【692人が選ぶ】動画編集ソフトのおすすめランキング【2021】無料版のソフトから揃えておくべき機材まで紹介!

仕事・学び

ここ数年でYouTubeやTikTokなどのユーザー投稿型の動画サービスを知らないという人はほとんどいなくなりました。

今や誰でもスマホから気軽に動画を撮れるため、見るだけではなく投稿するという人も増加しています。

そんな時代の流れから、

「自分もYouTubeに動画を投稿してみたい!」

「クオリティの高い映像作品を作りたい!」

「思い出を動画としてまとめたい!」

と考えたことのある人も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では昔と比べるとプロじゃない一般人でも動画に触れ合う機会は多くなりました。の中でも特におすすめできる10ソフトを、ボイスノート会員692人へのアンケート調査から決定したランキングでご紹介!

ランキング以外にもお使いのPCとの互換性や比較ポイントなども解説!

プロじゃない一般人でも動画に触れ合う機会が多い時代、ぜひ動画編集をはじめてみましょう。

すぐにおすすめの動画編集ソフトを知りたいという方は「05|動画編集ソフトおすすめ人気ランキング」からご覧ください。

おすすめの動画編集ソフト一覧

今回、人気ランキングに登場するおすすめの動画編集ソフトはこちら。

PowerDirector VideoProc
Adobe Premiere Elements Adobe Premiere Pro
GOM Mix Pro Bandicut
DaVinci Resolve Final Cut Pro
Filmora Avid Media Composer

今すぐ動画編集ソフトのランキングを見る▼

失敗しない動画編集ソフトの選び方

失敗しない動画編集ソフトの選び方

一言に動画編集ソフトと言っても、どういう作業に向いているのかはソフトによって変わってきます。

そのため、何が自分に合ったソフトなのか分からないという人もいるかもしれません。

ここからは動画編集ソフトの失敗しないための比較ポイントを紹介します。

動画編集ソフト選びに困ったら、以下のことをチェックしてみてください。

ここがポイント
  • 使っているPCとの互換性で選ぶ
  • どういう目的で使うのか
  • 自身の編集技術のレベルで選ぶ

使っているPCとの互換性

まずWindoewsとMac、どちらのOSのPCを使っているかによって、勧められる動画編集ソフトは変化します。

中にはどちらかにしか対応していないソフトもあるので、それらは候補から省いてください。

また、低スペックのパソコンでも動画編集ソフトを使用することが可能ですが、全てのソフトが正常に動作するわけではありません。

パソコンのスペックに自信がない人は、なるべく動作の軽い編集ソフトを選ぶようにしましょう。

どういう目的で使うのか

どういう動画を作りたいのかによっても、おすすめできる動画編集ソフトは変化してきます。

動画を切り貼りするような単純な作業であれば、わざわざ複雑な動画編集ソフトを買う必要はありません。

ただし商業用の宣伝動画やYouTuberが投稿するような動画が作りたいのであれば、高い機能性のソフトが必要です。

使える機能はソフトによって様々なので、最低限やりたいことができる編集ソフトであるかどうかはチェックしておきましょう

自身の編集技術のレベルで選ぶ

動画編集の知識や技術のレベルによっても、適したソフトは変化します。

もともと本格的な動画編集経験がある人であれば、いきなりプロ仕様のソフトを選ぶんでも問題ないでしょう。

ただし初心者の人はなるべく国内で広く使われている動画編集ソフトを選ぶのがおすすめ

なぜなら、そのほうが作業に躓いたとしても解決方法をすぐ調べられるからです。

基本的に動画編集とは専門的な知識を必要とします。

基礎的な知識をつける前にプロ仕様の複雑なソフトを選んでも、思ったように編集できるようになるのはだいぶ先のことになるので注意しましょう。

そのため、初心者であれば編集のしやすさを優先で選ぶのがいいでしょう。

動画編集ソフトおすすめランキング!

動画編集ソフトおすすめランキング!

動画編集ソフトは大手から中小まで様々な企業が対応しているため、比較を始めた人はソフトの多さに驚くと思います。

1つずつ丁寧に情報収集しても良いのですが、PCとの互換性や値段など比較ポイントは数多くあり、調べれば調べるほど混乱する人も多いです。

すでに頭が混乱している人や、調べて比較することが面倒だと感じる人は、動画編集ソフトの人気ランキングを確認してみてはいかがでしょうか?

人気がある動画編集ソフトは多くの人にとって外れが少ないものです。

自分なりに比較したいのであれば、上位を比較する事で調べる時間を削減する事が出来ます。

今回は、すでに一定の支持を集めている10つの動画編集ソフトについて、ボイスノート会員692人へのアンケート調査から人気ランキングを作成しました!

動画編集ソフトの比較表を見る▼

第1位 PowerDirector(パワーディレクター)

第1位のPowerDirectorは692人中184人(約26.6%)が支持しています。

PowerDirectorは、6年連続で国内販売シェアNo.1を記録しているビデオ編集ソフトです。

機能性が高いのにも関わらず操作も比較的分かりやすいので、初心者からプロまで幅広く扱えます。

動作も軽いので、高スペックのPCでない人にもおすすめです。

おすすめポイントPoint1.サブスクリプション版でお得に始められる

Point2.すぐに使えるロイヤリティーフリー素材が豊富

Point3.動画編集の入門に最適な操作性

PowerDirectorの基本情報

価格 【通常版】
PowerDirector Ultra:1万2,980円(税込)
PowerDirector Ultimate:1万6,980円(税込)
PowerDirector Ultimate Suite:2万980円(税込)
【サブスクリプション版】
PowerDirector 365:12ヶ月8,480円(税込)
Director Suite 365:12ヶ月11,980円(税込)
対応OS 【Windoews】
Microsoft Windows10、8、8.1、7 SP (64 bit OSのみ対応)
【Mac】
Mac OSX 10.14
CPU 【Windoews版】
Intel Core™ i-series、または AMD Phenom II 以上
フルHDビデオ編集 書き出し: Intel Core™i5、または AMD Phenom II X4 以上推奨
365、Ultimate Suite、Ultimate、Ultra
2K/4K/3D/360度 ビデオ編集 書き出し: Intel Core™ i7 または AMD FX 以上推奨
【Mac版】
Intel Core™ i-series、または Apple M1 (Rosetta対応)
メモリ 4GB以上 (8GB以上推奨)
無料お試し版 無料体験版有り
難易度 初心者~中級者向け

