【978人が選ぶ】ジューサーおすすめランキング【2019】ミキサーとの違いや人気商品の選び方も解説!

生活

この記事ではジューサーの中でも特におすすめできる評判のジューサーを、ボイスノート会員978人へのアンケート調査から決定したランキングでご紹介します。

ランキング以外にもミキサーとの違いや、タイプごとの選び方などをご紹介します。

ジューサー選びにお悩みの方は是非参考にしてみて下さいね。

ジューサーの選び方!選ぶ際のポイントも解説!

ジューサーを探してみると、本当にたくさんの機種が見つかります。

用途にピッタリのジューサーを探すのは、簡単ではないと感じることもあるのではないでしょうか。

そこでまずは、ジューサーの選び方と選ぶポイントを押さえておきましょう。

どういうジュースが作れるか

ジューサーはジュースを作るための器具なので、どういうジュースが作れるかというところが最も重要なポイントです。

高速ジューサーの場合は食材を混ぜる際に空気が入るため、どうしても色が変わってしまいがちで、栄養素も壊れやすいデメリットがあります。

しかし、氷や牛乳を混ぜたスムージー作りに対応できるので、単なる果物や野菜ジュース以外の飲み物を作りたい時に適しています。

低速で食材を搾れるスロージューサーは、搾る際に空気が入りにくいので、素材そのままの色のジュースで素材が持つ栄養素をそのまま摂取できるジュースができます。

このような出来上がるジュースの質や栄養の違いは、ジューサー選びでまずチェックしておきたいところです。

作れるジュースの量

ジューサーは、ボトルに入るジュースの量が機種によって異なります。

一部のジューサーは複数の容量のボトルを用意していることもありますが、中には小さいボトルのみのものもあります。

ボトルが小さいタイプだと、一度に作れるジュースの量が少ない、と感じることもあるでしょう。

一度にたくさんの量のジュースを作りたいのであれば大きめ、1杯ずつ作りたいのであれば小さめなボトルで、作る量に応じてサイズを選んでみましょう。

本体のサイズ

ジューサーのサイズは、機種によって全く異なってきます。

中には、大きすぎて置き場所がないということもあり得ます。

スロージューサーは大きめサイズの機種が多いので、思っていたより場所を取ってしまう可能性もあるでしょう。

そのため、ジューサー選びでは本体の大きさもチェックポイントです。

静音性能

ジューサーの動作音は、思いの外うるさいと感じることも少なくありません。

時間帯によっては、近所迷惑になるほどの騒音になる場合もあります。

最近販売されているジューサーは、静音性を重視した静かなタイプも多く販売されています。

早朝や夜遅い時間にジュースを作りたいという人は、静音性能を備えたジューサーを使うのがおすすめです。

メンテナンス性

ジューサーは、一度使ったら洗う必要が出てきます。

パーツが多く、洗うたびに分解してパーツを一つ一つ洗わなければならないジューサーは、使った後のメンテナンスが面倒に感じてしまうでしょう。

一般的に、スロージューサーの方がパーツが多く、細かいものが多いため、メンテナンスに時間がかかることがあります。

日々の洗浄やメンテナンスの手軽さを重視するなら、シンプルな構造でパーツも少なめの高速ジューサーを選ぶのも一つの方法です。

また、機種によっては食器洗浄機に対応したジューサーもあります。

食洗機を使用していて、手軽に洗浄したい場合は、食洗機対応の可否もチェックポイントになるでしょう。

ジュース作り以外の機能

ジューサーは基本的にジュースを作る機械ですが、中には付属のアタッチメントを付け替えることで料理に使える機種もあります。

ジュース以外のものにもジューサーを活用したい場合は、他の料理にも対応するか、料理に使用できるアタッチメントが付属しているかなども確認しておくといいでしょう。

ジューサのタイプを紹介!ミキサーとの違いやタイプごとのメリット・デメリットも解説!

