【379人が選ぶ】1歳向け教材おすすめ人気ランキング【2022】知育教育は必要?

仕事・学び

「周りの家庭が教育教材をとりはじめた!」

「いつから勉強を始めさせれば良いかわからない・・・」

「1歳から教育教材は必要?」

徐々に歩き始めたり、意思表示がはっきりしてくる1歳。

できることが増えてきたこの時期に、より知的好奇心を刺激する教育教材をプレゼントしてみませんか?

この記事では1歳におすすめできる教材を、ボイスノート会員379人へのアンケート調査から決定したランキングでご紹介します。

ランキング以外にも1歳から始めるべき教育内容や講座の選び方などを解説。

教材選びにお悩みの方は是非参考にしてみて下さいね。

すぐにおすすめの教材を知りたい方は、「05|1歳向け教材おすすめ人気ランキング」からご覧ください。

おすすめの教材一覧

今回、人気ランキングに登場するおすすめの教材はこちら。

こどもちゃれんじぷち
ディズニー英語システム
天神
モコモコゼミ
baby Kumon(ベビーくもん)

今すぐ1歳向け教材おすすめ人気ランキングを見る▼

1歳に知育教育は必要?

1歳に知育教育は必要?
1歳の知育教育は子どもの将来を考えるとやっておきたいものです。

しかし、親が子どもに対して期待をしすぎてしまったり、親だけが頑張っている場合は逆効果になります。

知育教育は親と子どもが楽しく続けることが前提であり、親が強要したり子どもが嫌がったりした場合はお互いの精神的にも悪影響であるため、やめるべきでしょう。

教育教材や教室には体験コースがついていることがあります。

まずは、自分の子どもに知育教育が必要かどうかは、実践してみてから判断するのがおすすめです。

知育教育は効果が出るの?

経済学の分野においても「教育は早いほど良い」とされています。

ノーベル経済学賞を受賞したヘックマン氏も「知育教育の効果が高い」と明らかにしています。

実際、知育教育をおこなった子どもたちは、6歳の時点でIQが高かったり、27歳の時点で持ち家率が高かったり、40歳の時点で所得が高かったりしていることが明らかになりました。

知育教育をおこなうと子どもの就学準備を整えることにつながるので、子どもはこれからの学習で抵抗を覚えません。

さらに、誰かの話を聞く力を身につけられるので、授業中も大人しくしていられます。

知育教育を通して子どもの世界を広げられるので、将来の選択肢を作ってあげることができます。

知育教育に多くの利点があるのは事実だといえるでしょう。

出典:ペリー幼児教育計画

知育教育に効果がないといわれるのはなぜ?

一方で、知育教育の効果はないといった考え方もあります。

理由としては、知育教育は効果を実感するまでに時間がかかるためです。

1歳に知育教育をしても成績が出てくるのは小学校に入ってからであるため、5年のラグがあります。

「5年も経てば・・・」と考える人もいるため、知育教育に効果がないとの意見もあります。

知育教育は継続するものであり、すぐに効果が出るものではないので注意しましょう。

また、あえて知育教育を実施しない親もいます。

というのも「頑張ったのに効果が実感できなかったら、と考えてしまいそう」だからです。

もちろん、精神的苦痛になるリスクを考えての選択であるため、間違いではありません。

実際、子どもがプレッシャーに感じてしまい、ストレスを与えてしまう例が少なくないので、親の意思よりも子どもの意思を尊重する必要があります。

自主性を育むことを重きに置き、見守るようにしましょう。

ここがポイント
  • 知育教育は実践してみてから継続するか中止するか判断する
  • 子どもの選択肢を増やしたり世界を広げたりできる
  • プレッシャーを与えずに見守らなければならない
  • 強要せず子どもの意思を尊重する