こんな人におすすめ感覚的に操作して本格的な動画編集をしたい人

PowerDirectorの詳細情報

・サブスクリプション版でお得に始められる

まずPowerDirectorには、通常版とサブスクリプション版の両方があります。

おすすめなのは、常に最新の機能とコンテンツが使えるサブスク版のPowerDirector365です。

通常版に比べて安く動画編集を始められるのはもちろんのこと、自由に使えるエフェクトや素材も定期的に追加。

30日間の返金保証もあるので、お試しや一時利用などにも最適です。

・すぐに使えるロイヤリティーフリー素材が豊富

PowerDirectorが支持されている理由の1つに、使えるエフェクトの種類の豊富さがあります。

また、テンプレート、BGM、効果音のロイヤリティーフリー素材も用意されており、初心者であってもプロが作ったかのような動画を制作することが可能。

公式サイトからは好きなエフェクトをダウンロードできるので、動画にオリジナリティを出すことも簡単です。

・動画編集の入門に最適な操作性

動画編集ソフトの中では感覚的操作できるのが特徴です。

そのため、動画編集の入門として使用する人が多い傾向にあります。

また、一部分かりづらかったツールやデザイナー機能も1つの場所にまとめており、作業の効率と機能性を向上。

画面録画機能も備わっているので、ゲーム実況などをする人にも最適です。

PowerDirectorがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からPowerDirectorがおすすめの理由を聞いてみました!

三重県29歳 男性

国内のシェアが多いことと、非常に使いやすそうで作業を簡素化できそう
愛知県37歳 女性

6年連続シェアNO.1というのが、多くの人から支持されている感じで、信用できそう。
大阪府31歳 男性

シンプルで分かりやすく、使いやすい多機能があり、コスパが優れていると思った。
\かんたん操作と豊富なエフェクト!/
公式でPowerDirectorを見る
初心者におすすめ!

第2位 VideoProc(ビデオプロック)

第2位のVideoProcは692人中78人(約11.3%)が支持しています。

VideoProcは、誰でも簡単にプロ級の動画が作れる多機能ビデオ処理ソフトです。

そこまで複雑な操作はいならいため、基本的な機能が揃っていればいいという人におすすめします。

おすすめポイントPoint1.おしゃれな映像を素早く作成

Point2.実用的な機能も豊富

Point3.ファイル変換や圧縮も簡単

VideoProcの基本情報

価格 【年間更新ライセンス】
通常価格:7,920円(税込)
キャンペーン価格:4,048円(税込)
【永久ライセンス】
通常価格:9,878円ン(税込)
キャンペーン価格:5,479円(税込)
対応OS 【Windoews】
Windows 7/Windows 8(Windows 8.1を含む)/ Windows 10*32bit / 64bit
【Mac】
Mac OS 10.6またはそれ以降【Big Sur(10.16)対応済み
CPU IntelRまたはAMD、1GHzまたはそれ以上
メモリ 256MB RAM (推奨は512MB以上)
無料お試し版 無料ダウンロード有り
難易度 初心者向け

こんな人におすすめ基本的な機能だけで素早く動画を編集&変換したい人

VideoProcの詳細情報

・おしゃれな映像を素早く作成

他の多機能動画編集ソフトと比べる比較的安価に購入可能。

しかしながらカット、クロップ、結合、エフェクトなどの基本的な機能は揃っています。

動画編集の入門としては最適です。

購入形式も年間ライセンスと永久ライセンスから選べるため、慣れてきたらほかの動画編集ソフトに乗り換えたいという人にも向いています。

・実用的な機能も豊富

インターフェースも非常に分かりやすく、ツールボックスが内蔵。

手ブレ補正、ノイズ除去、透かしなど動画編集をやったことがない人でも直観的に編集することができます。

また、VideoProcならではの機能として、ニコニコ動画やツイッターなどのURLから動画をダウンロードすることも可能。

1,000以上の動画サイトに対応しているので、いつでも好きな動画を視聴できます。

・ファイル変換や圧縮も簡単</span

4K動画を各種動画ファイルに変換や圧縮、リサイズなどが簡単に素早くできるのも特徴の1つ。

スマホで撮った動画はもちろんのこと、ドローンやGoProで動画も簡単に変換してくれます。

様々なファイル形式に対応できるので、エンコーダーとして活用するのもいいでしょう。

VideoProcがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からVideoProcがおすすめの理由を聞いてみました!

大阪府26歳 男性

簡単に動画作成をすることができるので、仕事にも生かすことが出来そう
北海道31歳 女性

無料でダウンロードも出来るし(制限はそれなりにありますが)、動画づくりには丁度良いなと思いました。
東京都40歳 女性

自分みたいな知識のない者でも、一定レベルのものができそうに思った
\簡単にプロ級動画が作れる!/
公式でVideoProcを見る
多機能ビデオ処理ソフト!