ジューサーと一口に言っても、機能にはいくつかのタイプがあります。

選ぶタイプによってメリットやデメリットが異なるので、購入するときの参考にしてみてください。

高速ジューサー

昔から「ジューサー」と呼ばれるものの多くが、高速ジューサーです。

食材を投入した中で刃を高速回転させることにより、野菜や果物を細かく粉砕するタイプのジューサーです。

冷凍した食材や氷も粉砕できるので、スムージー作りができるのがメリットです。

しかし、金属製の刃を高速回転させる方式なので、どうしても刃に熱を持ってしまいます。

するとその熱が食材に伝わり、食材の成分が熱で壊れてしまうといわれています。

また、食材を砕いた時に酸素に触れやすいので酸化しやすく、鮮度も落ちやすくなってしまうデメリットがあります。

新鮮な野菜や果物を使っていても、高速ジューサーで作った場合、栄養を十分に活かせない可能性もあります。

ミキサー

ミキサーも、高速ジューサーと似た方式で食材を粉砕できるアイテムです。

高速ジューサーの場合は食材を粉砕して繊維質を分離するため水分が出ますが、ミキサーは単純に食材を粉砕するだけなので、繊維質を含むどろっとした仕上がりになります。

「ブレンダー」というアイテムもありますが、名称が異なるだけで実際はミキサーとほぼ同等の機能を持っています。

スロージューサー

「低速ジューサー」と呼ばれることもあるスロージューサーは、その名の通り低速でジュースを作れるマシンです。

高速ジューサーの仕組みがそのまま低速になっているのではなく、ジュースを搾る仕組みそのものが異なります。

スロージューサーは、刃で食材を粉砕するのではなく、時間をかけてスクリューなどで食材を圧縮してすりつぶすように搾ります。

高速回転の刃のように熱を発生させずにゆっくりと食材を搾っていくので、熱が発生することがありません。

そのため、食材の栄養素を損ねることなく、本当の生ジュースが作れるという点がスロージューサーの大きなメリットです。

スロージューサーは水分だけを取り出し、残った搾りカスを分離できるので、高速ジューサーで作るジュースよりもサラッとした飲み口に仕上がります。

しかし、繊維質も搾りカスとなって分離されるため、ジュースに含まれる食物繊維量は減ってしまいます。

また、食材を圧縮して搾るという方式であるため、通常スロージューサーでは氷や冷凍した食材をそのまま搾ることが難しくなります。

ジュース以外のものが作れないタイプも多い点が、スロージューサーのデメリットといえるでしょう。

一部のスロージューサーでは付属のアタッチメントを変えることでスムージーなどに対応可能な機種もあります。

ジューサーの使い方を紹介!手入れの仕方も解説!

