動画編集スクールのおすすめ18選【2024】通うメリットや学んでおきたい編集ソフトを紹介!

仕事・学び

「オシャレな動画を作ってSNSにアップしたい」

「動画編集を仕事にしたい」

「YouTubeを始めたい」

近年はSNSの発展から、個人で動画をアップロードしてフォロワーを獲得している人が多くいます。

そんな現代では動画編集スキルはあって損はありません。

動画編集を仕事にしたい、役立てたいという方も多いのではないでしょうか。

この記事では人気の動画編集スクールをご紹介します。

そのほかに、おすすめの編集ソフトやオンラインの有無などを解説していきます。

動画編集スクールで、動画編集スキルを効率的に学んで仕事に役立ててくださいね!

すぐにおすすめの動画編集スクールが知りたいという方は、「動画編集スクールおすすめ18選!」からご覧ください。

この記事の監修者

JEMMAさん

ビデオグラファー / 動画編集講師

JEMMAさん

YouTube:JEMMA’s style. / じぇますた。
Twitter:@jemma_misaki

理系大学を卒業後ブライダル業界に3年勤めたのち、海外生活を経て現在はビデオグラファーとして映像制作、スマホ動画のセミナー講師として活動中。動画制作のハウツーをメインとするYouTubeチャンネル(じぇますた。)を運営。2024年5月現在登録者は6万人超え。

※紹介しているサービスは監修者が推奨しているわけではありません

動画編集スクールおすすめ18選!

おすすめ動画編集スクール

動画編集スクールは大手から中小まで様々なスクールが対応しているため、比較を始めた人は動画編集スクールの多さに驚くと思います。

1つずつ丁寧に情報収集しても良いのですが、何を学べるのかやオンラインの有無など比較ポイントは数多くあり、調べれば調べるほど混乱する人も多いです。

すでに頭が混乱している人や、調べて比較することが面倒だと感じる人は、動画編集スクールおすすめ18選を参考にしてください!

動画編集スクールの比較表

イメージ
名称studio USデジハク DIGITAL HACKSDMM WEBCAMPヒューマンアカデミーMovieHacksChapterTwoMOVAMOOCRESクリエイターズジャパンSHElikesたのまなMegrasWinスクールデジタルハリウッド STUDIO by LIGVideographer ClassUdemy副業の学校BYND
リンク公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
コースの種類動画編集コース
動画クリエイターコース
動画クリエイター総合コース
デジハクコースREG
デジハクコースPRO
動画クリエイターコース動画クリエイター総合コース
動画クリエイターコース
YouTubeに特化した動画編集講座動画クリエイターコース
Webデザイナーコース
通学コース
1種類のみマスターコースPremiere Proコースマスターコース動画作成コース
Web動画クリエイターコース
for BUSINESS
for CAREER
映像デザイナー
映像デザイナープロ
Web・映像スペシャリスト
ネット動画クリエイター専攻
ネット動画ディレクター専攻
動画編集マスター講座
モーショングラフィックス講座
4ヶ月間のカリキュラム講座により異なるスタートアップコース
コンプリートコース
モーショングラフィッカー
ビデオグラファー
一眼動画シューティングラボ
授業料5万5,000円~22万円(税込)
※コースにより異なります。
【デジハクコースREG】
19万8,000円(税込)/月々8,250円(税込)
【デジハクコースPRO】
29万8,000円(税込)/月々1万2,500円(税込)
4週間:16万9,800円(税込)
8週間:22万4,800円(税込)
12週間:27万9,800円(税込)
16週間:33万4,800円(税込)
【Web動画クリエイター総合コース】
74万5,800円(税込)/月々3万円(税込)〜
【動画クリエイター総合コース】
31万0,640円(税込)/月々1万1,000円(税込)~
6万9,800円(税込)33万円(税込)月々2万6,800円(税込)
※24回分割の場合
66万円(税込)7万9,800円(税込)月額1万0,780円~1万6,280円(税込)
入会金16万2,800円(税込)
※入会金は初月のみ
※女性のみ
15万0,400円~29万7,400円(税込)
※コースにより異なります。
20~40万円
※詳しい料金は要問合せ。
映像デザイナー:24万8,600円(税込)
映像デザイナープロ:40万4,800円(税込)
Web・映像スペシャリスト:49万5,000円(税込)
33万円(税込)月々2万1,000円(税込)~
※詳しくは個別相談会で相談可
講座により異なる69,800円(税込)各9万6,800
コンプリートパックA:23万2,320円(税込)
コンプリートパックB:19万8,440円(税込)
期間2ヶ月~3~6ヶ月4~16週間6~12ヶ月無制限6ヶ月12ヶ月5ヵ月1か月~2~3ヶ月6ヶ月最短4日5~12カ月
※コースにより異なります。
6ヵ月4ヶ月講座により異なる無制限1~2ヵ月
場所オンラインオンラインオンライン全国(オンラインでの受講も可能)オンラインオンライン、教室新宿・渋谷オンライン、オフラインオンラインオンライン、オフライン(青山、銀座、名古屋)在宅東京(新宿)、大阪(梅田)全国(通学)上野・池袋・大宮・北千住・川崎(オンラインでの受講も可能)新宿・渋谷付近
※撮影場所によって変動
地域によって異なりますオンライン渋谷、青山、神宮(オンラインでの受講も可能)
学べるスキルPremiere Pro、After Effects、Photoshop、illustrator、案件の取り方Premiere Pro、After Effects、Photoshop、illustrator、ポートフォリオ制作 などPremiere Pro、After Effects、構成書、動画制作工程の実践Premiere Pro、After Effects、Photoshop、Illustrator、デザイン基礎、動画広告、制作、リテラシーPremiere Pro、AfterEffects、PhotoshopPremiere Pro、After Effects、案件獲得のための営業ノウハウ、商談コミュニケーション術 などPremiere Pro、After Effects、ポートフォリオ作成、撮影スキルPremiere Pro、AfterEffectsPremiere Pro、After Effects、案件の取り方AfterEffectsPremiere Pro、After Effects、動画案件の進め方動画制作スキル、マーケティングIllustrator、Photoshop、Premiere Pro、After Effects、映像制作概論
※コースにより異なります。
After Effects、Premiere、Illustrator、Photoshop、DaVinciResolve などDavinci Resolve、企画書の作り方、カラーグレーディングなど講座により異なるPremiere Pro、After Effects、請求書やクラウドソーシングなどの実務Premiere Pro、After Effects
※コースにより異なります。
サポート体制無料相談、コミュニティへの参加チャット相談、副業相談、キャリア相談、作品の添削サポート、面談サポート副業サポート卒業制作指導、就職・転職サポートLINEによる質疑応答営業もサポート、卒業後も授業視聴可能、卒業生限定コミュニティあり案件紹介オンラインでの質疑応答フリーランスマニュアルの提供、案件サポート・紹介オンラインでの質疑応答質問サポート卒業後も相談可能、仕事紹介制度特別価格でのAdobeCC購入、就職・転職サポートクリエイターズオーディション、就職・転職サポートオンラインで質問可能、案件獲得サポート、卒業後も活動をサポート動画投稿相手に直接メール可能動画添削、勉強会・セミナーの実施、受講者限定オフ会アーカイブでの動画補講

studio US

studio USは、未経験者向けの動画制作オンラインスクールです。

24時間いつでも好きなタイミングで学習できるので、忙しい人でもスキマ時間で動画編集のスキルが身につきます。

おすすめポイントPoint1.24時間いつでもどこでも受講可能

Point2.700本以上の動画教材が用意

Point3.受講中はプロの講師に質問可能

studio USの基本情報

コースの種類 動画編集コース
動画クリエイターコース
動画クリエイター総合コース
授業料 5万5,000円~22万円(税込)
※コースにより異なります。
期間 2ヶ月~
場所 オンライン
学べるスキル Premiere Pro、After Effects、Photoshop、illustrator、案件の取り方
サポート体制 無料相談、コミュニティへの参加
こんな人におすすめ
  • 初心者で一から動画制作を学びたい人
  • 平日の夜や土日しか時間が取れない人
  • オンラインで案件の取り方まで知りたい人

studio USの詳細情報

・24時間いつでもどこでも受講可能

studio USは、オンランで全て完結している24時間いつでもどこでも受講できる動画編集スクールです。

決まった時間に授業を受ける必要がないので、自分の好きなタイミングで好きなだけ学習可能。

家にいながらにして、全く動画制作をしたことのない初心者から動画クリエイターが目指せます。

Premiere Proだけでなく、After Effects、Photoshop、illustratorなどのスキルも身につけることができるので、基本的な動画の作り方はもちろんのこと、少し凝った演出の動画の作成まで学ぶことができるでしょう。

