【1,001人が選ぶ】青汁のおすすめ人気ランキング【2019】効果や成分、飲み方も解説!

健康

この記事では青汁の中でも特におすすめできる評判の青汁を、ボイスノート会員1,001人へのアンケート調査から決定したランキングでご紹介します。

ランキング以外にも青汁の選び方や種類、効果や成分についても詳しくご紹介します。

青汁選びにお悩みの方は是非参考にしてみて下さいね。

青汁おすすめランキング!

青汁といっても、原料やタイプに違いがあり、数多くの青汁が存在します。

最終的には実際に飲んでみて判断すべきですが、数多くの青汁を調べるのはとても時間がかかってしまいます。

そのような場合に、多くの人が選ぶ青汁のおすすめランキングは1つの判断基準になります。

そこで今回はすでに一定数の支持を集めている青汁を4つ厳選した上で、ボイスノート会員1,001人へのアンケート調査により、実際に評判の良い青汁をランキング形式でご紹介します。

さっそく1位から順番に確認していきましょう!

第1位 伊藤園緑茶習慣

お茶感覚で健康な生活習慣を実現できるのがこの「伊藤園緑茶習慣」です。

お茶製品でおなじみの伊藤園が製造していることもあり、特定保健用食品、通称トクホの食品として認定されています。

糖の吸収を抑え、血糖値の上昇を抑える効果が期待できる成分が配合されているので、食後の血糖値が気になる人におすすめのお茶です。

水に溶けやすいスティックタイプになっており、持ち運びも便利です。

おすすめポイントPoint1.毎日続けやすいスティックタイプ

Point2.血糖値上昇を抑える効果を期待できる

伊藤園緑茶習慣の基本情報

会社名株式会社伊藤園
住所〒151-8550 東京都渋谷区本町3丁目47番10号
電話番号0120-037-249

伊藤園緑茶習慣の詳細情報

【スティックタイプでとてもお手軽】

毎日の食事に何かひとつプラスして健康を維持したいという人におすすめなのがスティックタイプの青汁です。

独特な風味や青臭さが気になる青汁ですが、国産抹茶を使用している伊藤園緑茶習慣であれば緑茶のように気にせず手軽に飲めるでしょう。

水にも簡単に溶けるので、外出先でも簡単に飲むことができます。

お茶としておいしいだけでなく、青汁の成分もしっかり含んでいるので、毎日飲みやすく健康への効果も期待できます。

【生活習慣病が気になる人におすすめ】

トクホに認定されている製品なので、ある程度の効果が保証されています。

食後の血糖値を抑える効果があるとされる食物繊維の一種である難消化性デキストリンが多く含まれており、糖の吸収を穏やかにしてくれる効果があるでしょう。

血糖値の上昇を抑えるだけでなく、不足分しがちな食物繊維も補給できます。

加えて、高血圧の予防が期待できるお茶由来のポリフェノールも含まれており、継続的に飲めば生活習慣病の予防につながるでしょう。

Amazonで伊藤園緑茶習慣を見てみる

第2位 大正製薬大麦若葉青汁

生活習慣や食生活の乱れから血糖値が気になり、健康に不安を抱えているひとも多いのではないでしょうか。

最近では自覚症状がなくても、食後に血糖値が急上昇してしまう「隠れ糖尿病」が増えています。

大正製薬大麦若葉青汁は特定保健用食品として認可されており、糖尿病をはじめとする生活習慣病予防の効果が認められています。

飲みやすく栄養豊富な大麦若葉をベースとしているので苦みや青臭さも少なく、抹茶味なので毎日飲みやすくなっています。

おすすめポイントPoint1.糖の吸収を緩やかにする難消化性デキストリン配合

Point2.有機大麦若葉をベースにしている

大正製薬大麦若葉青汁の基本情報

会社名大正製薬株式会社
住所〒170-8633 東京都豊島区高田3丁目24番1号
電話番号0120-81-8428

大正製薬大麦若葉青汁の詳細情報

【難消化性デキストリンを配合したトクホの青汁】

まだ糖尿病ではないからといって食生活や生活習慣を改めないと、近い将来には糖尿病になってしまう可能性は十分にあります。

その他の生活習慣病を予防するためにも栄養バランスから見直してみるのはいかがでしょうか。

大正製薬大麦若葉青汁には、糖の吸収を緩やかにする効果がある食物繊維のひとつである「難消化性デキストリン」が配合されています。

通常、食後には糖質が血中に吸収されることで血糖値が上昇します。食物繊維を多く含む青汁と一緒に摂ることで糖質の吸収を緩やかにすることができるので、血糖値が心配になる人は飲んでみるといいのではないでしょうか。

