季節の記事

7月25日はかき氷の日!天然氷のかき氷でクールダウンしよう!

7月25日はかき氷の日!天然氷のかき氷でクールダウンしよう!
VNM編集部 季節

みなさん、今年もこの季節がきました!
そう、夏といえば「かき氷」。

炎天下で頭が痛くなりながらもかき込んだり、夏祭りや縁日で食べたり、かき氷には夏の思い出がついてきます。

そんなかき氷に記念日があるって知っていましたか?
毎年7月25日は日本かき氷協会が制定した夏氷(かき氷のこと)の日なのです。
「な(7)つ(2)ご(5)おり」の語呂合わせに加え、1933(昭和8年のこの日、フェーン現象によって山形市で日本最高気温の40.8度が記録されたことにちなんでいます。

参考:かき氷の日(はてなキーワード)
関連:熱中症予防の対策。温度湿度管理と水分補給をしっかりと!

かき氷の歴史。かき氷は清少納言も食べていた!?

かき氷の語源は「掻く」➕「氷」です。
冷蔵庫がなかった時代は、氷を作るに「氷室」という洞窟の奥などを利用して冬の間に大量の氷を貯蔵していました。その氷を夏になると手で掻いて食べるようになったことから「掻き氷」の名がつきました。

史実上でかき氷に関する最も古い記録は、なんと平安時代。
清少納言の『枕草子』に残っていました。
「削り氷にあまづら入れて、新しき金鋺(かなまり)に入れたる」と記述されています。
当時は氷を小刀で削っていたようで、特権階級しか口にできませんでした。

明治時代(1869年)になると、神奈川県横浜にある馬車道で町田房造が初めての氷水店を開店しました。
ちなみにここは、日本においてアイスクリームを発祥させた店でもあります。

明治16年(1883年)には東京製氷株式会社ができて人造氷の生産が拡大しました。
明治20年代になるとかき氷は大衆的な飲食物となっていきます。

第二次世界大戦前は、削った氷に砂糖をふりかけた「雪」か、砂糖蜜をかけた「みぞれ」、小豆餡をのせた「金時」が普通のメニューでした。
戦後になると、今でも一般的になっているいちごやレモン風味のシロップが販売されるようになりました。
参考:かき氷(Wikipedia)

かき氷は「純氷」または「天然氷」でできている!

かき氷の氷には大きく分けて2種類あります。

まず、「純氷」と呼ばれる氷は、水道水からほぼ完全に不純物を取り除いた純水のみを使用しています。
缶に水を入れ、-10℃のプールに缶ごと投入して、常に原水を撹拌させながら空気を抜いて作ります。大変ゆっくり凍らせているので、溶けにくく、見た目が美しい、衛生的で安全な氷ができます。
また、かき氷にしたときに無味・無臭で、食材の味を邪魔しないのも特徴です。

一方、「天然氷」は、昔ながらの製法で作られます。
湧水や天然水が流れる小さな沢や池などを利用して、真冬の1、2月に水面に張った氷を伝統的な保冷庫、「氷室」の中へと運びます。
現在の日本で天然氷を扱う業者はわずかに5社しかないので、大変貴重です。
天然氷はふわっとした舌触りで、口に入れると一瞬で溶けてしまいます。

純水の氷がシャリシャリとした食感なのに対して、天然氷は新雪を食べているかのように軽いのが特徴です。

参照:中央冷凍株式会社

行ってみたい!天然氷を使ったかき氷屋さん

そんな貴重な天然氷を使ったかき氷が食べられるお店をいくつかご紹介します。
天然氷を使ったかき氷を食べたいと思った、あなた!今年の夏は、ぜひ一度味わってみてください。

・ひみつ堂(東京都台東区)
 http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131106/13126796/
名前とは真逆で「かき氷といえば!」と有名なお店。
でも、この「ひみつ」は実は「秘密」ではなく「氷蜜」のこと。
天然氷にオリジナルの氷蜜=シロップのかき氷は絶品。
夏場は大行列を覚悟して行きましょう。

・阿左美冷蔵 金崎本店(埼玉県秩父)
 http://tabelog.com/saitama/A1107/A110704/11000259/
こちらも「秩父に行ったら外せない!」というお店。
テレビで紹介されることも多く、開店前に100人ほど並ぶこともあるとか。

・四代目氷屋徳次郎 日光天然氷 かき氷 和人堂(栃木県宇都宮市)
 http://tabelog.com/tochigi/A0901/A090101/9012182/dtlrvwlst/
宇都宮の野菜直売所にひっそりと構えるお店。
実は日光で天然氷を作っている「氷屋徳次郎」の直営店。
「天然氷」をブランド化したいと尽力されていて、デパート等で行われる「全国うまいもの展」のようなイベントに出店していることも多いようです。
夏場の「物産展」は調べてみると良いかもしれません。
ちなみに、氷を作っている業者さんを「蔵元」というそうです。お酒みたい!

・霧原(神奈川県葉山町)
 http://tabelog.com/kanagawa/A1406/A140602/14041988/
神奈川のリゾート、葉山にあるかき氷屋さん。
かき氷好きの店主が、好きが高じて天然氷のかき氷屋さんを始めてしまったそうで、通年営業ではなく、5月6月頃から9月10月くらいまでの限定営業です。
かき氷に載せる具材にもかなりこだわって、店主が自ら飛び回って交渉や買い付けを行っているそう。

最近は注目度も上がり、天然氷が食べられるお店も増えてきました。
関東のお店をここでは挙げましたが、日本中で食べられるお店が増えています。
探してみてくださいね!

最後はかき氷占い!

かき氷の日にちなみ、かき氷のあれこれを紹介してみました。
最後に、かき氷について色々と調べているうちに、「かき氷占い」なるものを発見したのでご紹介です。

大阪純水 かき氷占い
http://www.junpyou.or.jp/shavedice/telling.html

暑い夏のお供に欠かせないかき氷。
今日は、占いを参考にしてもよし、天然氷を使ったかき氷の名店に向かうのもよし、コンビニで売っているカップのかき氷を食べるもよし、暑くて気力が出ないなんて言わないで、かき氷を食べて夏を楽しんじゃいましょう!

【Q】天然氷のかき氷、食べたことはありますか?

かき氷に関するアンケート
 対象条件:日本全国のモニターさん
 回答者数:1000人(調査日:2015/7/21)

天然氷のかき氷、食べたことはありますか?

記事中に出てきた「天然氷のかき氷」ですが、調査の結果、食べたことがある人は12.4%となりました。
清少納言が食べた頃は氷を運ぶというのはとてもとても大変なことだったかと思いますが、現在は品質を保ったまま輸送できる手段が整っているため、都内をはじめいろいろなところで天然氷のかき氷を食べることが出来ます。
お祭りの屋台でシロップかけまくってべろんべろんになったかき氷も良いけれど、たまにはそんなちょっとシャレたかき氷も食べてみたいですね。
格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