個別指導塾のおすすめ6選【2019年最新版】評判ランキングや比較ポイントだけでなく集団塾や家庭教師との違いやメリット、デメリット、選び方についても解説!

生活

この記事では個別指導塾の中でも特におすすめできる6つの個別指導塾を、ボイスノート会員1,000人へのアンケート調査から決定したランキングを含めてご紹介します。

ランキング以外にも集団塾や家庭教師との違いやメリットデメリット、選び方などをご紹介します。

個別指導塾選びにお悩みの方は是非参考にしてみて下さいね。

個別指導塾のおすすめ6選と評判ランキング

個別指導塾といっても、大手から地元密着まで数多くの個別指導塾が存在します。

最終的には無料体験授業を受けて判断すべきですが、数多くの個別指導塾をいちいち回っていては時間がかかってしまいます。

そこで今回はすでに一定数の支持を集めている個別指導塾を6つ厳選した上で、ボイスノート会員1,000人へのアンケート調査により、実際に評判の良い個別指導塾をランキング形式でご紹介します。

ランキングを確認する前に、まずは厳選された6つのおすすめ個別指導塾を確認していきましょう!

個別教室のトライ

個別教室のトライは、家庭教師のトライのクオリティを教室で受けられる完全1対1の個別指導塾です。

トライ式学力定着サイクルで、習得と習熟・演習を反復して行うことで、授業内容をしっかりと定着させます。

トライオリジナルのトライ模試も実施していて、全国順位や志望校判定、学習プランの修正を行えます。

専任講師によるマンツーマン指導には多くのメリットがあります。

多くの個別指導塾では毎回講師が違い習熟度を把握してもらえないことや、講師への質問がしづらいという点があり、それが悩みの種になりがりです。

しかし個別指導のトライでは完全マンツーマンの専任制にこだわっています。

講師と生徒が1対1で授業が進むため、会話を通じてしっかりと理解することができて、一人一人の学習の理解度をリサーチすることで、弱点を発見でき、そこからオーダーメイドのカリキュラムを作成し目標の達成まで導きます。

そして講師陣も適正テストや学力テストにより、厳しく選別された候補者から教室長が面談で選定していて、お子様の性格や受講目的、教科、スケジュールを考慮して最適な講師を選びます。

何か気になる点がある場合も、講師交代は無料でいつでも何度でも可能です。

授業がない日にも自習室は利用することができて、疑問点があれば教室長や講師に質問することで、わからないポイントはその場で解決できて効率の良い勉強ができます。

小学生、中学生、高校生、中高一貫校生のためのコースとそれぞれ分けていて、多数のコースをご用意しているので自分に適したコースが何かわからなければ、ぜひお問い合わせしてみて下さい。

個別教室のトライの公式ページはこちら

スクールIE

スクールIEはやる気スイッチのCMでお馴染みの個別指導塾です。

全国に970の教室を展開していて実績があるポイントは、とにかく生徒一人一人のやる気を上げ、継続させるところに重きを置いているところにあります。

独自のメソッドである、やる気度診断テストと成績アップシステムを用いて、お子様の性格や個性を分析した上で、現在の学力を正確に診断します。

その結果から室長、講師、保護者、生徒で相互に面談を行い、細かい目標設定をします。

1対1の個別指導か1対2の個別指導にするかを選ぶことができるのもポイントで、1対2の個別指導の場合はそれぞれに個別の内容を講師が指導するシステムになっています。

常に講師が隣に座っているので、質問がしやすくて、疑問点は授業内でしっかりと解消することができます。

カリキュラムもすべて選べるフルオーダーメイドであることにこだわっていて、苦手分野は基礎から得意分野は志望校レベルの実習問題を行うなど、効率的な授業をすることで、生徒さんのご希望の学習ペースに対応したきめ細かな指導をします。

保護者様との面談も定期的に行っていて、しっかりと生徒さん自身の状況を把握することで、ご家庭からの意見を学習指導へ反映して、モチベーションを上げるコーチングを実施しています。こういったサポート体制もしっかり整っているのが魅力の一つです。

まずはお近くの教室まで資料請求、お問い合わせをしてみてはいかがでしょうか?