第3位 Adobe Premiere Elements(アドビ プレミア エレメンツ)

第3位のAdobe Premiere Elementsは692人中77人(約11.1%)が支持しています。

Adobe Premiere Elementsは、AI技術による自動編集機能があるのが大きな特徴です。

同じくAdobe製品のPremiere Proと比べると、こちらはより初心者や家庭用に適した性能になります。

おすすめポイントPoint1.使いやすい自動編集機能

Point2.直感的な操作で初心者にもおすすめ

Point3.Proとは異なる買い切りタイプ

Adobe Premiere Elementsの基本情報

価格 1万7,800円(税込)
対応OS 【Windoews】
Microsoft Windows 10バージョン1903以降(バージョン1909推奨)日本語版(64-bit版のみ。Windows 7、Windows 8.1のサポートなし)
【Mac】
macOS 10.14~10.15またはmacOS 11
CPU 【Windoews】
インテル第6世代以降またはAMDの同等以上のプロセッサー(SSE4サポートあり)
【Mac】
インテル第6世代以降のプロセッサー
メモリ 8GB以上
※HDメディアの場合は16GBのRAM、4Kメディア以上場合は32GB推奨
無料お試し版 無料体験版有り
難易度 初心者~中級者向け

こんな人におすすめ直観的な操作で簡単に動画を仕上げたい人

Adobe Premiere Elementsの詳細情報

・使いやすい自動編集機能

Adobe Premiere Elementsは、同社のPremiere Proがプロ向けの性能だとしたら、こちらは家庭用向けの性能。

AIによる自動編集機能も特徴の1つで、細かい調整をしなくても問題ありません。

被写体を明確にしたり、ノイズの入ったビデオを補正したりと様々なことを自動化。

簡単にプロクオリティに近い動画を作成することができます。

・直感的な操作で初心者にもおすすめ

基本的に複雑さはなく、ガイド機能も充実しているのが特徴です。

表示される手順に従っていくだけで、自然に使い方を学習することができます。

複雑そうなPremiere Proをいきなり使うのは不安だという人にも最適です。

・Proとは異なる買い切りタイプ

Premiere Proは月額制ですが、Premiere Elementsは買い切りタイプというのも嬉しいポイント。

追加料金が発生しないため、長く使えば使うほどProよりもお得になります。

特にそんなに頻繁に使うことはないという人は、こちらで充分でしょう。

Adobe Premiere Elementsがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からAdobe Premiere Elementsがおすすめの理由を聞いてみました!

東京都32歳 女性

動画編集は難しそうなイメージがあるが、シンプルな操作で最高の仕上がりと書いてあるのが良い
宮城県34歳 男性

adobeの商品なら一応はハズレがないし、安定しているので。
愛知県53歳 男性

サブスクリプション方式はあまり好きではないので一括購入で導入できる。
Adobe Premiere Elementsの販売サイトを見る

Amazon

17,800円(税込)~

第4位 Adobe Premiere Pro(アドビ プレミア プロ)

第4位のAdobe Premiere Proは692人中72人(約10.4%)が支持しています。

Adobe Premiere Proは、多くのクリエイターが利用しているAdobeの動画編集ソフトです。

PhotoshopやAfterEffectなど、他のAdobeソフトやサービスともシームレスに連携できます。

おすすめポイントPoint1.業界使用率の高い動画編集ソフト

Point2.短期間でも利用できるクラウドサービス

Point3.サポートや教材が豊富で覚えやすい

Adobe Premiere Proの基本情報

価格 年間プラン(月々払い):2,728円(税込)
年間プラン(一括払い):28,776円(税込)
月々プラン:3,828円(税込)
※初月無料
対応OS 【Windoews】
Microsoft Windows 10(64 ビット)日本語版バージョン 1803 以降
【Mac】
macOS v10.14 以降
CPU 【Windoews】
Intel 第6世代以降のCPU、またはAMD Ryzen™ 1000シリーズ以降のCPU
Intel 第7世代以降のCPU、またはAMD Ryzen™ 3000シリーズ以降のCPU推奨
【Mac】
Intel 第6世代以降CPU
メモリ 8GBのRAM
※HDメディアの場合は16GBのRAM、4Kメディア以上場合は32GB推奨
無料お試し版 7日間の無料体験有り
難易度 中級者~上級者向け

こんな人におすすめほかのAdobeソフトを使用している人

Adobe Premiere Proの詳細情報

・業界使用率の高い動画編集ソフト

PhotoshopやIllustratorで知られているAdobeの提供する動画編集ソフト。

機能性も高く、ほかのAdobeソフトとも連携しやすいことから多くのクリエイターが実際に利用しており、有名YouTuberのFilcher’sや水溜りボンドなども愛用しています。

業界使用率の高いソフトとして知られており、映像関係の仕事に就きたい人におすすめです。

ただし高スペックのPCで使わないと動作が重たいという点がネック。

低スペックのPCで使用するのには向いていないので注意しましょう。

・短期間でも利用できるクラウドサービス

Premiere Proには買い切りの製品ではなく、契約期間で料金が発生します。

そのため、イベントなどで一時的に利用したいということであれば1ヶ月だけの利用も有り。

初回利用であれば30日間無料なので、気軽に使うことができるでしょう。

また、スマートフォンのアプリのRushとも繋げられるため、外出先でも編集も可能です。

・サポートや教材が豊富で覚えやすい

Adobe製品のソフト全般に言えることですが、国内での使用率が多いため、操作方法を調べやすいのも魅力です。

Premiere Proの使い方を学ぶスクールやオンライン講座も複数存在。

いち早く本格的な動画編集技術を身につけたいという人にとっては最適なソフトと言えます。

Adobe Premiere Proがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からAdobe Premiere Proがおすすめの理由を聞いてみました!

静岡県33歳 男性

Adobeのソフトなので安心感があるから。常に最先端の技術を搭載してそうだから。
福岡県21歳 男性

多くの人が使用しており、実績も多い。
できることも多く使い勝手が良い
青森県38歳 女性

アドビは以前から利用しているので、こちらも利用してみたいなと思いました。
\多くのクリエイターが利用!/
公式でAdobe Premiere Proを見る
ほかのAdobeソフトと連携可能!

