【女性500人が選ぶ】シミ対策の化粧品のおすすめランキング【2019年最新】化粧品の選び方やセルフケアも一緒に解説!

美容

この記事ではシミ対策に効果がある化粧品の中でも特に満足度の高い化粧品を、ボイスノートの女性会員500人へのアンケート調査から決定したランキングでご紹介します。

ランキング以外にも化粧品の選び方やシミ対策のセルフケアも一緒にご紹介します。

シミ対策にお悩みの方は是非参考にしてみて下さいね。

シミ対策の化粧品のおすすめランキング!

年齢を重ねるとどうしても気になってしまうシミの存在。

化粧品で対策しようと思ってもシミ対策をうたった化粧品は数多く存在するので、どれを選べばいいか難しいですよね。

実際に使って判断できればベストですが、自分に合う化粧品選びの方法としては現実的ではありません。

そのような場合、多くの人が選ぶおすすめランキングは1つの判断基準になります。

今回はすでに一定数の支持を集めているシミ対策に効果があると言われる化粧品を6つ厳選した上で、ボイスノートの女性会員500人へのアンケート調査により、実際に評判の良い商品をランキング形式でご紹介します。

早速アンケート調査の結果をグラフで確認してみましょう。

シミ対策の化粧品のおすすめランキングは?

シミ対策におすすめの化粧品ランキングはいかがだったでしょうか?

第1位となったのは「メラノCC 薬用しみ集中対策液」でした!

この人気ランキングのアンケート調査について、納得できる人もいれば意外だと感じる人もいるかもしれません。

人によって好ましいと感じるポイントは違いますから、人気ランキングをそのまま鵜呑みにせずにシミ対策の化粧品についてしっかり確認しておきましょう。

ここからは人気ランキングの順番で各化粧品を解説していきます!

第1位 メラノCC 薬用しみ集中対策液

第1位である「メラノCC 薬用しみ集中対策液」は、500人中104人(約21%)が支持しています。

メラノCC 薬用 しみ 集中対策 美容液を製造しているロート製薬は大阪に本社を置き、創業120周年を迎えた日本の製薬会社です。

目薬やハンドクリームなどのCMで目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

120年の歴史で積み重ねてきたノウハウは、独自の処方や商品を数多く開発してきました。

歴史と実績に裏付けられた製薬会社から販売されている商品のため、思わず手にとる人も多いようです。

シミ・ソバカス対策やニキビや毛穴まで、肌に悩みを持つ人から人気を集めているアイテムです。

おすすめポイントPoint1.ロート製薬独自の浸透処方を採用

Point2.殺菌成分&抗炎症成分配合

メラノCC 薬用しみ集中対策液の基本情報

内容量20mL
価格1,000円(税抜/編集部調べ)
発売2014年3月
成分アスコルビン酸(活性型ビタミンC)、トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE誘導体)、
グリチルリチリン酸ジカリウム、イソプロピルメチルフェノールなど
会社ロート製薬株式会社

こんな人におすすめシミだけでなくニキビや毛穴に悩んでいる人

メラノCC 薬用しみ集中対策液の詳細情報

【ロート製薬独自の浸透処方を採用】

純粋なビタミンC(活性型ビタミンC)は壊れやすいと言われていますが、ロート製薬は活性本体であるビタミンCそのものの研究を続け、ビタミンCをそのまま安定させて配合することに成功しました。

安定させた活性型ビタミンCが、角質層の奥までぐんぐんしみこんでメラニンの生成を抑えます。

【殺菌成分&抗炎症成分配合】

殺菌成分&抗炎症成分配合で気になるニキビもしっかり予防し、ニキビ痕や毛穴が気になる肌にうるおいを与えて肌を整えて毛穴の目立ちにくいなめらかな肌に導きます。

AmazonでメラノCC 薬用しみ集中対策液を見る
 
楽天でメラノCC 薬用しみ集中対策液を見る

第2位 パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル


第2位である「パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル」は、500人中97人(約19%)が支持しています。

福岡県福岡市に本社を置く新日本製薬は、「未来のキレイ」をサポートするため、毎日のケアで年齢とともに変化していく肌の若々しさを保つための取り組みを進めています。

パーフェクトワンの薬用ホワイトニングジェルは、「化粧水」「乳液」「クリーム」「美容液」「パック」「化粧下地」の6つのスキンケア機能をひとつにまとめており、工程を省くことで続けられるスキンケアを実現。