【ビタミンやミネラル豊富な大麦若葉がベース】

大正製薬大麦若葉青汁は、熊本県阿蘇にて無農薬で栽培された有機JAS認定の大麦若葉をベースに作られています。

安全性もさることながら、火山が多い九州の有機物を多く含んだ土壌で育った大麦若葉は、他の野菜と比較しても非常に多くのビタミンやミネラルを含んでいます。

栄養が豊富だけではなく、バランスにもすぐれた大麦若葉が主原料となっているので、ビタミンやミネラル、食物繊維といった普段の食生活で不足しがちな栄養素を補うことができます。

Amazonで大正製薬大麦若葉青汁を見てみる

楽天で大正製薬大麦若葉青汁を見てみる

第3位 森永製菓おいしい青汁

青汁は苦くて青臭くて飲みにくいという認識がいまだに強いでしょう。

森永製菓美味しい青汁は、調味料や香料、保存料を一切使用せず、野菜と果物だけで作られているにもかかわらず、従来の青汁にはない飲みやすさを実現しています。

原料はすべて国産で、厳正な品質管理がなされた国内の工場で生産されているので、安全性も高い製品です。

ビタミンやミネラルも豊富で、食物繊維も多く含んでいるため、生活習慣病を予防する効果もあります。

おすすめポイントPoint1.国産野菜と果物にこだわった高い品質

Point2.中性脂肪値と血糖値を下げる効果が期待できる

森永製菓おいしい青汁の基本情報

会社名森永製菓株式会社(MORINAGA&CO.,LTD.)
住所〒108-8403 東京都港区芝5-33-1
電話番号0120-560-162

森永製菓おいしい青汁の詳細情報

【おいしさと飲みやすさにこだわったおいしい青汁】

まずい、苦い、青臭いといった青汁の典型的なイメージを覆すおいしさを実現したのが「森永製菓おいしい青汁」です。

苦味も青臭さもなく、スッキリとした後味の青汁なので、毎日飲み続けられるでしょう。

青汁を毎日飲みたいけれど、まずくてとても飲めない、という方におすすめの商品です。

主成分には国産のケールを使用しており、明日葉やにんじん、りんごなど10種類の野菜と果物を使用しています。

また、砂糖や食塩といった調味料や香料、保存料も一切使っておらず、富士山麓の地下水と野菜・果物の自然の味だけで作られたとは思えないほどおいしい味に仕上がっています。

【中性脂肪と血糖値が気になる方におすすめ】

機能性表示食品として認可されている森永製菓おいしい青汁なら、1本で1日に不足しがちな65g分の野菜を補うことができます。

普段の食事だけでは野菜摂取目標量に届かないという場合でも、この青汁1本をプラスするだけで野菜不足もサポートできるというわけです。

不足しがちな食物繊維ですが、この青汁には難消化性デキストリンを5g配合しています。難消化性デキストリンは排便回数と排便量を増やす働きがあるので、お腹の調子を整えてくれます。

