【887人が選ぶ】東京の外壁塗装業者のおすすめランキング【2020】防水工事の価格相場や業者の選び方も紹介!

この記事では東京の外壁塗装業者の中でも特におすすめできる業者を、ボイスノート会員887人へのアンケート調査から決定したランキングでご紹介します。

ランキング以外にも外壁塗装や防水工事の費用相場や耐用年数などをご紹介します。

東京の外壁塗装業者選びにお悩みの方は是非参考にしてみて下さいね。

東京の外壁塗装業者のおすすめランキング

東京の外壁塗装業者は大手から中小まで様々な会社が存在しているため、比較を始めた人はその数の多さに驚くと思います。

1つずつ丁寧に情報収集しても良いのですが、得意な工事分野や価格帯など比較ポイントは数多くあり、調べれば調べるほど混乱する人も多いです。

すでに頭が混乱している人や、調べて比較することが面倒だと感じる人は、東京の外壁塗装業者の人気ランキングを確認してみてはいかがでしょうか?

人気がある業者は多くの人にとって外れが少ないですし、自分なりに比較したいのであれば「上位何位までを比較対象にする」とすれば、業者について調べる時間を削減することができます。

今回は、すでに一定の支持を集めている5つの東京の外壁塗装業者について、ボイスノート会員887人へのアンケート調査から人気ランキングを作成しました!

早速アンケート調査の結果をグラフで確認してみましょう。

最も満足度の高い東京の外壁塗装業者は?

東京でおすすめの外壁塗装業者の人気ランキングはいかがでしょうか?

5つの東京の外壁塗装業者の中で第1位となったのは、株式会社ファミリー工房でした!

東京の外壁塗装業者のランキング表

順位第1位第2位第3位第4位第5位
イメージ
名称ファミリー工房ガイソー株式会社オンテックス株式会社楽塗株式会社フレッシュハウス
施工事例工事内容:新築
価格:1,900万円
工期:180日間

工事内容:外壁塗装、屋上工事など
価格:990万円
工期:90日間
工事内容:外壁塗装など
価格:83万円
工期:7日間

工事内容:外壁塗装など
価格:170万円
工期:21日間
工事内容:外壁塗装、屋根塗装など
価格:151万円
工期:21日間

工事内容:外壁、屋根・太陽光
価格:非公開
工期:非公開
工事内容:外壁塗装、屋根塗装
価格:90万円
工期:21日間

工事内容:外壁塗装、屋根塗装など
価格:151万円
工期:21日間
工事内容:外壁、屋根塗装など
価格:50~100万円
工期:7日間

工事内容:外壁塗装
価格:100~300万円
工期:30日間
ポイント不動産建築部門で堂々3冠!抜け目ない安全対策に高い信頼性自社で社員を育成し高品質を実現外壁塗装の専門家だから安心!SOMPOグループだからこその安心感
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

この人気ランキングのアンケート調査について、納得できる人もいれば意外だと感じる人もいるかもしれません。

人によって好ましいと感じるポイントは違いますから、人気ランキングをそのまま鵜呑みにせずに業者についてもしっかり確認しておきましょう。

ここからは人気ランキングの順番で各業者を解説していきます!

第1位 株式会社ファミリー工房

第1位の株式会社ファミリー工房は887人中218人(約24.6%)が支持しています。

株式会社ファミリー工房は、お客様の気持ちを大事にし、満足のいく外壁塗装をおこなってくれる会社です。

注目ポイントPoint.不動産建築部門で堂々3冠!

おすすめポイントPoint1.地震対策も抜け目なく実施

Point2.「お客様目線」から提案をおこなってくれる

株式会社ファミリー工房の基本情報

施工事例1工事内容:新築
価格:1,900万円
工期:180日間
施工事例2工事内容:外壁塗装、屋上工事など
価格:990万円
工期:90日間
施工事例3工事内容:外壁修繕工事
価格:475万円
工期:30日間
営業時間10:00~18:00(足立本店)
電話番号0120-643-233
会社情報株式会社ファミリー工房
本社所在地:〒120-0001 東京都足立区大谷田4-1-20
店舗情報【本社】
営業時間:11:00~19:00(定休日:日曜日、月曜日)
アクセス:〒120-0001 東京都足立区大谷田4-1-20
千代田線「北綾瀬駅」より徒歩7分

【世田谷支店】
営業時間:11:00~18:00(定休日:日曜日、月曜日)
アクセス:〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋2-2-16 YKビル9F
東急田園都市線「三軒茶屋駅」より徒歩7分

こんな人におすすめ信頼できる外装業者を探している人

株式会社ファミリー工房の詳細情報

・不動産建築部門で堂々3冠!