肌の表面だけでなく、角質層のすみからすみまで浸透し肌全体をしっかり保湿します。

おすすめポイントPoint1.スムーズアプローチ処方を採用

Point2.保湿成分を55種類配合

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェルの基本情報

内容量75g
価格4,500円(税抜/編集部調べ)
発売2017年2月
成分アルブチン、トラネキサム酸、水溶性コラーゲン液、水溶性コラーゲン液(3)、
加水分解コラーゲン液(4)、サクシニルアテロコラーゲン液、コラーゲン・トリペプチド Fなど
会社新日本製薬株式会社

こんな人におすすめ時間がなくてもシミ対策を目指す人

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェルの詳細情報

【スムーズアプローチ処方を採用】

肌にそのままではなじみにくい美白有効成分「アルブチン」を角質層にあるシミの元まで届けるスムーズアプローチ処方を採用しています。

アルブチンが角質層まで届くことで、シミの生成に関わる酵素に働きかけて黒色のメラニン生成を抑える効果があります。

【保湿成分を55種類配合】

「複合型コラーゲンEX」や、新日本製薬が製造した「W甘草エキス」や「紫根エキス」など55種類の保湿成分を配合しています。

肌の表面だけではなく、角質層のすみずみまで浸透して肌全体を保湿します。

Amazonでパーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェルを見る
 
楽天でパーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェルを見る

第3位 美白美容液 W

第3位である「美白美容液 W」は、500人中87人(約17%)が支持しています。

販売元であるちふれは低価格で高品質な美容液や化粧水、口紅などを製造している化粧品メーカーです。

2001年に制定され今は当たり前になっている全成分表示ですが、ちふれはそのずっと前から全成分表示と分量の開示を行ってきました。

「高価=高品質」というイメージを覆し、どの世代の女性にも愛される商品の開発・製造を続けています。

「美白美容液 W」は美白成分アルブチンと安定型ビタミンC誘導体によるダブルのアプローチでシミ・ソバカスの原因のメラニンの生成を抑える薬用美白美容液です。

口コミでも「プチプラだからいっぱい使えて嬉しい」「さらっと仕上がるのに保湿もしてくれる」など、低価格でありながら高いコストパフォーマンスな部分が女性の支持を得ています。

おすすめポイントPoint1.ダブル美白成分配合

Point2.無香料・無着色・ノンアルコール

美白美容液 Wの基本情報

内容量30mL
価格1,100円(税抜/編集部調べ)
発売日2013年4月
成分アルブチン、L−アスコルビン酸 2−グルコシド、 濃グリセリン、BG、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、
トレハロース液、グリチルリチン酸2K、大豆油、水酸化K、クエン酸Naなど
会社株式会社ちふれ化粧品

こんな人におすすめプチプラでシミ対策を考えている人

美白美容液 Wの詳細情報

【ダブル美白成分配合】

美白成分アルブチンと安定型ビタミンC誘導体が配合されており、メラニンの生成をおさえてシミ・ソバカスを防いでくれます。

【無香料・無着色・ノンアルコール】

アルコールに敏感な人でも安心して使える、やさしい感触が魅力です。

肌の上でなめらかにのびて、ぷるぷるの肌に整えます。

Amazonで美白美容液 Wを見る
 
楽天で美白美容液 Wを見る

第4位 シミウス 薬用ホワイトニングリフトケアジェル




第4位である「シミウス 薬用ホワイトニングリフトケアジェル」は、500人中78人(約16%)が支持しています。

シミ・ソバカス対策に悩んでいる女性の間で話題を集めているシミウスは、日本で初めて「BBクリーム」の販売を行ったメビウス製薬が製造する話題のシミ対策化粧品です。

「美と幸福に貢献すること」を経営理念とし、ごまかさない、だまさない、正直であり続けるなど真摯な姿勢で日々商品の開発を重ねています。

シミウスは年齢を重ねた肌の複雑な悩みに応える化粧品として開発されました。

シミ対策はもちろんのこと、商品ひとつで10個もの役割を補うことができるのでSNSでも話題を集めています。

おすすめポイントPoint1.1つ10役のマルチな化粧品

Point2.肌が荒れていても使用OK

シミウス 薬用ホワイトニングリフトケアジェルの基本情報

内容量60g
価格4,743円(税抜/編集部調べ)
発売2011年8月
成分グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス(1)、精製水、1,3-ブチレングリコール、
濃グリセリン、プロピレングリコール、1,2-ペンタンジオール、水溶性コラーゲン液など
会社株式会社メビウス製薬

こんな人におすすめお手入れに時間があまりかけられない人

シミウス 薬用ホワイトニングリフトケアジェルの詳細情報

【1つ10役のマルチな化粧品】

美白、化粧水、乳液、アイクリーム、保湿、美容液、マッサージ、クリーム、パック、化粧下地…と10役もこなすマルチな商品なので洗顔の後、ひとつでお手入れが完了します。

