイヤーマフを着けてあげることで一緒に楽しむことができます。

最近では、イヤーマフを用意してくれている会場もあったり、子供が着けているのを見かけることも増えてきましたよね。

子供だけでなく、大人の人でも大きな音は苦手だけどライブやフェスに行きたい場合も、イヤーマフが耳を守ってくれます。

DIYなどの作業している時

最近では、自分で家具を作ったり物を作るDIYにハマっている人も多いですよね。

DIYをする時に本格的な工具を使用したり大きな音が出る機械を使う時にも、イヤーマフは活躍してくれます。

ドライバーやジグソーなどを使用している時の音は、割と大きな音なので耳に負担がかかります。

イヤーマフを使うことによって集中して作業中を行うこともできますし、苦手な音をシャットアウトすることができます。

安心して睡眠したい時

よく睡眠時に耳栓を必ずしないと眠れない、必需品だ、という人がいます。

イヤーマフは遮音性が高いので、小さい音が気になって眠りが浅い、眠りに入りにくいなどの時にも活用できます。

また、近所の家が工事をしていてその音がうるさくて眠れない、という時にもおすすめです。

音やそういった外の騒音が耳に響いて安心して眠れない場合、イヤーマフを使うことによって妨げられることがなく安眠することができます。

まとめ
  • ライブやフェスの大音量も軽減
  • 機械工具を使用している時に活躍
  • 近所の工事の音もシャットアウトして安眠できる
  • うるさい・苦手な音をカット

イヤーマフのランキングを見る▼

イヤーマフの選び方

イヤーマフの使い道は人それぞれで、仕事や現場で使いたい、普段使いがしたい、など様々です。

たくさん種類があるので、どのイヤーマフを選べばいいのか迷ってしまうかと思います。

そこで、イヤーマフを選ぶポイントをいくつか紹介したいと思います。

遮音性の高さ

イヤーマフには、NRR(ノイズ・リダクション・レイティング)という遮音性能を表す数値があります。

NRRの数値が高いと遮音性能も高いということになります。

イヤーマフを選ぶ際は「30dB」前後の数値のものを選ぶことで、騒音を抑えることが可能です。

防音効果が高すぎると、生活しているうえでの危険な音が聞こえなくなってしまうので、必要な音が聞こえる程度のdB値のイヤーマフを選ぶと良いでしょう。

重量をチェック

イヤーマフは、メーカーによって重さが異なってきます。

中には軽量でコンパクトで使いやすいタイプもあります。

イヤーマフの平均的な重さは200~300gが多く、重いものだと長時間着けている際に疲れてしまったりフィット感に違和感を感じてきてしまう場合も。

なので、イヤーマフを選ぶ時は、そのイヤーマフがどのくらいの重さなのかもチェックしておきましょう。

フィット感・サイズ

イヤーマフは、大人から子供サイズまで取り揃えています。

長期的に使うことを考えると、フィット感は大事になってきます。

自分に合っていないイヤーマフを着けていると、遮音性能を発揮できず、騒音をしっかりシャットアウトすることが難しくなってしまいます。

頭の大きさは人によって違うので、大人用なのか子供用なのかも見ておきましょう。

デザインや見た目

イヤーマフにもシンプルなものからおしゃれなデザインのものまで種類がたくさんあります。

使う用途によってデザインを決めるのも良いでしょう。

ヘッドホン機能が付いているイヤーマフや、防寒対策ができるもの、持ち運びがしやすい折り畳み式なのか、など。

カフェで使いたい場合やファッションに合わせやすいデザイン、そして機能性も充実しているイヤーマフを選びましょう。

イヤーマフの形状

イヤーマフには「ヘッドバンド式」「ネックバンド式」があります。

ヘッドバンド式はヘッドホンのような見た目で、しっかり頭にバンドが固定されてフィット感もあります。

ネックバンド式は首の後ろにバンドがくる作りで、ヘルメットや帽子をかぶる際に邪魔にならないタイプです。

ヘッドバンド式はフィット感を大事にしている人におすすめで、ネックバンド式は締め付け感や髪の崩れや帽子を被ることが多い人におすすめです。

まとめ
  • 遮音値が「30dB」前後のものを選ぶ
  • 200~300gくらいの重さで選ぶ
  • 大人サイズor子供サイズかチェック
  • 使うシーンによってデザインを選ぶ
  • 「ヘッドバンド式」「ネックバンド式」かチェック

イヤーマフおすすめランキング!