・700本以上の動画教材が用意

教材動画の数は700本以上あり、初心者向けのものから実践的な中級者以上向けのものまで幅広く揃っています。

もちろん仕事の取り方まで網羅しているので、学びたい内容の動画をピンポイントで学習できるでしょう。

ちなみに動画教材は毎月新しいものがアップされていくため、コースを継続するメリットあります。

また、定期的なライブ授業も定期的に開催されるので、特別な内容の授業が聞きたい人にもおすすめです。

・受講中はプロの講師に質問可能

初心者の方なら途中で躓いたりしないかという不安も抱えているかもしれません。

studio USでは受講中はプロの講師陣が質問を受け付けており、気軽に相談や質問をすることができます。

オンラインだから独学で進めるのは不安と考えている方でも安心して授業に取り組むことができるでしょう。

studio USのメリット・デメリット

メリット
  • 好きな時間に好きなだけ学習できる
  • 分からないところはオンライン上で質問できる
  • Adobeソフトを幅広く学ぶことができる
デメリット
  • コースの継続には別途お金がかかる
\未経験から動画作成のプロに!/
公式でstudio USを見る
家にいながら動画クリエイターが目指せる!

デジハク DIGITAL HACKS

デジハクは、編集者からディレクターまで自分に必要なスキルを学ぶことができる動画編集スクールです。

編集者としての動画編集スキルはもちろん、ディレクターを目指す上で必要なビジネススキルもセットで学べます。

おすすめポイントPoint1.ライフスタイルに合わせて受講ができる

Point2.動画を仕事にするスキルが身につく

Point3.挫折しない手厚いサポート

デジハク DIGITAL HACKSの基本情報

コースの種類 デジハクコースREG
デジハクコースPRO
授業料 【デジハクコースREG】
19万8,000円(税込)/月々8,250円(税込)
【デジハクコースPRO】
29万8,000円(税込)/月々1万2,500円(税込)
期間 3~6ヶ月
場所 オンライン
学べるスキル Premiere Pro、After Effects、Photoshop、illustrator、ポートフォリオ制作 など
サポート体制 チャット相談、副業相談、キャリア相談、作品の添削サポート、面談サポート
こんな人におすすめ
  • 基礎からしっかり学びたい人
  • 手厚いサポートを求める人
  • オンラインで好きな時間に受講したい人

デジハク DIGITAL HACKSの詳細情報

・ライフスタイルに合わせて受講ができる

講座はすべてオンラインのため、自分のライフスタイルに合わせて好きな時間に受講することができます。

わからないことがあってもチャットで、講師が質問に即時対応してくれます。

そのため、つまづくことなくスムーズに学習を進めていけるでしょう。

・動画を仕事にするスキルが身につく

自分のスキルを証明するために必要なポートフォリオを制作する講座では、講師から添削を受け、自分専用のポートフォリオを制作します。

撮影テクニック学ぶスキルや動画マーケティングを学ぶ講座もPROコースに含まれています。

また、動画スキル以外にも副業の始め方や業務のフローを解説したリテラシーを学ぶ講座も用意されています。

編集者としてのスキルを学べることはもちろん、ディレクターを目指す上で必要なスキルまで学ぶことができます。

・挫折しない手厚いサポート

デジハクでは、手厚いサポート体制が整っているため挫折しにくい点が特徴です。

副業やキャリアに関する相談や個別面談サポートはもちろん、ディスコードのコミュニティ内で制作コンテストも開催されているのでモチベーション維持に繋がります。

デジハク DIGITAL HACKSのメリット・デメリット

メリット
  • チャットで質問ができる
  • 副業や転職で役立つスキルが学べる
  • 好きな時間に学べる
  • 新規で追加された動画教材も半永久的に閲覧できる
デメリット
  • 就職支援は行っていない
\最短でプロを目指す!/
公式でデジハク DIGITAL HACKSを見る
手厚いサポートで挫折させない!

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPでは、丁寧に解説された教材やポートフォリオ作成など、独自カリキュラムで未経験から最速で実践的なスキルを身に着けられるオンラインスクールです。

おすすめポイントPoint1.手厚い学習サポート

Point2.質の高い講師を用意

Point3.納品までの一連の流れを学習可能

DMM WEBCAMPの基本情報

コースの種類 動画クリエイターコース
授業料 4週間:16万9,800円(税込)
8週間:22万4,800円(税込)
12週間:27万9,800円(税込)
16週間:33万4,800円(税込)
期間 4~16週間
場所 オンライン
学べるスキル Premiere Pro、After Effects、構成書、動画制作工程の実践
サポート体制 副業サポート
こんな人におすすめ
  • 動画を仕事として本格的に始めたい人
  • サポートが充実している環境で学びたい人
  • Premiere Proを使用して編集を学びたい人

DMM WEBCAMPの詳細情報

・手厚い学習サポート

DMM WEBキャンプは手厚い学習サポート体制が整っているので、モチベーションを保ちながらスキルアップすることができます。

週に2回の定期メンタリングでは、学習方法のレクチャーや改善点の洗い出し、疑問点を解消するための相談をおこなっています。

また、学習中に出てきたわからないポイントは毎日対応しているチャットサポートでもすぐに解消できます。

・質の高い講師を用意

DMM WEBCAMPでメンターと呼ばれる講師は、全員現役の動画クリエイター。

通過率わずか10%の厳しい選考をクリアした、質の高いメンターのみが在籍しています。

流行の編集スタイルや効率的な編集方法などマンツーマンで学ぶことができます。

・納品までの一連の流れを学習可能

Premiere Proを使用した動画の編集スキルを学だけではなく、構成から納品ま動画クリエイターに必須ともいえる一連の流れを学習できます。

実践的なスキルが身につくので、副業として動画制作を始めたい人など今後仕事として動画を始めたい人にぴったりです。

受講生限定の副業サポートもおこなっているので、スキルを身に付けた後は利用してみるといいでしょう。

DMM WEBCAMPのメリット・デメリット

メリット
  • メンタリングでモチベーションを保ちやすい
  • チャットで疑問をすぐに質問できる
  • 構成から納品までの実践的なスキルを身に着けられる
  • 厳しい審査を行っているため講師の質が高い
デメリット
  • Adobe以外の動画編集技術は学べない
\無料体験実施中!/
公式でDMM WEBCAMPを見る
30秒で簡単申し込み!

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーの動画クリエイター講座は、現役の動画クリエイターによる実践的なカリキュラムが学べるスクールです。

数々のスクールを運営しているヒューマンアカデミーの教室ということもあり、知識ゼロのところから最短3カ月で本格的に動画制作ができるレベルまで鍛えられます

無料でオンライン・電話説明会にも参加できるため、気になる方は1度参加してみるのもおすすめです。

おすすめポイントPoint1.月々6,300円から学べる動画編集スクール

Point2.知識ゼロの初心者も最短3カ月で動画制作のプロへ

Point3.オンラインor通学で自分に合った形で受講できる

ヒューマンアカデミーの基本情報

コースの種類 WEB動画クリエイター総合コース
動画クリエイター総合コース
授業料 【Web動画クリエイター総合コース】
74万5,800円(税込)/月々3万円(税込)~
【動画クリエイター総合コース】
31万0,640円(税込)/月々1万1,000円(税込)~
期間 6~12ヶ月
場所 全国(オンラインでの受講も可能)
学べるスキル Premiere Pro、After Effects、Photoshop、Illustrator、デザイン基礎、動画広告、制作、リテラシー
サポート体制 卒業制作指導、就職サポート
こんな人におすすめ
  • 短期間で動画編集をスキル学んでプロとして活躍したい人
  • 月の費用を抑えて動画編集を学びたい人
  • 動画に関わる幅広い知識を学びたい人

ヒューマンアカデミーの詳細情報

・月々6,300円から学べる動画編集スクール

数々のスクールを運営している実績のあるヒューマンアカデミーのスクールということもあり、動画に関する知識を総合的に学びたい方、動画の編集スキルを集中的に学びたい方など、幅広い目的で通うことができます。

月々6,300円から通うことができる「6カ月」の動画クリエイターコースが人気で、オプションで写真撮影やサムネイル・バナー制作の知識なども学ぶことができるのが特徴です。