【肌が荒れていても使用OK】

有効成分のグリチルリチン酸ジカリウム(甘草エキス)などの抗炎症作用の成分が配合されているので、肌のコンディションを整える効果があります。

公式でシミウス 薬用ホワイトニングリフトケアジェルを見てみる

第5位 ホワイトニング 化粧液 Ⅱ しっとり


第5位である「ホワイトニング 化粧液 Ⅱ しっとり」は、500人中70人(14%)が支持しています。

「ホワイトニング化粧液Ⅱしっとり」は、無添加化粧品や健康食品の品質に定評があるファンケルが製造、販売をしています。

ファンケルは1981年にジャパンファインケミカル販売株式会社として創業、1982年には世界初の「無添加化粧品」を販売して大きな話題となりました。

今では無添加化粧品は当たり前ですが、実はファンケルからスタートしているんですね。

無添加化粧品のパイオニアともいえるメーカーから販売されている化粧品なので、チャレンジもしやすい商品ではないでしょうか。

「ホワイトニング化粧液Ⅱしっとり」は、美白有効成分をたっぷりと配合しており、肌のすみずみまでめぐらせることができます。

おすすめポイントPoint1.シミを事前に防ぐ

Point2.酸化しやすいビタミンCを進化

ホワイトニング 化粧液 Ⅱ しっとりの基本情報

内容量30mL
価格1,700円(税抜/編集部調べ)
発売2019年3月
成分ビタミンC・2-グルコシド、グリチルリチン酸2K、精製水、濃グリセリン、ベタイン、
BG、DPG、POEメチルグルコシド、ペンチレングリコール、オリーブ葉エキス加水分解物溶液など
会社株式会社ファンケル

こんな人におすすめ混合肌、乾燥肌の人

ホワイトニング 化粧液 II しっとりの詳細情報

【シミを事前に防ぐ】

タンパク質が、肌の土台を壊しメラノサイトごと落下させる事実を発見し、肌の土台を強化するケアで、シミを事前に防ぐ画期的手段を実現しました。

【酸化しやすいビタミンCを進化】

独自の技術で酸化しやすいビタミンCを安定的に届ける「アクティブビタミンC」として進化させることに成功しました。

安定して浸透し、効果の発揮力を高めることで、居座りやすいメラニンを防ぎ、透明な肌への実感を深めます。

Amazonでホワイトニング 化粧液 Ⅱ しっとりを見る
 
楽天でホワイトニング 化粧液 Ⅱ しっとりを見る

第6位 透明白肌 薬用Wホワイトエッセンス


第6位である「透明白肌 薬用Wホワイトエッセンス」は、500人中64人(約13%)が支持しています。

透明白肌を製造している石澤研究所は「圧倒的なスピード感で新しいものを追いかける!」をモットーにこれまで800品以上の商品を世に送り出してきました。

プチプラでありながら高い品質を維持している商品の数々は、SNSでも常に話題を集めています。

ドラッグストアなどの店舗でも一際目立つユニークな商品が多いので、手にとったことのある人も多いのではないでしょうか。

この透明白肌 薬用Wホワイトエッセンスはシミをつくらないことを目的とした薬用美白美容液です。

太陽の光を受け、ジワジワと蓄積されるシミの悩みに毎日使うことで美白を実感することができます。

おすすめポイントPoint1.W美白パワーでシミを防ぐ

Point2.透明感あふれるつややか美肌

透明白肌 薬用Wホワイトエッセンスの基本情報

内容量50mL
価格2,000円(税抜/編集部調べ)
発売2017年5月
成分アスコルビン酸2-グルコシド、アルブチン、グリチルリチン酸2K、BG、1,2-ペンタンジオール、
キサンタンガム、ヒアルロン酸Na-2、オウバクエキス、タイムエキス-1、プルーン酵素分解物など
会社株式会社 石澤研究所

こんな人におすすめコストパフォーマンス重視な人

透明白肌 薬用Wホワイトエッセンスの詳細情報

【W美白パワーでシミを防ぐ】

2つの美白成分「アルブチン」「ビタミンC誘導体」を配合し、お肌にのせた瞬間メラニンの発生に働きかけシミ・そばかすの原因をWでブロックして、透明感あふれるお肌にしてくれます。

【透明感あふれるつややか美肌】

ヒアルロン酸・コラーゲン・植物エキスを配合しており、たっぷりのうるおいを閉じ込めます。

白さだけじゃ叶わない、ふっくらつややか美肌を手に入れられます。

Amazonで透明白肌 薬用Wホワイトエッセンスを見る
 
楽天で透明白肌 薬用Wホワイトエッセンスを見る

シミ対策の化粧品はどうやって選ぶ?4つのポイント!