第5位 GOM Mix Pro(ゴムミックス プロ)

第5位のGOM Mix Proは692人中57人(約8.2%)が支持しています。

GOM Mix Proは、簡単操作が魅力の家庭向けの動画編集ソフトです。

シンプルなマウス操作でクオリティの高い動画の作成からエンコード、SNSのアップまでできます。

おすすめポイントPoint1.基本的な機能の家庭用動画編集ソフト

Point2.基本ソースの素材も豊富

Point3.まとめ買いでお得に購入可能

GOM Mix Proの基本情報

価格 無期限ライセンス:5,500円(税込)
30日分:500円(税込)
対応OS Microsoft Windows 10(32/64bit) / 8.1(32/64bit) / 8(32/64bit) / 7(32/64bit)
CPU Intel Core i3(Haswell), AMD Athlon 64 X2 以上
メモリ 4GB RAM以上
無料お試し版 無料体験版有り
難易度 初心者向け

こんな人におすすめマウス操作だけで簡単に動画を作成したい人

GOM Mix Proの詳細情報

・基本的な機能の家庭用動画編集ソフト

GOM Mix Proは、動画のカット&結合、字幕投入、動画回転などの基本的な機能がついています。

また、マウス操作だけでテンプレート・場面切替・フレーム エフェクトなどが適用。

高価な動画編集ソフトとは違い、複雑な操作はないので誰でも使いやすく、細部まで編集するのには向いていませんが基本的な操作だけでいいという人には最適です。

・基本ソースの素材も豊富

適用できるフィルタは100種類あり、色んな雰囲気の動画を制作できます。

BGM、テキスト、画像などのデフォルトでついてくる素材も豊富。

GOM Mix Marketからはさらにクオリティーの高い素材を購入することも可能です。

・まとめ買いでお得に購入可能

動画録画などができるGOM Cam Basic、メディアプレイヤーのGOM Playerとのセット買いもお得。

最大で42%OFFになるので、さらなる多機能さを求めるならこれらをパッケージで買うのも有り。

また、期限ライセンスで500円で始められるという手頃さも魅力です。

GOM Mix Proがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からGOM Mix Proがおすすめの理由を聞いてみました!

埼玉県33歳 女性

普段スマホやパソコンをあまり使いこなせないような初心者でもわかりやすそう
神奈川県32歳 男性

操作方法が簡単でわかりやすそうだし、基本的に無料なのでこれが一番良い。
東京都56歳 女性

今動画編集ソフトを探していてこちらの製品が操作が簡単そうなのと、有料版も安価なので。
あまり高度な編集はしないので最低限の機能と使いやすさを考えるとこちらが一番自分に合っていると思ったので。
\簡単操作の家庭用ソフト!/
公式でGOM Mix Proを見る
マウスだけでエフェクトが適用!

第6位 Bandicut(バンディカット)※同率

第6位のBandicutは692人中52人(約7.5%)が支持しています。

Bandicutは、動画のカット&結合が手軽にできる動画編集ソフトです。

複雑な操作を必要とせず、複数の動画を繋げたり、不要な部分をカットするのに適しています。

おすすめポイントPoint1.無劣化で高速動画カット&結合

Point2.誰でも簡単に操作できるシンプル設計

Point3.Bandicamとの同時購入で最大37%割引

Bandicutの基本情報

価格 3,300円(税込)
対応OS Windows XP、Vista、7、8、10 (64ビットおよび32ビット対応)
CPU Intel Pentium 3と同等以上(Intel Pentium 4と同等以上推奨)
メモリ 128MB以上(512MB以上推奨)
無料お試し版 無料版有り
難易度

こんな人におすすめ簡単に動画をカット&結合したい人

Bandicutの詳細情報

・無劣化で高速動画カット&結合

Bandicutの最大の特徴は、再圧縮なしで動画をカット&結合できるという点です。

また、無料でも使用できますが有料版なら無劣化で高速エンコードも可能。

録画したテレビ番組を自分用にCMカットするのもお手の物です。

・誰でも簡単に操作できるシンプル設計

動画のカットと結合に特化したシンプルな機能性も魅力です。

色々できる動画編集ソフトと比べると、複雑な操作を全く必要としないため、誰でも簡単に使うことができます。

また、MP4、AVI、MOVなど様々な形式の動画ファイルを編集に対応。

操作は簡単ですが、初心者向けというよりはこういった作業を日頃から多くやる人におすすめです。

・Bandicamとの同時購入で最大37%割引

同社製品であるデスクトップキャプチャー「Bandicam」との同時購入で最大37%割引。

併用もしやすいほか、どちらも買い切りタイプなので、追加料金がないというのも安心です。

使用目的にBandicamの機能が含まれていれば、セットで買うのもいいでしょう。

Bandicutがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からBandicutがおすすめの理由を聞いてみました!

愛知県25歳 男性

実際に使用しており、編集・加工がとてもしやすく使用感がいいから。
群馬県35歳 女性

無料でダウンロードできることと、無劣化で高速動画カットができるのが魅力的だと思い選びました。
神奈川県49歳 男性

一つ一つの工程の説明がわかりやすそうで初心者でもスムーズに覚えられそう
\素早く簡単に動画をカット&結合!/
公式でBandicutを見る
セット購入でお得!

