サッカースクールおすすめ人気ランキング【2019年度最新】選び方やクラブチームとの違いだけでなく何歳から通うべきかも解説!

生活

この記事ではサッカースクールの中でも特におすすめできる評判のサッカースクールを、ボイスノート会員1,183人へのアンケート調査から決定した人気ランキングでご紹介します。

また、サッカースクールの選び方や、スポーツ少年団やクラブチームとの違いなどもご紹介します。

サッカースクール選びにお悩みの方は是非参考にしてみて下さいね。

サッカースクールの選び方のポイント5つ!子どもに合う教室とは?

子どもの習い事としてサッカーを考えた時に、どのサッカースクールへ通わせようか悩む人も多いと思います。

将来プロの選手を目指すためのサッカースクールから心と身体の健康を目的としたサッカースクールまで、様々な種類のサッカースクールが存在しています。

数も種類も多いサッカースクールの選び方はどのような点に注目すればよいのでしょうか?今回は5つのポイントに絞って順番に解説していきます!

1.サッカースクールに通わせる目的は?

サッカースクールで教える内容は個人技術を身につけるものと、仲間との協調性を養うものの大きく2つに分かれます。

将来プロ選手を目指すのであれば個人技術を身につけることは必須ですが、サッカーをスポーツの1つとして楽しんで欲しいと考えるのであれば、あまり必要ありません。

サッカースクールに通うのはプロ選手を目指すためだけでなく、仲間と協力やフォローといった協調性を身につけることを目的としても良いのです。基礎体力や協調性を身につけられるサッカースクールは、家庭や学校とは違った第3の教育の場でもあるのです。

2.指導してくれるコーチはどのような人か?

サッカースクールのコーチは子どもたちと常に接し続ける身近な大人になります。成長期の子どもたちは身近な大人の行動や振る舞いを見て、真似したり強く影響されたりします。

そのため、サッカースクールのコーチをしっかり見て、自分の子どもに良い影響を与えてくれそうな人物か確認することは非常に重要です。

値段が安いだけでサッカースクールを選んでみたら、コーチが良くない人物で子どもに悪い影響を与えてしまったら、サッカースクールなんて入れなければ良かったと後悔してしまいます。

3.体験教室に参加して子どもはどのように思ったか?

多くのサッカースクールは正式に入る前に体験教室などを開催しています。そのサッカースクールにいるコーチや他の子どものことを良く知るためにも、気になるサッカースクールの体験教室には積極的に参加しましょう。

親から見て良いと思っても子どもがどのように感じるかは別の話です。せっかくサッカースクールに通わせても子どもが嫌だと感じている状態では時間とお金の無駄になってしまいます。

サッカースクールの活動を充実して実りのあるものにするためにも、最初のサッカースクール選びは時間をかけて納得できるまで頑張りましょう。

4.料金は適正価格か?

子どもにサッカーを習わせようと考えた時に親として気になるのはやはり月々の料金です。サッカーを習うことができる場所の料金相場は大きく2つに分かれます。

料金相場の低価格帯で代表的なのはスポーツ少年団です。公益財団法人の日本スポーツ協会が運営しており、小学校のグラウンドで基本的に練習しています。

小学校単位でチーム登録を行い、ボランティアのコーチや保護者のお茶当番があるタイプです。保護者負担も大きい分、料金相場は月々3,000円前後というリーズナブルな価格です。

料金相場で低価格帯以上となると地域や民間、クラブチームが運営する形式のサッカースクールです。小学校などの区分けに縛られず、毎週決められた時間に同世代の子どもたちが集まって練習します。

コーチやスタッフが専属でいるため保護者の負担はほとんどなく、料金相場は月々5,000円から1万円という価格です。もちろん強豪クラブチームや有名サッカー選手がプロデュースするサッカースクールならそれ以上に価格が上がる場合もあります。

5.公式戦には参加しないサッカースクールか?