化粧品でシミ対策をしていくにあたって、自分に合った選び方ができるかどうかはとても重要です。

シミに対して有効な成分かどうかはもちろん、続けていけるのか、肌に合うのか、効果を感じられるのか…など見るべきポイントはたくさんあります。

ここでは、そのなかでも化粧品選びのポイントを大きく4つに分けてご紹介します。

配合成分に注目する

シミに効く化粧品選びで大切なのは、成分を知ることです。

一般的に美白化粧品と呼ばれるものは、「シミ・そばかすを防ぐ」こと目的とし、シミを消すという意味ではありません。

どんな成分が使われているのかをチェックすることで選びやすくなるでしょう。

・ハイドロキノン
・コウジ酸
・アルブチン

メラニン生成に関わる酵素のチロシナーゼの働きを抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

・カモミラET
・トラネキサム酸

シミを作るよう指示を出す情報伝達物質を抑制し、メラニンを生成する細胞の増殖や活性化を抑える働き

・ビタミンC
メラニン生成を遅延させる作用や、黒い色を淡色化する作用がある
ビタミンCそのものは皮膚への吸収が悪いためビタミンC誘導体として安定性や皮膚への吸収性を改善した成分が使用されることが多い

口コミに注目する

「高評価が多い=自分の肌に合う」わけではありません。
人気の高い化粧品でも肌に合うかどうかはそれぞれ異なります。

そこで注目したいのが、実際に長期間使った人の生の声です。

乾燥肌、脂性肌、混合肌などの細かい特徴や年齢などを指定して確認できるレビューも増えているので、自分に近いレビューを参考にすると商品は選びやすくなります。

また、シミ対策の化粧品はすぐに効果が出るものではないので、商品を買ってすぐレビューされている口コミよりも、リピートしていたり一ヶ月以上使用しているなどのレビューを参考にするほうが良いでしょう。

価格に注目する

シミ対策は継続して続けていくことで効果を実感しやすくなります。

価格の高い化粧品を一時的に使用して続けられなくなるより、低価格でも自分の予算に合った化粧品を長期間使用するほうが効果的といえます。

価格の高い化粧品で陥りがちなのが高いからセーブしてしまうこと。

化粧品にはそれぞれ適量があるので、たっぷり使える商品のほうが効果を感じられるのでおすすめです。

「値段が高い=美容成分を多く配合」というわけではなく、低価格でも美容成分を多く配合している商品はあるので価格も含めて検討しましょう。

化粧品のタイプに注目する

自分の使用しやすい化粧品のタイプを把握し、どういった化粧品なら続けられるかも注目しましょう。

丁寧にスキンケアを行う余裕があるならシミ専用の対策化粧品を今使用している化粧品に追加することがおすすめです。

時間があまりなく、手早くワンステップでケアを済ませたいなら機能がオールインワンになった化粧品を選ぶと良いでしょう。

洗顔から乳液までのシリーズ全て揃えることでより効果を発揮する製品もあります。
全て買い換えるなどの余裕がある人はライン使いを検討してみるのもひとつの手です。

また、化粧品のタイプによっては使用方法が異なる場合があります。

洗顔後すぐにつけるものや、夜だけの集中ケアの化粧品などそれぞれ異なります。

必ず記載されている使用方法を確認し、正しいケアを行うようにしましょう。

まとめ・高い金額や高い評価の化粧品が必ず自分に合うわけではない
・化粧品のタイプや成分によっては使い方が異なるので注意

効果的な化粧品の使い方をご紹介!

美白化粧品の効果を得るには、使い方が重要です。

顔に塗ったら自動的に効果が得られるわけではないため、使い方や使用量について紹介します。

シミ対策の化粧品を使うときの参考にしてみてください。

顔全体に使う

肌の奥には蓄積したメラニンが潜んでおり、見えないところでもシミの生成が始まっています。

シミができそうな部分やすでに出来ている部分だけに塗っていると知らないところらシミが現れてしまった…なんてことになりかねません。

今はシミができていなくても、どこから紫外線を受けているかわからないので念入りにお手入れしましょう!