1歳向け教材おすすめ人気ランキングを見る▼

1歳で始めておきたい教育の内容

1歳で始めておきたい教育の内容
1歳で知育教育を始める場合、具体的にはどんな教育をおこなうのがよいのでしょうか。

ここからは教材ごとのメリットをご紹介します。

絵本

絵本は3歳までに1万冊読むと賢い子になるといわれているのもあり、絵本は知育教育に最適です。

幼児期は小さい音も聞き取れるので、言葉の発達を促進する効果があります。

特に、言語の発達が著しい時期であるため、寝る前に読み聞かせをおこなってルーティン化するとよいでしょう。

規則正しい生活を過ごせるようにもなります。

また、初めは読み聞かせをして、読み方を教えてあげると子どもが自然に音読できるようになるので、文字を段階的に理解できる利点があります。

聞く力、語彙力の向上、登場人物の感情を想像する力、何かを疑問に思う力など、非常に多くの力を身につけられるので、知育教育として欠かせません。

とはいえ、年齢に合わせた本を購入しなければならないので、絵本代がかかります。

保管場所も確保しなければならないので、注意してください。

テレビや動画

目で見て耳で聞けるテレビや動画は、子どもの興味や関心をひくことができるので、楽しみながら学習するのに最適です。

特に、教育系のテレビは歌やダンス、人形やアニメーションなど子どもに関心されるようなものを多く使っています。

そして、動画には教育テレビとは違った使い方ができます。

たとえば子どもが英語を学習している場合、言葉の使い方や発音などは理解に苦しんでしまい、なかなか習得につながりません。

しかし、動画であれば正しい発音ができたり、状況に合わせた会話を学んだりできるので、どんどん習得していけます。

人と一緒に勉強している実感も湧くので、1人ではない状況を作るのが容易です。

とはいえ、長時間の視聴はコミュニケーション能力の低下につながったり、視力が落ちたりする可能性があるので、注意しなければなりません。

通信教育

知育教育に悩んでしまった場合、通信教育を検討してみましょう。

通信教育にはカリキュラムが組まれているので、年齢に合わせた学習が可能です。

テキストやおもちゃ、昨今はタブレットを使った通信教育もあるので、さまざまな角度からアプローチできます。

全て自宅でできるものになっているので、自分のペース学習を進められます。

誰かと一緒に学習できれば、競争心を伸ばすことも可能であるため、学習に対する理解度が深くなるメリットがあります。

1人だと集中できない場合などは、誰かと一緒に学習するようにしましょう。

1歳で始めておきたい教育の内容まとめ
  • 絵本は多くの力を養えるが出費と本を保管する場所が必要
  • テレビや動画は子どもに刺激を与えてくれるが長時間の視聴は禁物
  • 共働きで忙しい場合や何をすればよいか分からない場合は通信教育
  • いずれもやらせるのではなく見守る姿勢を維持する

1歳向け教材おすすめ人気ランキングを見る▼

1歳でも楽しめる教材の選び方

1歳でも楽しめる教材の選び方
子どもが楽しめる教材を選ぶのは難しいので、子どもが興味を持ったものを優先するのが良いでしょう。

しかし、興味を持つものが分からないと判断ができないので、まずは広く体験させてあげるのがおすすめです。

上記を把握した上で、教材を選んでいきましょう。

子どもが楽しめるもの

教材選びで重要なのは、子どもが楽しめるかどうかです。

「最近音に興味を持つようになってきた」「物の名前や形、色に興味があるみたい」など、子どもの変化を感じ取って子どもが熱中しているものを教材として選ぶのがおすすめです。

実際、教材を使うのは子どもなので「楽しい」と思わなければ続きませんし、そもそも興味を持ってくれません。

親が選んでしまいがちですが、子ども自身が興味を持っているものを第一に考えましょう。

教材は無料体験できるものがあるので、無料体験を通して判断するのがおすすめです。

教材の価格

子どものために内容を凝っても、価格が高額だと継続できなくなってしまいます。

受講料が高いと支払いが苦痛になるため、価格も意識するようにしましょう。

家庭によって予算は異なります。

予め予算を考えておきましょう。

目的に合わせて選ぶ

文字学んでもらいたい、数の基礎を学んでもらいたい、発想力を身につけてもらいたいなど、育てたい力に合わせて教材を選択しましょう。

とはいえ、目的別で教材を選んだ場合、子どもが全く興味を示さない場合も。

教材は非常に多くの種類があるので、同じ教育内容でもその過程に差があります。

思い通りにならない場合は怒らずに、他に興味を持つものを一緒に探してみるなどに切り替えるようにしましょう。

  • 子どもの変化に気づき、今子どもが興味を持っているものに触れられる教材を選ぶ
  • 教材にも費用がかかるので、無理のない出費ができるものを選択する
  • 目的があって伸ばしたい力や培って欲しい能力がある時は、目的に合わせた教材を選ぶのも1つの方法
  • 子どもが興味を示さない場合もあるので注意

1歳向け教材おすすめ人気ランキング!