スクールIEの公式ページはこちら

東京個別指導学院

東京個別指導学院は全国に250教室を展開する、30年以上の伝統と実績のある個別指導塾のパイオニア的な存在の業界大手の個別指導塾です。

すべて本部の直営校でフランチャイズ教室が存在しないのも特徴となっています。

教室長は入塾希望者への窓口となり、生徒・保護者との進路相談や面談、講師のマネジメントなどをしますが、実際に授業を行うのは基本的に大学生のアルバイト講師です。

「TEACHERS’SUMMIT」という教室運営に直接携わり講師がPDCAを回す仕組みがあるため、より講師の主体性やコミュニケーション力、リーダーシップを成長させるような機会の提供をしています。

授業体系は演習と解説のバランスがよい1対2での授業が基本となっていますが、しっかりと解説を受けたい生徒のニーズに合わせて、1対1の授業も可能となっています。

曜日・時間帯・回数を相談しながら時間割を決定していくことが可能で、当日振り替えが無料でできるので部活動や習い事との両立もなんなくできます。

資格対策の授業も行っていて、目標達成に向けたカリキュラムを一人一人個別に作成しています。

またオーダーメイドカリキュラムを作成しているので、必要な課題は何なのか分析して、効果的で効率のよい目標達成までの道筋を用意してくれます。

30年間、30万人以上の生徒たちを支えてきた、独自の学習メソッドがあるので、信頼できて安心できるサポートをしてもらえるでしょう。

東京個別指導学院の公式ページはこちら

TOMAS

TOMASは首都圏で約70校を展開する個別指導塾です。

このTOMASという名称はもとは「東京マンツーマンスクール」の愛称であり、マンツーマン個別指導塾の先駆けとしても知られています。

特に難関校への高い合格実績があり、一般的な補習塾というよりは、受験対策がしっかりできる進学塾である面が大きいです。

1対1の完全個別指導スタイルに強いこだわりがあり、授業は黒板付き個室で行ない、個別指導という形式でありながら講師は立って指導します。

これは集団授業をしているという意識を、生徒と講師の両者が持つことにより、他の生徒と授業を受けているような環境作りができて、緊張感のある質の高い授業を行うというねらいがあります。

カリキュラムも生徒からヒアリングを行うことで、明確な目標設定ができるようになっていて、ここから講師が逆算して必要なことを取り込んでいきます。

授業内容も保護者にしっかりと丁寧にフィードバックしてくれますので、生徒の学習状況を親御さんも把握できて、担任が合格までしっかりとサポートしてくれます。

また入試情報の提供や家庭学習へのアドバイスもしていて、年間を通じて入試イベントを数多く開催しています。

TOMASの公式ページはこちら

明光義塾

明光義塾は全国に2100教室以上を展開する個別指導塾です。

明光義塾では長年培った指導ノウハウから、わかったことを生徒自身の言葉で表現できるようにする授業スタイルの、「MEIKO式コーチング」というコミュニケーションを徹底しています。

つまり生徒自身が自分で考えて、自分の力で問題を解決することができ、授業で何がわかったのかを自分の言葉で話すことで、自覚を持って記録し学力を身につけていくという方針です。

1授業は90分で構成されていて、講師1名が生徒3名程度に対して個別指導を行っています。

自立学習というのが理念としてあるので、必要以上に教え込まず、自分で解く力を養うために、常に講師がそばにいるわけではないのも特徴としてあります。

また生徒一人一人と面談をしていて、目的や学力に合わせた学習プランを構築していくので、生徒の目標達成までをしっかりとサポートしてくれます。

授業は予め設定した、曜日・時間に通塾して受けるのですが、当日の都合によっては振り返ることも可能となっています。

ただし、原則3日前まで(教室によっては前日まで)に予め連絡しておく必要があって、このようなシステム上、毎回の授業を担当する講師が異なることもあります。

明光義塾の公式ページはこちら

栄光の個別ビザビ

栄光のビザビは首都圏で350校近くの教室を展開する、栄光ゼミナール直営の個別指導塾です。

教育方針として塾を楽しもう!ということをコンセプトとして掲げていて、先生と生徒のコミュニケーションを通してわかる楽しさや学ぶ楽しさを伝え、一人一人に学習プランの提案や集中して学習できる環境作りに努めています。