家庭で簡単にジュースを作れるジューサーですが、使い方にはポイントがあるので注意が必要です。

使い方だけでなく、手入れの仕方まで覚えておけば、長持ちさせることができるでしょう。

この項目では、ジューサーの使い方と手入れについて解説します。

ジューサーの基本的な使い方

ジューサーを使うには、まずはジュースにしたい野菜や果物を用意して水洗いをします。

皮を取り除くかどうかは好みによりますが、皮に栄養が多いことも多いので、皮を残しても問題ありません。

水洗いした食材は、ジューサーに合わせたサイズにカットしましょう。

一部のジューサーには、大きくカットした食材でも問題なく動作するものもあります。

また、種はジューサーの詰まりの原因になる場合があるので、ジューサーに入れる前に取り除いておいた方がいいでしょう。

スムージーを作る際には、野菜や果物のほかに氷や牛乳を加えます。

材料をすべてジューサーに投入したら、あとはスイッチを入れるだけでジュースが出来上がります。

ジューサーは使うたびに手入れをしよう

自宅で簡単に好みのジュースを作れるジューサーですが、使った後の手入れが面倒という声も少なくありません。

野菜や果実を粉砕したり搾ったりした後のジューサーは、食材の繊維や搾りカスが必ず残っています。

ジューサーを良い状態で、清潔に使い続けるためには、使うたびに手入れをすることが欠かせません。

ジューサーの手入れのポイントは、「使ったらすぐに洗う」ことです。

使った後しばらく放置してから洗おうとすると、こびりついた汚れが取りにくくなっていることがあるからです。

面倒でも、使った後すぐ洗うことを習慣にしていれば、汚れを落としやすく清潔にキープできます。

いずれのタイプのジューサーでも、すべてのパーツをバラして洗うのが基本です。

駆動する部分となる本体は水洗い不可なので、本体から外したパーツを洗うことになります。

高速ジューサーの場合は、本体上部のカップ部分をまずは水洗いしておくと、洗うのがラクになります。

使った後に水を入れて、一度回転させるのもおすすめです。

その後、外したパーツとともに洗剤で丁寧に洗いましょう。刃の部分はスポンジで洗うと危険なので、ブラシなどを使って洗うといいでしょう。

スロージューサーの手入れでも一度水を入れて運転し、汚れを落としやすくしておきましょう。

その後本体から外せるパーツを取り外し、洗剤でキレイに汚れを落とします。

スロージューサーの場合は網状のストレイナーが用いられていることも多く、網目に汚れが入り込んで落としにくいことがあります。

ストレイナーを洗う前には、水につけ置きをしてから洗うと、汚れを浮かせて落としやすくできます。

いずれのジューサーの場合も、まずは水洗いまたは水につけ置きをしてから洗剤で洗うと、汚れが落ちやすくスムーズに手入れができるでしょう。

自動洗浄機能を搭載したジューサーもある

一部のジューサーには、使うたびにストレイナーを自動的にキレイにしてくれるという、自動洗浄機能を搭載したタイプもあります。

面倒な手入れをラクにしてくれる便利な機能ですが、だからといってまったく洗わなくていいというわけではありません。

たとえ自動洗浄機能が付いたジューサーであっても、長く清潔に使うためにはマメに手入れを行うことが大事です。

ジューサーおすすめランキング!

ジューサーは大手から中小まで様々なメーカーが商品を用意しているため、比較を始めた人は商品の多さに驚くと思います。

1つずつ丁寧に情報収集しても良いのですが、機能やボトルの容量など比較ポイントは数多くあり、調べれば調べるほど混乱する人も多いです。

すでに頭が混乱している人や、調べて比較することが面倒だと感じる人は、ジューサーの人気ランキングを確認してみてはいかがでしょうか?

人気がある商品は多くの人にとって外れが少ないですし、自分なりに比較したいのであれば「上位何位までを比較対象にする」とすれば、商品について調べる時間を削減することができます。

今回は、すでに一定の支持を集めている6つのジューサーについて、ボイスノート会員978人へのアンケート調査から人気ランキングを作成しました!

早速アンケート調査の結果をグラフで確認してみましょう。

最も満足度の高いジューサーは?

ジューサーの人気ランキングはいかがでしょうか?

6つのジューサーの中で第1位となったのは、クビンス ホールスロージューサーEVOでした!

ジューサーおすすめランキング表

順位第1位第2位第3位第4位第5位第6位
イメージ
名称クビンス ホールスロージューサーEVOパナソニック ビタミンサーバーMJ-L600-Hヒューロム スロージューサー H2Yアイリスオーヤマ ボトルブレンダーゼンケン ベジフル ZJ-D1Homgeek ミニボトルブレンダー
価格39,800円27,313円36,852円2,690円31,350円3,580円
ポイント特許技術でおいしいジュースが作れる3種のフィルターで様々なジュースが作れる栄養素を壊すことなくジュースにできるコンパクトだけどパワフル機能性だけでなく静音性も抜群時間のない時でもスピーディーに作れる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

この人気ランキングのアンケート調査について、納得できる人もいれば意外だと感じる人もいるかもしれません。

人によって好ましいと感じるポイントは違いますから、人気ランキングをそのまま鵜呑みにせずに商品についてもしっかり確認しておきましょう。

ここからは人気ランキングの順番で各商品を解説していきます!

第1位 クビンス ホールスロージューサーEVO

第1位のクビンス ホールスロージューサーEVOは978人中269人(約27.5%)が支持しています。

「クビンス」というブランド名は、ドイツ語の「キッチン」と「リビング」を組み合わせたものです。

ブランド名からもわかるように、食生活をサポートするさまざまなキッチンツールを販売しています。

注目ポイントPoint.特許技術でおいしいジュースが作れる

おすすめポイントPoint1.金属製の刃を使用せず熱が発生しない

Point2.素材の味を生かせるジューサー

クビンス ホールスロージューサーEVOの基本情報

価格39,800円
容量400ml
搾汁方法スロージューサー
製品特長食材丸ごと投入可能、フローズン・スムージー対応、静音性抜群

こんな人におすすめ栄養満点なジュースが作りたい人

クビンス ホールスロージューサーEVOの詳細情報

【特許技術でおいしいジュースが作れる】

素材を小さくカットする必要なく、芯までまるごと投入できる特許技術を搭載した画期的なコールドプレスジューサーです。

この大きな投入口と長いサイズのスクリューによって、よりたくさんジュースが絞れるようになっています。

果物や野菜の皮もそのままジュースにすることにより栄養素をそのままジュースで摂取できます。

【金属製の刃を使用せず熱が発生しない】

通常の摩擦熱で素材が酸化しやすい金属製の刃とは異なる、プラスチック製の石臼式スクリューを採用しています。

加えて低速回転の特殊なモーターによる低速回転によって、素材の栄養素をそのまま搾ったジュースに仕上げられるのです。

金属製の刃を使用していないので、安心して使用できるでしょう。

【素材の味を生かせるジューサー】

短時間で素材の栄養をしっかり搾り、しかも素材そのままよりも栄養吸収率が高いジュースができます。

残った搾りカスを使ったレシピも付属しているので、果物や野菜を余すところなく味わえるジューサーです。

クビンス ホールスロージューサーEVOがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からクビンス ホールスロージューサーEVOがおすすめの理由を聞いてみました!