アットホームな雰囲気が感じられるホームページデザインからも分かる通り、ファミリー工房はお客様をとても大事にする会社です。

その証拠として、ゼネラルリサーチが2019年に実施したインターネット調査では、「お客様満足度」「ワクワクドキドキ満足度」「職人さんの仕事安心度」の3部門にて文句なしのナンバー1に輝いています。

外壁塗装に関しては、自社職人が抜け目のない高品質なサービスを提供しているという技術的な面も評価されている点の一つと言えます。

・地震対策も抜け目なく実施

住宅の耐震性が以前にも増して問われている昨今、外装業者にも地震対策が強く求められるようになりました。

このファミリー工房もそうしたニーズに答え、あの「阪神・淡路大震災」の1.5倍もの揺れにも耐えられるほどの対策がなされた住宅づくりを目指しています。

地震対策には正規雇用した1級建築士も携わっているので、その備えは万全です。

・「お客様目線」から提案をおこなってくれる

お客様の声を何よりも大切にしているファミリー工房。常に「お客様目線」に立った実用的な提案をおこなってくれるというのも人気のひみつです。

一定期間ごとに専門知識豊富なスタッフが無料で住宅の診断を実施し、どこが問題であるかということを的確に伝え、改善のサポートをしてくれます。

長く付き合っていくことのできる外装業者です。

株式会社ファミリー工房がおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員から株式会社ファミリー工房がおすすめの理由を聞いてみました!

36歳男性ファミリーグループは不動産建築部門で三冠を達成しているのが大きいですね。

37歳男性東京を中心としているところが良かったし料金も安いのもよかった。

48歳男性デザインのセンスがよく、実際の塗装の提案など期待が持てる気がする。

第2位 ガイソー

第2位のガイソーは887人中197人(約22.2%)が支持しています。

ガイソーは安全対策に力を入れているだけではなく、長持ちする塗装にもこだわりを持つ職人的な業者です。

注目ポイントPoint.抜け目ない安全対策に高い信頼性

おすすめポイントPoint1.バイオ高圧洗浄で下地ケアは完璧

Point2.ローラー工法で強い塗膜づくり

ガイソーの基本情報

施工事例1工事内容:外壁塗装など
価格:83万円
工期:7日間
施工事例2工事内容:外壁塗装など
価格:170万円
工期:21日間
施工事例3工事内容:外壁塗装など
価格:90万円
工期:28日間
営業時間10:00~18:00
電話番号0120-17-8087
会社情報株式会社オリバー
本社所在地:〒939-8211 富山県富山市二口町3丁目2-14
店舗情報【八王子店】
運営会社:株式会社レジデンシャルインターネット
営業時間:10:00~17:00(定休日:火曜日、水曜日)
アクセス:〒192-0063 東京都八王子市元横山町1-16-1 石塚ビル1F
JR「八王子駅」より徒歩12分

【町田店】
運営会社:株式会社シンライズ
営業時間:9:00~18:00(定休日:水曜日・隔週火曜日)
アクセス:〒194-0035 東京都町田市忠生3-15-16
JR「淵野辺駅」よりバスで約15分

こんな人におすすめ長持ちする塗装を希望している人

ガイソーの詳細情報

・抜け目ない安全対策の高い信頼性

富山に本社を持つガイソーは、施工の際のトラブルを回避するための安全対策に力を入れています。

施工前には飛散防止のためのネットを物件の周辺に張るだけでなく、いざというときのために連絡先も明記します。

さらに近隣への挨拶および連絡も抜け目なくおこない、清掃までもこなします。ここまでしてくれるからこそ、安全性の高い外壁塗装が期待できます。

・バイオ高圧洗浄で下地ケアは完璧

ガイソーがこだわっているもうひとつのポイントは、下地処理です。

高品質な塗料を使っていても下地のケアが十分でなければほぼ無意味となってしまいます。

パワークリーナーによる「バイオ高圧洗浄」を実施。強力洗浄でカビやコケを一掃するので、その後の外壁塗装も丈夫で長持ちするようになるのです。

・ローラー工法で強い塗膜づくり

ガイソーは外壁塗装の手法も一味違います。

一般的な業者はスプレーによる塗装をおこなっていますが、この業者はローラーで丹念に手塗をしていくのです。

一見地味に感じられるかもしれませんが、経験豊富な職人が何度も重ね塗りをおこなうことによって強い塗膜を作ることができ、長持ちの効果が期待できます。

ガイソーがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からガイソーがおすすめの理由を聞いてみました!