苦手克服、成績アップ、受験対策など生徒それぞれに合った学習プランを提案して、悩みを専任のアドバイザーが聞いてくれるため、悩みの対策に最適なプロ講師の授業を受けることができます。

また自立学習室やウェブ学習システムがあったり、学習プランを保護者と共有したり、プライバシーを守る個別のトレイなど、安心して学習できる環境作りを徹底しています。

さらに駅近の立地で、ICカードによる入退室管理システム、緊急連絡先の共有、危機管理体制など、事故や災害を未然に防止する安全対策をしっかりと行っています。

勉強が好きではない子にも塾を楽しんでもらえるような、プランや学習環境を用意していることが特徴となっています。

栄光の個別ビザビの公式ページはこちら

個別指導塾の評判ランキングをグラフで紹介!

ここまで6つの個別指導塾をそれぞれご紹介してきましたが、ボイスノート会員1,000人へのアンケートに基づくランキングで第1位となったのはどの個別指導塾なのでしょうか?

アンケート結果のグラフも見ながらさっそく確認していきましょう!

最も利用したい個別指導塾は?最も利用したい個別指導塾は?

個別指導塾の評判ランキングで第1位となったのは、全体の3分の1以上である366人から支持された個別教室のトライでした!

TVのCMによる抜群の知名度はさることながら、トライ式学力定着サイクルや専任講師によるマンツーマン指導などの独自の取り組みが高く評価された結果であると思われます。

評判ランキングで第2位となったのは、全体の約24%である240人から支持された明光義塾でした。

生徒一人ひとりに指導内容を用意しながら、自立学習で生徒の自主性も大切にする姿勢が好印象に思われているのかもしれません。

評判ランキングで第3位となったのは、全体の約13%である125人から支持された東京個別指導学院でした。

個別指導塾の老舗として培ってきたノウハウやシステムに対する信頼や口コミが人気につながっていると考えられます。

今回ご紹介した個別指導塾の評判ランキングはあくまでアンケートに基づく人気投票のため、必ずしも上位の個別指導塾が自分に適しているとは限りません。

ですが、複数の個別指導塾の違いが分からず迷っている場合や、急いで個別指導塾を探さなければならない場合に、評判ランキングは1つの判断基準となります。

無料体験教室や資料請求などを通して内容を精査して、最もふさわしい個別指導塾をぜひ見つけてくださいね!

個別指導塾とは?集団塾や家庭教師との違いを解説!

マンツーマンもしくは教師1人に対して生徒が2、3人というスタイルで教えている塾が個別指導塾です。

現在は大人数の塾や予備校は激減して、少人数制や個別指導が流行となっています。

これには少子化という大きな問題も要因として絡んではいるのですが、それのみならず保護者への対応や運営のしやすさもポイントとして挙げられます。

まず少子化というところで言うと、子供の数が減ったことで1クラス平均30人ほどの時代となっていて、場合によっては先生が2名体制で授業を行うような学校がほとんどです。

このような公教育に対応するとなると、塾としては大人数の体制ですと、学校教育の繰り返しのようなシステムとなってしまうため、行きつく先は少人数の個別指導なのです。

少人数の個別指導塾であれば生徒一人一人を主体としたカリキュラムの作成ができて、より細かい指導が可能となってきます。

また保護者対応というところでは、保護者のねらいである「理想の学習環境の確保」と「学習の効率化」を最も実現しやすくて、保護者との面談もしやすく学習状況の管理もしやすいというところで、個別指導は確実なスタイルなのです。

また運営も集団塾よりも圧倒的に楽です。

集団授業の講師となるとクラス全体の意識を集中させて、状況に応じた受け答えをしながら、効率的に授業を進めなければなりません。

しかしこれはすぐにできるようになるわけではないため、講師の育成がとても難しいのです。

その点でも個別指導の講師育成は生徒一人一人に適した指導を行えればいいだけなので、コミュニケーション能力が多少あれば問題にはなりません。つまり講師育成が楽なのです。

このようないくつかの理由があり、個別指導塾は現在塾のスタンダードとなってきました。

個別指導塾と集団塾の違いは?