他にも食後の中性脂肪値と血糖値を下げる働きが期待できます。

難消化性デキストリンは、脂肪の吸収を抑えて排出を増加、さらに糖の吸収を穏やかにしてくれるため、中性脂肪や血糖値が気になる方にもおすすめできる青汁です。

Amazonで森永製菓おいしい青汁を見てみる

楽天で森永製菓おいしい青汁を見てみる

第4位 厳選青汁

食生活を改善したいけれど、なかなかできず、気づいたら中性脂肪値や血糖値が高くなっていた、なんてことはありませんか。

健康のことを考えて食生活を見直したいけれどなかなか変えるのは難しい、という時には、食事に1杯の青汁を加えてみてはいかがでしょうか。

あの石田純一さんも愛飲しているという「厳選青汁」は、脂肪や糖の摂取が多くなりがちな外食多めの方に、習慣として飲むにはおすすめできる青汁です。

食後の中性脂肪値や血糖値を抑える働きを持つといわれる難消化性デキストリンを配合した機能性表示食品で、すっきりとした飲みやすい味で続けやすいのがポイントです。

おすすめポイントPoint1.脂肪や糖の摂りすぎが気になる人におすすめ

Point2.無農薬栽培の大麦若葉を使用

厳選青汁の基本情報

会社名日本サプリメントフーズ株式会社
住所〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神3-9-33
電話番号0120-50-4747

厳選青汁の詳細情報

【中性脂肪や血糖値が気になる方へ】

外食続きの生活をしていると、ついつい脂肪や糖分が多い食事になることが多いものです。

栄養バランスが偏った外食が多い食生活を続けていると、中性脂肪や血糖値に問題が出てしまうこともあるでしょう。

中性脂肪値が高い状態は、動脈硬化の原因にもなり、また血糖値が高いと糖尿病にもなってしまうでしょう。

青汁には動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病の予防の効果が期待できます。

病気が心配、外食が多めで食生活に不安を抱えているけれど、実際何をすればいいのかわからないという場合は、まず毎日の習慣として青汁を試してみてはいかがでしょうか。

【大麦若葉をベースにした飲みやすい青汁】

厳選青汁は、ベースとなる原料にもこだわっています。

使用されているのは熊本県阿蘇産の大麦若葉で、寒暖差が大きい過酷な環境の広大な畑で育った大麦若葉は、しっかり栄養を蓄えています。さらに、農薬不使用で栽培されているので、安全性が高い原料といえるでしょう。

また、栄養価も非常に高く、1杯で食物繊維は小松菜の8.8株分、ビタミンB2は枝豆9.7さや分、ビタミンEはひじき大さじ2.5杯分もの栄養素が摂取できるほどです。

中性脂肪値や血糖値にかかわらず、普段の食事の栄養が偏っていて栄養不足を感じているという方にも適した青汁です。

青汁は苦い、まずいというイメージがつきもので、毎日飲むのが苦痛ということもありますが、その点、大麦若葉をベースとした青汁はスッキリとした味に仕上げていてとても飲みやすいのが特徴です。

Amazonで厳選青汁を見てみる

ランキングの根拠となったアンケート結果をグラフで紹介!

青汁おすすめランキングの結果はいかがだったでしょうか?ランキング第1位となったのは伊藤園緑茶習慣でした!

ここではランキング結果の根拠となったアンケート調査の結果をグラフで確認してみましょう。

最も満足度が高い青汁は?

第1位伊藤園緑茶習慣

第1位である伊藤園緑茶習慣は1,001人中333人(約33.3%)が支持しています。

トクホに認定されている品質の高さと、スティックタイプの飲みやすさが人気につながったようです。

第2位大正製薬大麦若葉青汁

第2位である大正製薬大麦若葉青汁は1,001人中285人(約28.5%)が支持しています。

栄養バランスに優れる点と大麦若葉ベースで飲みやすい点が、多くの人を魅了しているようです。

第3位森永製菓おいしい青汁

第3位である森永製菓おいしい青汁は1,001人中247人(約24.7%)が支持しています。

調味料や香料、保存料などを用いていないにもかかわらず飲みやすくなっている点が好まれているのだと思われます。

今回ご紹介した青汁のおすすめランキングはあくまでアンケート調査に基づいたものであるため、必ずしも上位があなたにとって最適であるとは限りません。

しかし、青汁選びに悩んでしまっている人にとって、おすすめランキングは1つの判断基準になります。

様々な要素を比較しながらも、自分にとって最適である青汁をぜひ見つけてくださいね!

青汁の選び方!種類も解説!