31歳女性無料診断してくれるところ、全国展開しているところがいいと思った。

44歳女性実績も多く、保証期間10年となっているのも魅力的。その後の対応もきちんとしてくれそうに思った。

50歳男性無料診断や長期間の保証など塗装に関するサービスが充実しているから。

第3位 株式会社オンテックス

第3位の株式会社オンテックスは887人中182人(約20.5%)が支持しています。

株式会社オンテックスは、お客様の多種多様なニーズにしっかり応えられるだけの技術力と資金力を持ち、アフターケアも万全な塗装業者です。

注目ポイントPoint.自社で社員を育成し高品質を実現

おすすめポイントPoint1.施工後も長期間のアフターケアを実施

Point2.あらゆるニーズに応えられるリソースの豊富さ

株式会社オンテックスの基本情報

施工事例1工事内容:外壁、屋根
価格:非公開
工期:非公開
施工事例2工事内容:外壁、屋根・太陽光
価格:非公開
工期:非公開
施工事例3工事内容:外壁、屋根
価格:非公開
工期:非公開
営業時間9:00~17:00
電話番号0120-01-1116
会社情報株式会社オンテックス
本社所在地:〒556-0017 大阪市浪速区湊町2-2-45
支店【東京本社】
アクセス:〒160-0023  東京都新宿区西新宿6-12-1 西新宿パークウエスト4階

こんな人におすすめ外壁塗装の結果にこだわる人

株式会社オンテックスの詳細情報

・自社で社員を育成し高品質を実現

オンテックスではそのほかの施工業者に勝るとも劣らないほど人材教育に力を入れています。

自社経営の「オンテックス・テクニカルスクール」で優れたスキルを持った人材を育成し、自社の現場へと送り出しているのです。

「一貫体制」で、職人のみならず、塗料も営業スタッフもすべて自社で賄っているため、提案にも施工結果にもぬかりがありません。

・施工後も長期間のアフターケアを実施

オンテックスに外壁塗装などを依頼した場合、その関係は施工完了後も継続されます。

アフターケアにも力を入れているため、最長20年という非常に長い安心保証制度を用意しているからです。

さらに、サポート期間中に発生した不具合の修理回数は無制限(ユーザーの過失により発生したもの除く)で、長期的に住宅の美観を保持することができるでしょう。

・あらゆるニーズに応えられるリソースの豊富さ

オンテックスはお客様が望んでいるさまざまなニーズに対し、臨機応変に応えられるというのが強みのオンテックスひとつです。

美観か、耐久性か、それとも断熱性か、いずれのニーズにもしっかり対応してくれます。

外観塗装を依頼する目的は人によってさまざまで、豊富な塗料と高いスキルを持った職人を有しているため、しっかり施工してくれるのです。

株式会社オンテックスがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員から株式会社オンテックスがおすすめの理由を聞いてみました!

30歳男性リフォーム履歴を見たら有名どころがあるので安心して任せられると思う。

37歳男性おしゃれな仕上がりや、塗装以外にも充実したサービスを提供しているから。

39歳女性たくさんのリフォーム事例がのっていてどれも魅力的だったから選びました。

第4位 株式会社楽塗

第4位の株式会社楽塗は887人中151人(約17.0%)が支持しています。

株式会社楽塗は外壁塗装のプロフェッショナル集団であり、高品質でコストパフォーマンスのよい施工に自信があります。

注目ポイントPoint.外壁塗装の専門家だから安心!