第6位 DaVinci Resolve(ダヴィンチ・リゾルブ)※同率

第6位のDaVinci Resolveは692人中52人(約7.5%)が支持しています。

DaVinci Resolveは、ハリウッドなどの本場でも利用されている多機能な動画編集ソフトです。

一部機能を制限した無料版も広く知られており、お試しでプロ並みの機能性を持つソフトが使ってみたい人にもおすすめします。

おすすめポイントPoint1.プロ仕様の多機能型動画編集ソフト

Point2.カラーコレクション・色彩補正機能が充実

Point3.対応フォーマットの種類が多彩

DaVinci Resolveの基本情報

価格 3万9,578円(税込)
対応OS 【Windoews】
Windows 10
【Mac】
macOS 10.13.6 High Sierra以上
【Linux】
CentOS 7.3
※DaVinci Resolve 16の推奨マシン環境
CPU 3GHz以上のCPU
メモリ 4GB以上 (8GB以上推奨)
無料お試し版 無料版あり
難易度 中級者~上級者向け

こんな人におすすめ色彩にこだわった映画のような動画を制作をしたい人

DaVinci Resolveの詳細情報

・プロ仕様の多機能型動画編集ソフト

DaVinci Resolveは、ハリウッドで多く使われている本格的な動画編集ソフトです。

MacとWindowsのみならずLinuxのOSにも対応しているほか、日本語化もされています。

無料版は公式サイトから自由にダウンロードできるので、お試し利用も可能。

無料版であってもモーショングラフィックス、カラーコレクション、オーディオポストプロダクションなどの多機能さは実感できるので、気になる人はぜひ一度ダウンロードしてみましょう。

・カラーコレクション・色彩補正機能が充実

もともとはカラーコレクションなどの色彩補正に特化していたため、その分野での評価が高いのが特徴です。

数々の映画で実際に使われていたこともあり、家庭用の動画編集ソフトではできないこだわった表現が可能。

多機能ではありますが、バージョンごとに分かりやすく洗練されきています。

商業利用も可能な無料版もあるので、初心者の方でも試しに使ってみるのは有りです。

・対応フォーマットの種類が多彩

対応しているフォーマットの数も豊富で、基本的に読み込みも書き出しも困ることはありません。

そのため、エンコーダーとしても優秀というのも覚えたおきたいポイントです。

また、開発スピードも速く、コンスタントにアップデートも実施。

最新技術の適応という部分に関しても信頼できるでしょう。

DaVinci Resolveがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からDaVinci Resolveがおすすめの理由を聞いてみました!

東京都33歳 女性

使うのは難しそうですが本格的に動画編集することが出来そうだと思って
兵庫県53歳 男性

機能が多く、いろいろな表現が可能なので、このソフトだけで十分だと思いました。
北海道68歳 男性

サンプル映像の迫力が凄いです。ハリウッドのポストプロダクションご用達というのも説得力大です。
\圧倒的な色彩補正機能!/
公式でDaVinci Resolveを見る
多機能な無料版あり!

第8位 Final Cut Pro (ファイナルカット プロ)

第8位のFinal Cut Proは692人中51人(約7.4%)が支持しています。

Final Cut Proは、Windowsには対応していませんが、Macで使われる定番的な動画編集ソフトです。

Macにデフォルトで搭載されているiMovieとの互換性もあります。

そのため、すでにiMovieを使い慣れている人におすすめです。

おすすめポイントPoint1.Macユーザーにおすすめの動画編集ソフト

Point2.初心者にも分かりやすい機能性

Point3.多くのYouTuberが実際に使用

Final Cut Proの基本情報

価格 3万6,800円(税込)
対応OS macOS 10.15.6 以降
CPU 記載なし
メモリ 4GB以上 (8GB以上推奨)
無料お試し版 90日間のフリートライアル版有り
難易度 初心者~上級者向け

こんな人におすすめMacユーザーで現在iMovieを使用している人

Final Cut Proの詳細情報

・Macユーザーにおすすめの動画編集ソフト

Final Cut ProはMac専用の動画編集ソフトです。

言うなればMiMovieの多機能版のような性能で、Macとの互換性が高く、MacのPCなら負担も少なく済みます。

また、買い切りタイプなので、余計な追加料金を払いたくないという人にもおすすめ。

・初心者にも分かりやすい機能性

直感的に作業できる操作性も魅力の1つ。

そのため初心者や、これから動画の編集を勉強したいという方にも最適です。

特に現在iMovieを使用している人なら操作に共通点も多いため、すぐに使いこなせるようになるでしょう。

・多くのYouTuberが実際に使用

Final Cut ProもPremiere Proと同じようにYouTuberに人気の高い編集ソフトとして知られています。

実際にヒカキンやはじめしゃちょーなどの多くの大物YouTuberが利用。

使いこなせるようになれば個人レベルでもプロのような映像を制作することができるでしょう。

Final Cut Proがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からFinal Cut Proがおすすめの理由を聞いてみました!

三重県33歳 女性

自分自身がiPhoneを使っているので、これが1番合うのかなと思ったから
静岡県17歳 男性

使い方がわかりやすく、他のソフトに比べて出来ることが多く専門的だから
大阪府56歳 男性

macやiphoneを使っているのでapple製品なら互換性がいいので
\Macユーザーにおすすめ!/
公式でFinal Cut Proを見る
使いやすい直感的な操作性!

第9位 Filmora(フィモーラ)

第9位のFilmoraは692人中46人(約6.6%)が支持しています。

Filmoraは、初心者でも分かりやすいインターフェースで人気の動画編集ソフトです。

おすすめポイントPoint1.初心者ライクなインターフェース

Point2.シンプルな操作感で作業を簡素化

Point3.定番機能は自動化が可能

Filmoraの基本情報

価格 1年間:6,980円(税込)
対応OS 【Windows】
Windows7/Windows8.1/Windows 0 (64bit OSでのみ動作可能)
【Mac】
macOSv10.12またはそれ以降
CPU 【Windows】
Intel i3以上のマルチコアプロセッサ、2GHz以上 (HDおよび4KビデオにはIntel第6世代以降のCPUを推奨)
【Mac】
Intel i5以上のCPU、2 GHz以降(Intel 6th Gen以降を推奨)
メモリ 【Windows】
4GB RAM(HDおよび4Kビデオには8GBが必要)
【Mac】
8GB RAM(HDおよび4Kビデオには16GBが必要)
無料お試し版 無料版有り
難易度 初心者~中級車向け