・知識ゼロの初心者も最短3カ月で動画制作のプロへ

Adobeの編集ソフトなど、プロが実際に使っているスキルを無駄なく短期間で学ぶのに適したスクールです。

現役の動画クリエイターによる実践的なカリキュラムが用意されているため、未経験者でも最短3カ月で動画制作のプロになることができます。

・オンラインor通学で自分に合った形で受講できる

ヒューマンアカデミーには、オンラインでも通学でも好きなほうを選んで受講ができる点も魅力です。

たとえオンライン学習でつまづいてしまっても、質問回数無制限のチャットを利用できます。

質問には24時間以内に講師が回答するため、自宅でも安心して動画編集のスキルを学べることでしょう。

ヒューマンアカデミーのメリット・デメリット

メリット
  • オンラインと通学選択可能で全国に校舎がある
  • Adobeを特別価格で購入可能
  • サポートが充実している
  • 幅広いコースを受講可能
デメリット
  • Premiere ProやAfter Effectsコースだけでの受講はできない
\知識ゼロから3カ月でプロへ!/
公式でヒューマンアカデミーを見る
未経験でも挫折しないサポート体制

MovieHacks

MovieHacksは、プログラミングをはじめとした「個の力で生きていくために必要なスキル」を提供するスキルハックスの動画編集講座です。

おすすめポイントPoint1.永久にカリキュラムを受け続けられる

Point2.卒業後は仕事案内所の使用が可能

Point3.低価格で編集の基礎を身に着けられる

MovieHacksの基本情報

コースの種類 YouTubeに特化した動画編集講座
授業料 6万9,800円(税込)
期間 無制限
場所 オンライン
学べるスキル Premiere Pro、AfterEffects、Photoshop
サポート体制 LINEによる質疑応答
こんな人におすすめ
  • 動画編集の基礎を身に着けたい人
  • YouTubeで使える編集技術を身に着けたい人
  • 買い切りの講座を探していた人

MovieHacksの詳細情報

・永久にカリキュラムを受け続けられる

MovieHacksは、受講期間に制限がないため、永久にカリキュラムを閲覧することができます。

実際に案件などを受け始めた際に忘れてしまった編集講座などを振り返ることが可能です。

さらにカリキュラム内のことは無制限に質問可能なので、わからない箇所は質問で解決できるため、講座の内容をしっかりとスピーディーに身に着けることができます。

・卒業後は仕事案内所の使用が可能

MovieHacksの課題をクリアした卒業生限定で、お仕事案内所参加権利が与えられます。

スキルを身に着けてフリーランスとして活動を始めたいと考えている人にはうれしいです。

・低価格で編集の基礎を身に着けられる

動画編集講座を提供しているサービスの中でも比較的低価格なので、気軽に学び始めることができます。

予め決められた講座の視聴にはなりますが、何から勉強を始めればいいのかわからない人にとっては、基礎を身に着けられます。

特にYouTubeに特化したカットやテロップについて学ぶことができます。

MovieHacksのメリット・デメリット

メリット
  • YouTubeに特化したカリキュラム
  • 買い切り型なのでいつでも復習できる
デメリット
  • 講座は基礎的な技術のみ
  • 質問の回答は最長2日かかる

ChapterTwo

ChapterTwoは、実際に仕事をしていく中で欠かせない営業スキルも学習することができるオンラインスクールです。

おすすめポイントPoint1.営業スキルや商談術も学べる

Point2.卒業後もサポートが充実

Point3.営業に講師が同席してくれて安心

ChapterTwoの基本情報

コースの種類 動画クリエイターコース
Webデザイナーコース
通学コース
授業料 33万円(税込)
期間 6ヶ月
場所 オンライン、教室
学べるスキル Premiere Pro、After Effects、案件獲得のための営業ノウハウ、商談コミュニケーション術 など
サポート体制 営業もサポート、卒業後も授業視聴可能、卒業生限定コミュニティあり
こんな人におすすめ
  • 副業からいずれはフリーランスを目指している人
  • 高単価な案件を獲得したい人
  • 営業や商談のスキルも学びたい人

ChapterTwoの詳細情報

・営業スキルや商談術も学べる

ChapterTwoでは、ただ動画編集のやり方を学ぶだけでなく、実際に仕事をしていく中で必要な、営業ノウハウや商談コミュニケーション術も学ぶことができます。

高単価の案件や新規案件を獲得するためのスキルや、商談の進行の仕方など実務的な内容を学べるのが、嬉しいポイントです。

さらに、営業会社の社長が講師として登壇し、徹底して営業術を教えてくれるので、高いスキルを身に着けることができます。

・卒業後もサポートが充実

ChapterTwoは、卒業後も安心のサポートが非常に充実しています。

卒業後もオンラインでの講座は永久に視聴が可能で、何度も復習することができるので、コストパフォーマンスも高いですよ。

また、サポート期間中は講師にチャットで質問もできるので、獲得した案件についての相談にも乗ってくれます。

・営業に講師が同席してくれて安心

いざ動画編集のスキルを身に着けても、初めての営業活動は不安に感じるものですよね。

ChapterTwoでは、サポート期間中であれば3回までプロの講師が営業に同席してくれるので、安心です。

初めから一人ではなく、講師とともに案件獲得を目指せるというのは、非常に心強く感じることでしょう。

ChapterTwoのメリット・デメリット

メリット
  • 営業や商談のスキルも学べる
  • 営業活動にプロが同席してくれる
  • チャットで24時間質問や相談ができる
  • 卒業後も講座を見返せる
デメリット
  • 趣味程度の動画編集を学びたい人には向いていない
\営業ノウハウも学べる!/
公式でChapterTwoを見る
無料セミナーの視聴・相談可能!

MOVA

MOVAは、フリーランスとして活躍したい人のための動画編集スクールです。

動画作成を本格的に仕事にしたいと考えている方向けのスクールと言えるでしょう。

おすすめポイントPoint1.実践形式で学べるオフライン授業

Point2.編集だけではなく撮影ノウハウも学習可能

Point3.未経験でも安心のサポート体制

MOVAの基本情報

コースの種類 1種類のみ
授業料 月々2万6,800円(税込)
※24回分割の場合
期間 12ヶ月
場所 新宿・渋谷
学べるスキル Premiere Pro、After Effects、ポートフォリオ作成、撮影スキル
サポート体制 案件紹介
こんな人におすすめ
  • フリーランスの動画クリエイターになりたい人
  • オフラインでしっかり学びたい人
  • 実践的な案件の経験も積みたい人

MOVAの詳細情報

・実践形式で学べるオフライン授業

オンライン型のスクールが増えている中、MOVAは現場で活用できるスキルを重視しているのが特徴です。

そのため、オフライン授業だからこそできる、課題やチーム制作を中心に学習を進めることができます。

実際の現役のフリーランスの講師からリアルに役立つ知識やスキルを学びたい人におすすめです。

・編集だけではなく撮影ノウハウも学習可能

動画の編集技術はもちろんのこと、企画構成や撮影に関するノウハウも学べます。

オフラインだからこそ実際のカメラに触れながら撮影できるため、確実に現場で役立つスキルも学習可能。

学習の最後には生徒ごとに0の状態から企画した映像を作成することができます。

・未経験でも安心のサポート体制

MOVAの動画編集スクールに通っている8割以上が未経験者です。

カリキュラムの最初の2ヶ月は基礎的な知識や技術を学び、時間をかけて動画編集や撮影の技術を学んでいきます。

最終的には実務案件にも挑戦できるので、実際に現場で活躍できるスキルを身につけることができるでしょう。

MOVAのメリット・デメリット

メリット
  • オフラインで実践的なスキルが学べる
  • 実際のカメラに触りながら撮影スキルも学べる
  • 案件の経験が詰める
デメリット
  • オンライン教材はない
  • カリキュラムを修了するまで1年かかる
\フリーランスを目指せるスクール!/
公式でMOVAを見る
現場で使えるスキルが身につく!