では集団塾や家庭教師とは何が違うのでしょうか?

まず集団塾との違いでいうと、生徒ごとの理解度に関係なくカリキュラム通りに授業が進むのが集団塾で、たとえわからない部分があっても先へ進んでしまいます。

1日でも遅刻や欠席をしてしまうと、授業についていけなくなってしまう可能性があるため、モチベーションが下がりやすい部分があります。

また生徒も複数いるということは、中には発言が多くて授業の妨げになるような生徒もいます。

先生が上手く回せればいいのですが、授業進行が下手な先生ですとそこで一旦ストップしてしまうでしょう。つまり効率もそれほど良くなかったりします。

しかし個別指導塾であれば、カリキュラムは生徒一人一人に個別に作成して授業を進めてもらえるため、生徒のペースに合わせていて、例え欠席や遅刻をしても前回終わったところから、授業を再開することができます。

そして会話する相手も先生のみなので、信頼関係が生まれやすく、先生のさじ加減のみで授業を進行していくことができるため、余計な脱線もなく質問したいタイミングで自由に質問して疑問点を解消しながら学習を進めていくことができます。

もちろん集団塾にも良い点はあって、それは他の生徒の存在が刺激になるということです。

つまり良い意味での競争意識が生まれやすくて、テストの結果をお互いに共有することで、改善点がわかったり切磋琢磨できる友人になったりします。

これが個別指導塾ですと切磋琢磨できる相手がいないため、モチベーションは自分自身で上げていかないとなりません。

また1人の先生を独占するシステムのため、どうしても集団塾と比較すると費用は高くなってしまうという傾向があります。

個別指導塾と家庭教師の違いは?

次に家庭教師との違いでいうと、先生個人の技量や受験知識と金銭面での負担が大きく異なっています。

家庭教師の場合もその先生がつきっきりで教えてくれるため、メリットも多いのですが相性に左右される面が多く、力不足の先生と当たってしまうと学習効果が悪くなるという危険性があります。

その点、個別指導塾は先生の交代をしてもらいやすく、こちらのスケジュールの都合も融通が利きます。

また受験などの情報量も少なくて、相談などしても一般的なアドバイス以上のことはしてもらえない可能性が高く、金銭面もベテランの講師になればなるほど、報酬はかなり高額になってきます。

もちろん家庭教師にもメリットはあります。通塾の移動時間はないですし、慣れた環境で落ち着いて勉強ができて、忘れ物の心配もいりません。そしてご家族全体とコミュニケーションをとりがら学習を進めていくことができます。

個別指導塾、集団塾、家庭教師とそれぞれ良さがあるので、自分に適したと環境を選択しましょう!

個別指導塾に通うメリットとデメリットはこれ!

個別指導塾のメリットは?

個別指導塾に通う場合に、実際にどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

まずメリットとしては授業内容がオーダーメイドとなるので、自分の学習スタイルに合った専用のカリキュラムを作成して学習をすることができます。

なので短期集中型で多くの教科を学習することも可能ですし、自分の苦手な分野だけに絞って長期的に補習してもらうことも可能です。

さらに時間と曜日が好きな時間に設定できるので、習い事や部活動との両立もしやすくて、欠席をしても振り替え制度があるため、授業から遅れてしまいついていけなくなるということがありません。

また他の生徒の目が気にならないので、質問も自分のタイミングでできるため、疑問点があればその場で解決してから次に進んでいくことができます。

わからない理由をすぐに発見してもらえるということですね。

そして先生との相性が悪くても、相談をして変更してもらうことも可能です。

自分の性格やタイプと合った先生を選ぶことができるので、コミュニケーションの部分での苦労が少ないです。

個別指導塾のデメリットは?