イヤーマフは大手から中小まで様々なメーカーが対応しているため、比較を始めた人はイヤーマフの多さに驚くと思います。

1つずつ丁寧に情報収集しても良いのですが、種類や価格など比較ポイントは数多くあり、調べれば調べるほど混乱する人も多いです。

すでに頭が混乱している人や、調べて比較することが面倒だと感じる人は、イヤーマフの人気ランキングを確認してみてはいかがでしょうか?

人気があるイヤーマフは多くの人にとって外れが少ないものです。

自分なりに比較したいのであれば、上位を比較する事で調べる時間を削減する事が出来ます。

今回は、すでに一定の支持を集めている10個のイヤーマフについて、ボイスノート会員825人へのアンケート調査から人気ランキングを作成しました!

イヤーマフの比較表を見る▼

第1位 JVC EP-EM70

第1位のJVC EP-EM70は825人中219人(約26.5%)が支持しています。

JVC EP-EM70は、遮音性が高く高音域から低音域など外部の騒音から聴覚を守り、ヘッドホンのようなデザイン性もあるイヤーマフです。

おすすめポイントPoint1.高い遮音性

Point2.おしゃれなヘッドホンデザイン

Point3.長時間着けてても痛くなりにくい

JVC EP-EM70の基本情報

価格 6,050円(税込)
遮音値 23~31dB(ANSI S12.6規格)/19dB(ANSI S3.19規格)
重量 273g
形状 ヘッドバンド式
サイズ 21x16x9.4cm
こんな人におすすめ
  • 高い遮音性のイヤーマフが欲しい人
  • ヘッドホンデザインのイヤーマフが欲しい人
  • 痛くなりにくいものがいい人

JVC EP-EM70の詳細情報

・高い遮音性

外の音をシャットアウトしたい場合は、防音機能が高い方が良いです。

JVC EP-EM70は、高音域から低音域までの音を遮音してくれます。

騒音や大きな音が聞こえる場所から耳を守ってくれる他、勉強や作業に集中したい時などにも活躍してくれます。

・おしゃれなヘッドホンデザイン

イヤーマフは、防音具、おしゃれなイメージがない、という印象を持たれている方も多いと思います。

JVC EP-EM70は、ヘッドホンと似たデザインなので周りの目を気にせずに使うことができます。

また、指を挟みにくい形状になっているので、デザイン性だけではなく使い勝手も良いイヤーマフです。

・長時間着けてても痛くなりにくい

イヤーマフやヘッドホンなどを長時間着けていると、耳が痛くなってくる、という経験をした人もいるのではないでしょうか。

スライド調整式で長さを変変更、耳にあたる部分はソフトなクッシュンを採用しています。

長い時間着けていても耳周りが痛くならないように作られているので、快適な状態で使うことができます。

JVC EP-EM70のメリット・デメリット

メリット
  • 約2倍の側圧を期待できる
  • ヘッドホンのようなおしゃれなデザイン
  • ライフスタイルに合わせやすい
デメリット
  • サイズのバリエーションが少ない
  • 遮音性が低め
  • 締め付け感が強いと感じる場合がある

JVC EP-EM70は、遮音性とデザイン性を両立している高性能なイヤーマフです。

あなたもJVC EP-EM70を様々なシチュエーションで活用してみませんか?

このイヤーマフの販売サイトを見る

Amazon

3,891円(税込)~

楽天

5,980円(税込)~

第2位 3M Peltor X5A


第2位の3M Peltor X5Aは825人中104人(約12.6%)が支持しています。

3M Peltor X5Aは、快適性・耐久性を兼ね備えていてデザインにもこだわり、遮音値が最も高い31dBのイヤーマフです。

おすすめポイントPoint1.海外のデザイン賞を受賞したイヤーマフ

Point2.仕事場から勉強中など幅広く使用可能

Point3.遮音性のバラつきがない

3M Peltor X5Aの基本情報

価格 6,479円(税込)
遮音値 31dB
重量 351g
形状 ヘッドバンド式
サイズ 20.6×15.8×11.4cm
こんな人におすすめ
  • 大きな騒音環境にいる人
  • 高いデザイン性のイヤーマフがいい人
  • 楽に着脱したい人