1歳向け教材おすすめ人気ランキング
1歳の教育は大手から中小までさまざまな教材が対応しているため、比較を始めた人は数の多さに驚くと思います。

1つずつ丁寧に情報収集しても良いのですが、料金や支払方法など比較ポイントは数多くあり、調べれば調べるほど混乱する人も多いです。

すでに頭が混乱している人や、調べて比較することが面倒だと感じる人は、1歳向け教材おすすめ人気ランキングを確認してみてはいかがでしょうか?

人気がある教材は多くの人にとって外れが少ないものです。

自分なりに比較したいのであれば、上位を比較する事で調べる時間を削減する事が出来ます。

今回は、すでに一定の支持を集めている5つの教材について、ボイスノート会員132人へのアンケート調査から人気ランキングを作成しました!

1歳におすすめの教材比較表を見る▼

第1位 こどもちゃれんじぷち


第1位のこどもちゃれんじぷちは379人中132人(約34.8%)が支持しています。

こどもちゃれんじぷちは、1歳から2歳に向けた教材を提供しています。

1年間で多くの力を身につけることができるので、多くの人から選ばれています。

おすすめポイントPoint1.6つの力が養える教材を提供

Point2.10分から15分で活用できるので時間がかからない

Point3.専門家が監修しているので市販のおもちゃとの違いが明確

こどもちゃれんじぷちの基本情報

料金例 1歳のおたんじょうび特別号:1,980円(税込)
12ヵ月分一括払い:合計2万7,360円(税込)(月あたり 2,280円(税込))
毎月払い:2,780円(税込)
支払方法 クレジットカード、郵便口座自動引き落とし、銀行口座自動引き落とし
郵便振込、コンビニエンスストア振込
資料請求 あり
無料体験 あり
学べる内容 ことば・英語、生活習慣、知育、コミュニケーション力、運動・リズム
こんな人におすすめ
  • 2歳になってからも継続したい人
  • 多くの力を養って育って欲しい人
  • 共働きの人

こどもちゃれんじぷちの詳細情報

・6つの力が養える教材を提供

こどもちゃれんじぷちは、1年間で多くの力が身につけられる教材です。

豊かな語彙力、嫌がるような生活習慣に取り組む力、手指を使う遊びによる知育、人と関わる力、運動やリズムで動きを増やす力、好奇心を育てられる教材を活用できます。

カリキュラムが組まれているので、バランスよく成長させることができます。

・10分から15分で活用できるので時間がかからない

教材は全て10分から15分程度で活用できるので、共働きで時間が確保できない家庭にもおすすめです。

さらに、子どもが持ちやすく壊れにくい、口に入れても安心といった配慮がされているので、子どもが1人でも遊べるようになっています。

映像の教材は全て1分前後で構成されているので、短い時間でも取り組みやすいのが特徴です。

・専門家が監修しているので市販のおもちゃとの違いが明確

子どものおもちゃを購入する上で「子どもが思ったより興味を示さない」「年齢に合ったものを探すのが大変」等の悩みがよくあります。

しかし、専門家が監修した幅広いテーマに触れられる教材を提供しているので、子どもがおもちゃに飽きる心配がありません。

子どもだけではなく大人も新しい発見できるのがこどもちゃれんじぷちの強みです。

こどもちゃれんじぷちのメリット・デメリット

メリット
  • 子どもの世界を広げるのに最適
  • 様々な力を養える
  • 短い時間で活用できる
デメリット
  • 興味のないおもちゃがどんどん増えていく
\専門家監修のもとで開発された教材!/
公式でこどもちゃれんじぷちを見る
1日10分程度で着実に育つ!

第2位 ディズニー英語システム


第2位のディズニー英語システムは379人中73人(約19.3%)が支持しています。

ディズニー英語システムは、家で遊んでいるうちに自然と英語が覚えられる教材です。

子どもが英語を話せるようになり、さらに親の英語力は関係ないのが特徴です。

おすすめポイントPoint1.ディズニーキャラクターと楽しく英語に夢中になれる

Point2.両親の英語力は不要!家族全員で楽しめる

Point3.継続できる手厚いサポートもある

ディズニー英語システムの基本情報

料金例 プレイ・アロング:5万2,800円(税込)月々2,400円から分割可能
シング・アロング:18万4,800円(税込)月々2,800円から分割可能
支払方法 クレジットカード、口座一括払い、分割払い、全額前払い(フルキャッシュ)、代引き
資料請求 あり
無料体験 あり
学べる内容 英語の読み書き、英語の歌
こんな人におすすめ
  • 子どもに英語を身につけてもらいたい人
  • 他の教材で失敗してしまった人
  • サンプルを利用してから契約するか検討したい人