おすすめポイントPoint1.下請けを使わず自社の職人のみで施工完遂

Point2.自社施工だからリーズナブルな価格

株式会社楽塗の基本情報

施工事例1工事内容:外壁塗装、屋根塗装
価格:90万円
工期:21日間
施工事例2工事内容:外壁塗装、屋根塗装など
価格:151万円
工期:21日間
施工事例3工事内容:外壁塗装、屋根塗装など
価格:151万円
工期:21日間
営業時間9:00~17:30
電話番号0120-775-885
会社情報株式会社楽塗
本社所在地:〒121-0055 東京都足立区加平1-23-9
店舗【本社】
営業時間:9:30~17:30
アクセス:〒121-0055 東京都足立区加平1-23-9
千代田線「北綾瀬駅」より徒歩3分

こんな人におすすめ専門家にお任せしたい人

株式会社楽塗の詳細情報

・外壁塗装の専門家だから安心!

2011年に創業した株式会社楽塗は外装業者の中ではまだまだ若い企業。それでも利用したお客様から高い人気を獲得しています。

その秘訣はこの業者が「外壁塗装の専門家」であるということで、外壁塗装と屋根塗装を得意としていると自負しており、他業者にひけをとりません。

お客様を存分に満足させられる施工を行うことができる、外壁塗装のプロ集団です。

・下請けを使わず自社の職人のみで施工完遂

外壁塗装の専門家を名乗る楽塗では、お客様のニーズを反映した丁寧な施工が実施できないと考え、下請けの業者に施工をさせません。

楽塗ではすべて自社で雇用した専属の職人に外壁の塗装を任せています。

プロを名乗って恥ずかしくない高品質な施工をおこないお客様を満足させることができるのです。

・自社施工だからリーズナブルな価格

外部の業者に丸投げせず自社の職人で賄うというのは、高品質施工の維持以外にももうひとつメリットがあります。

余計な仲介料などが発生しないので、費用を安く抑えることができるのです。

費用がかさむ足場の設置などもすべて自社で行うので、さまざまな点で経費を削減できます。お客様にとっては安くて高品質な施工をしてもらえるので、いいことづくめです。

株式会社楽塗がおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員から株式会社楽塗がおすすめの理由を聞いてみました!

36歳男性施工事例が詳しく掲載されていて施工方法や価格などが分かりやすかったからです。

41歳男性塗装する商品価格も手頃で、綺麗に仕上げを確実にできる安心感がある。

43歳女性雨漏りの緊急出動してくれるところが満足度が高い理由だと思う。

第5位 株式会社フレッシュハウス

第5位の株式会社フレッシュハウスは887人中139人(約15.7%)が支持しています。

株式会社フレッシュハウスは、大手グループ企業の一員であり、施工前後ともに充実したサポートを受けられることが強みの施工業者です。

注目ポイントPoint.SOMPOグループだからこその安心感

おすすめポイントPoint1.施工現場は100パーセント自社管理

Point2.リフォーム保証は最長10年

株式会社フレッシュハウスの基本情報

本社所在地:〒231-0007 神奈川県横浜市中区弁天通4-57 損保ジャパン日本興亜横浜弁天通ビル

施工事例1工事内容:外壁、屋根塗装など
価格:50~100万円
工期:7日間
施工事例2工事内容:外壁塗装
価格:100~300万円
工期:30日間
施工事例3工事内容:外壁塗装
価格:100~300万円
工期:7日間
営業時間9:00~18:00
電話番号0120-348-555
会社情報株式会社フレッシュハウス
ショールーム【中野鷺宮ショールーム】
営業時間:9:00~18:00(定休日:月曜日)
アクセス:〒165-0032 東京都中野区鷺宮3-34-5
新宿線「鷺ノ宮駅」より徒歩3分

【足立ショールーム】
営業時間:9:00~18:00(定休日:月曜日)
アクセス:〒123-0863 東京都足立区谷在家1-2-3
日暮里・舎人ライナー「西新井大師西駅」より徒歩4分

こんな人におすすめ充実なサポートをお願いしたい人

株式会社フレッシュハウスの詳細情報

・SOMPOグループだからこその安心感

フレッシュハウスは関東エリアを中心に着々と事業を展開しています。

その人気の要因のひとつが、日本興亜損保などで知られるSOMPOホールディングスの一因であるということは否定できないでしょう。

日本を代表する大手グループの一社ということは、それだけ高い資金力と信頼性があるということ。それに恥じない結果が期待できるのです。

・施工現場は100パーセント自社管理

このフレッシュハウスが名前だけの業者というのは間違いです。

この業者が施工をいっさい丸投げすることなくすべて自社で現場管理をおこなっているということからもご理解いただけるでしょう。

あらゆる工程をすべて自社でおこない品質管理に目を光らせることによって、外注業者委託の際に発生しがちな低品質施工などの失敗を発生させません。

・リフォーム保証は最長10年

フレッシュハウスの心強さは、そのアフターフォローの充実ぶりからも感じられます。

施工後のリフォーム保証期間は最長で10年と長く、長期に渡って品質を守ってくれます。

さらに、依頼内容によっては仮住まいへの引っ越しやリフォームローンに関する相談もしっかりサポートしてくれます。

株式会社フレッシュハウスがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員から株式会社フレッシュハウスがおすすめの理由を聞いてみました!