3M Peltor X5Aの詳細情報

・海外のデザイン賞を受賞したイヤーマフ

3M Peltor X5Aは、快適性、耐久性、デザイン性を高めたイヤーマフです。

「2013年reddot design award 受賞」と「2013年iDSA銅賞」の2つを受賞してます。

機能性だけでなく、飽きの来ないスタイリッシュなデザインになっています。

・仕事場から勉強中など幅広く使用可能

仕事での騒音がする現場から読書、デスクワークなどの集中したい環境、様々な場面で使うことができます。

また、シーンによってイヤーマフが選べることが、このブランドの特徴です。

生活騒音をシャットアウトしてくれるので、日々の音へのストレスを軽減してくれます。

・遮音性のバラつきがない

3M Peltor X5Aは、業界トップクラスのイヤーマフです。

X5Aは他のシリーズの中でも遮音値が高く、遮音性のバラツキが少なく大きな騒音から聴覚を保護します。

さらに、着脱も楽々できるのに耐久性も良いのでバンドの加力が低下することがありません。

3M Peltor X5Aのメリット・デメリット

メリット
  • 繰り返し使用しても耐久性が高いから壊れにくい
  • 使用環境に合わせたラインナップが豊富
  • コンパクトで薄いデザインで使いやすい
デメリット
  • 圧着度が高い
  • 少々重さを感じる

3M Peltor X5Aは、機能性はもちろんこと快適性も求める方におすすめのイヤーマフです。

あなたも3M Peltor X5Aで、音へのストレスを軽減してみませんか?

このイヤーマフの販売サイトを見る

Amazon

6,479円(税込)~

楽天

4,703円(税込)~

第3位 Awesafe 防音イヤーマフ

第3位のAwesafe 防音イヤーマフは825人中79人(約9.6%)が支持しています。

Awesafe 防音イヤーマフは、射撃・飛行機・工事現場などの危険な音や耳にかかる不快な音をブロックしてくれるイヤーマフです。

おすすめポイントPoint1.音響増幅電子のイヤーマフ

Point2.騒音をブロック

Point3.ヘッドホン機能付き

Awesafe 防音イヤーマフの基本情報

価格 3,998円(税込)
遮音値 22dB
重量 390g
形状 ヘッドバンド式
サイズ 15.6x14x11.6cm
こんな人におすすめ
  • ヘッドホンとしても使いたい人
  • 仕事用で使いたい人
  • 音量調節ができるイヤーマフがいい人

Awesafe 防音イヤーマフの詳細情報

・音響増幅電子のイヤーマフ

Awesafe 防音イヤーマフは、指向性アイクロホンが内蔵されています。

現在いる場所からの距離、角度などを82dBに増幅して自然で聞き取りやすい音にしてくれます。

外部の音量が調節できるので、射撃や工事現場でも不快な音を軽減しながら作業を行うことができます。

・騒音をブロック

草刈り機や工場内で機械を使用している時の音は、耳に大きな負担を与えます。

Awesafe 防音イヤーマフは、そのような耳に与える危険な音をブロックし、ノイズを低減してくれます。

また、特許取得済みであるエアフローコントロール技術も搭載しています。

・ヘッドホン機能付き

Awesafe 防音イヤーマフは防音機能が高いだけでなく、ヘッドホンとしても使用可能です。

外部のMP3プレーヤーやオーディオ機器に接続することで使用が可能です。

Awesafe 防音イヤーマフのメリット・デメリット

メリット
  • コンパクト収納ができて場所を取らない
  • 82dBを超えると音量を調節できる
  • メンテナンスが簡単
デメリット
  • 収納できるポーチなどの付属品がない

Awesafe 防音イヤーマフは、外部の音量調節ができるほか、ヘッドホン機能も付いています。

あなたもAwesafe 防音イヤーマフで、耳への負担を軽減してみませんか?