広島県19歳女性材料の切る手間がいらず、朝忙しい時間でも簡単に作ることができるから。

埼玉県36歳男性投入口が大きく、食材カットの手間が省けることや、十年間という保証期間の長さが決め手です。

東京都27歳女性すでに使っていて満足している。主人が好んで買ってきた、にんじんジュースをよく作っている。

第2位 パナソニック ビタミンサーバーMJ-L600-H

第2位のパナソニック ビタミンサーバーMJ-L600-Hは978人中195人(約19.9%)が支持しています。

コールドプレスが可能なジューサーで、ジュース以外にもフィルターを使い分けることでさまざまなものが作れます。

低速回転のスクリューを採用しているため、栄養を余すところなくジュースにできるところもポイントです。

おすすめポイントPoint1.3種のフィルターで様々なジュースが作れる

Point2.低速回転で栄養満点のジュースが作れる

パナソニック ビタミンサーバーMJ-L600-Hの基本情報

価格27,313円
容量なし(連続絞り可能、材料の投入量に応じる)
搾汁方法スロージューサー
製品特長あらごしフィルター、分散型圧縮構造

こんな人におすすめいろいろな種類のジュースを作りたい人

パナソニック ビタミンサーバーMJ-L600-Hの詳細情報

【3種のフィルターで様々なジュースが作れる】

付属している3種類のフィルターを使い分けることで、様々なジュースを楽しむことができるでしょう。

「さらさらフィルター」ではコールドプレスジュースを、「あらごしフィルター」を使うと、繊維質を残したとろみのある濃厚なあらごしジュースができます。

「フローズンアタッチメント」を使えば冷凍した食材を使ったフローズンスイーツも作れます。

【低速回転で栄養満点のジュースが作れる】

1分間に45回転というゆっくりと回転するスクリューで丁寧に野菜や果物を搾り、栄養満点のジュースを作れます。

材料を圧縮してすりつぶしながら搾る「分散型圧縮構造」で、硬い材料でもきちんと搾って舌触りなめらかなジュースに仕上がります。

ゆっくりと搾るので空気を含みにくく、できあがったジュースの栄養素も高いので、フレッシュでおいしいジュースが楽しめるでしょう。

パナソニック ビタミンサーバーMJ-L600-Hがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からパナソニック ビタミンサーバーMJ-L600-Hがおすすめの理由を聞いてみました!