サッカースクールはひたすら練習をするだけで公式戦には一切参加しないという方針のところが多いです。その理由は、サッカースクールが元々公式戦に参加するチームの練習を補足する役割を担っていたからです。

サッカーの公式戦に参加するためには日本サッカー協会にチームとして登録する必要があります。ですが、日本サッカー協会には二重登録規程というのがあり、公式戦に参加するチームに2つ以上所属することは禁止されています。

一方で公式戦に参加するチームは、成績を出すためにチームでの練習がメインになり、個人の技術練習にそこまで時間を割きません。そのような背景から個人の技術練習を専門にサポートするサッカースクールが生まれました。

その結果、公式戦に参加しないサッカースクールには、技術力を高めてプロのサッカー選手を目指す子どもが集まる傾向にあります。ですが、プロを目指すつもりが無い場合、練習専門のサッカースクールに通うと公式戦が無いことに不満を持つかもしれません。

熱心な家庭では技術を鍛えるサッカースクールと試合に参加できるサッカーチームの2つ以上を掛け持ちする場合もあります。

しかし、掛け持ちについては金銭の負担や子どもの気持ちをしっかり聞いた上で、慎重に決めた方が良いでしょう。

 

以上がサッカースクールの選び方のポイント5つです。これらのポイントをしっかり押さえた上で、親子でしっかり納得できるサッカースクールを選びましょう。

サッカースクールおすすめ人気ランキング【2019年度最新】

サッカースクールの選び方はすでに述べたとおりですが、実際にどのようなサッカースクールが多くの人から支持されているのかは気になってしまいますよね。

とはいえ、サッカースクールの口コミはインターネット上に数多く存在し、良いものや悪いものもあり真偽が不明なのもあるので、調べれば調べるほど混乱してしまいます…

そこで今回は、すでに一定の評判があるサッカースクールを10個厳選した上で、ボイスノート会員1,183人へのアンケート調査により、おすすめと評判の人気ランキングを作成しました!

子どもが通うサッカースクールをどこにしようか迷っている方はぜひ参考にしてみてください!

第1位 ユアササッカークラブ

1993年に設立されたユアササッカークラブは、多くの子どもたちにサッカーの楽しさ、あいさつや思いやりの大切さを教え続けています。

また楽しく遊んでいるうちに覚えてしまうという子どもの特性を活かして、いろいろなことにチャレンジできる心を育ててくれます。

人見知りをする子どもや落ち着きがない子どもは、学年や学校が違う友達とふれあう機会が多い環境にいると、自然と人付き合いがうまくなっていくそうです。

仮に子どもが不安になったり焦っていたとしても、時間をかけて人付き合いがうまくいくように教えてくれます。

人付き合いへのサポートも素晴らしいですが、さらに次の3つの指導方針を元に子どもたちに接し続けています。

・元気にあいさつしよう

この指導方針に基づき、大きな声で元気よくあいさつすることだけでなく、友達にごめんなさいやありがとうを言える子どもに育ててくれます。

・思いやりを持てる子になろう

この指導方針に基づき、大勢の子どもたち同士が接するうちに、小さい子に優しくしたり、友達を助けたりしようと思う心を育ててくれます。

・自分で進んでがんばろう

この指導方針に基づき、みんなのために自分でできることを取り組もうとする子どもに育ててくれます。

大勢の子どもたち同士のかかわりやそれを支える指導者たちの中でサッカーを練習したいという人におすすめです!

スクールがある都道府県と市区町村の数12の都道府県と約200の市区町村(千葉県、茨城県、東京都、埼玉県、神奈川県、愛知県、三重県、静岡県、大阪府、広島県、岡山県、山口県)

ユアササッカークラブの公式ページはこちら

第2位 リベルタサッカースクール

 

リベルタ(LIBERTA)とはイタリア語で「自由」を意味する言葉です。リベルタサッカースクールでは、真の自由を手にするためには、「周りの人たちとの協調」と「周りの人たちからの信頼」の2つが必要だと教えています。

協調性や信頼性を持った子どもを育てるために、リベルタサッカースクールでは「サッカーを通して、子どもの心身を育てる」「子どもたちの心に体力を」「環境が人を育てる」という3つの理念を掲げています。