このイヤーマフの販売サイトを見る

Amazon

3,998円(税込)~

楽天

5,948円(税込)~

第4位 AVANTEK 防音イヤーマフ


第5位のAVANTEK 防音イヤーマフは825人中66人(約8.0%)が支持しています。

AVANTEK 防音イヤーマフは、最新のカップシーリング技術を採用しているイヤーマフで、大人から子供まで使うことができます。

おすすめポイントPoint1.大人から子供まで利用できる

Point2.快適さと安全性のある作り

Point3.素材にもこだりあり

AVANTEK 防音イヤーマフの基本情報

価格 1,799円(税込)
遮音値 28dB/SNR34dB
重量 290g
形状 ヘッドバンド式
サイズ 180×150×95mm
こんな人におすすめ
  • 家族みんなで使いたい人
  • 安全性にもこだわりたい人

AVANTEK 防音イヤーマフの詳細情報

・大人から子供まで利用できる

AVANTEK 防音イヤーマフは、両幅46mmまで伸ばせるので大人から子供まで使用ができます。

長さの調節も簡単に行えるのに難しくなく、子供でも操作が手軽になっています。

家庭に1つあるだけで全員が使えるので、買い直しや追加注文をしなくて済みます。

・快適さと安全性のある作り

頭に圧迫感を感じさせないよう二層式ヘッドバンド、耳をしっかり覆ってくれるイミテーションレザーのクッション。

そして、製品には危険性の高い金属を使用していないので安全性も高くなっています。

人間工学に基づいて作られているので、着用している時の不快感を軽減してくれます。

・素材にもこだりあり

AVANTEK 防音イヤーマフは、機能・安全性が良いだけでなく素材にもこだわっています。

強化合成素材で作られているので、耐久性もよくひび割れなどのダメージも少ないです。

また、超弾力性ヘッドバンド、高品質のABS素材を使用しているので見た目のデザインもスタイリッシュになっています。

AVANTEK 防音イヤーマフのメリット・デメリット

メリット
  • 人間工学に元づいて作られているからフィット感がある
  • 頭のサイズ関係なく使用可能
  • 安心保証付き
デメリット
  • 完全に音をシャットアウトしたい人には向かない
  • 耳に対する密着性が低め
このイヤーマフの販売サイトを見る

Amazon

1,799円(税込)~

楽天

3,191円(税込)~

第5位 HOWARD LEIGHT イヤーマフ


第5位のHOWARD LEIGHT イヤーマフは825人中63人(約7.6%)が支持しています。

HOWARD LEIGHT イヤーマフは、建築、航空などでも使用できモータースポーツなどの大きな騒音から耳を守って防音対策してくれるイヤーマフです。

おすすめポイントPoint1.長時間着けても快適さが続く

Point2.イヤーカップを好きな位置に調整可能

Point3.安全性、耐久性のあるイヤーマフ

HOWARD LEIGHT イヤーマフの基本情報

価格 3,600円(税込)
遮音値 23dB
重量 100g
形状 ヘッドバンド式
サイズ 160×100×190mm
こんな人におすすめ
  • コンパクトに持ち運びたい人
  • 耐久性のあるイヤーマフが欲しい人

HOWARD LEIGHT イヤーマフの詳細情報

・長時間着けても快適さが続く

HOWARD LEIGHT イヤーマフは、建築・森林・軍用・航空などでも使われることも多いようです。

耳へ大きくかかる騒音の負担を守ることで、作業効率を上げることができるよう作られています。

世界中の人たちの現場での環境から守れるよう開発されているので、長時間着けても不快感を感じずに過ごすことができます。

・イヤーカップを好きな位置に調整可能

イヤーカップの位置をスライドで調節できる機能を搭載しています。

ご自身の頭のサイズに合わせることができるので、締め付け感も自分にぴったりフィットさせることが可能です。

イヤーマフで圧迫感を感じて使いづらさを感じていた方にもおすすめです。

・安全性、耐久性のあるイヤーマフ

HOWARD LEIGHT イヤーマフは、特許である「Air Flow Control Technology」を採用しています。

サイズ、重さを変えることなく低周波の遮音機能を出してくれます。

耐久性も高く、さらにコンパクトサイズで折り畳みができ、持ち運びも楽なイヤーマフです。

HOWARD LEIGHT イヤーマフのメリット・デメリット

メリット
  • 折り畳み式で持ち運びしやすい
  • 耳パットにある針金の伸び縮みの調節が可能
  • 程よい遮音性
デメリット
  • 買ったばかりの時は圧が強めに感じる
  • 聴覚過敏の人には物足りなさがある
このイヤーマフの販売サイトを見る