福井県42歳女性一番安心安全そうだし使ってみたいから。値段も手頃だからいい感じ。

東京都36歳男性前々からほしいと思っていた品で使い勝手も良さそうだから満足できると思います。

大阪府30歳男性パナソニック製なので、信頼できるブランドである。値段は高いが品質はいいと思う。カラーがかっこいい。

Amazonで「パナソニック ビタミンサーバーMJ-L600-H」を見てみる

楽天で「パナソニック ビタミンサーバーMJ-L600-H」を見てみる

第3位 ヒューロム スロージューサー H2Y

第3位のヒューロム スロージューサー H2Yは978人中147人(約15.0%)が支持しています。

「ヒューロムスロージューサー H2Y」は、コールドプレス製法という機能を搭載したジューサーです。

高機能なジューサーは場所をとるものが多いですが、H2Yはコンパクトで使い勝手のよさと、キッチンになじむ優れたデザインを兼ね備えています。

おすすめポイントPoint1.栄養素を壊すことなくジュースにできる

Point2.コンパクトで使いやすくメンテナンスも簡単

ヒューロム スロージューサー H2Yの基本情報

価格36,852円
容量450ml
搾汁方法スロージューサー
製品特長静音性が高い、栄養素を壊さない、メンテナンス簡単

こんな人におすすめ機能とデザインに優れたジューサーが欲しい人

ヒューロム スロージューサー H2Yの詳細情報

【栄養素を壊すことなくジュースにできる】

野菜の栄養を効率よく摂りたいというときは、野菜ジュースがおすすめです。

ミキサーのように刃で野菜を粉々にするのではなく、ゆっくりと絞り出すコールドプレス製法を採用しています。

野菜を圧縮して細胞を破壊することなく搾れるので、栄養や酵素を損なうことなく、素材の栄養や良さを生かしたジュースが作れます。

【コンパクトで使いやすくメンテナンスも簡単】

ジューサーは大きさが難点という製品が多いものですが、コンパクトサイズで場所を取りません。

キッチンに置いても違和感ないデザインで軽量、静音性能も備えています。

スロージューサーは搾りカスが出るため洗浄が面倒なことがほとんどですが、押し棒とドラムキャップ以外はすべて食器洗浄機に対応しているのでメンテナンスも簡単です。

ヒューロム スロージューサー H2Yがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からヒューロム スロージューサー H2Yがおすすめの理由を聞いてみました!

三重県31歳女性手軽に使えて楽しく作れるところ、使い勝手も簡単で良さそうだから。

静岡県32歳女性品質が良さそうだから。使い勝手が良く、色々な場面で活躍してくれそうだから。

山形県27歳女性酵素を破壊せずにジュースを作れて、無農薬野菜などお得な特典もたくさんついているから。

第4位 アイリスオーヤマ ボトルブレンダー

第4位のアイリスオーヤマ ボトルブレンダーは978人中142人(約14.5%)が支持しています。

ボトルブレンダーは家庭で手軽に野菜・果物ジュースやスムージーを作りたいときに便利です。

本体重量わずか1kgのコンパクトな本体に持ち運び可能なボトルがセットされており、作ったジュースはキャップをすればそのまま外出先にも持っていくことができます。

おすすめポイントPoint1.コンパクトだけどパワフル

Point2.持ち運びやメンテナンスも簡単

アイリスオーヤマ ボトルブレンダーの基本情報

価格2,690円
容量330/600ml
搾汁方法ミキサー
製品特長氷対応、持ち運びボトル2種類付属、底面に吸盤付き

こんな人におすすめコンパクトで便利なジューサーが欲しい人

アイリスオーヤマ ボトルブレンダーの詳細情報

【コンパクトだけどパワフル】

使い方はとてもシンプルで、材料を入れてボトルを取り付けてスイッチを入れるだけです。

本体底面には滑り止めの吸盤が付いているので、手元が滑ることなく安全に使えるでしょう。

チタンコーティングが施された強度と耐久性の高いステンレス4枚刃は切れ味抜群で、3cm以下の氷を入れればフローズンドリンクも作れます。

【持ち運びやメンテナンスも簡単】

付属ボトルは330mlと600mlの2種類があるので、好みの容量のジュースを作って持ち運べます。

ボトルは超軽量で高い耐久性と耐破損性を持ち、ガラスのような透明感を兼ね備えた「トライタン」製で、ニオイ移りも少ないので快適に使い続けられるでしょう。

ステンレス刃とボトル、ボトルキャップはまるごと水洗い可能なので、お手入れも簡単で毎日清潔に使えます。

アイリスオーヤマ ボトルブレンダーがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からアイリスオーヤマ ボトルブレンダーがおすすめの理由を聞いてみました!