・サッカーを通して、子どもの心身を育てる
この理念には、明るい未来をつくり支えていく子どもたちにサッカーを通して成長してもらいたいという気持ちが込められています。

・子どもたちの心に体力を
この理念によって、目まぐるしく変化するこれからの社会を生き抜ける心のたくましさを養ってもらうという強い思いを明確にしています。

・環境が人を育てる
この理念は、どの子も本来持っている力を引き出せるような環境があるということと、子どもたちにも社会貢献活動を通して環境をよくしようという気持ちを持ってもらうことの2つの意味が込められています。

リベルタサッカースクールのこれらの理念に共感できるところがある人は、無料体験スクールに申し込むことをおすすめします!

スクールがある都道府県と市区町村の数32の都道府県と約300の市区町村(北海道、青森県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、東京都、茨城県、埼玉県、千葉県、神奈川県、新潟県、長野県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、三重県、滋賀県、兵庫県、奈良県、岡山県、広島県、山口県、香川県、愛媛県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、鹿児島県)

リベルタサッカースクールの公式ページはこちら

第3位 東急Sレイエスフットボールスクール

東急Sレイエスフットボールスクールで最も特徴的なのは、フットサル最強国スペインの監督を務め、サッカースペイン代表のコーチ経験もあるハビエル・ロサーノ・シド氏がクラブアドバイザーに就任しているところです。

選手の中に必ずある「ダイヤモンド」を見つけ、選手とともに磨き続ける、というハビエル氏の信念はクラブの理念の中に浸透しています。

クラブの特徴の1つである「自らを成長させ続ける力を持った選手の育成」では、次の3つのことを徹底しています。

・能動的な知性を養うこと

状況判断や適切な決断を下し行動できるようになるために、選手のみる、考える、やるを大切にしています。

・可能性を追求すること

可能性を追求するために、選手の「もっと」を引き出せる挑戦的な環境を提供してくれます。

・個性の活用と特長の最大化

選手の自分らしさを重視し、選手が新たな自分を探求することを支えることで、チームとしての活力も上げています。

指導方法についても、モチベーションを向上させるために褒めて励ますことを基本にし、コーチから選手に質問することで考えて説明する能力を鍛え自己フィードバックを活性化させるために振り返りの機会を多数用意するなどの3つを基軸にしています。

フットサル最強国スペインでのコーチングノウハウに興味がある方は、一度お問い合わせをしてみることをおすすめします。

スクールがある都道府県と市区町村の数2の都道府県と約8の市区町村(神奈川県、東京都)

東急Sレイエスフットボールスクールの公式ページはこちら

第4位 明光サッカースクール

明光サッカースクールでは、「サッカーを通じて、生徒自らが考え、行動できる人材を育成する」という思いを胸に、日々子どもたちへの指導をしています。

U-19日本代表やなでしこリーグで活躍する選手を育てたコーチングの方針は、基礎技術を徹底的に鍛え磨くというものです。基礎技術はコーチ自らが子どもたちの前で実演し、ポイントを言葉で説明して理解を促します。

また子どもの成長の判断基準を、他の子どもとの比較ではなく、過去の実力との比較にしているのも特徴的です。参加する子どもが以前より上手くなったと思えるよう、技術や個性を伸ばすことに注力しています。

チャレンジする心を鍛えることも明光サッカースクールでは重視しています。できないことや苦手なことは子どもでなくてもついつい後回しにしがちですが、そのようなことにチャレンジして克服する経験を積み重ねると、やればできるという自信を子どもが持つようになります。

もちろん苦手なことをただやらせるという訳ではなく、子ども自身で気づいていない成長をしっかり見つけ、直接伝えることで子どものやる気を持続させてくれます。

サッカーの基礎技術を徹底して身につけたいと考えている人やチャレンジする心を身につけたいと考えている人は、無料体験レッスンを受けてみることをおすすめします!