MOOCRES(ムークリ)

MOOCRESは、5カ月間で現場レベルのスキルを身に着けられるスクールです。

おすすめポイントPoint1.少人数だからコミュニケーションがとりやすい

Point2.実際の案件に挑戦できる

Point3.映像制作会社と連携している

MOOCRESの基本情報

コースの種類 マスターコース
授業料 66万円(税込)
期間 5ヵ月
場所 オンライン、オフライン
学べるスキル Premiere Pro、AfterEffects
サポート体制 オンラインでの質疑応答
こんな人におすすめ
  • 動画編集を武器にフリーランスとして活躍したい人
  • 少人数クラスで仲間とともに動画編集を学びたい人
  • 現場で通用する技術を習得したい人

MOOCRESの詳細情報

・少人数だからコミュニケーションがとりやすい

MOOCRESは少人数精鋭型のスクールなので、講義でわからない点があっても質問しやすく、コミュニケーションが取りやすい環境です。

講義でわからない点をそのままにしておくと、周りに置いて行かれてしまい挫折の原因になりやすいです。

即質問即回答ができるMOOCRESならその心配はありません。

・実際の案件に挑戦できる

講義の中で、これまで実際にあった案件を使用して映像制作を行います。

講師がクライアント役となり、納品できるレベルまで映像作品の品質を高められるよう、徹底的にフィードバックしてくれます。

フリーランスとして映像の道に進みたい人は、現場に出る前に納品までの流れを体験できるいい経験となるでしょう。

・映像制作会社と連携している

映像制作会社と連携しているため、受講期間中、修了後問わずレベルに応じた案件を紹介してもらうことも可能です。

実際に講義で学んだことを活かすことができるため、技術を学んだのに仕事がないという状況が不安な人にとっては安心できます。

MOOCRESのメリット・デメリット

メリット
  • 実践的な技術に特化している
  • 素材のライブライを提供してくれる
  • 少人数だから質問しやすい
デメリット
  • 受講費用が高い
\5ヶ月で学べる/
公式でMOOCRESを見る
実践的なスキルが身に付く!

クリエイターズジャパン

クリエイターズジャパンは、フリーランスでも活躍できる動画編集者を目指す方に適した動画編集スクールです。

動画編集のスキルだけではなく、動画編集スキルをお金に変える方法も細かく解説してくれます。

おすすめポイントPoint1.フリーランスで稼ぐためのノウハウが学べる

Point2.Premiere Proに特化した充実のカリキュラム

Point3.横のつながりで切磋琢磨できるオンラインサロン

クリエイターズジャパンの基本情報

コースの種類 Premiere Proコース
授業料 7万9,800円(税込)
期間 1ヵ月~
場所 オンライン
学べるスキル Premiere Pro、After Effects、案件の取り方
サポート体制 フリーランスマニュアルの提供、案件取得のサポート、案件紹介
こんな人におすすめ
  • いち早くフリーランスとして活躍したい人
  • スキマ時間に時間に学習したい人
  • 個別サポートが必要な人

クリエイターズジャパンの詳細情報

・フリーランスで稼ぐためのノウハウが学べる

クリエイターズジャパンは、フリーランスの動画編集者を目指す方に最適なスクールになります。

実際に依頼されるような動画編集スキルのほか、継続的に仕事を獲得するノウハウも学べるのが魅力です。

主にYouTuber案件を取り扱う会社なので、YouTube動画の再生数と視聴時間を伸ばすコツなども身につきます。

・Premiere Proに特化した充実のカリキュラム

コース名の通り、クリエイターズジャパンが提供する講座はPremiere Proに特化したカリキュラムになっています。

講座の中にはPhotoshopやAfter Effectsなどを学ぶカリキュラムもあり、知識ゼロの状態からでも充分な動画編集スキルを学べるようになります。

・横のつながりで切磋琢磨できるオンラインサロン

オンラインサロンも用意されているため、同じ受講者との交流をすることも可能です。

講師への質問の場としても使えるほか、定期コンテストも開催されています。

オンラインサロンではない「LINE@」での個別サポートによるフォローにも対応しているのも特徴です。

クリエイターズジャパンのメリット・デメリット

メリット
  • スキマ時間に勉強できるカリキュラム構成
  • マネタイズの方法も学べる
  • 横との繋がりも作れる
デメリット
  • 学べるのはPremiere Proのみ
  • 別途サロン代金がかかる
\1日1時間の学習でOK!/
公式でクリエイターズジャパンを見る
動画編集で稼ぎたい人は必見!

SHElikes

SHElikesは、女性のためのクリエイティブスクールです。

おすすめポイントPoint1.未経験からでも仕事につなげられるスキルが身に付く

Point2.オンラインでいつでも受けられる

Point3.挫折しにくい仕組みが取り入れられている

SHElikesの基本情報

コースの種類 マスターコース
授業料 月額1万0,780円~1万6,280円(税込)
入会金16万2,800円(税込)
※入会金は初月のみ
※女性のみ
期間 2~3ヶ月
場所 オンライン、オフライン(青山、銀座、名古屋)
学べるスキル AfterEffects
サポート体制 オンラインでの質疑応答
こんな人におすすめ
  • モーショングラフィックスを制作したい人
  • SNSで映えるアニメーションを作りたい人
  • 目標に向かう仲間がほしい人

SHElikesの詳細情報

・未経験からでも仕事につなげられるスキルが身に付く

全く動画編集をしたことがないけど、SNSで見るようなアニメーションをつくりたいという人も多いでしょう。

SHElikesでは、経験豊富な講師が、初心者でも理解できるように基礎から丁寧に講座を進めてくれます。

動画制作コースの他にWebデザインコースやWebライターコースなど様々なクリエイティブ

・オンラインでいつでも受けられる

受け放題コースなら動画制作コースを含む全レッスンを好きな時に何回でも受けることができます。

もちろん勉強に時間を多く当てるのが難しい人は、月5回コースもあるのでこちらを選択するといいでしょう。

また、全てのコースはオンラインで完結できるものの、SHElikes内の仲間がほしい方はオフラインイベントにも参加もできます。

・挫折しにくい仕組みが取り入れられている

いざスクールに通っても挫折してしまう人は一定数います。

SHElikesには、月に1回のコーチングが行われ目標にどれだけアプローチできたかを仲間とシェアする機会が設けられているため、モチベーションを保つことができます。

さらに、学習中にわからないところがあってもTAに自由に質問する機会が設けられているため、わからない箇所でつまずくことはありません。

SHElikesのメリット・デメリット

メリット
  • 体験レッスンがある
  • 動画制作以外のコースも充実
  • 月に1回コーチングがあるから挫折しにくい
デメリット
  • 受講できるのは女性のみ
  • 学べる動画編集技術はアニメーションのみ
\未経験からクリエイターへ/
公式でSHElikesを見る
WEBで無料体験できます!

たのまな

たのまなは、ヒューマンアカデミーの通信講座サービスです。

在宅で未経験から動画やWeb作成の知識を学ぶことができます。

おすすめポイントPoint1.家にいながら動画編集スキルが学べる

Point2.在宅ワークに必要な知識が身につく

Point3.アカデミック価格でAdobeが使えるようになる

たのまなの基本情報

コースの種類 動画作成コース
Web動画クリエイターコース
授業料 15万0,400円~29万7,400円(税込)
※コースにより異なります。
期間 6ヶ月
場所 在宅
学べるスキル Premiere Pro、After Effects、動画案件の進め方
サポート体制 質問サポート
こんな人におすすめ
  • 在宅で基礎からしっかり学びたい人
  • 動画を使った在宅ワークを始めたい人
  • PCやAdobeCCを合わせて購入したい人

たのまなの詳細情報

・家にいながら動画編集スキルが学べる

たのまなはヒューマンアカデミーの通信講座専門サービスで、動画作成に関するコースも用意されています。

「動画作成コース」と「Web動画クリエイターコース」が用意されており、身につけたいスキルに合わせて選択可能です。

Web動画クリエイターコースでは、Premiere ProやAfter Effectsの使い方のほか、Webサイトを作るための技術も学ぶことができます。

・在宅ワークに必要な知識が身につく

オンラインの映像講義が視聴できるので、在宅でいつでもどこでも学習ができるのもメリットの1つです。

また、基本的な動画編集のスキルだけではなく、クライドソーシングなどの在宅ワークに必要なスキルも身につきます。

受講期間中に出てきたグ門店などあシステム上から質問することもできるので、安心して学習に取り組めるでしょう。

・アカデミック価格でAdobeが使えるようになる

実作業をするにあたって、欠かすことのできない「Adobe Creative Cloudライセンス(12ヶ月版)付き」をアカデミック価格で購入できるのも大きな特徴です。

また、動画講座をはじめとする在宅WORK講座であれば、SurfaceまたはMacを特別価格で一緒に購入するこも可能。

初心者の方が動画編集をはじめるためのスタートパックという意味合いが強く、PCもない本当に一から動画編集をはじめたいという方にもおすすめです。

たのまなのメリット・デメリット

メリット
  • クラウドソーシングで役立つ知識が身につく
  • Adobe Creative Cloud(12か月分)を含んだ料金
  • 在宅で完結できるカリキュラム
デメリット
  • 案件紹介などのサポートはない
\在宅で動画編集スキルが身につく!/
公式でたのまなを見る
AdobeCC12ヶ月分付き!

