エンタメの記事

iTunesのアルバムアートワークは「Lightway」でカンタン登録!

iTunesのアルバムアートワークは「Lightway」でカンタン登録!
VNM編集部 エンタメ

アルバムアートワークが登録されていない…ふと懐かしい曲が聴きたくなって、CDを引っ張り出してきてiTunesに取り込んでみたら、ジャケット写真(=アルバムアートワーク)がちゃんと表示されない…ってこと、よくあるんですよね・・・

筆者はわりとそういうところにこだわりたいタイプなので、この写真のようになってしまうと、悔しいんです。皆さんはそういう経験ありませんか?

以前の調査(ハイレゾ、iPod、CD不況…色々言われてるけど「音楽離れ」って本当なの?)で、iPodやiPhoneがメインの音楽プレイヤーだという方は2割ほどということがわかりましたが、その方々含め、iTunesで音楽を管理されている方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?筆者と同じようにアルバムアートワークにもやもやしていたりしないでしょうか?
今回はiTunesの利用状況について伺ってみました。

iTunes、使ってますか?

音楽再生ソフトに関するアンケート

対象条件:日本全国のモニターさん
回答者数:1000人
(調査日:2016/3/1 ※再調査)

【Q】あなたはパソコンでの音楽再生・管理にiTunesを使用していますか?

日本全国のモニターさん(n=1000)
iTunes使ってる?

WindowsとMac合わせて約32%の方がiTunesを利用されているという結果になりました。
では、現在どのくらいの曲数を管理されているのでしょうか?

【Q】iTunesには何曲くらい入っていますか?

iTunesを利用されているモニターさん(n=319)
iTunes何曲入ってる?

「1~50曲」が最も多く31.3%、「51~100曲」が続いて20.4%、500曲以下という方が合わせておよそ8割となりました。以前の調査ではiPodやウォークマン、スマホなどのプレイヤーに何曲入れているかを聞いていますが、それと大きくは変わらない結果でした。

HDDの容量さえ許せばいくらでも楽曲を取り込めるiTunesですが、たくさんの楽曲を管理しているという方はあまり多くないようです。

【Q】iTunesのアルバムアートワーク(ジャケット写真)について、最も近いものを選んでください

iTunesを利用されているモニターさん(n=350)
アルバムアートワークどうですか?

冒頭の「アルバムアートワークが正しく登録されない」という点、どのくらいの方が気にされているのか聞いてみましたが、その結果「困る」と答えられた方はわずか11.6%!
「自分で好きな画像を設定している」という方が23.5%、「特にこだわっていない」という方が60.2%となりました。
意外と皆さん、そのあたりは気にしていないのですね・・。

ですが今回は、「困る」という1割の方に向けて、アルバムアートワークを簡単に登録することが出来るアプリケーションをご紹介したいと思います!

簡単検索&簡単登録!「Lightway」を使ってみよう!

iTunesのアルバムアートワークは、iTunesStoreにあるデータを自動的に取得するか、もしくは手動で画像を設定するか、このどちらかで登録が可能です。

ですが、iTunesStoreに楽曲が登録されていないと自動取得は出来ませんし、手動で登録する場合にはまずamazonなどでジャケット写真を探しだして、それをひとつずつiTunes上で登録をして、とかなりの手間が掛かります。

この手間を最小限にしてくれるアプリケーションが「Lightway」です。
Lightway: http://www.voralent.com/ja/products/lightway/

lightway_download
こちらのサイトの中段左側にある「Download」のボタンからZipファイルをダウンロードします。
Zipファイルを展開したら、フォルダの中にある「LightwaySetup.exe」をダブルクリック、あとは指示に従ってインストールしてください。

インストールが完了したら、まずはiTunesを起動してみましょう。

懐かしいCDを取り込んでみたらアルバムアートワークがない!

iTunesにCDをインポート
今回は、中学生の頃に買った『FATMAN BROTHERS』をiTunesに取り込んでみることにしました。
通常どおりインポートします。

アルバムアートワークが登録されていない!
すると、『FATMAN BROTHERS』のところだけアルバムアートワークがない!

iTunesStoreに見つかりませんでした
詳細を見てみると、「iTunes Storeに見つかりませんでした」とありました。残念…

ではこのアルバムアートワークをLightwayで登録してみましょう。
ここで、Lightwayを起動します。
Lightway起動時
今は「OFFLINE」となっています。まだiTunesとリンクされていないようです。

一度iTunesに戻り、アルバムアートワークを登録したいアルバムの楽曲を再生します。
対象楽曲を再生

ここでLightwayに戻ると、再生している曲名、アーティスト名、アルバム名などが表示されています。さらに、既にアーティスト名やアルバム名で画像検索が行われています。
Lightwayに反映される

Lightwayは、このように画像検索を使ってジャケット写真を探し出してくれるサービスなのです。まれにすぐには見つからないこともあるので、その時は上部中段の「SearchOption」で検索方法を変えてみてください。
「正方形の画像のみ検索」のチェックを外すと画像が見つかりやすくなりますが、正方形でない画像を登録すると、上下左右に白い「隙間」が出てしまうことがあるので注意が必要です。

求める画像が見つかったらその画像をクリックして、左上の「+」ボタンをクリックするだけ。
iTunesに登録中

これだけでOKです。
iTunesに戻ってみると、確かに画像が登録されています。
iTunesに反映されました

また、iPhoneに転送して開いてみても、このようにちゃんとアルバムアートワークが表示されます。
iPhoneでも表示される!

他にも登録したいアルバムがある場合は、iTunes上でそのアルバムの楽曲を再生すれば、同様にLightway上で画像探しが可能です。

年末の整理にぜひ!

いかがでしたでしょうか。
年末の片付けなどで、古いCDが発掘されたり、CDの整理をされたりという方も多いかと思います。少し前のものだとiTunesが自動登録してくれないCDが結構あるのですが、これを使えばかなり作業時間を短縮することが出来ます!
これまでに自動登録されていたものでも、改めてLightwayで検索してみると画質の良いものに差し替えることもできちゃったりするので、
今まであまりこだわっていなかった方も、ぜひ一度お試しください!

ただ、こだわりだすと全部のアルバム登録するまで止まらなくなってしまうかもしれないので、そこはお気をつけてくださいね!

関連記事

コンピ盤や複数枚のアルバムを、iTunesでカンタンにまとめる方法!!
iTunesバックアップ、新パソコンへの移行は外付けHDDで

格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