30歳女性施工事例がたくさんのってあって、おしゃれで素敵だった。

34歳男性施工事例がたくさん紹介されており、施工のイメージがわきやすいから。

37歳女性種類も豊富で選びやすいから。様々なタイプに対応してくれそうだから

失敗しない外壁塗装業者の選び!大手と中小どちらがいい?

外壁塗装を行っている業者は、大手から中小企業まで様々あります。

基本的には、大手ハウスメーカーと地域密着型業者の2つに分けられます。

ここでは、それぞれのメリットとデメリットを解説します。

外壁塗装業者選びの参考にして下さい!

大手ハウスメーカー

ハウスメーカーは、住宅関係のあらゆるサービスを行う企業のことを指します。

土地探しや家づくり、リフォームまで様々な仕事を行っています。

よく耳にする住宅会社は、この大手ハウスメーカに該当します。

工事費用が高くなる

大手企業であれば、毎日多くの工事依頼が入るため、必要な材料をあらかじめ一括で購入し、材料費を安く済ませることができます。

これは、大手ハウスメーカーのメリットです。

しかし、利用者が支払う工事費も安くなると思ったら間違いです。

大手ハウスメーカーは、外壁塗装の現場を下請けや孫請け業者に委託します。

そのため、仲介手数料等の中間マージンなどが発生するため、工事費用がかさんでしまう場合が多いです。

中には、営業職の人件費や宣伝のための広告費までも上乗せされて高い費用になってしまうこともあります。

そのため、中間マージンをはじめとした、工事費用とは別のところでもコストがかかってしまうため、大手ハウスメーカーの工事費用は高くなってしまうのです。

技術レベルが一定ではない

先にも述べたように、大手ハウスメーカーは多くの下請け業者を抱えており、依頼が入ると現場の工事を下請け業者等に依頼します。

実際に工事を担当する業者は、現場によって異なるため、腕が優れた職人が在籍する下請け業者が担当する現場もあれば、そうでない業者があるのも事実です。

工事に入らないと、どんな人が担当するのか全くわからないのです。

また、下請け業者の場合は、ハウスメーカーから依頼をされ現場で工事を行うため、使用できる人材や機材が限られてしまい満足のいく仕上がりまで行き届かない可能性もあります。