Amazon

3,600円(税込)~

楽天

4,057円(税込)~

第6位 MPOW 防音イヤーマフ ※同率


第6位のMPOW 防音イヤーマフは825人中62人(約7.5%)が支持しています。

MPOW 防音イヤーマフは、射撃・木工作業・刈り払い作業・アウトドアスポーツなどにも活躍してくれるイヤーマフです。

おすすめポイントPoint1.快適、耐久、デザイン性を兼ね備えている

Point2.ノイズ除去で騒音をシャットアウト

Point3.イヤークッションにPUレザーを使用

MPOW 防音イヤーマフの基本情報

価格 3,500円(税込)
遮音値 29dB/SNR36dB
重量 238g
形状 ヘッドバンド式
サイズ 200×154×100mm
こんな人におすすめ
  • 幅広く使えるイヤーマフが欲しい人

MPOW 防音イヤーマフの詳細情報

・快適、耐久、デザイン性を兼ね備えている

MPOW 防音イヤーマフは、欧州スタンダード認証のテストに合格しています。

高い遮音性があり、外部の騒音から聴覚をしっかり守ってくれます。

耳栓は何回か使うと型崩れや機能が低下してしまいがちですが、MPOW 防音イヤーマフは耐久性が高いので繰り返し使っても壊れにくいです。

・ノイズ除去で騒音をシャットアウト

MPOW 防音イヤーマフはNRRが29dB、SNR値信号対雑音比が36dB。

なので、ノイズシャットアウト力も十分にあります。

また、二層カップシーリング技術、8層の厚手素材を採用しているので、防音性能が非常に高いです。

・イヤークッションにPUレザーを使用

耳にあたる部分は柔らかく、PUレザーを使用しています。

PUレザーは合成皮革なのでメンテナンスもほとんどなく、耐水性がよく、汚れも付きにくくなっています。

フィット感、締め付け感、長時間使用時の耳の痛みなどが軽減されているイヤーマフです。

MPOW 防音イヤーマフのメリット・デメリット

メリット
  • 238gの軽さで耳に負担がかかりにくい
  • アーム部分が柔らかく痛みが軽減されてる
  • 収納用の袋付き
デメリット
  • 低周波は少し聞こえる
このイヤーマフの販売サイトを見る

Amazon

3,500円(税込)~

楽天

3,500円(税込)~

第6位 Fnova 防音イヤーマフ ※同率

第10位のFnova 防音イヤーマフは825人中62人(約7.5%)が支持しています。

Fnova 防音イヤーマフは、日常の騒音から賑やかな場所まで、様々な音のストレスから耳を保護してくれるイヤーマフです。

おすすめポイントPoint1.聴覚過敏、自閉症のお子さんも使用可能

Point2.どんなシーンにも活躍してくれる

Point3.長期的に使用できるコスパの良さ

Fnova 防音イヤーマフの基本情報

価格 3,212円(税込)
遮音値 26dB
重量 195g
形状 ヘッドバンド式
対応サイズ 11.50×10.00×11.50cm
こんな人におすすめ
  • 子供の成長期に合わせられるイヤーマフが欲しい人

Fnova 防音イヤーマフの詳細情報

・聴覚過敏、自閉症のお子さんも使用可能

Fnova 防音イヤーマフは周囲の騒音をカットしてくれる第三者機関でテストされています。

26dB遮音値をクリアしているので、防音機能も優れているので聴覚過敏、自閉症のお子さんも安心して使用できます。

生活の中で気になる音や野外に出た時の騒音を軽減し、高遮音性が高いイヤーマフです。

・どんなシーンにも活躍してくれる

従来のイヤーマフは、飛行機、現場仕事での大きな音から耳を守ってくれるものも多いですよね。

しかしFnova 防音イヤーマフは、映画館・ライブ会場・スポーツ観戦など、様々なシーンでも使うことができます。

また、読書に集中したい時、睡眠、電車などの普段の生活の音からも耳を保護してくれます。

・長期的に使用できるコスパの良さ

Fnova 防音イヤーマフのヘッドバンドは、頭回り最大50~60cm程度まででしたら対応可能です。

子供の成長期の頭の大きさに合わせて調節がききます。

低価格で長期的に使えるイヤーマフなので、コスパもとても良いです。

Fnova 防音イヤーマフのメリット・デメリット

メリット
  • コスパに合った性能
  • 耳栓をプラスで使わなくても十分な遮音性が期待できる
デメリット
  • 大人用で使うと耳がきつく感じる
このイヤーマフの販売サイトを見る