健康のために青汁を飲み始めようとしたとき、お店に並んだ青汁にいろいろな種類がある事に気がつくでしょう。

一言に青汁といっても、商品によって原材料や成分、飲み方のタイプなどに違いがあるものです。

それぞれの特徴を知って選ぶことが大切です。

主成分で選ぶ青汁

青汁を選ぶ際には、成分をチェックするといいでしょう。

基本的な成分は共通していますが、商品によってそれぞれ特徴があるので、自分の目的に合った青汁を選ぶことが大切です。

飲みやすい大麦若葉を主成分とする青汁

有名なテレビCMの影響もあって、青汁には苦くて飲みにくいイメージがあるのではないでしょうか。

確かになかには青臭くて苦みのある商品もありますが、最近ではメーカー側もいかに飲みやすい青汁を作るかということに注力しています。

飲みやすさの基準になるのは、昔から青汁の主成分として使われている大麦若葉がメインの成分になっているかです。

大麦若葉は栄養が豊富に含まれており、青汁特有の癖もなく、後味があっさりしているのが特徴です。

ビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富に含まれており、これから青汁を始めてみたい人にはお勧めといえます。

不老長寿の薬としても愛用されてきたケールを含む青汁

野菜の王様と言っても過言ではないくらい栄養価が高いのがケールという野菜です。

青汁の主成分としても有名なケールは、古くから不良長寿の薬としても親しまれてきました。

良薬は口に苦しという言葉があるように、青汁特有の独特の苦みと青臭さの原因となっているのもこのケールという野菜です。

ビタミンやミネラルだけでなく、βカロテンやルテインといった抗酸化作用のある成分も多く含んでおり、健康への効果は抜群です。

貧血防止になるビタミンB12が豊富な明日葉を含んだ青汁

独特の香りと苦みがある明日葉は、青汁の主成分として親しまれてきた野菜の一つです。

非常に強い癖があるため、苦手な人が多いのもこの明日葉の特徴でもあります。

明日葉の最大の特徴は造血ビタミンと呼ばれるビタミンB12を豊富に含んでいることです。

ビタミンB12は牡蠣や魚介類などの多く含まれていますが、植物の中でビタミンB12を含んでいるものは明日葉だけと言われているほど希少です。

また、食物繊維も豊富に含んでいるので、便秘解消や美容効果も抜群です。

まとめ・大麦若葉を主成分とする青汁は飲みやすい
・ケールを主成分とする青汁は苦みと青臭さはあるが健康への効果抜群
・明日葉を主成分とする青汁は貧血防止や美容効果が抜群

青汁の種類とは?タイプごとに紹介

青汁には成分だけでもさまざまな種類がありますが、飲み方によってもタイプが異なっています。

そのため、ライフスタイルや好みに合わせて自分に合った青汁を選ぶことができるでしょう。

美味しくて飲みやすいフルーツ青汁

独特の苦みと青臭さで飲みにくいイメージがある青汁ですが、最近の商品は飲みやすさを追求しています。
なかでも特に飲みやすいのが、青汁にフルーツを加えたフルーツ青汁でしょう。

柑橘系やリンゴ、桃などの甘さと香りが強いタイプのフルーツが使われることが多く、苦みと青臭さを打ち消してくれるので誰でも飲みやすくなっています。

フルーツ青汁の利点は二つあり、一つは青汁の栄養素と一緒にフルーツの酵素も取り入れられることでしょう。

もう一つは、フルーツを混ぜることでそれなりにカロリーがあるので、朝食の代わりになることです。

手軽に飲める粉末タイプの青汁

粉末タイプの青汁は水に溶かすだけでいつでも飲めるので、旅行や出張などの予定が多い人は重宝するでしょう。

水以外にも牛乳やヨーグルトに混ぜて摂取することもできるので、青汁の中では一番使い勝手がいいのも粉末タイプの特徴です。

水に溶けやすく、スティックタイプのように携帯しやすいものも多いので、野菜不足が気になる人にとっては手軽に飲めるのでおすすめです。

効率を重視した錠剤タイプ

栄養バランスは気になるけど正直時間がないという人も多いのではないでしょうか。

そんな人には錠剤タイプの青汁がおすすめです。

生活習慣を整えたいけど、仕事や予定などやることが多くてなかなか規則正しく生活できないという人は、食生活にも乱れが出てしまうでしょう。

そういった場合にはサプリメントで補うことが重要です。

錠剤タイプの青汁はしっかりと栄養素を配合しつつ、アミノ酸などの美容にうれしい成分も多く含んでいます。

まとめ・飲みやすいフルーツ青汁は朝食や間食にもちょうどいい
・粉末タイプは持ち運びに便利でどこでも飲める
・錠剤タイプはサプリメント感覚で足りない栄養素を補える

青汁の効果とは?成分についても解説!