もちろん大手メーカーが依頼している業者なので、最低限の品質は保証されています。

しかし、「完璧な仕上がりにしてくれるか?」、「希望通りに工事してくれるか?」というのは、現場に来る業者の技術レベルに左右されてしまうというのが事実です。

アフターサービスが充実している

大手メーカーは、長期保証がついていることが多いです。

長いところで10年以上の保証を用意している業者もあります。

保証期間内にトラブルがあれば、対応してくれるので保証期間が長いに越したことはありません。

地域密着型業者

全国展開をしておらず、特定の地域のみでサービスの提供を行っている業者のことを指します。

大手ハウスメーカーにはない、地域密着業者ならではのメリットやデメリットがあります。

工事費が安く済む場合がある

地元密着型業者に依頼する大きなメリットは、大手に比べて費用が安く済む事でしょう。

理由は、依頼した外壁塗装業者に在籍する職人が自ら施工を行うため、余計な費用が発生しないからです。

つまり、大手に比べて、下請け業者に発注する際にかかる中間マージンがカットされるから、費用を抑えることができるということです。

大手ハウスメーカーで高い費用を支払うのであれば、差額で塗料や材料のグレードアップするという選択肢を取ることもできます。

良い材料を使用すれば、その分塗装が長持ちするので、低予算で高品質な外壁塗装ができるといえるでしょう。

自由度が高い

大手ハウスメーカーと異なり、自由度が高くデザイン性のある施工が可能です。

オーダーメイドで施工可能な業者も多く、外壁材など希望の材料を準備してくれる業者も多いです。

地域密着型の中小企業の場合、営業職がいない場合も多く、プランの提案から施工まで職人が行うこともあるため、より高レベルの提案をしてくれます。

また、地域密着型業者は、地域の特性を知り尽くしているので、その地の気候などに適した塗装を施してくれるといった強みもあります。

悪徳業者も紛れている

地域密着型業者は、大手ハウスメーカーに比べて、最低限の品質が保証されているわけではないので、業者選びが重要になります。

大手ハウスメーカーであれば、下請け業者の最低限の品質は保ってくれますが、自分で業者を直接選ぶ地域密着型業者はそうもいきません。

中には、高額な料金のわりに低品質な工事を行う悪徳業者も存在します。

このようなデメリットを避けるためには、ある程度評判のいい業者にお願いしたり、依頼を検討している業者の口コミを調べるようにしましょう。

大手ハウスメーカーも地域密着型業者もそれぞれにメリットデメリットがあるため、一度相談に行ったり、見積りを出してもらい比較したうえで、外壁塗装を依頼する業者を決めるようにしましょう。

外壁塗装や防水工事の費用相場はどれくらい?

マイホームの美観、そして安全性を長年保つためには外壁塗装や防水工事がどうしても必要となってきます。

専門の業者に依頼するとどのぐらいかかるのか、この項目で解説します。

外壁塗装の費用はおおむね50~200万

外壁塗装のために必要な費用の相場についてですが、これはおおよそ50万から200万程度だとされています。

なぜ5倍近くも差が生じる可能性があるのかというと、これは塗装の費用計算が「材料費」や「人件費」のほかに「坪数」を考慮に入れられているためです。

当然、塗装する住宅の坪数が大きくなればなるほど塗装しなければならない面積というのは大きくなってくるため、請求される費用もそれに比例するのです。

また、住宅の築年数も費用の増減を少なからず左右します。

老朽化によって外壁にヒビなどが生じている場合、それを埋めるために手間と材料を要するため、価格が高くなってしまうのです。

また、高いところを塗装ためには足場も必要となりますが、それを設置するための経費も費用にカウントされます。

防水工事の費用は?

防水工事の費用についてはおおよそ60万円から220万円程度が相場とされています。

防水工事は1㎡あたりの価格が提示されていることが多く、それに基づいて算出すればだいたい1㎡あたり4,000から10,000円程度と考えられるでしょう。

防水工事の価格が算出される際は施工範囲の広さが大きく関わってきますが、どのような工法で防水工事を施すのかということも重要となってきます。

基本的には「ウレタン防水」が安く、「アスファルト防水」が高い傾向にあり、それに比例して性能も上がっていきます。(工法の詳細については後述します)

業者の金銭感覚に注意

外壁塗装や防水工事を依頼する際、決して忘れてはならないのが依頼をおこなった業者の「金銭感覚」です。

建物の施工は専門性が高いため、発注側が正確な内訳を把握しづらくなっています。

そのため、受注者側の裁量で値段が決まってしまうことも少なからずあります。

つまり業者によって見積もり費用に大幅な差が生じてしまうということもあり得るのです。

業者を選ぶ際は、複数の業者に見積もり依頼をおこない、比較するのは必須と言えるでしょう。

比較を怠ると、思わぬ損を被りかねません。

また、見積もりの価格が「なぜ安いのか」「なぜ高いのか」についてもしつこいぐらい問い合わせ、納得して依頼ができる業者を探すようにすべきです。

外壁塗装や防水工事の種類は?代表的なものを紹介!