Amazon

3,212円(税込)~

楽天

3,212円(税込)~

第6位 EZARC 防音イヤーマフ ※同率

第8位のEZARC 防音イヤーマフは825人中62人(約7.5%)が支持しています。

EZARC 防音イヤーマフは、2~15歳のお子さんに対応しているイヤーマフで、遊園地や学業に集中した時などに騒音からシャットアウトしてくれます。

おすすめポイントPoint1.高い遮音性能で耳を守る

Point2.360度回転するイヤーカップ

Point3.遮音力が高まるABS材質

EZARC 防音イヤーマフの基本情報

価格 1,798円(税込)
遮音値 25dB/SNR30dB
重量 189g
形状 ヘッドバンド式
対応サイズ 12×10.5x20cm
こんな人におすすめ
  • 子供や頭回りが小さい人

EZARC 防音イヤーマフの詳細情報

・高い遮音性能で耳を守る

EZARC 防音イヤーマフは、NRR値が25dB、SNR値が30dBとなってます。

外部の騒音を軽減してくれる数値で、幅広い場所やシーンで対応してくれます。

聴覚過敏のお子さんの耳から雑音をシャットアウトしてストレスから解放してくれます。

・360度回転するイヤーカップ

長さを調節できる、便利な超弾力性ヘッドバンド。

また、イヤーカップは360度回転するので頭、耳の大きさに合わせることができます。

お子さんが使いやすいイヤーマフではありますが、頭のサイズが小さめの大人の方も使用することは可能です。

・遮音力が高まるABS材質

多機能性のあるABS材質カップシェルと、密着度を高めるダブル外殻の設計がされています。

この2つの機能によって遮音性がアップし、騒音対策にも優れています。

また、イヤークッションはPUレザー加工されているので耐久性もあります。

EZARC 防音イヤーマフのメリット・デメリット

メリット
  • 大人でも使用可能
  • 聴覚過敏や自閉症の子供に最適
  • NRR25dBに達する高い遮音性を期待できる
デメリット
  • 大人も使用できるが、長時間の使用は耳が痛くなってくる
  • 音嫌悪症の人には向かない
このイヤーマフの販売サイトを見る

Amazon

1,798円(税込)~

楽天

3,123円(税込)~

第9位 MOLDEX MX-6


第9位のMOLDEX MX-6は825人中56人(約6.8%)が支持しています。

MOLDEX MX-6は、大型カップなのでどんな耳の形にもフィットし、ワイヤーフレームが軽量なので快適に装着することができます。

おすすめポイントPoint1.様々な耳の形に合う

Point2.軽量金属採用でカップを自由に調節できる

Point3.ワッフル形状カップを採用

MOLDEX MX-6の基本情報

価格 4,271円(税込)
遮音値 30dB
重量 355g
形状 ヘッドバンド式
サイズ 14.86×20.45×10.54cm
こんな人におすすめ
  • 大型カップのイヤーマフが欲しい人

MOLDEX MX-6の詳細情報

・様々な耳の形に合う

イヤーマフを選ぶ際に、カップのサイズが自分の耳に合わない、ということがあります。

MOLDEX MX-6は、大型カップなので様々な耳の大きさ、形に合わせやすくフィットしてくれます。

また、大型カップだと高い遮音性が期待できます。

・軽量金属採用でカップを自由に調節できる

MOLDEX MX-6に使われているワイヤーは、軽量金属を採用しています。

カップの位置を合わせたり、自分の快適だと感じる場所に変えることができます。

また、抜け落ち防止にもなっているので、イヤーマフを付けている最中のズレるストレスを感じません。

・ワッフル形状カップを採用

MOLDEX独自のワッフル形状カップなので、防音機能が高くなっています。

MOLDEX MX-6は第三者機関でテストされているので、遮音値性能を誇っています。

信頼度もあり、機能やデザインもしっかり充実しているイヤーマフです。

MOLDEX MX-6のメリット・デメリット

メリット
  • ワッフルカップインナーフォームを採用してる為、遮音性が高い
  • 日常の雑音をシャットアウトしてくれる
デメリット
  • 密着性が高く、圧迫感がある
このイヤーマフの販売サイトを見る