Megras

Megrasは、YouTubeチャンネル運営を専門にした動画制作会社の動画クリエイター・マーケター養成スクールです。

実務に役立つスキルだけを短期集中で効率よく学習することができます。

おすすめポイントPoint1.最短4日で動画制作の基礎をマスター

Point2.未経験者でもプロが分かりやすくレクチャー

Point3.卒業後も相談できる手厚いサポート

Megrasの基本情報

コースの種類 for BUSINESS
for CAREER
授業料 20~40万円
※詳しい料金は要問合せ。
期間 最短4日
場所 東京(新宿)、大阪(梅田)
学べるスキル 動画制作スキル、マーケティング
サポート体制 卒業後も相談可能、仕事紹介制度
こんな人におすすめ
  • 自身のYouTubeチャンネルを持っている人
  • マーケティングの知識も身につけたい人
  • 短期間で学習を完了させたい人

Megrasの詳細情報

・最短4日で動画制作の基礎をマスター

Megrasでは、効率に特化したカリキュラムから実務に求められるスキルを中心に学べます。

他のスクールでは通常半年以上かかる学習時間を最短4日に凝縮しています。

そのため、じっくり学びたい方には不向きですが、逆にすぐにでも動画作成の基礎をマスターしたい方におすすめです。

・未経験者でもプロが分かりやすくレクチャー

学習効率を重視しているカリキュラムのため、1人で行き詰ることがない体制になっています。

現役のプロが直接分かりやすくレクチャーすることで、1人で悩む時間はありません。

また、受講者の98%は未経験なので、動画編集の経験がない全くの初心者でも安心して受講できるでしょう。

・卒業後も相談できる手厚いサポート

動画の編集スキルだけでなく動画マーケティングのノウハウも学ぶっことができます。

また、動画マーケティングを専門に行っている会社なので、卒業後も気軽に相談可能。

仕事紹介制度もあり、希望者には案件がもらえることもあります。

Megrasのメリット・デメリット

メリット
  • 効率特化のカリキュラムで最短4日で卒業
  • マーケティングについても学べる
  • 卒業後も相談できる
デメリット
  • じっくり学びたい方には不向き
\YouTubeビジネスについて学べる!/
公式でMegrasを見る
最短4日の超集中型カリキュラム!

Winスクール

Winスクールは、全国各地に教室を持ち、年間1484社の企業受講実績のあるスクールです。

全ての教室で随時入学を受け付けており、なおかつ全国すべての教室での併用が可能になっています。

おすすめポイントPoint1.企業研修No.1のカリキュラム

Point2.最先端の動画編集スキルが学習できる

Point3.資格に強い安心の実績

Winスクールの基本情報

コースの種類 映像デザイナー
映像デザイナープロ
Web・映像スペシャリスト
授業料 映像デザイナー:24万8,600円(税込)
映像デザイナープロ:40万4,800円(税込)
Web・映像スペシャリスト:49万5,000円(税込)
期間 5~12カ月
※コースにより異なります。
場所 全国(通学)
学べるスキル Illustrator、Photoshop、Premiere Pro、After Effects、映像制作概論
※コースにより異なります。
サポート体制 特別価格でのAdobeCC購入、就職・転職サポート
こんな人におすすめ
  • 初心者で学べるか不安な人
  • カリキュラムに沿った基礎的な技術を学びたい人
  • グラフィックも学習したい人

Winスクールの詳細情報

・企業研修No.1のカリキュラム

Winスクールは、多数の企業研修の実績を持っている動画編集スクールです。

企業の要望を取り入れた実践的な講座から企業が求める実用性のある動画編集スキルを学ぶことができます。

・最先端の動画編集スキルが学習できる

Adobe CC最新版を全教室で導入しており、教材も最新バージョンに完全対応しています。

また、教室には経験豊富な講師が常に同じ空間にいるため、短い期間でスムーズに最先端の技術を学ぶことが可能です。

未経験からでも1年後を見据えた技術を身につけたい方に適したスクールになります。

・資格に強い安心の実績

講座は1回の受験で確実に資格が取れることにこだわった指導を行っているのが特徴です。

「illustrator/Photoshopクリエイター能力認定試験」一発合格率93%などの圧倒的な資格取得の実績があります。

転職などにも有利になる資格を確実に取りたいという方にもおすすめのスクールと言えそうです。

Winスクールのメリット・デメリット

メリット
  • すぐに受講を開始できる
  • 教育訓練給付金対象講座である
デメリット
  • 学べるのは基礎技術まで
  • トレンド感のある編集技術は習得できない
\未経験からスペシャリストへ/
公式でWinスクールを見る
最短でプロの技術を習得

デジタルハリウッド STUDIO by LIG

デジタルハリウッド STUDIO by LIGは、多くのクリエイターを輩出している、まもなく創立25周年を迎える歴史あるスクールです。

Web業界で知られるLIGのスクールということもあり、優秀な現役クリエイターから実践的なスキルだけではなく、企画やマーケティングの知識も学ぶことができます。

おすすめポイントPoint1.プロを育成するための動画編集スクール

Point2.身につけたいスキルに応じた豊富なカリキュラム

Point3.卒業後のキャリア形成も充実!

デジタルハリウッド STUDIO by LIGの基本情報

コースの種類 ネット動画ディレクター専攻
授業料 33万円(税込)
期間 6ヵ月
場所 上野・池袋・大宮・北千住・川崎(オンラインでの受講も可能)
学べるスキル After Effects、Premiere、Illustrator、Photoshop、DaVinciResolve など
サポート体制 クリエイターズオーディション、就職・転職サポート
こんな人におすすめ
  • 動画を使った幅広いコンテンツを制作したい人
  • クリエイターとして転職を考えている人
  • クリエイティブを極めたい人

デジタルハリウッド STUDIO by LIGの詳細情報

・プロを育成するための動画編集スクール

デジタルハリウッド STUDIO by LIGは、現役で活躍する優秀なクリエイターの講師陣が揃っているスクールです。

プロ目線のレベルが高い講義を受けることができ、動画制作の様々なノウハウを学ぶことができます。

ロゴアニメーションやミュージックビデオなどを制作する半角的な実践課題に挑戦できるのも魅力です。

・身につけたいスキルに応じた豊富なカリキュラム

学べるカリキュラムの種類も充実しており、作りたい動画や身につけたいスキルからコースを選ぶことができます。

ハウツー動画やPR動画などのビジネスで活躍したいスキルを詳しく学べるカリキュラムもあれば、音楽PVや映画PVなどのクリエイティビティーな表現技術を学べるカリキュラムもあります。

ぜひ自分に合ったカリキュラムを選択し、欲しいスキルを効率的に身につけていきましょう。

・卒業後のキャリア形成も充実!