しかしデメリットもいくつかあります。まずライバルができづらいので競争心は生まれにくいです。

周りと比べて自分の習熟度を測ることができずらいので、全国模擬試験や大きなテストで順位が出たりしないと、自分の実力がどれぐらいなのかわからないということになります。

なのでモチベーションは自分でどうしても上げていかないといけない部分があります。

そしてカリキュラムの調整ができすぎてしまうが故に、受験までの日程をしっかりと逆算してカリキュラムを考えられる講師がいるか、しっかりとしたシステムがないと受験に失敗する恐れがあります。

また塾側の都合で先生が変わるところもあり、変わる前と後での教え方にどうしても差が生まれてしまいやすいです。

コミュニケーションもある程度、生徒側がとれるタイプでないと授業内容の進行が遅くなることがあります。

さらに仲良くなり馴れ合いになってしまう危険性もあり、無駄な雑談が増えたり、甘やかされてしまうこともあります。

こういったことはアルバイト講師に起こりやすいので、アルバイト講師しかいないような教室だと授業の質が低くなりやすい傾向があります。

個別指導塾の選び方は?注意すべきポイントも解説!

個別指導塾が向いているのはどんな子ども?

個別指導塾といってもいろいろなタイプの塾が多数あるので、どの塾を選べばいいのか迷ってしまいますよね。

まずどんな子どもが個別指導塾のシステムに適しているのかというところを考えていきましょう。

得意不得意がはっきりしている又は極端な苦手科目がある子は個別指導塾が向いています。

集団塾の多くは複数科目を受講していくことになるため、すべての科目がバランスよくできる子は問題なくても、苦手科目でまったくついていくことができない場合は基礎からやり直さなくてはなりません。

その点ですと個別指導であれば、苦手科目のみの授業を集中して勉強することができるので、短期間でできない科目を克服することが可能です。

逆に非常に高い学力がある子どもも個別指導塾に向いています。

集団塾でのカリキュラム内容では簡単すぎて復習にしかならないという子も中にはいます。

これでは消化不良を起こしてしまいますので、個別指導ならばより高いレベルまで内容を難しくして勉強をすることができます。

また習い事や部活が忙しくて、集団塾のスケジュールが合わないという子もぴったりです。

個別指導塾を選ぶ4つのポイントとは?

では個別指導塾を選ぶポイントを4つ紹介します。

1つは先生との相性です。

マンツーマン指導を受けることになりますので、何よりも性格が一致するかどうかは重要になります。

教え方やコミュニケーションの取り方が合っていないと、お互いの間に溝ができやすく授業の進行度にも影響が出てきます。

そして科目もできれば自分が受講する科目について詳しい先生に教えてもらった方が、細かいポイントまでしっかりと教えてもらえることができて質問にもちゃんとしたロジックで答えてくれるのでいいでしょう。

2つは学習環境です。

これは見学に行ってみることでわかります。

実際の塾の中のレイアウトやブースの分け方、机の配置などを観察してみて、圧迫感があったり、周囲の音が気になるような環境である場合は避けた方が良いです。

3つは費用です。

塾によって費用が異なります。

大手の塾か小規模の塾かというところや、マンツーマンの授業なのか1対2なのか、さらに授業の長さでも変わってきます。

しかしここで注意すべきポイントもあって、それは安いという理由だけで決めてしまうのは安易なので止めた方がいいいうことです。

費用が高価ということはそれだけ設備がしっかりと整っている事が多いです。

自習室やeーラーニングなどは上手く使えば自宅での学習よりも効率が良いこともあります。

なのであくまでも学習スタイルに見合った環境と費用なのかを考慮して決めましょう。

4つは通いやすさです。

移動時間が負担にならない距離の場所かどうかを考えましょう。

そしてお子さんを1人で通わせるのですから、道中の安全性も把握しておく必要があります。

繁華街や暗い場所などを通るのであれば、トラブルに巻き込まれないようにお子さんに一言注意して意識を持ってもらうだけでも違います。

そして休日などに自習室などを利用するならば、交通費もバカになりません。

定期券が必要かどうかなども通う前に確認しておきましょう。

選び方の結論としては、複数の塾を比較して検討することが大切です。

口コミや評判を気にすることも大事ですが、しっかりと体験授業を受講してみて、自分に合った塾なのかを上に挙げたポイントを考慮して判断するようにしましょう。

個別指導塾に関するアンケート
対象条件:ボイスノート会員
有効回答者:1,000人
(調査日:2019/5/29~2019/5/30)

編集部員N編集部員Nブロガーからボイスノートマガジンの運営メンバーの1人となる。無料SEO分析ツールのUbersuggestが最近のお気に入り。検索ユーザーに良い情報を届けることを大切にしている。