スクールがある都道府県と市区町村の数4の都道府県と11の市区町村(埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県)

明光サッカースクールの公式ページはこちら

第5位 サッカースクールSKY

サッカースクールSKYは「上を目指す」選手を育てる育成特化型スクールです。プロサッカー選手を目指す子どもを育成することを目的としており、競争心やメンタリティ、上昇志向などを徹底して求められます。

育成プログラムで大きな特徴と言えるのは、育成ピラミッドというクラス分けです。スタンダードクラスから始まり、アドバンスクラス、スペシャルクラス、エリートクラスの4つのクラスに分かれます。

3か月に1度のコーチの評価に基づき、それぞれの子どもにクラス昇格や降格の判断が下ります。一度昇格しても他に成長が見込める子どもが来たら容赦なく降格になるので、プロサッカー選手さながらのプレッシャーで日々練習を積んでいくことになります。

一方でコーチ陣には元日本代表選手や元プロサッカー選手が揃っており、最高の環境であることは紛れもありません。他にもパーソナルシートという25項目をコーチがチェックするサッカーの通知表があり、個別にフィードバックを行ってくれます。

それだけ徹底した指導のおかげか進路実績も優れており、鹿島アントラーズつくばジュニアユースや川崎フロンターレU-12に入るなどの実績もあります。

厳しくも最高のコーチ陣がいる環境の中でプロサッカー選手になれるようチャレンジしてみたいなら、無料体験をぜひしてみましょう。

スクールがある都道府県と市区町村の数4の都道府県と5の市区町村(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)

サッカースクールSKYの公式ページはこちら

第6位 トーマスサッカースクール

トーマスサッカースクールでは、子どもたちの個性を開花させることと、目標をやり遂げようとする強い気持ちを持ってもらうことの2つを重視しています。

その2つを成し遂げるために、「プロコーチによる質の高いレッスン」「一人ひとりに合わせたカテゴリー別指導」「担任制によるサポート体制」の3つを用意しています。

・プロコーチによる質の高いレッスン

資格を持ち指導経験も豊富なプロのインストラクターが子どもへの指導を担当してくれます。

・一人ひとりに合わせたカテゴリー別指導

子ども一人ひとりで異なる、年齢、技術レベル、発育、発達に合わせた指導を行っています。未経験者にも経験者にも、きめ細かく指導をしてくれます。

・担任制によるサポート体制

サッカーの指導をするコーチとは別に、ピッチ上での子どもたちを見守ってくれる担任がいてくれます。カウンセラーとして子どもたちの生活面での指導も行い、社会のルールや他者との交わり方まで教えてくれます。

子どもの成長具合やレッスン中での様子を保護者にも教えてくれるので、保護者側から見てもありがたい存在です。

きめ細やかなカテゴリー別指導や子どもを見守る存在の担任制などに興味を持った方は、無料体験を申し込んでみることをおすすめします。

スクールがある都道府県と市区町村の数4の都道府県と5の市区町村(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)

トーマスサッカースクールの公式ページはこちら

第7位 ソルティーロ

本田圭祐はこれまでのサッカー人生を通じて、夢を持つことや自分を信じることの大切さを知ったと周囲にたびたび語っています。ソルティーロは「夢は人を大きくする。夢は人を強くする」という本田圭祐の思いを背景に生まれたサッカースクールです。

ソルティーロの指導理念はいたってシンプルに「自分で判断・決断できる選手へ」というものです。自分で判断する機会が少ない現代の子どもたちに、多くの選択肢を与え、自分で判断し決断することを学ばせています。

サッカーではどのタイミングでどのような行動を取るべきか、常に判断と決断を迫られます。ですが、判断と決断を迫られる機会は大人になるにつれて多くなります。

サッカーを通して子どもたちに大人になるために必要なことを学んでほしいという思いが、ソルティーロの理念には込められています。

また、ソルティーロでは役割やポジションを固定せず全員を平等に扱っています。それは子どもたちの持つ無限の可能性を引き出したいという強い思いがあるからです。

現在所属しているサッカーチームでポジションが固定されてしまっている子供たちにとって、ソルティーロでの練習は新しい発見につながるかもしれません。

本田圭祐の思いから生まれたソルティーロの理念に共感する人は、無料の体験スクールに参加してみることをおすすめします!