兵庫県29歳女性会社が信頼できるから。また、ボトルが2つついていて、キャップをつければ持ち運びもできるなが魅力的だから

長崎県48歳男性アイリスオーヤマの商品は価格の割に性能がしっかりしているので。

岐阜県71歳男性アイリスオーヤマは気に入っているメーカーであることと、ジューサーの形がスマートで色も白色で美味しいジュースが飲めそうです。価格も手頃です。

Amazonで「アイリスオーヤマ ボトルブレンダー」を見てみる

楽天で「アイリスオーヤマ ボトルブレンダー」を見てみる

第5位 ゼンケン ベジフル ZJ-D1

第5位のゼンケン ベジフル ZJ-D1は978人中123人(約12.6%)が支持しています。

ベジフル ZJ-B1は低速搾りができるスロージューサーですが、他のスロージューサーと大きく異なるのが横型という点です。

横型の利点を生かして上部に取っ手が付いているので、持ち運びがしやすいのが特徴です。

おすすめポイントPoint1.機能性だけでなく静音性も抜群

Point2.多機能なうえにメンテナンスも簡単

ゼンケン ベジフル ZJ-D1の基本情報

価格31,350円
容量なし(連続絞り可能、材料の投入量に応じる)
搾汁方法スロージューサー
製品特長マルチジューサー、クッカー

こんな人におすすめジュース以外にもいろいろ作りたい人

ゼンケン ベジフル ZJ-D1の詳細情報

【機能性だけでなく静音性も抜群】

ストレイナーを従来の機種から改良し、より搾汁率をアップさせており、しかも使用時の騒音を抑えています。

ジューサーは騒音が気になるものも多い中、ZJ-B1は夜でも気にせずジュースを搾れるほど静かに動作します。

刃を使わず低速で材料を搾る圧搾方式のジューサーなので、栄養素を壊すことなく栄養吸収率の高いジュースを作れます。

【多機能なうえにメンテナンスも簡単】

部品の数が比較的少ないのでメンテナンスがラクで、取り付けも簡単です。

そして、ZJ-B1の大きな特徴として、ジュースだけではなく料理やお菓子作りもできることが挙げられます。

ノズルとストレイナーとの組み合わせにより、挽く、練る、おろすなどの料理機能も使えるので、うどんやアイスクリーム作りなどにも活用できます。

ゼンケン ベジフル ZJ-D1がおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からゼンケン ベジフル ZJ-D1がおすすめの理由を聞いてみました!

大阪府38歳男性ジューサーの形が個性的で、かっこいい。また、いろいろな機能があるから

北海道38歳男性野菜のおいしさを引き出してくれそうだから,そのまま食べるよりおいしそう

大阪府54歳男性葉物野菜もOKとのことですので人参ジュースを作ってみたい。片付けもパーツをバラして洗うだけなので簡単だとおもいます。

楽天で「ゼンケン ベジフル ZJ-D1」を見てみる

第6位 Homgeek ミニボトルブレンダー


第6位のHomgeek ミニボトルブレンダーは978人中102人(約10.4%)が支持しています。

野菜や果物の栄養を手軽に摂取できるスムージーを自宅で作りたいときに便利なのが、Homgeekのジューサーです。

キッチンに置いても邪魔にならないコンパクトサイズのジューサーで、スピーディーにスムージーが作れます。

おすすめポイントPoint1.時間のない時でもスピーディーに作れる

Point2.コンパクトで使い勝手抜群

Homgeek ミニボトルブレンダーの基本情報

価格3,580円
容量600ml
搾汁方法ミキサー
製品特長立体4枚刃、持ち運びボトル

こんな人におすすめおしゃれでコンパクトなジューサーが欲しい人

Homgeek ミニボトルブレンダーの詳細情報

【時間のない時でもスピーディーに作れる】

パワフルなモーターとステンレス4枚刃を搭載し、投入した素材の繊維質を素早く細かく粉砕し、瞬時になめらかな状態に仕上げます。

2cm以下の氷ならそのまま投入でき、素材も半解凍状態のものが使用できるため、シャーベット状の冷えておいしいスムージーを作ることができます。

【コンパクトで使い勝手抜群】

ボトル部分には専用キャップが付属しており、作ったジュースをそのままボトルごと持ち運ぶことが可能です。

安全性にも配慮されており、ボトルを外しても刃は容器の中に隠れる仕様なので、手に触れる危険も少ない工夫がなされています。

ボトルをセットしてひねってロックしないとスイッチが押せないロック機能も搭載しているため、安全にスムージ作りができます。

Homgeek ミニボトルブレンダーがおすすめの理由

アンケートに回答してくれたボイスノート会員からHomgeek ミニボトルブレンダーがおすすめの理由を聞いてみました!

三重県42歳女性コンパクトでデザインもかわいい。色も選べるから良いと思いました。

茨城県69歳男性たっぷり感と氷も砕ける充実感、容器をそのまま使える簡易性、及びかんたんに洗浄できる手軽感が良い。

佐賀県33歳女性氷を砕くこともできるので、使う幅がぐんと広がって良いと思います。

Amazonで「Homgeek ミニボトルブレンダー」を見てみる

終わりに

ジューサーの人気ランキングはいかがだったでしょうか?

どのジューサーにもそれぞれ特徴はありますが、最終的には自分がどの部分に魅力を感じるか?というところが重要になってきます。

ジューサーは、毎日の健康のために購入するのもいいですし、おいしいジュースを楽しむために購入してもいいでしょう。

目的に合ったジューサーをぜひ見つけてくださいね!

ジューサーに関するアンケート
対象条件:ボイスノート会員
有効回答者:978人
(調査日:2019/11/12~2019/11/14)

編集部員T2編集部員T2金曜日の夜からが真の一週間の始まりと思っている。ライティングを極めたくてこの会社に入ったので、いろいろな記事が見れて毎日楽しい。