両ほほ、額、鼻、アゴの5ヶ所から外側に向かってなじませると塗り残しがなく広げることができます。

気になる部分がある場合は、顔全体に使用したあと気になる部分だけ重ね塗りして対策をしましょう。

使用量に注意

高い化粧品を使用する人が陥ってしまいがちなのが、「もったいない!」と使用量をセーブしてしまうことです。

必要な量をセーブしてしまうようであれば、低価格でもたっぷり使える化粧品に変更したほうが効果的といえます。

肌のすみずみまで有効成分を届けることに意味があるので、セーブせず使用するようにしましょう。

また化粧品をセーブすると、指のすべりが悪くなって肌に摩擦でダメージを与えてしまうこともあるので注意が必要です。

商品に記載されている使用方法と使用量をよく読み、正しい量で使っていくことがシミ対策の基本といえます。

毎日続けることが基本

シミ対策は継続することが基本となるので、効果がでないからといって1~2週間で辞めてしまうと本来得られるはずだった効果が得られない可能性があります。

肌トラブルが出た場合は別として、すぐに辞める判断せず使い続けるようにしましょう。
毎日コツコツ継続することが大事です。

また、夏は陽射しが強くテレビや雑誌などで紫外線対策について取り上げられがちですが、紫外線は一年中降り注いでいます。

秋冬になっても忘れずケアをしていきましょう。

まとめ・シミは見えないところから生成がスタートしているので見えなくてもケアが必要
・使用量をセーブせず、適量を使うことで効果アップ

セルフケアでシミ対策を万全に!

シミを予防するには、化粧品だけではなく日々の過ごし方も大切です。

一度できたシミはケアで薄くするにしても、かなりの時間を要します。

まずはシミができないように準備しておくことが大事です。

すぐにでも取り入れられる過ごし方も一緒に紹介するので、ぜひ参考にしてシミ対策に役立ててください!

日焼け止めはマスト

家の近所まで出るだけだから塗っていなかったり、朝に日焼け止めを塗ってそのまま一日を過ごしていた、なんて人は多いのではないでしょうか?

実は、少しの油断がシミを作る原因となるので注意が必要です。

どれだけ丁寧なケアを重ねていても、紫外線からのダメージを防ぎきるのはとても難しいのです。

紫外線は室内にいても、窓ガラスを通過してしまう特性を持っているので、室内にいるから絶対焼けない!というわけではないのです。

室内でも汗と共に流れてしまうことが多いため、こまめに塗りなおしをする必要があるので、2~3時間おきに塗りなおすようにしましょう。

また、もうひとつ油断しがちなのが雨の日も曇りの日も紫外線が降り注いでいるということ。

いつもより紫外線対策の手を緩めてしまったことはありませんか?

晴れの日の紫外線を100%とすると、薄曇りの日は約80~70%、雨の日は30%の紫外線が降ってきます。

曇りといえどもほとんど晴れの日と変わらない紫外線を受けて続けていたら、日ごろのケアも無駄になってしまいますよね。

少しの油断がシミを作ってしまう原因になるので、晴れでも曇りでも、万全の対策を行いましょう!

食べ物でシミ対策

肌によい栄養を含んだ食事をバランスよく摂ることで、血行を促進したりメラニンの生成を抑えるなど肌に良いことはたくさんあります。

体の内側からシミにアプローチすることで、両方に必要なケアが補えて非常に効果的です。

必要な栄養素を意識しながら摂取できれば、未来の肌に差をつけることができます。

・ビタミンA(肌を活性化させる働きを持つ)
かぼちゃ、ほうれん草、にんじん、小松菜…など

・ビタミンC(黒く沈着したメラニンの色を薄める)
レモン、いちご、ブロッコリー、キウイフルーツ…など

・ビタミンE(肌を攻撃する活性酸素から細胞膜を守る)
大豆、アーモンド、ピーナッツ、モロヘイヤ…など

・リコピン(メラニンの生成を抑える)
トマト、すいか、あんず…など

睡眠をとろう

肌の細胞が新しく生まれ変わるターンオーバーが正常に行われなければ、シミの元となるメラニンが蓄積されシミができやすくなってしまうだけではなく、角質が排出されないため肌がゴワゴワしてしまいます。

ターンオーバーを正常化するには、睡眠中に多く分泌される成長ホルモンが必要不可欠。

就寝時間が不規則な生活を続けてしまうと、生活リズムが乱れて免疫力の低下や自律神経の乱れを起こしてしまいます。

日ごろからしっかり睡眠をとって成長ホルモンを分泌できれば、メラニンをためにくくなり、シミのない肌を作ることができるのです。

まとめ・日焼け止めは晴れの日も雨の日もマストでつけよう
・食や睡眠など、生活の基本から見直そう

シミ対策に効果的な化粧品に関するアンケート
対象条件:ボイスノート会員の女性
有効回答者:500人
(調査日:2019/8/30~2019/9/1)

編集部員T編集部員T関係ない記事に動物の画像を差し込みたくなる衝動を抑えています。