ディズニー英語システムの詳細情報

・ディズニーキャラクターと楽しく英語に夢中になれる

ディズニー英語システムは、ただ英語を覚えるだけの教材ではなく、子どもが楽しみながらインプットとアウトプットできる教材です。

母国語方式を採用しているので、英語の意味や文法を理解しながら習得できるようになっています。

映像、絵本、歌、カードなどの玩具は全て教材と連動していて、レベルアップが実感できる仕組みにもなっているのが特徴です。

・両親の英語力は不要!家族全員で楽しめる

子どもは本能的に言葉の意味や法則を掴み取れる力があるので、両親の英語力は不要です。

絵や映像が両親に代わって英語の楽しさを教えてくれるので、英語を楽しめる環境をつくることに集中できます。

子どもと一緒に教材で遊んでいくうちに、両親も英語ができるようになるケースもあるので、家族で英語が楽しめます。

・継続できる手厚いサポートもある

万が一、子どもが教材を汚してしまったり、口に入れてしまったりしてもサポート体制があるので安心です。

使っている間の故障は何度でも無料で修理や交換に対応してくれるので、学習のペースが乱れません。

購入後は効率的に実践できるように、教材の使い方のオリエンテーションも実施しているため、無駄なく学習ができます。

ディズニー英語システムのメリット・デメリット

メリット
  • 馴染みのキャラクターが英語を教えてくれるので親近感がある
  • 全ての教材が連動している
  • ネイティブの先生と触れ合えるイベントに参加できる
デメリット
  • 料金が高額なので全家庭が利用できるわけではない
\英語が喋れる子どもの教育におすすめ!/
公式でディズニー英語システムを見る
無料体験の申し込みはこちらから!

第3位 天神


第3位の天神は379人中61人(約16.1%)が支持しています。

天神は、30周年を迎えた歴史と実績があるサービスです。

才能の発掘して伸ばせるタブレット教材を提供しています。

おすすめポイントPoint1.0歳から6歳までの子どもが利用できるサービス

Point2.親と一緒に利用できるのでおのずと子どもと触れ合う時間ができる

Point3.タブレットはインターネット接続が不要なので6歳になっても遊ばずに学習できる

天神の基本情報

料金例 パソコン版:32万7,800円(税込)
タブレット版:37万1,580円(税込)
支払方法 振込、代金引換、分割払い
資料請求 あり
無料体験 あり
学べる内容 ことば・英語、読み書き、数字、知育
こんな人におすすめ
  • 子どもが複数人いる人
  • 6歳まで知育教育がしたい人
  • 親子で楽しめる教材を希望している人

天神の詳細情報

・0歳から6歳までの子どもが利用できるサービス

天神は0歳から6歳までの子どもが利用できるので、小学校の入学前の就学準備としても有効です。

知識、数量、言葉、記憶、思考の5系統をバランスよく収録しているので、いつでも学べます。

子どもの才能や個性を活かして伸ばせるので、才育型の教育が可能です。

・親と一緒に利用できるのでおのずと子どもと触れ合う時間ができる

知育教育が楽しくなる達成感を演出したり、小さい目標を少しずつクリアできるような教材なので、楽しく学習できます。

1歳の場合、親の膝に子どもを乗せて学習するシーンも多くあるので、子どもとコミュニケーションができるツールとしても有効です。

子どもが正解したらハグやハイタッチをすることで、愛情をも注げます。

・タブレットはインターネット接続が不要なので6歳になっても遊ばずに学習できる

タブレットはインターネットに接続する必要がありません。

教材のダウンロードが不要で、インターネット回線を使って動画サイトにアクセスする心配もないので、安全に活用できます。

もちろん、インターネット環境がない場所でもいつでも学習できるので、外出先に持っていくこともできます。

天神のメリット・デメリット

メリット
  • タブレット1台で6歳まで学習できる
  • 親子のコミュニケーションツールにも使える
  • 子どものやる気をサポートする機能もある
デメリット
  • 買い切りなので高額
\資料請求をすれば無料体験ができる!/
公式で天神を見る
親子で楽しめる教材!