こんな人におすすめ分かりやすいインターフェースで作業したい人

Filmoraの詳細情報

・初心者ライクなインターフェース

Filmoraは、初心者でも簡単に動画編集できることを売りにしたソフトです。

親切心のあるインターフェースの作りなので、これから動画編集を始めようとしている人に最適。

なおかつ初心者向けでありながらできないことのほうが少なく、多機能に使えるのも魅力です。

・シンプルな操作感で作業を簡素化

キーフレームを利用すれば、動画の特注でも各種パラメーターを調整できます。

また、モーショントラッキング機能もあり、動くものに対しての動画や静止画を追跡も可能

シンプルな操作性を実現しており、手間のかかる作業は簡素化してくれます。

・定番機能は自動化が可能

オーディオダッキングにより、人の声を聞きやすいように処理。

手間のかかる色補正も自動化することもできます。

キーボードショットカットのカスタマイズも可能

より効率的な作業をしたい人は重宝すること間違いなしです。

Filmoraがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からFilmoraがおすすめの理由を聞いてみました!

広島県22歳 女性

編集しやすくわかりやすいと思った。初心者でもやりやすいとやる人も増えると思う
神奈川県43歳 男性

時短で動画編集部できるのがとても良い。同じ操作を繰り返すときに面倒を感じることがなさそう。
大阪府30歳 男性

初心者にも扱いが簡単そうで、出来ることは多そうだと思うから。
Filmoraの販売サイトを見る

Amazon

6,980円(税込)~

第10位 Avid Media Composer(アビッド メディアコンポーザー)

第10位のAvid Media Composerは692人中23人(約3.3%)が支持しています。

Avid Media Composerは、やや複雑なインターフェースのため、初心者向けというよりは本格的な編集をしたいプロ向けのソフトです。

おすすめポイントPoint1.業界実績30年以上のクオリティ

Point2.Firstは無料で利用可能

Point3.独自の多機能インターフェース

Avid Media Composerの基本情報

価格 1年間ライセンス:3万1,130円(税込)
永久ライセンス:17万3,355円(税込)
対応OS Avid認定のMacまたはWindowsベースのコンピューター
CPU 記載なし
メモリ メモリー16GB以上 (32GB以上推奨)
無料お試し版 無料版有り
難易度 上級者向け

こんな人におすすめ基礎知識があり本格的な映画などの映像作品を制作したい人

Avid Media Composerの詳細情報

・業界実績30年以上のクオリティ

Avid Media Composerは少し複雑ではありますが、できないことはないほど機能が充実。

業界実績も30年以上あり、『スターウォーズ』にもこのソフトが使われています。

時代に合わせてアップデートもされ続けているため、映画のような映像を制作したい人におすすめです。

・Firstは無料で利用可能

Avid Media Composerには、無料版のFirstも存在しています。

一部機能は制限されるものの、有償版のMedia Composerを購入する前のお試しで使ってみるのも有り。

ただしチュートリアルは英語になるため、完璧に日本語にローカライズされたものを使いたい人は要注意です。

・独自の多機能インターフェース

無料版であっても非常に複雑ですが、できることは豊富です。

ただしインターフェースも独特なので、ある程度ほかの動画編集ソフトで作業した経験がある人でも慣れるまでに時間はかかると思います。

動画編集に関する知識があって、もっと高いレベルの編集をしたいという人は1度使ってみるのもいいでしょう。

Avid Media Composerがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からAvid Media Composerがおすすめの理由を聞いてみました!

東京都26歳 女性

こういう動画編集ソフトを活用すると少し凝った動画を作ることができると思うし、面白そうだなと思ったから。
静岡県43歳 男性

動画編集に関して色々な機能が提供されているので、自分の思う動画が作れそう。
福岡県57歳 女性

自分独自の良さを伝える動画を作れそうだから。無料のソフトで試してみたい。
\業界30年以上の実績!/
公式でAvid Media Composerを見る
本格的なプロ向け動画編集ソフト!

ランキング第1位を見る▼

動画編集ソフトの比較ランキング表

今回紹介した動画編集ソフトを比較表でまとめました!