Web業界大手のLIGのスクールということもあり、就職や転職に強いサポートも充実しています。

最大の特徴としては、受講生の就業を目的としたジョブマッチングイベント「クリエイターズオーディション」が実施。

正社員に限定せず、フリーランス希望者専用のマッチングブースも用意されています。

随時キャリアアドバイザーによるカウンセリング会も行われており、卒業後も映像業界で幅広く活躍したい方に最も向いているスクールと言えそうです。

デジタルハリウッド STUDIO by LIGのメリット・デメリット

メリット
  • 実践的な動画編集が学べる
  • プロのクリエイターからの直接指導してもらえる
  • 上野のコワーキングスペースが使い放題
  • 転職をサポートがある
デメリット
  • 校舎に行かないと直接サポートを受けられない
\6カ月で未経験から動画クリエイターへ/
公式でデジタルハリウッド STUDIO by LIGを見る
動画制作会社仕込みの本格指導

Videographer Class

Videographer Classは、というコンセプトの動画編集スクールです。

映像をつくれるだけでなく、仕事にできることを実現するために、実践的に学べる環境が揃っています。

おすすめポイントPoint1.4ヶ月という短期間でスキルを習得できる

Point2.撮影を中心とした少人数での授業

Point3.実際の現場に近い環境で実践が可能

Videographer Classの基本情報

コースの種類 4ヶ月間のカリキュラム
授業料 月々2万1,000円(税込)~
※詳しくは個別相談会で相談可
期間 4ヶ月
場所 新宿・渋谷付近
※撮影場所によって変動
学べるスキル Davinci Resolve、企画書の作り方、カラーグレーディングなど
サポート体制 オンラインで質問可能、案件獲得サポート、卒業後も活動をサポート
こんな人におすすめ
  • 在宅で基礎からしっかり学びたい人
  • 動画を使った在宅ワークを始めたい人
  • PCやAdobeCCを合わせて購入したい人

Videographer Classの詳細情報

・4ヶ月という短期間でスキルを習得できる

Videographer Classでは、未経験からわずか4ヶ月で映像づくりを仕事にするための、カリキュラムが揃っています。

広く知識を学ぶのではなく、仕事として求められているジャンルに絞り、実践を行います。

何度も実践を繰り返すことで、短期間で撮影や編集のスキルを高め、映像づくりを仕事にできる状態を目指せます。

受講した生徒の中には、カメラや編集ソフトを触ったことがないという、未経験の人も多いので、気軽に説明会に参加してみるといいでしょう。

・撮影を中心とした少人数での授業

Videographer Classでは、各講座6名の少人数制で授業を行います。

1人1人に、十分な実践の時間があるので、深く時間をかけて映像制作に挑むことができます。

また、対面式なので、わからないことがあれば、個別で講師のサポートが受けることもできて安心です。

毎週1本の映像を制作し、卒業時には16本以上のポートフォリオができている状態で、仕事に取り組むことが可能です。

・実際の現場に近い環境で実践が可能

Videographer Classの授業では、教室のような場所で座学を受けるというような時間は、ほとんどありません。

各授業ごとに、その日のテーマに沿った撮影場所で、実践的に撮影を行います。

撮影会場やスタジオで、商品やモデルがいる中で撮影するので、実際の現場に限りなく近い環境を経験できます。

クリエイターと一緒に実践することで、短期間で制作技術の向上を目指すことが可能です。

Videographer Classのメリット・デメリット

メリット
  • 短期間でスキルが身に着けられる
  • 少人数制で学べる
  • 実際にスタジオで撮影を行える
デメリット
  • 地方に住んでいる人には向かない
\撮影中心の実践的な授業!/
公式でVideographer Classを見る
じっくり学べる少人数制!

Udemy(ユーデミー)

Udemy

Udemyは、世界中で人気があるCtoC(個人間取引)の動画学習サービスになります。

映像編集に関するオンライン講座なども豊富で、ピンポイントで学習したいところがあるときなどに便利です。

おすすめポイントPoint1.ピンポイント学習に役立つ動画が満載

Point2.コースはすべて30日間返金保証付き

Point3.お得なセールが定期的に開催

Udemyの基本情報

コースの種類 講座により異なる
授業料 講座により異なる
期間 講座により異なる
場所 オンライン
学べるスキル 講座により異なる
サポート体制 動画投稿相手に直接メール可能
こんな人におすすめ
  • 求めているスキルをだけピンポイントに学習したい人
  • DaVinciやFinal Cutも学びたい人
  • 評判のいい講座を受講したい人

Udemyの詳細情報

・ピンポイント学習に役立つ動画が満載

スクールとは違いますが、700件を超える動画編集関連の学習コンテンツが存在。

学びたい映像編集ソフトや「初級」「中級者向け」「専門」などのレベル別で検索できるため、自分のレベルに合った映像教材を見つけられます。

ピンポイント学習にも適しており、より専門的に学たいという方に適しています。

・コースはすべて30日間返金保証付き

C2Cの仕組みでありながら全てのコースは30日間の返金保証が付いており、安心して利用することができます。

動画の評価も一目で分かる作りになっており、人気の高い講座を選びやすくなっているのも魅力の1つです。

・お得なセールが定期的に開催

Udemyでは月に数回ほどお得なセールが定期的に開催されているというのも特徴です。

1年に1度だけ、最大90%OFFになる「ブラックフライデーセール」も開催されています。

動画編集を含む、様々なオンライン講座が普段より安く学べるため、興味がある方は公式サイトをチェックしてみてください。

Udemyのメリット・デメリット

メリット
  • DaVinciやFinal cutの講座がある
  • 好きな講座だけを選んで購入できる
  • 返金保証がある
デメリット
  • サポートが薄い
  • 講師の質が講座によってバラバラ
\700を超える動画編集学習コンテンツ!/
公式でUdemyを見る
よりピンポイント学ぶなら検索を活用!

副業の学校

副業の学校は、Adobeの編集ソフトを利用した技術が学べるオンラインの動画編集スクールです。

豊富な講座のコンテンツから好きなだけ学習することができます。

おすすめポイントPoint1.好きなだけ学べる期間無制限

Point2.基本、テクニック、実務までを網羅した豊富な講座数

Point3.無制限添削や実務ガイドのサポートも充実

副業の学校の基本情報

コースの種類 動画クリエイター講座
授業料 6万9,800円(税込)
期間 無制限
場所 オンライン
学べるスキル Premiere Pro、After Effects、請求書やクラウドソーシングなどの実務
サポート体制 動画添削、勉強会・セミナーの実施、受講者限定オフ会
こんな人におすすめ
  • フリーランスとして仕事を始めたい人
  • 案件の受注方法も学びたい人
  • 仲間と交流しながら学びたい人

副業の学校の詳細情報

・好きなだけ学べる期間無制限

副業の学校では、受講料を払った後は月々2,980円で好きなだけ学ぶことができます。

Premiere Proのカットやテロップなどの基本から、シーン別の編集方法、After Effectsの基本と応用を余すことなく学習が可能。

身につくまで何回でも学習ができるため、自分のペースで進められるのが魅力です。

・基本、テクニック、実務までを網羅した豊富な講座数

動画編集のスキルのほか、クラウドソーシングの利用や請求書の作成などの実務の講座も用意されています。

非常に実践的な講座ばかりで、多種多様な依頼に応える技術を学ぶことが可能です。

・無制限添削や実務ガイドのサポートも充実

専門の掲示板もあり、動画編集に関する疑問を随時フォローアップしてくれるほか、無制限の添削も実施。

また、定期的に勉強会や受講限定のオフ会を開催しているのも特徴です。

副業の学校のメリット・デメリット

メリット
  • サロン生と交流できる
  • フリーランスで活かせる実務も学べる
デメリット
  • サロンの月額会費がかかる
  • 講師の質が高いとは言えない
\即実践可能なノウハウが豊富!/
公式で副業の学校を見る
期間無制限で好きなだけ学ぼう

BYND(バインド)

BYND

BYNDは、通学&在宅から受講方法を選べて、およそ1ヵ月で動画編集スキルが学べるスクールです。

おすすめポイントPoint1.創造力のあるクリエイターを目指せる

Point2.自分のPCで学べる受講スタイル

Point3.モチベーションが変わらないうちに習得

BYNDの基本情報

コースの種類 モーショングラフィッカー
ビデオグラファー
一眼動画シューティングラボ
授業料 各9万6,800
コンプリートパックA:23万2,320円(税込)
コンプリートパックB:19万8,440円(税込)
期間 1~2ヵ月
場所 渋谷、青山、神宮(オンラインでの受講も可能)
学べるスキル Premiere Pro、After Effects
※コースにより異なります。
サポート体制 アーカイブでの動画補講
こんな人におすすめ
  • クリエイティブな環境に身を置きたい人
  • 短期間で学びきりたい人
  • 仲間を作りたい人

BYNDの詳細情報

・創造力のあるクリエイターを目指せる

BYNDは、デジタルクリエイターのキャリアサポートや撮影スタジオの運営などを手掛けているHLYWD INC.がプロデュース・運営してしています。

他のスクールと比べるとクリエイター色の強い教室になっており、「作品クオリティーを高める環境づくり」にこだわっています。

創造性を刺激してくれるコミュニティづくりも盛んに行われており、よりクリエイティブな環境に身をおきたい方には適したスクールです。

・自分のPCで学べる受講スタイル

BYNDの講義では、技術の向上を早めるためにあえて自分のPCで学ぶスタイルを徹底しています。

使い慣れたPCで学ぶことで、確実に編集技術を身につけることが可能です。

コースも細かく分かれているため、学習したいところを集中的に学ぶことができ、自分の知識の穴を埋める目的にも利用できます。

・モチベーションが変わらないうちに習得

約1ヵ月という短期間での習得を目指すため、トレンドやモチベーションが変わらない状態で学ぶことができます。

基礎的な知識だけではなく、演出効果を駆使した芸術性の高い技術が学べるのが特徴です。

また、少人数教室のコミュニティを意識した環境ということもあり、動画クリエイターとしてもう一段階上にいきたいという方にはおすすめです。

BYNDのメリット・デメリット

メリット
  • 仲間ができる
  • 1ヶ月で基礎が学べる
デメリット
  • 期間が短いので高度な技術は学べない
\マイPCを持ち込んで学習!/
公式でBYNDを見る
クリエイティブな映像編集技術を学ぼう

もう一度おすすめ動画編集スクールを見る▼

動画編集スクールに通うメリットとは?