第4位 モコモコゼミ


第4位のモコモコゼミは379人中57人(約15.0%)が支持しています。

モコモコゼミは、幼児教育に長けているこぐま会教材による幼児通信教育を提供しています。

実践するだけで着実に思考力や表現力の育成ができます。

おすすめポイントPoint1.1歳は学習の楽しさを教える教材に

Point2.毎月異なるカードやパズル、ぬりえやシールが届く

Point3.カリキュラムが終わるとコースが変わる

モコモコゼミの基本情報

料金例 月額1,408円(税込)
支払方法 クレジットカード、コンビニ支払い、銀行後払い
資料請求 なし
無料体験 なし
学べる内容 思考力、表現力
こんな人におすすめ
  • かわいいキャラクターが好きな子どもがいる人
  • 海外に住んでいる人
  • 子どもに色々な経験をさせてあげたい人

モコモコゼミの詳細情報

・1歳は学習の楽しさを教える教材に

モコモコゼミでは、毎月カードやパズル、ぬりえやシールを使って学ぶ楽しさから育んでいきます。

かわいいキャラクターを並べているだけではなく、しっかりと子どもの力を引き出せる理想的な教材です。

「知る」ことが楽しいことだと教えるのに最適なので、色々な経験をさせてあげたい場合に役立ちます。

・毎月異なるカードやパズル、ぬりえやシールが届く

毎月異なるおもちゃが届くので、子どもが飽きずに学習できるのもモコモコゼミの魅力です。

翌年から始まる本格的なカリキュラムに備えた内容になっているので、モコモコゼミだけで準備が整います。

子どもの思考力と表現力を鍛えるのに最適です。

・カリキュラムが終わるとコースが変わる

1歳のコースが終わると、プチコースへ進級します。

年齢に合わせたカリキュラムが組まれているので、おもちゃ選びなどに悩む心配がありません。

毎月お楽しみ要素が詰まっており、子どもも飽きずに続けられますね。

モコモコゼミのメリット・デメリット

メリット
  • 実績があるこぐま会が提供するので安心感がある
  • 子どもの個人情報を登録する必要がない
  • 料金に負担がない
デメリット
  • 体験ができない
  • 小学校の受験対策には不向き
\月額料金が非常に安価!/
公式でモコモコゼミを見る
楽しく学習できます!

第5位 baby Kumon(ベビーくもん)


第5位のbaby Kumon(ベビーくもん)は379人中56人(約14.8%)が支持しています。

baby Kumon(ベビーくもん)は、オリジナル教材と月に1度の先生とのコミュニケーションができるサービスです。

0歳、1歳、2歳の親子のやり取りをサポートします。

おすすめポイントPoint1.毎月家で遊ぶ教材が届く

Point2.先生ともコミュニケーションが取れるので子育てが不安でも安心

Point3.全国に教室があるので誰でも通える

baby Kumon(ベビーくもん)の基本情報

料金例 月額2,200円(税込)
支払方法 クレジットカード、口座振替
資料請求 あり(デジタルカタログ)
無料体験 あり
学べる内容 読み聞かせ、歌いかけ、語りかけ、やりとり遊び
こんな人におすすめ
  • 絵本選びに悩んでいる人
  • 先生のサポートもしてもらいたい人
  • 教室に通って学習させたい人

baby Kumon(ベビーくもん)の詳細情報

・毎月家で遊ぶ教材が届く

ベビーくもんは、毎月1冊絵本を渡してくれるので絵本選びに悩まずに済みます。

もちろん、年齢に合わせた絵本なので子どもの発達にあわせた言葉のやりとりが楽しめますよ。

教材は全て発達心理学の専門家がアドバイスしたものであるため、構成が充実しているのも特徴です。

・先生ともコミュニケーションが取れるので子育てが不安でも安心

ベビーくもんでは、先生が子どもの1か月の成長を一緒に振り返ってくれます。

具体的な使い方のアドバイスもしてもらえるので、子どもに対して接する意識の改善も可能です。

子どもだけではなく親も成長できますね。

・全国に教室があるので誰でも通える

ベビーくもんは全国に教室があるので、誰でも通えるのが特徴です。

家で学習していると息が詰まってしまう懸念点がありますが、通えるのでよい気分転換にもなります。

無料体験も気軽に参加できるので、親子で行ってみてはいかがでしょうか。

baby Kumon(ベビーくもん)のメリット・デメリット

メリット
  • 絵本や歌で感性を育てられる
  • 親に向けた育児冊子も提供
  • ことばのやり取りが学習できる
デメリット
  • 3歳以上は対象年齢外となる
\全国で無料体験実施中!/
公式でbaby Kumon(ベビーくもん)を見る
電話による相談も可能!