スクールがある都道府県と市区町村の数15の都道府県と約50の市区町村(宮城県、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、石川県、愛知県、大阪府、兵庫県、和歌山県、京都府、滋賀県、奈良県、福岡県、佐賀県)

ソルティーロの公式ページはこちら

第8位 JSNサッカークラブ

JSN(ジュニアスポーツネットワーク)サッカークラブは、活動をしていく上で7つのモットーを掲げています。

・笑顔あふれるサッカークラブ

このモットーには、心から楽しめる環境作りと一人ひとりが主役になれるようコーチングをするという思いが込められています。

・しつけを大切にするクラブ

このモットーには、サッカーだけでなく挨拶や返事、姿勢、集団行動、マナーの重要性や大切さを子どもたちに伝えていくという思いが込められています。

・人生を豊かに出来る身体と心の成長の手助け

このモットーには、サッカーを続けることで得られる技術や勝ち負け、思いやり、敬う心、1歩ずつ向かう力を養ってもらいたいという思いが込められています。

・喜んでもらう努力を怠らない

このモットーには、サッカーや仲間づくり、汗、達成感、成長、努力を喜べる環境を作っていくという思いが込められています。

・もう一人の親のような存在

このモットーには、子どもたちを一番に考え、味方になり、理解者であり、心の拠りどころとなり、共に成長するという思いが込められています。

・子どもたちの手本であり続ける

このモットーには、コーチたちは人間性の基本である体調管理や身だしなみ、言葉づかい、明るさを整えてグランドに立つという思いが込められています。

・プロフェッショナル集団

このモットーには、参加する子どもたちや親の期待以上のサービスを提供し、周りから愛される努力を惜しまないという思いが込められています。

これらのモットーに共感したり心が引かれたのなら、ぜひ無料体験に参加してみることをおすすめします。

スクールがある都道府県と市区町村の数21の都道府県と約230の市区町村(北海道、宮城県、福島県、栃木県、茨城県、千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県、新潟県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県、広島県、京都府、滋賀県、福岡県、長崎県、熊本県、沖縄県)

JSNサッカークラブの公式ページはこちら

第9位 クーバー・コーチング・ジャパン

クーバー・コーチング・ジャパンでは、サッカープレーヤーの基礎力が育つゴールデンエイジの子どものために、様々なカリキュラムやコーチ陣が用意されたサッカースクールです。

スクールプログラムは6段階のピラミッド構造でトレーニングを分けて、子どもたちの成長をサポートしています。6段階は下から順にボールマスタリー(基本トレーニング)、レシーブ&パス(パス出しや受ける技術の養成)、1v1の動き(ドリブルやボールキープ力の養成)、スピード(思考と体のスピードの養成)、フィニッシュ(得点力のトレーニング)、グループプレー(少人数グループの戦術の養成)となっています。

どのコーチの質も高いのはクーバー・コーチング・ジャパンの強みの1つです。その理由は、コーチ全員がクーバー・アカデミー・オブ・コーチングというコーチ養成機関で、コーチング理論や実技、児童心理学、スポーツビジネスを1年かけて学んだ人たちだからです。

またコーチになった後も定期的な研修や海外研修などを行っているため、コーチの指導力を常に最先端のものにしています。

ゴールデンエイジの子どもを良質なコーチ陣の元で徹底して成長させたいと考えているなら、クーバー・コーチング・ジャパンはおすすめです!

スクールがある都道府県と市区町村の数35の都道府県と約121の市区町村(北海道、青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、香川県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県、沖縄県)

JSNサッカークラブの公式ページはこちら

第10位 CTTサッカースクール

知(Chi)・徳(Toku)・体(Tai)の頭文字を取ったCTTサッカースクールは、子どもの知育を促し、徳のある生活習慣を身につけさせ、健やかな体に成長させることを理念としています。