Amazon

4,271円(税込)~

楽天

5,203円(税込)~

第10位 3M PELTOR ネックバンド式 H6B/V


第10位の3M PELTOR ネックバンド式 H6B/Vは825人中52人(約6.3%)が支持しています。

3M PELTOR ネックバンド式 H6B/Vは、薄型の軽量であることが特徴で、JIS適合品のイヤーマフです。

おすすめポイントPoint1.薄型カップ+軽量だから負担が少ない

Point2.JIS適合品

Point3.ネックバンド式だから装着も快適

3M PELTOR ネックバンド式 H6B/Vの基本情報

価格 2,991円(税込)
遮音値 21dB
重量 260g
形状 ネックバンド式
サイズ 18.4×18.2×11.7cm
こんな人におすすめ
  • 軽量のイヤーマフが欲しい人

3M PELTOR ネックバンド式 H6B/Vの詳細情報

・薄型カップ+軽量だから負担が少ない

イヤーマフは、多少の重さを感じることはありますよね。

3M PELTOR H6B/Vは、他の従来のイヤーマフと比べて薄型・軽量になっています。

使いやすさが良いだけでなく、95dBまでの騒音下での使用でしたらしっかり遮音機能は働いてくれます。

・JIS適合品

3M PELTOR H6B/Vは、産業標準化法に基づいて適合性評価されているJIS適合品です。

製品の安全、安心、品質の向上を認められている証拠でもあります。

騒音障害防止のガイドラインをクリアしているので、騒音防止対策も期待できるでしょう。

・ネックバンド式だから装着も快適

ヘッドバンド式だと長時間着けていることによって、締め付けられて痛くなってしまう、という方もいるでしょう。

3M PELTOR H6B/Vはネックバンド式なので、現場などでヘルメットをかぶった際など邪魔をすることがありません。

また、折りたたんで保管することも可能なので、使い勝手や便利さも兼ね備えています。

3M PELTOR ネックバンド式 H6B/Vのメリット・デメリット

メリット
  • 薄型の為、かさばりを感じない
  • JIS適合品のイヤーマフ
  • 騒音レベル・耳に合わせた製品を選べる
デメリット
  • フィット感がいまいちと感じる場合がある
  • 聴覚過敏の人には向かない
このイヤーマフの販売サイトを見る

Amazon

2,991円(税込)~

楽天

3,147円(税込)~

ランキング第1位を見る▼

イヤーマフの比較ランキング表

今回紹介したイヤーマフを比較表でまとめました!

気になるイヤーマフが複数ある場合は、比較してみてくださいね。

イヤーマフの人気ランキング表
イヤーマフの人気ランキング表

イヤーマフの比較表

順位第1位第2位第3位第4位第5位第6位 ※同率第6位 ※同率第6位 ※同率第9位第10位
イメージ
名称JVC EP-EM703M Peltor X5AAwesafe 防音イヤーマフAVANTEK 防音イヤーマフHOWARD LEIGHT イヤーマフMPOW 防音イヤーマフFnova 防音イヤーマフEZARC 防音イヤーマフMOLDEX MX-63M PELTOR ネックバンド式 H6B/V
リンクAmazon
楽天
Amazon
楽天
Amazon
楽天
Amazon
楽天
Amazon
楽天
楽天
Amazon
楽天
Amazon
楽天
Amazon
楽天
Amazon
楽天
価格6,050円(税込)6,479円(税込)3,998円(税込)1,799円(税込)3,600円(税込)3,500円(税込)3,212円(税込)1,798円(税込)4,271円(税込)2,991円(税込)
遮音値23~31dB(ANSI S12.6規格)/19dB(ANSI S3.19規格)31dB22dB28dB/SNR34dB23dB29dB/SNR36dB26dB25dB/SNR30dB30dB21dB
重量273g351g390g290g100g238g195g189g355g260g
形状ヘッドバンド式ヘッドバンド式ヘッドバンド式ヘッドバンド式ヘッドバンド式ヘッドバンド式ヘッドバンド式ヘッドバンド式ヘッドバンド式ネックバンド式
サイズ21x16x9.4cm20.6×15.8×11.4cm15.6x14x11.6cm180×150×95mm160×100×190mm200×154×100mm11.50×10.00×11.50cm12×10.5x20cm14.86×20.45×10.54cm18.4×18.2×11.7cm