これから青汁を飲もうと考えている人は、青汁が健康にいいということを聞いて気になって試してみたいという人もいるのではないでしょうか。

ただ体にいいから飲むのではなく、どのような効果があるのか知ってから飲むかどうかを考えるといいでしょう。

ここでは青汁の成分や、青汁の効果をご紹介します。

抗酸化作用で若々しさを保てる

普段何気なく吸っている空気には、活性酸素が含まれており、この活性酸素は肉体を参加させてボロボロにしてしまう作用があります。

活性酸素は人体を老化させる働きがあり、放っておくとシワやシミなどの肌のトラブルや、さまざまな生活習慣病の原因にもなってしまいます。

青汁には抗酸化作用を持ったケールや明日葉などを多く含んでおり、習慣的に摂取することで若く健康的な体を保つことを助けてくれるでしょう。

体調を整えてくれる

体調を整えるためにビタミンやミネラルは不可欠です。

普段から野菜や肉などのバランスの取れた食事がとれている人であればそこまで気にする必要はありませんが、外食が多い人や偏食の人だとビタミンやミネラルが不足してしまいがちになるでしょう。

ビタミンやミネラルは疲労回復や代謝、血液や骨を作る働きがあります。

青汁を利用すれば、不足しがちなビタミンやミネラルも補えるので、毎日飲むことで健康の維持につながるでしょう。

便秘の解消が期待できる

食事にはいろいろな栄養素をバランスよく摂取することが大切です。

しかし、好き嫌いや生活習慣を考えると、なかなか思ったとおりの食事ができないことがほとんででしょう。

特に野菜に関しては嫌いな人も多く、炭水化物やたんぱく質に比べると軽視されがちな傾向があります。

野菜には多くの食物繊維が含まれており、欠乏してしまうと便秘や体調不良などの様々な健康への影響が出るでしょう。

青汁が健康にいい理由のひとつとして、食物繊維が手軽に摂れるということが挙げられます。

野菜から食物繊維を摂ろうと思うと、それなりの量を摂らなければならず、時間がなかったり、自分で料理する習慣がないとなかなか取れないでしょう。

青汁であれば一杯だけでも豊富に食物繊維が摂れるので、毎日無理なく飲むことができるでしょう。

青汁が含んでいる健康にいい成分とは?

青汁には様々な健康にいい影響を与える成分を含んでいます。

摂取することで健康の維持や病気の予防、美容にもいい影響を与えるなどさまざまな効果があります。

それぞれの栄養素ごとの効果を見てみましょう。

βカロテン

青汁の主成分となるケールや明日葉には、豊富なβカロテンが含まれています。

βカロテンには抗酸化作用があり、活性酸素から体を守ったり動脈硬化を防いだり、さらにはがん予防の効果まであると言われています。

その他、心筋梗塞などの生活習慣病を防ぐ働きもあるので、普段の食事でとっておいたほうがいい栄養素です。

ビタミンB群・その他ビタミン

ビタミンには皮膚や骨、筋肉を作ることを助けたり、他の栄養素を吸収することを助けたりする効果があります。

不足してしまうと健康に重大な影響が出ることも多く、健康のためには不可欠な成分といえます。

青汁にはビタミンが豊富に含まれており、特に明日葉に含まれているビタミンは「造血ビタミン」とも呼ばれており、血液の生成に欠かせない成分となっています。

食物繊維

青汁の主成分となる大麦若葉やケール、明日葉はいずれも食物繊維を豊富に含んでいます。

食物繊維は血糖値の急激な上昇を抑えたり新陳代謝を助けたり、他にもお通じをよくする効果があります。

余計な脂肪の吸収を抑制する効果もあり、肥満の予防にもなるので、糖尿病や高血圧、動脈硬化などのさまざまな生活習慣病の予防にも効果があります。

まとめ・抗酸化作用があり若さを保てる
・豊富なビタミンやミネラルが体調を整えてくれる
・食物繊維が便秘や生活習慣病を予防してくれる

青汁の飲み方!飲むタイミングも解説!