動画編集スクールに通うメリットとは

動画編集に関するスキルを独学で学ぼうとしても、何から学べばいいか分からなかったり、どの種類の編集ソフトを使えばいいか分からなかったり、最初の段階で詰まってしまう方がほとんどです。

一人で学ぶということは膨大な時間と手間をかけることになり、長い目で見たら効率的とは言えません。

その点、動画編集スクールに通うことは学習への道筋を提示してくれるため、短期間で動画編集スキルを身につけることができます。

これだけでも充分に動画編集スクールに通う理由にはなりますが、他にも様々なメリットが存在しています。

スクールに通ったほうがいい理由
  • 本当に必要な実用的なスキルが身につく
  • 自分自身の表現方法が広がる
  • 就職サポートが受けられるスクールもある

本当に必要な実用的なスキルが身につく

動画編集に精通したスクールと講師から知識やノウハウ学ぶことで、独学ではなかなか学べない実用的なスキルが身につけやすくなります。

動画編集の知識がゼロの状態からでも充分な経験が積めるため、将来的にプロとして活動したいと思っている方ほど、専門的なスクールに通うことをおすすめします。

自身の表現方法が広がる

動画編集スキルを身につけることができれば、自身の表現方法を広げることができます。

スクールによってはマーケティングやサムネイルの作り方などの動画編集に関わる複合的な知識を学ぶことも可能です。

クリエイターとして活躍したいと考えている方だけではなく、多くの社会人にとっても動画編集スクールに通う恩恵は少なくありません。

就職サポートが受けられるスクールもある

動画編集スクールでは、動画編集に関するスキルを学べるのはもちろんのこと、スクールによっては就職や転職のサポートが受けられることもあります。

学んだ知識をそのまま仕事で活かしたいと考えている方は、キャリア設計のサポート環境が充実している動画編集スクールに通うことでスムーズに就職や転職がしやすくなるでしょう。

JEMMAさん
JEMMAさん

動画編集は主にひとりでする孤独な作業になりがちですが、スクールに通うことで先生はもちろん、同じ境遇の仲間ができる可能性もあり、一緒に成長できるのもメリットの一つですね。お仕事として動画編集をするために必要なその他の複合的な知識も合わせて学べるのはスクールの大きな利点だと思います。

動画編集スクール種類について紹介!

動画編集スクール種類について紹介

動画編集スクールと言っても、動画編集のスキルを基礎から丁寧に教えてくれるところだけではなく、マーケティングの専門的な知識を学べるところも存在しています。

このように学べる知識はスクールによって多岐に渡るため、自身の設定する目標に応じて理想とするスクールは変化します。

後悔しないためには、より自分自身に合った動画編集の知識を学べるスクールを選ぶのが重要です。

ここからは事前にチェックしたほうがいい項目を紹介します。

どういった種類の動画編集スクールがあるのか、あらかじめ把握しておきましょう。

Checkポイント
  • 動画編集の知識を基礎から学ぶ
  • 動画広告のデザインやマーケティングなども学ぶ
  • 教室に通うか、オンラインで受講するか

動画編集の知識を基礎から学ぶ

動画編集の知識がない方はPremiere Proなどの動画編集ソフトの基礎知識を教えてくれるスクールを選びましょう。

最初に基礎知識を身につけることで、派生して様々なことができるようになります。

一定レベルの動画編集のスキルが身についた後は、目的に応じて専門性に特化した学習に取り組むのも有りです。

動画広告のデザインやマーケティングなども学ぶ

YouTubeなどの誰でも気軽に視聴できる動画コンテンツが増えたことから、宣伝効果の高い動画の需要が高まっています。

その影響もあり、動画編集スキルのほか、動画広告やSEO、マーケティングなどの複合的な知識が学べるスクールも年々増加しています。

宣伝効果の高い動画の作成を目指している方や、将来的にはフリーランスでも活躍したいと考えている方は、こういった知識も合わせて学ぶのがおすすめです。

教室に通うか、オンラインで受講するか

動画編集スクールには、基本的に教室に通うタイプオンラインで受講するタイプの2つに分かれています。

オンラインなら遠方に住んでいる方でも気軽に動画編集のスキルを学習可能です。

スクールによってはどちらでも好きなように選べるため、自分に合ったスタイルの学習方法を選択しましょう。

JEMMAさん
JEMMAさん

動画編集ができるようになった先の目的や目標に合わせてスクールを選んでおけば、スクールのカリキュラムを上手に活用でき、動画編集者としての活動の幅も広がりそうですね。オンラインでの受講であれば、自身のライフスタイルに合わせて好きな場所で学ぶことができるのもポイントです。

おすすめ動画編集スクールを見る▼

学んでおきたいおすすめ映像編集ソフト

学んでおきたいおすすめ映像編集ソフト

動画編集に使用できるソフトの種類は複数あり、プロの中でも使用している映像編集ソフトは異なります。

ものによっては使用感や操作方法が多少なりとも変化するため、学んでおきたい映像編集ソフトは最初にある程度目星をつけておくのがいいでしょう。

学んでおきたいおすすめの映像編集ソフトも紹介しますので、ぜひこちらの情報も動画編集スクール選びに役立ててください。

おすすめ映像編集ソフト
  • Premiere Pro
  • Final Cut
  • DaVinciResolve

Premiere Pro

Premiere Proは、Adobe社が提供する日本では最もポピュラーな映像編集ソフトです。

インターフェースの分かりやすさと機能性の豊富さが魅力で、ほとんどの動画編集スクールはこのPremiere Proの使い方を教えてくれるものになります。

極めれば非常に高いクオリティーの動画を作ることが可能で、YouTuberクリエイターなどの多くのプロが愛用しています。

また、同じくAdobe社のAfter Effects、Photoshop、Illustratorなどの定番アプリとの互換性も優れており、動画はもちろんのことクリエイターとして幅広く仕事を請け負いたい場合は、最も適している映像編集ソフトと言えるでしょう。

Final Cut

Final Cutは、テレビ局などに勤める映像編集のプロが多く利用している映像編集ソフトになります。

Apple社が提供しており、iMovieとの互換性があるのが特徴です。

対応OSがMacのみなのでWindowsユーザーは使えませんが、普段からMacを使い慣れているという方や、iMovieでの編集に慣れている方にとっては適した映像編集ソフトになります。

DaVinciResolve

DaVinciResolveは、ブラックマジックデザイン社が開発している動画編集ソフトです。

ハリウッドのプロ現場でも利用されている本ソフトですが、一部機能が制限された無料版も存在しており、誰でも気軽に利用できる点が大きな魅力となってます。

無料版でもエディットやFusion機能、カラーリングなどの豊富な機能性により、本格的な動画編集が楽しめます

動画編集に興味があるという方は、ひとまずDaVinciResolveの無料版をダウンロードしてみるのも有りです。

おすすめ動画編集スクールを見る▼

1539人に聞いた! 編集された動画と未編集の動画、どちらを観たいですか?


ここからは、SNSやYouTubeなどで投稿された動画を観ている方や、実際に動画を投稿したことがある方に、動画編集についての意見を聞いていきたいと思います。

事前調査で、「SNSやYouTubeなどで投稿された動画を観る」と回答したボイスノート会員1539人を対象に、「動画に関するアンケート」を実施しました。

さっそく結果を見ていきましょう!