気になる動画編集ソフトが複数ある場合は、比較してみてくださいね。

動画編集ソフトの人気ランキング表
動画編集ソフトの人気ランキング表

動画編集ソフトの比較表

順位第1位第2位第3位第4位第5位第6位 ※同率第6位 ※同率第8位第9位第10位
イメージ
名称PowerDirectorVideoProcAdobe Premiere ElementsAdobe Premiere ProGOM Mix ProBandicutDaVinci ResolveFinal Cut ProFilmoraAvid Media Composer
詳細リンク公式サイト公式サイトAmazon
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイトAmazon公式サイト
価格【通常版】
PowerDirector Ultra:1万2,980円(税込)
PowerDirector Ultimate:1万6,980円(税込)
PowerDirector Ultimate Suite:2万980円(税込)
【サブスクリプション版】
PowerDirector 365:12ヶ月8,480円(税込)
Director Suite 365:12ヶ月11,980円(税込)
【年間更新ライセンス】
通常価格:7,920円(税込)
キャンペーン価格:4,048円(税込)
【永久ライセンス】
通常価格:9,878円ン(税込)
キャンペーン価格:5,479円(税込)
1万7,800円(税込)年間プラン(月々払い):2,728円(税込)
年間プラン(一括払い):28,776円(税込)
月々プラン:3,828円(税込)
※初月無料
無期限ライセンス:5,500円(税込)
30日分:500円(税込)
3,300円(税込)3万9,578円(税込)3万6,800円(税込)1年間:6,980円(税込)1年間ライセンス:3万1,130円(税込)
永久ライセンス:17万3,355円(税込)
対応OS【Windoews】
Microsoft Windows10、8、8.1、7 SP (64 bit OSのみ対応)
【Mac】
Mac OSX 10.14
【Windoews】
Windows 7/Windows 8(Windows 8.1を含む)/ Windows 10*32bit / 64bit
【Mac】
Mac OS 10.6またはそれ以降【Big Sur(10.16)対応済み】
【Windoews】
Microsoft Windows 10バージョン1903以降(バージョン1909推奨)日本語版(64-bit版のみ。Windows 7、Windows 8.1のサポートなし)
【Mac】
macOS 10.14~10.15またはmacOS 11
【Windoews】
Microsoft Windows 10(64 ビット)日本語版バージョン 1803 以降
【Mac】
macOS v10.14 以降
Microsoft Windows 10(32/64bit) / 8.1(32/64bit) / 8(32/64bit) / 7(32/64bit)Windows XP、Vista、7、8、10 (64ビットおよび32ビット対応) 【Windoews】
Windows 10
【Mac】
macOS 10.13.6 High Sierra以上
【Linux】
CentOS 7.3
※DaVinci Resolve 16の推奨マシン環境
macOS 10.15.6 以降【Windows】
Windows7/Windows8.1/Windows 0 (64bit OSでのみ動作可能)
【Mac】
macOSv10.12またはそれ以降
Avid認定のMacまたはWindowsベースのコンピューター
CPU【Windoews版】
Intel Core™ i-series、または AMD Phenom II 以上
フルHDビデオ編集 書き出し: Intel Core™i5、または AMD Phenom II X4 以上推奨
365、Ultimate Suite、Ultimate、Ultra
2K/4K/3D/360度 ビデオ編集 書き出し: Intel Core™ i7 または AMD FX 以上推奨
【Mac版】
Intel Core™ i-series、または Apple M1 (Rosetta対応)
IntelRまたはAMD、1GHzまたはそれ以上【Windoews】
インテル第6世代以降またはAMDの同等以上のプロセッサー(SSE4サポートあり)
【Mac】
インテル第6世代以降のプロセッサー
【Windoews】
Intel 第6世代以降のCPU、またはAMD Ryzen™ 1000シリーズ以降のCPU
Intel 第7世代以降のCPU、またはAMD Ryzen™ 3000シリーズ以降のCPU推奨
【Mac】
Intel 第6世代以降CPU
Intel Core i3(Haswell), AMD Athlon 64 X2 以上Intel Pentium 3と同等以上(Intel Pentium 4と同等以上推奨)3GHz以上のCPU記載なし【Windows】
Intel i3以上のマルチコアプロセッサ、2GHz以上 (HDおよび4KビデオにはIntel第6世代以降のCPUを推奨)
【Mac】
Intel i5以上のCPU、2 GHz以降(Intel 6th Gen以降を推奨)
記載なし
メモリ4GB以上 (8GB以上推奨)256MB RAM (推奨は512MB以上)8GB以上
※HDメディアの場合は16GBのRAM、4Kメディア以上場合は32GB推奨
8GBのRAM
※HDメディアの場合は16GBのRAM、4Kメディア以上場合は32GB推奨
4GB RAM以上128MB以上(512MB以上推奨)4GB以上 (8GB以上推奨)4GB以上 (8GB以上推奨)【Windows】
4GB RAM(HDおよび4Kビデオには8GBが必要)
【Mac】
8GB RAM(HDおよび4Kビデオには16GBが必要)
メモリー16GB以上 (32GB以上推奨)
無料お試し版無料体験版有り無料ダウンロード有り無料体験版有り7日間の無料体験有り無料体験版有り無料版有り無料版あり90日間のフリートライアル版有り無料版有り無料版有り
難易度初心者~中級者向け初心者向け初心者~中級者向け中級者~上級者向け初心者向け中級者~上級者向け初心者~上級者向け初心者~中級車向け上級者向け

ソフト以外で動画制作に必要なものとは?

ソフト以外で動画制作に必要なものとは?