野菜不足が気になって、健康のためにも青汁を試してみたいという人も多いのではないでしょうか。

青汁にはさまざまなタイプがあり、いろいろな飲み方ができます。

ここではおすすめの青汁の飲み方と、飲むタイミングの解説をします。

甘さが苦手な人は水やお湯で割るのがおすすめ

最近の青汁は以前のものに比べると青臭さや苦みなども少ない商品が増えています。

青汁には様々な飲み方がありますが、甘い飲料が苦手な人は水やお湯で割って飲むのがおすすめです。

暑い時期は氷を加えても良いですし、寒い時期は温かいお湯で飲むのがお勧めです。

数多くの商品が販売されていますが、スティック状の粉末タイプの商品は水にさっと溶けるので、忙しい朝の時間でも短時間で飲むことが出来ます。

牛乳や豆乳、ヨーグルトに混ぜて飲むと効果的

青汁はシンプルに水やお湯を加えて飲む人が多いですが、毎日だと飽きてしまうので、様々なアレンジをしてみると良いでしょう。

牛乳や豆乳、ヨーグルトなどを加えると不足しがちな栄養素を補えますし、水で飲むよりも味がマイルドになります。

青汁を他のものに混ぜて飲むと、青汁だけでは摂れない栄養素を補えるというメリットがあります。豆乳や牛乳と一緒に摂ることで鉄分や大豆イソフラボンを補うことができますし、ヨーグルトに含まれている乳酸菌は青汁だけでは摂れない栄養素です。

混ぜて飲むことでおいしく飲めるうえにバランスよく栄養を補給できるでしょう。

緑茶や麦茶、野菜ジュースなどに混ぜても効果的

暑い時期や季節の変わり目などは食欲が低下することもあるのではないでしょうか。

そんな時期はついビタミンやミネラル、食物繊維が不足しがちになってしまうでしょう。

栄養不足は肌荒れや吹き出物などの美容の問題だけでなく、長期間続けば生活習慣病の原因にもなります。

最近のスティックタイプの青汁はどんなものにも混ぜられるように味が調整されているものが多く、麦茶や緑茶、ジュースなどに混ぜてスムージーのように飲むこともできます。

青汁を飲むのにおすすめのタイミングは?

青汁は薬のようにいつ飲まなければいけないということは決まっていません。

一方、たくさん飲んだからといって効果が期待できるものでもなく、飲むタイミングによって得られる効果はさまざまです。

それぞれタイミングによって得られる効果について解説します。

栄養バランスを考えるなら朝に飲む

朝はあまり食欲がないので何も食べないという人も多いのではないでしょうか。

食べなくてもなんとかなるからといって軽視している人もいるかもしれませんが、朝はエネルギーや栄養が不足しがちな時間でもあります。

青汁を飲むと、不足しがちな栄養を手軽に補給できますし、ジュースに混ぜたりパンなどと一緒に摂ることで活動に必要なエネルギーも補給できます。

ダイエット目的なら食前に飲む

青汁には食物繊維が豊富に含まれており、余計な脂肪の吸収や急激な血糖値の上昇を抑制してくれる効果があります。

このことから食前に飲むことによって、ダイエット効果をより高めることが可能になります。

毎日習慣的に飲むことが大切

便秘の解消や腸内環境を整える効果もある青汁は、好きなタイミングで飲んでも十分効果があります。

食物繊維が豊富なため、便秘に効果があるだけでなく、腸の善玉菌を増やす働きもあります。

タイミングは自由ですが、効果を得るためには毎日習慣的に飲むことが大切になってくるでしょう。

まとめ・青汁の飲み方は自分の目的や好みに合わせて自由に選んでOK

・青汁は飲むタイミングによって効果が変わるが毎日飲むことが重要

青汁に関するアンケート
対象条件:ボイスノート会員
有効回答者:1,001人
(調査日:2019/8/7)