まずは、YouTubeやニコニコ動画、TikTokなど、どの媒体で動画を観ているかについて、複数回答可で回答していただきました。

97.9%とほとんどの方が「YouTube」で動画を観ているようです。
また、約2割の方は「Twitter」や「Instagram」などのSNSで投稿された動画を観ると回答しました。

その他の回答の中には、「Facebook」や「BuzzVideo」などがありました。

続いて、編集された動画と未編集の動画、どちらを観たいと思うかについて聞きました。

84.7%の方が「編集済みの動画」と回答しました。
多くの方が、「未編集の動画」よりも、「編集済みの動画」を観たいと思っているようです。

「編集済みの動画」を観たいと回答した方に、理由について聞きました。
「編集済みの動画」を観たい回答理由

茨城県54歳 女性

自分には動画編集の技術がないので、作り込まれたものを見ると「すごいなぁ」と感心するし、見やすいから。
東京都45歳 女性

おもしろいところだけ、残ってると思うので。
福岡県45歳 女性

作者の見せたいポイントがはっきりしていてスピード感があって面白いから。
東京都63歳 男性

まとまっている編集済みのほうがこちらも時間の節約になって助かる。
東京都26歳 女性

テンポがよくて音量等の調整がされているので見やすい。
京都府70歳 男性

編集された物の方が質が良いので。編集されてない動画は、仲間内では面白いですが完成されたものをみたいです。
千葉県20歳 女性

ジャンルにもよるが情報を得るためのもの(筋トレ、ゲーム実況、何かの解説など)や楽曲演奏ならば編集をして完成された作品を見たいと思うから。
神奈川県42歳 男性

LIVE形式の未編集の動画は生放送感があって良い反面、無駄な部分やシーンも多いので最初から最後まで全て見ると長時間拘束されることになるため。
北海道31歳 女性

子どもをあやしながら観ることもあるので字幕がほしい。
愛知県58歳 男性

未編集の動画は言葉は悪いがダラダラと長いものが多く感じるので、編集されたものの方がポイントが抑えられていて見やすく感じるから。

「編集が上手だと感心する」「字幕などが入っているとわかりやすく、観やすい」「ダラダラと長いと飽きてしまう」という意見が挙がっていました。

続いて、観るだけではなく、自分で動画を投稿したことがあるかについて聞きました。

「ある」と回答したのは16.7%でした。
ネット上に動画を投稿したことがある方はあまり多くないようです。

「ある」と回答した方に、編集済みの動画を投稿したかについて聞きました。

60.7%が「編集した」動画を投稿したことがあるようです。
一方で、39.3%の方は「編集していない」と回答しました。

8割以上の方が、未編集の動画よりも編集済みの動画のほうが観たいと回答していましたが、約4割の方は、未編集のまま動画を投稿しているようです。

続いて、動画を投稿したことが「ある」方に、動画編集のスキルを身につけたいと思うかについて聞きました。

「思う」と回答した方は、82.1%でした。
8割以上の方が動画編集のスキルを身に着けたいと思っているようです。

動画編集のスキルを身につけたいと思う理由についても聞いたので、一部を紹介します。

動画編集のスキルを身につけたいと「思う」回答理由

神奈川県20歳 男性

テロップの入れ方やBGMの使い方など、自分の想像通りにできないことが多かったため、動画編集のスキルを身に付けたいと思った。
兵庫県46歳 男性

動画編集ソフトを使ってみたいが、何から始めたら良いかわからない。
愛知県49歳 女性

娘が投稿したいらしいので協力してあげたい。
大阪府55歳 男性

なるべく時間をかけないで効率よく動画編集を終わらせたいから。
岩手県57歳 男性

編集スキルがつくと、編集を考えながら撮影できるようになる。
愛知県46歳 男性

ユーチューブで稼ぎたいから。
大阪府50歳 女性

プロっぽさが出せたらみんなが見てくれそう。
長野県49歳 女性

いいねがいっぱいつくと、投稿するのが楽しくなるから。
兵庫県40歳 女性

今も仕事で動画の編集をしているが、独学なのでさらなるスキルを身に着けて行きたいから。
北海道60歳 男性

投稿したい動画があるが編集できないので諦めたことが多々ある。

「独学ではなく基本的なところから学びたい」「再生数や高評価をもらいたい」という意見がありました。
中には「プロの動画編集者を目指している」「仕事に役立ちそう」「Youtuberになりたい」という方もいました。

「動画編集のスキルを身に着けたい」「新しい技術について学んでみたい」という方は少なくないようです。

では、実際に動画編集スクールに通ったことがある方はどのくらいいるのでしょうか。

「ある」と回答したのは1.4%でした。
スクールに通ったことがある方は多くないようです。

動画編集スクールに通ったことが「ある」1.4%(22名)に、満足度についても聞きました。

15人(68.2%)で最も多かったのは「どちらかといえば満足」でした。
また、「不満」と回答した方はいませんでした。

実際に、動画編集スクールに通ったことが「ある」方の多くは、通ったことに満足しているようです。

この回答の理由についても聞いたので、一部を紹介します。

「満足」「どちらかといえば満足」回答理由

宮城県49歳 男性

テクが身についた。
秋田県42歳 男性

スキルアップしたから。
大阪府59歳 女性

動画編集の勉強になった。
京都府43歳 男性

基本が身に付いたので。
東京都28歳 女性

スキルが身に付くとやりがいが出る。

「どちらかといえば不満」回答理由

長野県24歳 女性

一方的で分かりづらい。
東京都45歳 女性

難しく分かりにくい。
和歌山県48歳 男性

コスパがみあっていない。

満足している方からは、「スキルが身についた」「楽しかった」などの意見がありました。

一方で、スクールによっては、「難しくてわかりづらい」「料金が高い」などの不満点を感じた方もいるようです。
これから動画編集について学びたいと考えている方は、この記事で紹介しているスクールの特徴などを参考にしてみてください。

もう一度おすすめ動画編集スクールを見る▼

動画編集スクールに関するよくある質問

動画編集講師でもあるJEMMAさんに、動画編集スクールに関するよくある質問を答えていただきました。

未経験でも動画編集スクールからプロになることができる?

はい、できます。
動画編集スクールによっては、充分な技術を身につけることができれば、就職や転職サポートが受けられたり、案件を紹介してもらえることがあります。
早ければ数カ月ほどでプロの動画クリエイターとして活躍することが可能です。

本業をこなしがらでもスクールに通える?

年々オンラインで受講ができるスクールが増えており、本業をこなしながらでも通いやすい環境になってきています。副業の獲得を目的としたスクールもあり、すでに本業がある多くの方もスクールに通っているため安心です。また、受講する日時を調整できるスクールもあるため、自由な時間が限られているという方は、そういったスクール選びを心掛けるのがいいでしょう。

都心から遠方に住んでいる場合でも大丈夫?

オンラインで受講が完結するスクールもあり、ネット環境さえあれば在宅でも動画編集の技術を学べることができます。
気になるスクールがあれば資料請求や無料のオンライン説明会などに参加して、オンラインでも学習しやすい環境なのか事前にチェックするのがおすすめです。

まとめ

おすすめ動画編集スクールはいかがだったでしょうか?

この記事では、様々な特徴を持つ動画編集スクールと、実際にスクールで学んだほうがいい理由などを紹介してきました。

ぜひ当記事を参考にしつつ、自分自身の目的に合ったスクール選びをしてください。

おすすめ動画編集スクールを見る▼

動画に関するアンケート
調査期間:2022/3/16~2022/3/22
質問内容:
質問1:どの媒体で動画を観ますか?
質問2:編集された動画と未編集の動画、どちらを観たいですか?
質問3:その回答の理由について教えてください。
質問4:SNSやYouTube等、ネット上に動画を投稿したことがありますか?
質問5:動画を投稿する際、編集をしましたか?
質問6:動画編集のスキルを身につけたいと思いますか?
質問7:その回答の理由について教えてください。
質問8:動画編集スクールに通ったことがありますか?
質問9:動画編集スクールの満足度について教えてください。
質問10:その回答の理由について教えてください。
質問11:動画編集スクールに通ってみたいと思いますか?
質問12:動画編集スクールに通ってみたい理由を教えてください。
集計対象人数:1539人
調査対象者:事前調査で「SNSやYouTubeなどで投稿された動画を観る」と回答したボイスノート会員

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がありますので予めご了承ください。

※本記事の作成には下記のサイトも参考にしています。
資格広場 – 映像制作・動画編集の学校おすすめ7選|2021年最新の評判や特徴も紹介

編集部員R元ゲームライター。家電や学びについての情報を発信していきます。