一口に外壁塗装や防水工事といってもその種類はさまざまです。

どのような工法が実施されるかを知っておくと、後々ムダな費用をかけずに済むこともあります。

この項目にて代表的なものを紹介するので、ぜひ覚えておいてください。

外壁塗装の種類

外壁塗装の場合、「塗料に何を使うか」と「どのような工法で塗装するか」で耐久年数や費用が変わってきます。

もっともコストが安く済むのは「アクリル系」の塗料で、手軽なものの紫外線などには耐久性がありません。

費用を抑えつつそれなりに耐久性も求めたいのであれば、「ウレタン系」や「シリコン系」の塗料がよいでしょう。

とくにシリコンは長持ちするうえに色合いも優れているので、多くの業者で用いられています。

価格の安さよりも耐久性や防水性を優先したいのであれば、「フッ素」の使われている塗料をお選びください。

色合いについても申し分なく、お金をかけるだけの価値はあります。

外壁塗装の工法としてよく用いられているのは「吹きつけ工法」「ローラー工法」のふたつです。

前者はスプレーのような機械で壁に塗料を吹きつける方法であり、短い時間で塗装を済ませられます。

一方で塗りにムラができやすく、周辺の地面や植物に塗料が飛び散ってしまうといったデメリットもあります。

色合いよりもコストを重視される方におすすめです。

後者は職人が手に持ったローラーで丁寧に壁を塗っていく方法で、手作業である分塗りにムラができにくく、周辺に飛び散る可能性も低いです。

しかし、吹きつけに比べると時間が必要で、その分コストも高めとなります。

防水工事の種類

防水工事の種類としては「ウレタン防水」「塩ビシート防水」「アスファルト防水」などが一般的です。

ウレタン防水はこの中でももっとも安価でさまざまな箇所に施せる分、耐久性は低めとなっています。

塩ビシートはそこそこの費用で耐久性も十分というバランスのよさが特徴ですがその分技術が必要で、業者の腕によってはトラブルが起こりやすいという欠点もあります。

アスファルト防水は10年以上の耐久性防水性が期待できる一方、人によっては悪臭が気になるようです。

種類を見極めて業者選びを

このように、工法によってメリットデメリットが大きく異なってきます。

自宅の状況からどのような施工が必要かを考え、それを得意とする信頼性の高い業者を選ぶようにしましょう。

外壁塗装や防水工事の耐用年数の目安はこれ!

せっかく外壁塗装や防水工事をしてもらうならば、長持ちした方がいいでしょう。

将来的な施工回数を減らしたいのであれば、「耐用年数」に関してよく知っておくことをおすすめします。

耐用年数は塗料が左右する

外壁塗装にせよ防水工事にせよ、どれぐらい持つかを左右する要素のひとつは「塗料」です。

外壁塗装は塗料に何が使われるかによって耐久性が大きく変わってきます。

もっとも安価なアクリル系塗料の場合、およそ4年から8年程度の耐用年数となっています。

そのほか、シリコン系塗料は7~15年フッ素系は15~20年とされており、コストの高いフッ素系塗料がもっとも長持ちするのです。

今後の外壁塗装工事を減らしたいなら、フッ素での施工を選んだ方がお得と言えるでしょう。

防水工事の場合も、コストパフォーマンスに優れているウレタン防水は12~15年程度ですが、アスファルト防水は15~20年程度とされています。

ちなみに、塩ビシート防水は10~15年程度です。

アフターフォローも考慮しておく

とはいえ、塗料の使用で耐用年数がはっきり決まるというわけではありません。

耐用年数の短い塗料を使っていたとしても、アフターフォローがしっかりした業者であれば、長くきれいな状態を維持できるでしょう。

10年や20年という長期の保証制度を用意している施工業者も少なくはありません。

業者を選ぶ際は、アフターフォローがどの程度かということも重要となってきます。

業者の「腕」も見逃せない

意外に見落としやすいのは「施工業者のスキル」です。

たとえ上質な素材での施工を安価な費用で請け負ってくれたとしても、業者のレベルが低ければ何の意味もありません。

事実、外壁塗装や防水工事の不出来によるトラブルというのは少なからず発生しています。

「安物買いの銭失い」となってしまわないよう、業者のスキルもしっかりみきわめるようにしましょう。

ネット上の口コミや施工事例を見れば、そのレベルがどの程度か把握できます。

依頼時は耐用年数も忘れずに

施工というのは決して安いものではないので、どうしても価格を気にしがちです。

しかし、ここで耐用年数の低い塗料やアフターフォローが十分でない業者を選んでしまうと、将来的に割高となってしまうこともあり得ます。

そうならないよう、「この業者にこの施工を頼めばどれぐらい長持ちするか」といったことを念頭において業者を選んでみましょう。

塗装工事に関するアンケート
対象条件:ボイスノート会員
有効回答者:887人
(調査日:2020/3/2~2020/3/9)

アバターボイスノートマガジン編集部アンケート調査で商品やサービスの人気を徹底調査!多くの人から認められた価値あるものを多くの人にお届けします!