ランキング第1位を見る▼

1歳におすすめの教材人気比較ランキング表

今回紹介した教材を比較表でまとめました!

気になる教材が複数ある場合は、比較してみてくださいね。

1歳向け教材おすすめ人気ランキング表
1歳向け教材おすすめ人気ランキング表

1歳向け教材の比較表

順位第1位第2位第3位第4位第5位
イメージ
名称こどもちゃれんじぷちディズニー英語システム天神モコモコゼミbaby Kumon(ベビーくもん)
詳細リンク公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
料金例1歳のおたんじょうび特別号:1,980円(税込)
12ヵ月分一括払い:合計2万7,360円(税込)(月あたり 2,280円(税込))
毎月払い:2,780円(税込)
プレイ・アロング:5万2,800円(税込)月々2,400円から分割可能
シング・アロング:18万4,800円(税込)月々2,800円から分割可能
パソコン版:32万7,800円(税込)
タブレット版:37万1,580円(税込)
月額1,408円(税込)月額2,200円(税込)
支払方法クレジットカード、郵便口座自動引き落とし、銀行口座自動引き落とし
郵便振込、コンビニエンスストア振込
クレジットカード、口座一括払い、分割払い、全額前払い(フルキャッシュ)、代引き振込、代金引換、分割払いクレジットカード、コンビニ支払い、銀行後払いクレジットカード、口座振替
資料請求ありありありなしあり(デジタルカタログ)
無料体験ありありありなしあり
学べる内容ことば・英語、生活習慣、知育、コミュニケーション力、運動・リズム英語の読み書き、英語の歌ことば・英語、読み書き、数字、知育思考力、表現力読み聞かせ、歌いかけ、語りかけ、やりとり遊び

1歳の教育教材に関するよくある質問

無料体験の予約方法は?

教材のサイトにアクセスすれば簡単に予約ができます。
何か不明点があれば電話で問い合わせをすることもできるので、電話をして聞いてみるのもおすすめです。
とはいえ、全てのサービスで無料体験を実施しているわけではありません。
利用したい教材が無料体験を実施していない可能性もあるので、事前に確認しましょう。

継続できるのでしょうか?

映像や音声を駆使した教材も非常に多くあるので、分かりやすさに重きを置いた教材がほとんどです。
取り組みやすく、1問ごとに褒めてもらえるような内容であるため、子どもは楽しめるでしょう。
さらに、一部のサービスでは保護者をサポートもしてくれるので、何かあれば相談ができます。

子どもが何に興味があるのかが分かりませんが大丈夫でしょうか?

問題ありません。
まずは、子どもの興味を理解するところから始めましょう。
種類が充実している教材を選択して、子どもが関心を示すものを理解すれば学習を継続することができます。
教材は親子とのコミュニケーションをつなぐものです。
有効に活用すれば子どもと一緒に成長していけますよ。

まとめ

知育教育は種類が多く悩んでしまうのも無理はありません。

教育を進めていく上での不安も多くあるでしょう。

しかし、上記で紹介した教材は「いかに子どもが楽しめるか」を追求した開発されたものなので、安心して利用できます。

とはいえ、強引にやらせるなどの行為は親子にとってストレスになってしまうので、子どもの気持ちを汲み取って利用するかどうかを決定しましょう。

1歳向け教材おすすめ人気ランキングを見る▼

この記事のランキングは、下記の調査を根拠として作成されています。

1歳向け教育教材に関するアンケート
2022年7月調査レポート
【調査概要】
■調査手法
インターネットでのアンケート調査
自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施
■調査対象者
全国の男女(ボイスノート会員)
■調査期間
2022年7月5日~7日
■調査対象企業選定条件
インターネット上に紹介ページがある教材のうち、ボイスノートマガジン編集部が選出した10ヵ所
【調査結果】
全国の男女に対して調査を実施、379名から回答を得た。
質問: 最も満足度が高いと思う教材を選んでください。
得られた回答は以下の通り。

商品名 回答数 割合
こどもちゃれんじぷち 132 34.8%
ディズニー英語システム 73 19.3%
天神 61 16.1%
モコモコゼミ 57 15.0%
baby Kumon(ベビーくもん) 56 14.8%

(n=379)

今回の調査の結果、「最も満足度が高い教材」は「こどもちゃれんじぷち」となった。

編集部員R元ゲームライター。家電や学びについての情報を発信していきます。