イヤーマフに関するよくある質問

イヤーマフとイヤホンの併用はできる?

イヤーマフとイヤホンの併用は可能ではあります。
音楽やラジオなどを聞いている時に、周りへの音漏れを防げたり外部の雑音がイヤーマフによってシャットアウトされるので、音量を上げなくて済みます。
しかし、長時間着けたままにしておくと、汗が出てムレたり側圧で傷みが発生するので、外して休憩したり間を空けたり調節してください。

イヤーマフと耳栓はどっちが防音できる?

イヤーマフは耳をすっぽりと覆ってくれるもので、耳栓は耳の穴に入れて騒音を防いでくれる防音保護具です。
両方とも普段使いができるものです。
現場仕事や大きな音がする場所や耳に不快な音でストレスを感じる、あるいは聴覚過敏などで耳が痛くなる場合はイヤーマフが良いでしょう。
耳栓は比較的、手軽なものなので睡眠時や音をある程度消したい時などに。
どちらも遮音性はあるので、使いたいシーンによって使い分けても良いでしょう。

イヤーマフのお手入れは必要?

イヤーマフも長く使っていくと、耳の垢や汗によって衛生面はあまりよくないです。
定期的にメンテナンスをしてあげることで、故障などのトラブルを防ぐことができます。
耳にあたる部分を、軽く濡らして縛ったタオルで拭いてあげるなどして清潔を保つようにしましょう。

まとめ

イヤーマフの人気ランキングはいかがだったでしょうか?

10種類のイヤーマフの中で第1位となったのは、JVC EP-EM70でした!

イヤーマフは、大音量の音が耳に負担がかかるのを防いでくれたり、聴覚過敏症の人に役立ってくれるものです。

イヤーマフの効果や選ぶ際のポイントを抑えておくことで、失敗しない買い物ができます。

今回紹介した10種類のイヤーマフの中で、使うシーンによって自分に合うものを探して快適に過ごせるイヤーマフを探してみてください。

イヤーマフのランキングを見る▼

この記事のランキングは、下記の調査を根拠として作成されています。

イヤーマフに関するアンケート
2021年3月調査レポート
【調査概要】
■調査手法
インターネットでのアンケート調査
自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施
■調査対象者
全国の男女(ボイスノート会員)
■調査期間
2021年3月8日~11日
■調査対象企業選定条件
インターネット上に商品情報または商品購入ページのあるイヤーマフの商品のうち、ボイスノートマガジン編集部が選出した10ブランド
【調査結果】
全国の男女に対して調査を実施、825名から回答を得た。
質問: 最も満足度が高いと思うイヤーマフを選んでください。
得られた回答は以下の通り。

商品名 回答数 割合
JVC EP-EM70 219 26.5%
3M Peltor X5A 104 12.6%
Awesafe 防音イヤーマフ 79 9.6%
AVANTEK 防音イヤーマフ 66 8.0%
HOWARD LEIGHT イヤーマフ 63 7.6%
MPOW 防音イヤーマフ 62 7.5%
Fnova 防音イヤーマフ 62 7.5%
EZARC 防音イヤーマフ 62 7.5%
MOLDEX MX-6 56 6.8%
3M PELTOR ネックバンド式 H6B/V 52 6.3%

(n=825)

今回の調査の結果、「最も満足度が高いイヤーマフ」は「JVC EP-EM70」となった。

ボイスノートマガジン編集部アンケート調査で商品やサービスの人気を徹底調査!多くの人から認められた価値あるものを多くの人にお届けします!