恋愛の記事

結婚相談所を選ぶポイントは親身になってくれる「お世話力」!?[PR]

結婚相談所を選ぶポイントは親身になってくれる「お世話力」!?[PR]
VNM編集部 恋愛

良縁探しは、まずは結婚相談所探しから!

内閣府男女共同参画局の資料によると、「生涯未婚率」は男性が20.1%、女性が10.6%なんだそうです。
男性の5人に1人が生涯にわたって未婚のままという計算になります。
これはかなり驚きの数字です。

もちろん、意図的に「結婚しない」という選択肢を取る方もいるかとは思いますが、結婚する機会があれば結婚したいのに!と思っている方も少なくはないはずです。

そこで、以前もボイスノートマガジンでご紹介した「結婚相談所」についての記事第2弾として、「結婚相談所をどう選ぶと良いのか」を見ていきましょう。

参考:出会いのチャンスを逃さない!婚活するなら結婚相談所も選択肢に[PR] | ボイスノートマガジン
   生涯未婚率の推移(男女別)-(内閣府男女共同参画局・男女共同参画白書より)

結婚相談所もやっぱり大手が「安心」なんじゃないの?

結婚相談所というと、ネット上の広告や電車の中吊り、最近ではテレビCMなどでも見掛けることがあります。
やっぱり、そういった大手が「安心」なのかなとも思いますが、どうなんでしょうか。

大手のことを伺っちゃって良いのかなと思いつつ、前回もお話を伺った結婚相談所「エバーパートナーズ」さんに聞いてみました。

どちらも全国規模で相手を探すことが出来る!

まずは、やはりいろんな方と出会えるチャンスがあるのは大手なのでしょうか?

大手のほうが会員数も多いし、規模も大きいので出会いのチャンスも多いと思ってしまいますが、エバーパートナーズさんも、「日本仲人連盟」という全国規模の結婚相談所のネットワークに加盟しているので、全国から相手を探すことが出来るそうです。

自分で積極的に動くことが求められるのは大手

では、大きな違いは何なのか?
それは、会員本人の動き方にあるそうです。

大手の結婚相談所でももちろん基本的な紹介・マッチングサービスなどは行ってくれますが、出会いのチャンスを多く求めたい人は、アドバイザーの元へ相談に行ったり、引き合わせのサービスを利用したりと、自らが積極的に情報やきっかけを「取りに行く」必要があるそうです。
(※具体的なサービス内容は各社異なります)

一方、街の結婚相談所は、例えば異性とのコミュニケーションが苦手だとか、あまり積極的に動けない方でも専門のアドバイザーさんが親身になってマンツーマンで対応してくれるのがポイント。
エバーパートナーズさんではこれを「お世話力(おせわりょく)」と呼んでいるそうです。

「見えるプロフィール」を作り出す「お世話力」!

エバーパートナーズでは、なんと初回のカウンセリングは無料
エバーパートナーズさんの「お世話力」とはどんなものなのかというと、あくまで主役は会員本人なので、会員を引き立てるお手伝いをしてくれるというもの。

その「お世話力」は異性が見るプロフィール作りから発揮されます。
結婚相談所のプロフィールというと、履歴書のようなところに「趣味:読書・映画」みたいなことが書いてあるような、ある意味味気ないものをイメージしてしまいますが、エバーパートナーズさんが作るのは、その名も「見えるプロフィール」。

初回のお試しカウンセリングから登録後のカウンセリングまで同じアドバイザーが担当し、会員の持っている悩みや恋愛観・結婚観、仕事や趣味などについてさまざまな話を聞いていくことで、本人も気づいていなかったようなその人の魅力が見えてくるようなプロフィールを作り上げるのです。

例えば「鉄道に乗るのが好き」という会員の場合、自分で書くと「趣味:鉄道」で終わってしまいますが、アドバイザーが客観的な視点を持ちつつ話を聞くことで、「鉄道に乗って行った先で温泉に入るのが楽しい」という話を引き出し、結果的に温泉巡りが好きな方とのマッチングにつながったことがあるそうです。

これぞ「お世話力」、なんですね。

デートのしかた、教えます!

「お世話力」が発揮されるのはもちろんプロフィール作成だけでは終わりません。
その後も、会員さんに寄り添った親身なケアをしてくれるわけですが、中にはほとんど恋愛経験がないという会員さんもいます。

そういった方にはデートプランの「お世話」も欠かしません。
お相手からも食べ物の好みなどをリサーチしつつ、デートプランの立案を手伝うんだそうです。
ただ、デートの主役はあくまで会員さんお二人。
情報提供やアシストはするけれど、決定は本人にしてもらうとのこと。

過度な干渉はしないのも見事な「お世話力」のなせるワザですね。

すべては初回無料のカウンセリングから始まっている!

エバーパートナーズでは、初回のカウンセリングは無料で、しかも東京近郊の指定した駅まで来てくれるということは前回の記事でもご紹介しましたが、このまだ入会するか決めていないカウンセリングの段階から、悩みや考えていることについてじっくり話を聞いてくれるそうです。

その後入会したら、この時のカウンセリングの内容も活かすことが出来るのでスピーディに相手探しを始めることが出来ますね。

ここだけの話、大手は資料請求をしただけでも追っかけがすごいところもあるようですが、エバーパートナーズさんはお試しに来られてもそのあと入会を無理強いすることはなく「大切な決断なのでしっかりと本人に気持ちを決めていただくまでお待ちしている」ということなので、安心して一度連絡してみてはいかがでしょうか?

自分に合う婚活はどこで出来る?

「大手が悪い、というわけでは決してないですよ」とエバーパートナーズさんは真剣に仰っていました。
結婚相談所とはいえ、あまり踏み込んで欲しくないという方は大手の基本的なサービスをうまく活用すれば良いし、その中間くらいの「お世話力」を持つ結婚相談所もあるだろうからそういうところを見つけるのも良い、とのこと。
実際、相談所の選び方や自分に合った婚活のしかたをご相談に来る方もいらっしゃるそうです。

自分と一生を過ごしてくれる伴侶を探すための結婚相談所。
まずは自分にぴったり合う結婚相談所を探すところからが婚活の大事なスタートダッシュなのかもしれませんね!

協力:婚活サポート エバーパートナーズ
ever00

【Q】恋愛や結婚についての悩み、誰に相談しています(いました)か?(複数回答可)

結婚の悩みに関するアンケート
 対象条件:日本全国のモニターさん
 回答者数:1000人(20代・30代・40代・50代・60代各200人、調査日:2015/10/1)

恋愛や結婚についての悩み、誰に相談しています(いました)か?

恋愛や結婚についての悩みを誰に相談しているか(していたか)を伺いました。

「相談できる人はいない」と回答した割合は、60代以上がなんと85%、最も低い20代でも57.5%と過半数を超えています。
昔よりもオープンになったとはいえ、まだまだ恋愛や結婚の切実な悩みを相談するというのは難しいところなのでしょうか。

友人たちにも話しにくいようなことでも、結婚相談所のアドバイザーさんたちは親身になって聞いてくれるはずです。
悩みを抱えている方、無料のカウンセリングなどをうまく活用して、まずは自分の悩みを吐き出してみるのも良いかもしれませんね!

格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