まず動画編集において、形から入るということは別に悪いことではありません

環境が整えばモチベーションアップにもつながるほか、いざという時に困ることもなくなります。

無理に揃える必要はありませんが、余裕がある人は本格的に取り組むためにも最初に動画編集ソフトの購入前に機材などは一通り揃えてしまうというのも有りです。

ここからは動画編集が捗る環境にするために、ソフト以外の揃えておいたほうがいいグッズを紹介します。

  • PC
  • カメラ
  • 三脚
  • マイク
  • 外付けHDD
  • モニター

PC

動画編集をするにあたり、最低限用意したい機材が何点かありますが、その最たるものがPCです。

また、どういう動画を作りたいのかによってはスペックも要確認です。

使用したい動画編集ソフトによっては、低スペックのPCだと正常に機能しない可能性もあります。

気にしたい項目としては、CPUとメモリ

特にCPUは最も気にしておきたいポイントになります。

新たに購入する場合は「Core i5」以上のスペックのPCを購入しましょう。

メモリに関しても8㎇以上のもPCがおすすめです。

カメラ

動画を撮るためにはカメラも必要不可欠な存在です。

今はiPhoneなどでも十分高画質な動画が撮れるため、特にこだわりがなければスマホでもOK

ただし長時間の撮影がしたい場合は別途ビデオカメラも用意しておくと便利です。

また、美しい高画質な動画を撮りたいのなら一眼レフカメラもあるといいでしょう。

三脚

必須ではありませんが、あると何かと便利なのが三脚です。

スマホをカメラとして使うなら、軽量化されたコンパクトで安価な三脚でも構いません。

しかしながら通常のカメラは意外と重量があるため、しっかりとした三脚を用意する必要があるでしょう。

マイク

カメラにはマイク機能が付いているものなので、特に必須というわけではありません。

しかしながら、カメラのマイクでは雑音が入りやすかったり、声も聞き取りづらかったりします。

聞き取りやすい音で動画を撮りたいのなら、別途外付けのマイクは用意しておくのがいいでしょう。

外付けHDD

動画素材は画像と比べて、容量が非常に大きいのがネックになります。

PCだけではすぐに容量オーバーになってしまい注意が必要です。

それを防ぐためにも、外付けHDDを用意しておくことのがおすすめ。

パソコンの負担を軽減することにもつながるため、快適に動画編集したい人は購入しておきましょう

モニター

これも絶対に必要というわけではありませんが、編集効率を上げたいなら2つ目のモニターを用意すると便利。

メインで使っているモニターとは別にもう1つモニターがあることで、一目で分かる情報が多くなったり、別ファイルを開いて行う編集作業も格段にやりやすくなります

特にノートパソコンなどの小さいモニターを使っている人に最適です。

動画編集ソフトのランキングを見る▼

無料で使えるおすすめ動画編集ソフト

無料で使えるおすすめ動画編集ソフト

動画編集がまだ未経験だという人は、いきなり有料の動画編集ソフトを使うのは何となく不安ですよね。

そういった不安を抱えているなら、ひとまずお試しで無料の動画編集ソフトに触れてみるのがおすすめ。

有料版のソフトと比べるとできることは限られていますが、基本的な変種機能は備わっています。

こちらで慣れてきたら有料版のソフトを使ってみるという形でもいいでしょう。

  • iMovie
  • Microsoftフォト
  • DaVinci Resolve無料版

iMovie

iMovieは、現在MacのPCを使っているユーザーにおすすめの動画編集ソフトです。

MacのPCであればデフォルトで搭載されていることが多く、手軽に使うことができます。

無料でありながらもトリミングやテロップの挿入などの基本的な編集は可能。

iPhoneやiPadにも最初からあることが多く、簡単でもいいから動画編集をしてみたい人は活用してみてください。

また、同じApple製品であるFinalCatとは互換性もあるので、より高度な編集をしたくなったらこちらに移行するのもいいでしょう。

Microsoftフォト

Microsoftフォトは、WindoewsのPCを使っているユーザーにおすすめの動画編集ソフトです。

Windows10にデフォルトで搭載しており、ムービーメーカーの後継にあたります。

こちらもiMovieと同じように、トリミングやテロップの挿入などの基本的な編集ができるのが特徴です。

クラウドストレージのOneDriveと連携することもできるので、PCがあればどなたでも気軽に始めることができるでしょう。

DaVinci Resolve無料版

DaVinciResolveは、ブラックマジックデザイン社が開発している動画編集ソフトです。

ハリウッドの現場でも使用されているような本格的な動画編集ソフトですが、一部機能が制限された無料版も存在

無料版でもエディットやFusion機能、カラーリングなどの豊富な機能性が備わっています。

ほかの有料動画編集ソフトでよくある無料トライアルとは違い、制限期間はありません

商業利用でも認められているため、とりあえず本格的な動画が編集してみたいという方におすすめです。

アップデートも簡単なので、操作に慣れて余裕が出てきたら有償版を購入するのもいいでしょう。

動画編集ソフトのランキングを見る▼

動画編集ソフトに関するよくある質問

無料ソフトと有料ソフトの性能の違いは?

簡単に言えば、できることの範囲が大きく違います。
この記事では無料で使えるソフトも紹介していますので、どういったことができるのか確かめてみるのも有り。
しかしながら、編集ソフトによって編集画面や操作方法が全く異なるため、ソフトを切り替えることで1からソフトについて学ぶ必要が出て来ます。
そのため、継続的に本格的な動画を制作したいという人は初めから有料ソフトを使うのがおすすめです。

結局どのソフトがいいのか1つに絞れない

今の時点で無理に1つに絞る必要はありません。
先にも書いたように、ほとんどのソフトには無料版や体験版が存在しています。
そのため、ひとまず気になったソフトを無料で使ってみて、最も使いやすいと思ったものを選んでください。
また、全くの未経験者であれば、無料のソフトを使いながら動画編集の基本的な知識を学んでいくのもいいでしょう。

まとめ

動画編集ソフトの人気ランキングはいかがだったでしょうか?

この記事では、動画編集をはじめるのに便利な機材や比較ポイントなどを紹介してきました。

ぜひランキングを参考にしつつ、自分自身の目的に合った動画編集ソフト選びをしてください。

動画編集ソフトのランキングを見る▼

この記事のランキングは、下記の調査を根拠として作成されています。

動画編集ソフトに関するアンケート
2021年2月調査レポート
【調査概要】
■調査手法
インターネットでのアンケート調査
自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施
■調査対象者
全国の男女(ボイスノート会員)
■調査期間
2021年2月1日~3日
■調査対象企業選定条件
インターネット上に商品情報または商品購入ページのある動画編集ソフトのうち、ボイスノートマガジン編集部が選出した10ブランド
■調査結果
全国の男女に対して調査を実施、692名から回答を得た。
質問: 最も満足度が高いと思う動画編集ソフトを選んでください。
得られた回答は以下の通り。

商品名 回答数 割合
PowerDirector 184 26.6%
VideoProc 78 11.3%
Adobe Premiere Elements 77 11.1%
Adobe Premiere Pro 72 10.4%
GOM Mix Pro 57 8.2%
Bandicut 52 7.5%
DaVinci Resolve 52 7.5%
Final Cut Pro 51 7.4%
Filmora 46 6.6%
Avid Media Composer 23 3.3%

(n=692)

今回の調査の結果、「最も満足度が高い動画編集ソフト」は「PowerDirector(パワーディレクター)」となった。

アバターボイスノートマガジン編集部アンケート調査で商品やサービスの人気を徹底調査!多くの人から認められた価値あるものを多くの人にお届けします!