子どもの知育を促す面については、子どもの脳によい刺激を与えると言われているトランポリンを練習に組み入れ、脳を鍛えつつ心と身体のバランスを調整しています。

また独特の取り組みとしてポジティ語というポジティブな言葉がけでの指導が挙げられます。ポジティブな言葉がけは子どもの脳を活性化させると言われ、ほめられたり認められたりするとドーパミンが出るようです。

そのようなほめパワーのおかげで脳が常に刺激されやる気に満ち溢れた子供たちから、新たな可能性を引き出そうとしてくれます。

徳のある生活習慣を身につけさせる面については、行動科学の知見をベースに団体行動やチームプレイの中で、ルールやマナーを身につけさせてくれます。そのやり方もあいさつマットという子どもが楽しめる道具で自然に覚えるというものです。

健やかな体に成長させる面については、サッカーの基本的な技術を身につけながら行われます。一人ひとりに合った段階的な目標を設定しクリアしていくことで、サッカーが上手くなる喜びを感じさせる指導をしてくれます。

子どもを健やかに育ててくれるサッカースクールに興味がある方は、無料体験会に参加してみることをおすすめします。

スクールがある都道府県と市区町村の数4の都道府県と約30の市区町村(埼玉県、東京都、神奈川県、群馬県)

CTTサッカースクールの公式ページはこちら

ボイスノート会員1,183人が選んだサッカースクールのアンケート結果をグラフで紹介!

サッカースクールでおすすめと評判の人気ランキングはいかがだったでしょうか?ボイスノート会員1,183人が選んだサッカースクールの第1位はユアササッカークラブでした!

どのサッカースクールがどれだけ支持を集めたのか改めてグラフで確認してみましょう。

子どもに通わせたいサッカースクールは?
子どもに通わせたいサッカースクールは?

アンケート結果で第1位となったユアササッカークラブは、大勢の子どもたち同士の関わり合いの中で、サッカーの楽しさだけでなく仲間への思いやりの大切さなどを気づかせてくれるサッカースクールです。

惜しくも第2位となったリベルタサッカースクールは、独自の自由への信念を持ちながら、子どもたちが心のたくましさを養えるようサポートしてくれるサッカースクールです。

第3位の東急Sレイエスフットボールスクールは、フットサル最強国スペイン代表の監督も務めたハビエル・ロサーノ・シド氏がクラブアドバイザーとして選手育成をサポートしてくれるサッカースクールです。

もしサッカースクールの場所選びで悩んでいるのであれば、サッカースクールの人気ランキングを元にいくつか無料体験授業などを試してみてはいかがでしょうか?

親子で納得できるサッカースクールをぜひ見つけ出してくださいね!

クラブチームとは?サッカースクールやスポーツ少年団との違いは?

クラブチームというのは、辞書が解説する意味でいえば同じ趣味の人々が集まって組織を運営する形式です。サッカーの世界でクラブチームといえば、プロアマ問わずサッカーチームのことを指します。

クラブチームの運営団体は規模によって大きく変わってきます。Jリーグに所属するクラブチームは、企業広告や試合観戦チケットなどビジネスの側面がある関係上、運営団体が株式会社になっています。一方で社会人やアマチュアのクラブチームの運営団体は、株式会社だったりNPO法人だったりと様々です。

ジュニアサッカーの世界におけるクラブチームの運営団体は、もっと種類が分かれてきます。Jリーグに所属するクラブチームが運営する下部組織のクラブチームや、地元企業やサッカー愛好家が集まって運営するクラブチームまで、より多様な運営形式になっています。

さて、ジュニアサッカーの世界には、クラブチームと似たような存在でサッカースクールスポーツ少年団というのもあります。これらの違いはどのようなものになっているのでしょうか?

これら3つの組織はコーチが子どもたちにサッカーを教えるという点では同じですが、それぞれ特徴があるので分かりやすく表でまとめてみました!

クラブチームとサッカースクールとスポーツ少年団の違い
組織形態クラブチームサッカースクールスポーツ少年団
運営主体プロチームの下部組織から保護者ボランティアまで色々株式会社の運営が多い保護者のボランティアが多い
公式戦への参加参加する場合が多い参加しない場合が多い参加する場合が多い
月謝相場1万円以上が多い5,000円から1万円前後が多い5,000円以下が多い
保護者の負担遠征での送迎やユニフォーム代などほとんどないコーチからお茶出しまで負担は重い
参加する親子の姿勢プロ志向から趣味程度まで色々プロ志向から趣味程度まで色々趣味で取り組む親子が大半

クラブチームやサッカースクールやスポーツ少年団の違いは何となくつかめたでしょうか?

クラブチームというとプロチームの下部組織をイメージする人が多いですが、意外と地域のサッカー好きな大人たちが集まって結成している場合も多いです。

またプロチームの下部組織としてのクラブチームは、入るのにセレクションという入団試験が行われる場合が多く、参加する親子のプロ志向は強めです。

一方でスポーツ少年団は公益財団法人の日本スポーツ協会が支援する団体で、いわゆる地元の小学校で週末子どもたちと保護者が集まり練習しているサッカーチームのことを指します。

月謝が安いのは魅力ですが、お父さんはコーチ役に駆り出され、お母さんはお茶出し当番があるなど、保護者負担は割と重めです。

最後にサッカースクールですが、公式戦への参加が無い場所は多いものの、プロのコーチがしっかり面倒を見てくれる場所と言えます。

クラブチームやスポーツ少年団では個人練習が物足りないと感じていた親子や、公式戦よりも心身を鍛える目的で参加する親子などが集まっています。

それぞれの形式に長所や短所があるので、どの場所に参加するか親子で相談してみるのが一番です!

サッカーは何歳から始めるべき?スクールに通う年齢についても

ワールドカップなど大きな試合で日本の選手たちが活躍する姿を観ると、ついつい親子でサッカー日本代表を目指したいと思ってしまいますね!

そう思い立った時でなくても、親子で真剣にサッカーに取り組みたいと考えた時に気になるのは、サッカーは何歳から始めるべき?という疑問です。

その疑問を解決する前に知っておくべき言葉が1つあります。それはゴールデンエイジという言葉です。ゴールデンエイジとは日本サッカー協会(JFA)によると、10歳から12歳までの運動能力が急速に発達する時期を指します。

ゴールデンエイジの時は大人でも簡単には習得できない技を簡単に身につけてしまうなど、飲み込みスピードが極端に早くなる時期であると言われています。将来本気でプロサッカー選手を目指すのであればこのゴールデンエイジは非常に重要な期間です。

それでは10歳からサッカーを始めるのが良いのかと言われるとそういう単純なものでもありません。9歳まではプレ・ゴールデンエイジと言われ、この時期にはサッカーの様々な動作を経験して、運動神経を磨いておく必要があると言われています。

結局のところゴールデンエイジが始まる2年前の8歳で始めるのが理想であると、多くのサッカープロコーチは考えているようです。

ではサッカースクールに通い始める年齢は同じく8歳からが良いのでしょうか?それともサッカースクールでは幼児コースとして3歳から受け入れている場所もあるので、そのような年齢からでも始めるのが理想なのでしょうか?

サッカースクールに通い始める年齢については、はっきりとこの年齢が良いと言うことはできません。というのも、幼い頃からスクールに通い始めることにはメリットとデメリットがそれぞれ存在するからです。

メリットについてはご想像の通り、8歳より早く始めれば始めるほど運動神経がより磨かれるというものです。

一方でデメリットについては、あまり小さい頃からサッカーに取り組むとサッカー自体が嫌いになったりケガをしてゴールデンエイジを治療して過ごす羽目になったりと、悲しい結末を迎えることもあり得ます。

一番の理想はサッカーが好きで夢中になり、基本的なことはマスターした状態でゴールデンエイジを迎えることです。あくまで頑張るのは子ども本人ですから、親は必要以上に熱くならないということを肝に銘じるべきです。

そう考えるとサッカースクールに通い始める年齢というのも、親子で良く話し合った上で決めるというのが一番幸せな答えになると思います。

サッカースクールに関するアンケート
対象条件:ボイスノート会員
有効回答者:1,183人
(調査日:2019/4/23~2019/4/25)